ひとり美術班活動

今年度は美術強化年度にしよう!本当は去年も少し目標にしていたけど全然できなかった、都内の美術館の常設を見ることをやっていきたいと思ってます。
最近の企画展は結構高いので、厳選していると、美術館に行くことがすごく減ってしまうし、自分で見たい展覧会を選ぶと新しい作家と出会うチャンスがなかなか生まれなくなってしまう。だけど常設展なら数百円で見られて、美術館が選んだ作家の作品が並んでいる。コンサートに例えるなら、定期会員になるのに近いのではないかな。

出来れば週1くらいで行きたいけど、あまり高い目標を掲げると挫折するから、せめて月2回くらいを目指したい。そして、せっかくだから、行ったらなんでもいいから感想を書くことにする。前は展覧会に行くと結構熱心にブログを書いたけど、最近はやってなかったから。

今月行った美術館は
1)東京都美術館「プーシキン美術館展」
2)東京都庭園美術館「アール・デコ・リヴァイヴァル!」建物公開旧朝香宮邸物語/鹿島茂コレクションフランス絵本の世界
3)世田谷美術館「人間・高山辰雄展森羅万象への道」、ミュージアムコレクション「それぞれのふたり小堀四郎と井村正誠」
常設展と言いつつ全部企画展込み(1は企画展のみ)でした。

1)1月のマティス旅の前に、シチューキンについて、ある時期マティスのパトロンだったことを読んだので、シチューキン・コレクションが含まれる本展はぜひ見なければと思っていた。今回の展示ではマティスは1枚だけ。でも、それはシチューキンが最初に買ったマティスの中の1枚だったのだそうだ。正直、展示されていたその作品は私にとってはあまりピンと来るものではなかった。この1枚をきっかけに、シチューキン邸の階段を飾る「ダンス」と「音楽」が生まれた、そこに至る物語はどんなものだったのか、、、そのあたりをまた読みたくなってる。
この展覧会での私にとっての大発見はアルベール・マルケという画家。パリのサンミシェル橋を描いた作品が2つ展示されていた。野獣派の画家とされているそうだけれど、色遣いは野獣派とするととても優しい。かといって印象派の描く風景画とは全然違うし、ユトリロのような雰囲気とも違う。野獣派と言われれば確かにそうだし、近くで見ると平面的なベタッとした画面に見えるのもこの時代らしい。他の作品をうろうろ見て回っているときに、少し離れた場所からその絵がちらっと見えたときその透明感あふれる輝きに気づきハッとした。こんな絵が描けたらな、、、と思えてくるような絵だった。帰ってからネットで検索すると、若いころはマティスと共に美術学校でモローの元で学んでいて、晩年までマティスと交流のあった人物だった。うーむ。このタイミングでこういうことを知ると何か運命を感じてしまう。。。
まとまって作品を見られる美術館はないのか、画集などないのか、検索すると、日本では91年にマルケ展が開催されており、書籍としてもその展覧会の図録が一番充実しているとのこと。2016年にはパリで回顧展があったようで、自分はこういう惜しいタイミングで気づくことが多いのだよなあ、、、とにかく他の作品が図録でもよいので見たかったから、世田谷美術館の図書館に行ってみた。司書さんに尋ねると開架はされていなかったけれど出してもらって見ることはできた。「水の画家」と呼ばれることもあるそうで、確かに水辺の風景画が多く、マルケの透明感のある画風が最大限に発揮される対象なのかもしれない。今後もまとめて作品を見るチャンスはなかなかなさそうだけれど、覚えておこう。
それと、もう一つプチ発見だったのが「ナビ派」の画家の作品について。今まで、何となくボヤーッとしてる絵を描く人たちのグループという感じで、つかみどころがない感じがしてた。例えば「印象派」とか「点描」「野獣派」「キュビズム」とかは特徴が一応理解できてるのに比べて、「ナビ派」はよくわからん、、、という感じ。それが、今回の展示では何となく特徴をつかめた感じ。いい作品がそろっていたのかなあ。それとも最近マティス、ピカソの図版をまとめてみていたから、そのちょっと前の「ナビ派」がすっと入ってきたのかも?
数年前の横浜美術館でのプーシキン美術館展で、シチューキン・コレクションのセザンヌでセザンヌにやっとピンときたことを思い出し、シチューキンさんにますます興味がわいてきた。シチューキン・コレクションがまとまっているというエルミタージュ美術館、プーシキン美術館、行きたいなあ。ロシアのビザ免除、実現すると良いな。

