<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7月1館目:すみだ北斎美術館/ますむらひろしの北斎展

そのうち行きたかった北斎美術館に行ってきました。建築は妹島和世さんなのだそうです。妹島さんと言えば行ったことあるのは21世紀美術館と犬島の家プロジェクトくらいしか思い出せない、、、のですが、何となく「ああそうか」と思ったのが、外から見ると大きな1つの建物なんだけど、分かれているところとつながっているところがあって、小さな開いた箱の集合体みたいなイメージがあって、そんな印象を受けました。あってるかな、、、
それから、学芸員さんの解説で知ったのですが、すみだ北斎美術館のロゴマークは北斎の版画「山下白雨」で富士山の裾野を切り裂く稲妻がモデルなんだそうです。そもそもこのロゴを知らなかったけど、考えた人すごい~。常設展には所蔵品の複製画が展示されているそうで、ざざっと北斎の生涯の作品の遍歴が見渡せるのですが、若いころ(と言っても今見直したら35~45歳)に琳派の頭領が使う雅号「宗理」を名乗っていた時代があったそうで、琳派の流れの中に北斎が存在していたということ?なんでしょうか、、、でもそのあと琳派から外れてどこの派にも属さないと宣言したとありました。このあたりの疑問を解決しないままにするのが私のダメなところなんだよな~。北斎と言えば、去年、上野の西洋美術館に「北斎とジャポニズム展」を見に行ったのに琳派なんて言葉は出てきたかなあ、、、全然頭に残ってない、、、

脇にそれますが、あの展覧会はとっても混んでたけどとても面白かった。北斎が西洋美術に与えた影響をたどる展示で、絵画にとどまらず工芸の分野からの作品も多くて、どれだけブームだったのかが窺えました。そのあと常設展で北斎が伝わる以前の西洋絵画を見て、さらに理解が深まったのでした。常設展見てよかった。

さて、話は戻って北斎美術館の企画展の方。ますむらひろし氏は今回の展示で初めて知りました。漫画家さんで「銀河鉄道の夜」を漫画で描いたりされているそうです。今回は氏の「アタゴオル」という作品の登場人物(というか猫なんですが)が北斎の作品上に現れる作品シリーズの展示でした。「アタゴオル」というのは神話の世界のことと私は理解したのだけれど、ヒデヨシという太っちょで酒飲みのおっさん猫、まあイメージとしては古田新みたいな大猫が主人公らしい。ヒデヨシが北斎の版画の世界の中を我が物顔で生きている、見ているとなんだかニヤニヤしちゃう作品。
面白かったのはますむらさん自らが書いた解説文で、この一連の作品制作(北斎版画の模写)過程で気づいた北斎作品に対するツッコミや感嘆を率直に語っているところ。何度も出てくる言葉が「遠近法が間違っている」。北斎は西洋美術にも接していて正しい遠近法を習得していたはずだからこれはわざとやっている、と。遠近法を壊してでも構図をドラマティックにすることを選んでいることに氏は模写の過程でいちいち気づかされたのだそうです。

ルネサンス期に完成した遠近法は、画家にとって絶対に必要な技術とされていたけれど、ラファエル前派や印象派の画家たちにアカデミズムの象徴として否定されていった(写真の登場により遠近法的に正しい絵画の必要性も薄れていった時期と重なる)という話を聞いたときに、それじゃあ遠近法はもう絵画の世界では必要なくなってしまったのか?という疑問が自分の中に残っていました。そんな矢先に、今やってる朝ドラで、漫画家となったスズメちゃんがアシスタントに「ここ、パース間違ってる!」とダメだしするセリフがあって、そうか、漫画の世界では遠近法が正しいことが今でも絶対に必要なこととして存在しているのだな、と気づいたところ。つまり、漫画家であるますむらさんはアカデミックな教育を受けていた19世紀の画家たちと同じ目を持って北斎を見ている、ということなのかな。素人の私はそもそも正しい遠近法かどうかなど気にしてないし(それも問題?)、絵画と言えばもっぱら印象派以降の作品ばかり好んで見ているので、そういう気付きがないのだな。それでも、去年のジャポニズム展の後で、常設でルネサンス期の作品を見たときに、「これは確かに北斎を知る以前の西洋絵画だ」と思えたのは、そういうことだったんだね。
文章長くて伝わらないと思うけど、自分の中ではいろんなことがつながってすごく納得できたので、ますむら北斎展を見られたのは本当によかったと思ってます。

