人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お米屋さんで米を買うようになった話

ローカーボなど見向きもせず、米をおかずに米を食べられる米好きです。毎年、8月の終わりごろ、徳島県にお住いの友人から新米を分けていただいていて、幸せに浸りまくり、この10キロが終わると市販の米に移行します。米好きだけど銘柄にこだわりはなく、コストコに行ったとき、リーズナブル、かつ、精米日が新しいのを買ってます。それはそれでおいしい。

かつてパルシステムで頼んだ米が異様にまずかったことがあり、母がビニール袋に1合入れて、この米おかしくないですか?と配達員さんに渡した事がありました。母は何の回答もなかったことに腹を立ててパルシステムを1回やめました。でも、日々の買い物が大変すぎて再開した。で、どうしてもコストコに行けなかった時に頼んだらまたまずかったんですよ!もうパルシステムでは2度と米を頼まなくなりました。偶然だったかもしれないけど。

話がそれました。去年だったか、友人のお父上が長野で作ったお米を玄米で頂きました。泥棒のようにたくさんいただいて、玄米のまま炊いていただいたのですが、炊飯に時間がかかるので残りを近所のお米屋さんに精米してもらいました。そこは、かつて私が子供時代に我が家にお米を配達してくれていたお米屋さんで、当時、おじいちゃんだったと思っていたご主人は今もご健在でした。当時は40代だったのかも?母は、お米を買わなくなったのによく精米だけ頼めるねえ、とあきれていましたが、私もちょっとバツが悪かったので、今シーズンの新米が出たらお米を買いに行こうと決めていました。というのも、頂いたお米が美味しかったのもあるけれど、精米したてのおいしさも実感できたのと、きっと古い精米機で精米したお米のおいしさもあるように感じたから。お米を研いだときの糠の出方が、買ったお米と違う感じがしました。その糠がいい香りだった。
で、10月に入って、買いに行きました。「ウチで買うと高いよ。スーパーとは違うから。でも農薬は何使ったとか、回数とか、時期とか、全部ここに書いてあるから。スーパーのは一体どうやって作った米なんだろうと思うよ。」とのこと。もちろんそこのところは納得していますとも。そしてご主人のおススメで、扱っている中で一番リーズナブルな会津産コシヒカリを買って帰りました。1㎏いくらで値段が決まっているから、多く買うと安くなるとかはないとのことで、2㎏入りの袋を買いました。精米はしたばっかりとのこと。早速食べると、新米だからのおいしさもあるけど、やはり間違いのない美味しさがある。
しかし、いつもの米に比べると贅沢品なので、食べる米全部をお米屋さんでは買えず、コストコに行くと5㎏を買って、カレーとか炊き込みご飯とか丼物みたくおかずの味が濃い時はそっちを使ったりしてやりくりしてます。
せっかくなので、行くたびに違う銘柄を試してみました。そして、最終的に最初にご主人が勧めてくれた会津産のコシヒカリが今年は一番コスパがいいように思ったので、そこに落ち着きました。正月明けはご祝儀でつや姫を買ったけど、次に行ったとき会津に戻しても、すごい差があるかというとそうでもない気がする。ご主人にそのことを伝えると、「そうでしょ?うちも今年はこれを食べてるよ。」とのこと。くー、最初からずっとこれでよかったのか!プロの言うことは聞くもんだ。
そうそう、徳島の新米とお米屋さんのお米は弁当で冷めた状態で食べるときに本当においしさを発揮する。

今日、朝日新聞夕刊に、「福島米復活 まず業務用」という記事が出ていて「福島米は味が良い割に価格は安く、業務用の引きが強い」と書いてありました。農家さんにとっては悔しい現実があるということなんだと思うのですが、私はその恩恵でおいしいお米をリーズナブルに頂いているのだなあ。

思うところあり、なるべく地元の個人商店で買い物をしたいなと思っていた気分とも重なって、お米屋さんでコメを買うようになったのだけれど、福島のお米、おいしいですよ、ということも書けるなと思って書きました。次の新米まで、1年を折り返したのか。とか2月3月に考えてるくらい、米が好きなんです。

by fumiko212 | 2019-03-08 00:16 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

3月に見たい展覧会

もう3月ですが、去年、あんなに頑張ったアート鑑賞&ブログアップ、ぱったり止まってしまいました。目標を立てなければ私のアート熱もブログアップ意欲もこんなものなんだなあ。
元々、1~3月は年度終わりだからなのか、あまり派手な展覧会がないなあと思っていたのですよ。でも、気づけば行ってみたい展覧会が次々と閉幕してしまいそうです。

庭園美術館の岡上淑子コラージュ展。全く知らない方でしたが、何かで、瀧口修造が創作を続けることを勧めた、と読んだので見ておかなくちゃと思ってます。一昨日の日曜美術館で取り上げていて思い出した。4月7日までなのでこれは忘れなければ行けそう。

大川美術館の松本俊介の展示。去年から3部に分けて展覧会をやっていて、偶然、現在の展示のチラシをもらって、メインビジュアルも良かったし、裏面にいくつか出ていた素描も良かった。24日で終わるけどさすがに桐生には行けないかな。アーツ前橋のアジアの版画も見てみたいのだけれど。そしたら文学館も行きたい。

版画と言えば、一昨日の日曜美術館で知った情報ですが、夏に小原古邨を見た茅ヶ崎美術館で、日本の創作版画展をやっていると知りました。それ以前の日本の版画は、絵師・彫り師・摺り師の分業制だったのが、作家が下絵から摺りまでを行う創作版画を始めたころの作品が展示されているようです。12月に横浜美術館で見た駒井哲郎展で名前を知った恩地孝四郎の作品があるそうだし、ぜひ見てみたい。しかしこれも遠いな~。

日曜美術館で見たものばかり書きますが、畠山記念館でやっている琳派展も見たかったことを番組を見て思い出した。ずいぶん長いことやっているから油断していたけどもうすぐ終わる。割引券を新聞から切り抜いたけどあれどこ行ったかな?以前、どこかの琳派展で見た宗達の鶴と光悦の書が合わさった巻物がとても素敵だったのだけれど、このタッグによる別の作品が展示されていることを知って、これも見ておかなければ、と思いを新たにしたところです。もしかして今週末までだったかも?急げ~。

そしてもう一つみたいのが文化村のプーさん展。ディズニーのプーさんには興味がないけど、チラシに乗っていた原画が鉛筆画に見えて、鉛筆の線で描かれたプーさんをぜひ見てみたいと思っています。ペンなのかな?それでも見たい。

線と言えば、森美術館の北斎も見たかったんだ。先日、現代の若い摺り師の方の実演を見る機会があって、「神奈川沖浪裏」が刷り上げられていくのを目の当たりにしました。職人さんに、摺っていてさすが北斎と感じる事はありますか?と伺ったところ、広重など他の絵師の作品と比べると、北斎の線は非常に繊細で、神経を使うとのことでした。それを聞いてからそこに展示されていた北斎の作品を観ると、確かに一緒に展示してあった現代の作家の線と比べると北斎の線の洗練が際立っていることがわかりました。肉筆も多数展示されているであろう北斎展、観たかった。もう終わっちゃったのかな?

これだけ書き出したけど、観られるのは1つか2つくらいかな。会期中いつでも行けると思うと行けないものですね。

by fumiko212 | 2019-03-05 22:56 | アート | Trackback | Comments(0)