2)関西から従姉が来たので、どこか小ぶりな美術館でランチできたらいいなと思い出かけました。改装後、行こう行こうと思っていたらまた改装してたり、でもすべてきれいになってオープンしたんですね。レストランも奥のカフェもなかなか良かったですよ。
肝心の展示ですが、まずは旧朝香宮邸から。1月にニースで同時代の洋館を見たばかりだったので、部屋や家具の小ささに驚いた。日本家屋を基準にすれば十分に立派なものなのだけれど、洋館とはいえ当時の日本人サイズ、いわゆる「ヒューマンサイズ」で建てたのだと思う。浴室の排水溝の蓋や天井の排気口の蓋にも装飾が施され、ドアノブもエリアごとに違った装飾があったりと、部屋の調度に一分の隙もないことに朝香宮の美意識の高さを感じられる。贅沢の限りを尽くしているという側面もあるから手放しに好感が持てるわけじゃないんだけど、よくぞ残ってくれましたと思える内容でした。邸宅の歴史の解説によると、実は庭園美術館としての歴史が一番長く、朝香宮邸だった時期はそんなに長くはないのだそうな。
フランス絵本の展示も興味深かった。子供のための本という概念が初めて生まれたころからの歴史をたどる内容で、絵本の画風の変遷というものをこうして一覧したのは初めて。なるほどと思う解説が随所にあり、いくら時間があっても足りなかった。

3)世田谷美術館をじっくり堪能しようと、企画展、ミュージアムコレクション展、区民ギャラリー、屋外彫刻作品など全部見る!と意気込んで出かけてきました。
まず企画展。高山辰雄という名前は覚えていなかったけれど、芸大卒業制作で買い上げとなった「砂丘」(セーラー服姿の女性が美しい砂紋のビーチに座っている)は知ってた。その他、チラシには、象徴派のような雰囲気の少女像、そしてナビ派というかゴーギャンぽい作品もある。解説によると、卒業制作買い上げとなり華々しく画壇にデビューした高山は、その後スランプに陥り、それを脱するきっかけになったのがゴーギャンの伝記だったのだそう。帝展で特選となった「室内」という作品は赤と黄色の服を着た少女の周りを緑・青が囲むもので、その影響が強く感じられるのだけれど、日本画だからか、もう少し温かみがある。
印象に残った高山の言葉があったのでメモしてきた。「個性的絵画から人間的絵画へ進みたい。欲するままに描いて、しかも万人の共感するものでありたい。」「個性」こそ画家の画家たる所以、と思いがちだが、そこからさらに進んでひとりの「人間」が欲するままに描くものが普遍的なものになる、それこそが本当の画家だということかな。しつこくマティスの話をすると、その画業を一覧するとやはり同じものを感じる。高山が最晩年に初めて描いたという自画像にはぐっとくるものがあった。
ミュージアムコレクションも区民ギャラリーもそれぞれに楽しめた。区民ギャラリーは、絵心のある区民の方たち(多分)の作品が並んでおり、自分にも絵心があったらなあ、、、と思わされる。広い部屋ではないけれど、一人の人の作品をギュギュっと詰め込んで展示していて、これだけの作品をそろえる過程を思うと本当に感心する。そして上手!プロなのかな?あんなふうに自由に絵を描けたらなあ、、、
屋外(屋内もあり)彫刻作品も、思いのほか充実!直島にあるリチャード・ロングの作品もあった。(検索したらかつて世田美で個展もやってた。)へーへー。
図書館にもお世話になったし、世田谷美術館がなかなかやることを知ったので、次は分館を攻めたいと思います。何せ、せたがやアーツカードを提示すれば160円で見られるのですよ!