[PR]
by fumiko212 | 2018-07-13 23:10 | アート | Trackback | Comments(0)

6月3館目:teamLab★Borderless

目標月3美術班活動の6月の最終回はできたてホヤホヤのチームラボボーダレスに行ってきました!オープンが6月21日で私たちが行ったのが6月27日。美術班の編み出した、オープン2週目の金曜日は空いているの法則、今回も当たりました!昼間にメディア取材が組まれていた日だったためと思われます。それか夕方はいつもあの程度なのかな?行列したの?と後から聞かれて、あの日はラッキーだったのかな?と思った次第。

既にSNS上に写真があふれていたので何となくイメージを持ってはいたけれど、実際はこんな風なのか!という興奮の連続でした。滞在4時間弱では全然足りなかった~。昭和世代の私などは「デジタル」アートというと有機的な対象を無機的な方法で表現するっていうイメージがどうしても抜けなかったのだけれど、表現としても有機的な媒体になっていることを認識した。

展示内容をいちいち私がここに説明してもあまり意味がないので、とにかく面白かったからまた行きたい、と帰るときにすでに思っていたことを書いておきます。閉館時間の22時に会場を出たときに、隣を歩いていた小4くらいの男子が「5時間も遊んでたのか!」とつぶやいていたことが、この美術館の魅力を表していたと思う。テーマパークよりずっと創造的に遊べたに違いない。触れないものも一部あるけど、触ったり上ったり飛び跳ねたりできるスペースがある美術館は他にはまだあまりない。
海外からと思われる人たちもたくさんいて、自分が美術館のために世界のあっちこっちに行くように、この美術館のために東京に行きたいと世界のアート好きに思ってもらえる施設になっていくのだろう。

翌日気づいたことがひとつ。ブログを書くときに美術展のタイトルだけは正確に書くために、チケットを取っておくのだけれど、そういえばチケットはスマホのQRコードだったので手元に残っていない。チラシ、もしくは作品リストもなし。そして、美術館につきもののミュージアムショップがなかった。写真や動画は取り放題なんだけど、形あるものは手元に何も残らないのだ。私はここにちょっと感動した。最近のミュージアムショップのグッズの凝りようはすさまじく、そこでの買い物も一つの楽しみにはなるのだけれど、せっかく見た本物の名画の印象が、最後に見たお菓子の缶やクリアファイルに印刷された印象にすり替わってしまう感じがしてちょっとなあと思うこともある。でも、この美術館に関しては、何も手元に残らないところにもきっとこだわっているんじゃないかなと思った。

7月末まではオープン記念価格でちょっとお得に入場できます。できればたっぷり時間を取ってもう一度行きたい、と思っていたら、7月7日にチームラボプラネッツというのがオープンしたというので、今月はそっちを攻めたいと思います。

最後に、チームラボボーダレスにこれから行く人への覚書。
・6時間くらいあるとカフェを含めて全部堪能できるかな?それでも足りないかな?
・上階ですごく時間を使う
・館内マップはないので見逃し注意
・カフェはお茶のみ(これも展示の一部とのこと)なので空腹対策が必要(例えば仕事帰りにそのまま入場して22時まで見ていると周辺の飲食店のラストオーダー過ぎてしまう。)
・服装はスニーカー(レンタルあり)、パンツ(床が鏡張りの部屋あり)が良い
・荷物は少なく(ロッカーあり)
・アプリを入れていくと楽しい(館内Free WiFiあり)
・一人より何人かで行った方が楽しい

6月3館目はホントにエキサイティングだった。こういうの好きだ~。

[PR]
by fumiko212 | 2018-07-12 23:32 | アート | Trackback | Comments(0)