[PR]
# by fumiko212 | 2018-05-25 23:24 | アート | Trackback | Comments(0)

ゴミを減らすことを考えた

さっきの記事をアップした後で、ごみ箱をちらっとのぞいてきた。
加工食品はほとんど買わないと言いつつ、一番上にはせんべいの袋とその台紙みたいな透明プラスチックケースが捨ててあった。それとポストに投げ込まれていた銀行のチラシが入っていたビニール袋が見えた。そういえば、DMなんかも中身は再生紙として出すけど窓付き封筒はゴミ箱に入れてる。本当なら窓のビニールを外して分ければいいのかなあ。たまにやるけど、あれ、めちゃ剥がしにくいですよね。その前にカードの明細、未だに郵送でもらってる。アナログ人間なもので紙で確認するのがやっぱり便利で、、、

日々のごみをつらつら思い出すと、毎朝食べている納豆の容器なんかもある。せめてもの努力としてはたれなしのを買ってるからたれの袋が減らせてる。たまに出るヨーグルトの容器もプラスチックだ。いただきもののお菓子はたいてい個包装で、そんなゴミも。花粉症の頃はマスク。ティシュもたくさん。鼻をかんだティッシュは仕方ないとして、テーブルにちょっとこぼしちゃったときは布巾で拭けばゴミが出ないか。日々のトイレ掃除は使い捨ての手袋を使ってるなあ。衛生的にはやっぱり毎回捨てたい。弁当に使うアルミカップもゴミになるなあ。今あるのを使い終わったらシリコンカップみたいなのに変えるか?これも衛生を考えると使い捨てが気持ち良いなあ。後はやっぱり生協からくる食品が入っていたビニール袋が多い。冷凍の魚なんかの袋は結構分厚い。よく買うカツオのたたきは1切ずつ袋に入って、たれが2つついて、それが外袋に入ってる。スライスチーズの包みとかもある。果物はプチプチの袋に入ってくるのもある。そういうゴミが多いんだよな~。
ゴミを減らすってなかなか難しいものなんだな。。。

[PR]
# by fumiko212 | 2018-05-16 01:13 | Trackback | Comments(0)

ビニールごみを減らすことについて考えた

今日の夕刊に、深海6000メートルにもブラスチックゴミが確認されたという記事を見つけました。海洋を漂う極小プラスチックごみが環境に与える深刻な影響については以前から見聞きしていたけれど、深海6000メートルにもあるとは、、、

プラスチックごみについては今年のアースデーに一度考える機会がありました。フォローしているホールフーズニューヨークのアカウントで、プラスチックごみを減らすためのイベントの様子がアップされていたんです。ストーリーにアップされていたので今はもう見られないのですが、食品を購入する際のシングルユースのプラスチックごみを減らすための取り組みを行っている方が講師になって、それらを使わずに実際に店内で買い物をしてみるという催しでした。そこで紹介された買い物方法は以下の通り。
・野菜、果物は備え付けのビニール袋ではなく持参したメッシュの袋に入れる
・パンは持参した布製の袋に入れる
・オリーブなどの量り売り食品は、持参した瓶を店内の秤に載せて、風袋をスマホで撮影し、そこに商品を入れてレジ係にその写真を見せて会計してもらう

この取り組みは、ホールフーズだけでなく、グリーンマーケットのアカウントでも紹介されており、インフォメーションのテントでは以前からあるキャンバス地のトートバッグ(いわゆるマイバッグ)のほかに、野菜や果物用のメッシュの巾着袋のようなもの(プロデュースバッグという)やブレッドバッグも販売しているようです。ブレッドバッグは日本でも見たことがあるけれど、プロデュースバッグは私はまだ見たことがないです。
ニューヨークではグリーンマーケットやスーパーでは野菜は基本的に量り売りだから、むき出しで陳列されているけれど、日本のスーパーではほとんどの野菜はパック詰めで売られているのでプロデュースバッグを持参してビニールごみを減らすということをしにくいのだな。だからきっとプロデュースバッグも一般的になっていないのだ。それでも、一部の青果物は備え付けの袋に入れて買うことがある。だからこのプロデュースバッグがあればそういう袋をもらわずに済むのだ。
とはいえ、お店で野菜を入れて持って帰った袋は、生ごみを捨てるときに使っているから、あれがないとそれはそれで不便になるのかなあ。生ごみを生ごみ処理機で処理するとか、本気で考えれば方法はあるんだろうけど、、、
パンについてはベタベタしたデニッシュみたいなパンでなければ、ブレッドバッグで買うことはできるかもしれない。ごはん食いの私はパンを買うことがほとんどないのだけれど。

これに限らず、我が家はごみの量が多すぎる!とごみを出すたびに感じています。加工食品を買うことはそんなに多い方ではないし、ペットボトルの飲み物はほとんど買わないし、残飯もほとんど出していないけれど、それでもごみは日々出ます。もちろん分別は区のマニュアルを熟読してやっているし、月2回の拠点回収や、スーパーのリサイクルボックスに持って行くものも面倒がらずにやっているし(と言いつつ面倒だから毎回1か月分くらいためてしまうけど)、生協に返すリターナブル容器も忘れずに出してます。なのになぜあんなにゴミが出るのだ!まだまだ改善の余地があるのだよな~、きっと。最近私が気を付けているのはラップの使用量を減らすこと。おかずが少し残った時に、器のままラップをして冷蔵庫へ、はやめて、保存容器に移してしまうようにしています。それから、ホームベーカリーで焼いた食パンを以前はビニール袋で保存していたのをパン用の保存容器で保存するようにしました。他にもできそうなことがないか考えてみよう~。

[PR]
# by fumiko212 | 2018-05-16 00:29 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

ブラジル風バッハ5番

2008年11月のこのブログにあるコンサートのテレビ中継のことを書きました。
2008年6月に行われた、ベルリン・フィルハーモニーの夏の野外コンサートの録画中継です。指揮者はこのコンサートがベルリン・フィル・デビューだったグスターボ・ドゥダメル。あの中継をきっかけに、自分の興味がいろんな方向に広がった記念すべきコンサートです。前よりもクラシック音楽を聴くようになって、ベルリンまでベルリンフィルを聴きに行ったのもあれが最初のきっかけだった。
もう一つ、あのコンサートをきっかけに私の生活に加わって今も続いていることがあって、それがチェロレッスン。もう9年にもなります。なぜチェロだったかというと、もともと好きな楽器ではあったのですが、あのコンサートで聴いたある曲に魅了されたからでした。それが、「ブラジル風バッハの5番」。チェロの八重奏とソプラノのアリアで演奏される曲で、タイトルの通り、ブラジルの作曲家ヴィラ・ロボスの作品です。いつか演奏してみたいと思ってはいたものの習い始めたころは夢物語くらいにしか思っていなかった。

それから数年たった2012年にニューヨークに行ったときに、学生の無料コンサートの案内をもらうためにジュリアードの売店に立ち寄った。楽譜コーナーがあったので何となくチェロのところをちら見して、買うものなどわかるわけもなく帰ろうとしたところに、店員さんに声をかけられ、とっさに「ブラジル風バッハ5番」はありますか?と聞いてしまった。そしたらその店員さんがすぐに「チェロとソプラノのでしたっけ?」と言って持ってきてくれた。パラパラと見たら、当時はまだ弾いたことがなかったテノール記号の楽譜で、値段は25ドルくらいだったかな。実は一度は日本で楽譜を検索して7000円位するということはその時わかってたので、旅先のテンションもあり、レートが1ドル100円切っていたこともあり、買ってしまった!ホテルに帰って、いったいどうするつもりなんだろう、、、と自問自答したけど、その時は、神社でお札を買ったとでも思おう、とわけのわからない納得の仕方をしました。日本に帰ってから弾いてみようともせずに楽譜はお蔵入り状態でした。

それから時は流れ、チェロレッスンは続けているものの、人前で演奏できる曲は1曲もない、みたいな上達のしなささで、正に「漫然と続けている」状態に陥ってた。それでも、辞めずに続いていたのは、チェロの音が好きなのもあったし、週に1度のレッスンの時間がいろんな意味で自分の生活のリズムを作る1つの要素になっていたからなんだと気づいたのは、教わっている先生がヤマハをお辞めになると分かった時。もしかしたらこのグループレッスンのクラスもなくなっちゃうのかなあ、、、とかなり動揺しました。それが1年前。
丁度その頃、ちょっと考え始めてたのが、この曲を自力で演奏するのは自分の力量では無理(そもそも楽譜がいまだに読めない)なので、先生に教わらないと一生弾けなさそう、ということ。たとえば3か月だけ個人レッスンを申し込んで、先生にこの曲を教えてもらえないだろうか、と。そんな矢先に先生が退職され、独立してチェロ教室を開業されるとのことで、最終的にはこれがきっかけになりました。ヤマハで個人レッスンを申し込むつもりだったのですが、先生に直接お願いできることになった。ある意味渡りに船みたいな状態。
先生のお教室の内覧会みたいな日があったので、仕事帰りに楽譜を抱えてお邪魔しました。とりあえず楽譜を見て、今の私がレッスンすれば弾けるのかをジャッジしてもらうために。ざっと見てくださり、何とかなると思うとのお言葉。それが去年の夏。本当は秋には始めたかったのにぐずぐずしていて結局年明け1月からレッスンを始めていただきました。当初、3か月のレッスンをお願いしており、先生もそれを念頭に、6回のレッスンで何とか形になるところまで指導していただき、この曲のレッスンを終えました。

曲がちゃんと弾けるようになったわけではないけど、本当にやってよかったと思っています。今までは週に1度のレッスンで困らないように、先週教わったことはとりあえずできるようにしてレッスンに行こう、という受け身姿勢でした。先生が選んだ曲、言われたことを粛々と練習するという感じ。それが、もっとビブラートかけたいとか、この部分をきれいに弾くにはどうしたらいいか?とか、私なりにこう演奏したいという欲が出てきた。そうすると、先生も、ちょっと難しいけどこっちのポジションの方が音色がきれいになるとか、ビブラートのかけ方はこっちはゆったり、ここはきつめにとか、教えて下さる。教わる姿勢で先生から得られるものもが変わってくるんだなと思ったり。それと、一人で音を出すことに対する恐怖心が少し薄らいだのも収穫で、グループレッスンでパートに分かれて演奏するときに前より緊張しなくなった気がする。

今までは、チェロは習い事で趣味じゃなかったけど、今は「チェロを演奏すること」が趣味と言えるようになった気がします。一言でいえば「殻を破った」のかな。
弾きたい曲を弾くこと、個人レッスン、この双方が良かったんだと思ってます。それで、せっかくなので、月1回の個人レッスンを続けてみることにして、先生にお願いして帰ってきました。方法はどうとでもとのことで、いくつか提案してもらった中から、二重奏の曲を教わることにしました。先生曰く、「二重奏はうまい人と演ったほうがうまくなる」とのことなので。レッスン費が二重にかかって厳しくなるけど、エンタメ費を削って捻出しようと誓いました。10年目の挑戦、頑張る。

[PR]
# by fumiko212 | 2018-03-21 12:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ニースにおけるマティスの足跡をたどる旅 8

最後に、シミエの高台にあるマティスのお墓を紹介します。最後のアトリエ、オテル・レジナから歩いて行ける距離にマティスは眠っています。人生の後半はほとんど別居し、財産分与の合意が決着しなかったために最後まで離婚できなかった妻アメリーとともに眠っていました。
アメリーをモデルに何枚もの作品を描いた時代もあったマティスです。最後にこうして同じお墓に入ることをお互いにどう思ったのか、、、死んでしまえば思うこともできないからこれでよいのか。。。ここでも、花市でミモザを一束買ってくれば良かったと少し後悔、、、
b0031055_08292032.jpg
この墓地にはマティスが名前を聞くのも嫌がったというラウル・デュフィのお墓もありますが、マティスのお墓とは一番離れたところにありました。(亡くなったのはマティスが1年後)デュフィのお墓は墓所内の他のお墓と一緒に並ぶようにあるのですが、マティスのお墓は単独で墓所から少し坂を下ったところにあります。
b0031055_08292827.jpg
花は手向けられなかったけれど、お墓の周りはすでに花盛りでした。
b0031055_08293699.jpg
ニースという大きすぎず小さすぎず、洗練された文化を持ちながらも田舎の素朴さも持ち合わせた土地に35年暮らし、芸術に取り組み続けたマティス。
3日間の短い滞在で、マティスの足跡をたどる以外にはほとんど何もできていない旅だったけれど、とても満足した滞在でした。
ニースへは一生に一度の訪問になるだろうと思って帰ってきたけれど、やっぱり青空の下のロザリオ礼拝堂が見たい。快晴のニースに私は行けるのか?何度行っても曇天の可能性の方が高い気もするけれど、またその機会に恵まれますように。(おわり)

※最初にも書きましたが、マティスの言葉、出来事など、記憶を頼りに書いていますので誤りが多々あるかと思います。また、キリスト教や教会に関する言葉、表現にも誤りがあるかと思います。ご了承ください。ご指摘がありましたらコメント欄へお願いします。

[PR]
# by fumiko212 | 2018-03-09 09:15 | -南仏ニース(2018) | Trackback | Comments(2)