人気ブログランキング |

<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

卵の写真が集まった

b0031055_03152059.jpg

3月に軽度の貧血を指摘され、3週間でどうしても治さないといけないという状況になったときに、鉄のフライパンを積極的に使うようになりました。そのときに鉄のフライパンで作る目玉焼きの美味しさに気づかされました。さらには有名食ブロガーのツレヅレハナコさんのインスタをブォローしたことで卵料理のフォトジェニックさにも気づかされ、この夏はやたらと卵料理の写真を撮っていました。なのでここにまとめます。
これでも一応気を付けていて卵は週3個以内に抑えてます。。。

追記
今日、鉄のフライパンを通販しているお店のインスタで美味しい目玉焼きの焼き方の動画を紹介していたのですが、1ヶ所残念なところがあったんです。それは卵を割る位置でして、フライパンの10センチくらい上から割り入れてました。前にためしてガッテンで目玉焼きについてやってたときに卵はなるべく低い位置からそーっと割り入れる、とやってて、私はそれを守ってます。何でも卵の黄身の成分はすごく繊細で、わずか10センチの落下で壊れてしまうんだそうです。その成分が壊れると黄身の食感が悪くなるそうで、私はいつもフライパンの底にくっつくくらいギリギリから割り入れてます。ツレヅレハナコさんがほぼ日で公開してた動画もやはりやや高い位置から割り入れていて、卵大好きなハナコさんにも教えて差し上げたい!と思ったものです。大きなお世話ですが。。。
by fumiko212 | 2016-09-29 23:58 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

ニューヨークの交通で変わってたこと

昨年末の話で恐縮ですが、3年半ぶりのニューヨークは色々変わってたという話です。

1.バスに乗る前にチケットが必要な路線が増えてた。
これは86丁目のクロスタウンバスが該当してました。アンリミテッドのメトロカードを持っていてもこの券売機でチケットを取らないと乗れません。
b0031055_23545902.jpg

やり方は簡単で、真ん中のボタンを押してメトロカードを挿入、赤いところから出てくるチケットを取ればOK。このチケット、バスに乗るときに運転手さんに見せたり渡したりはしません。だからチケットを取らなくてもバスには乗れる…。私の場合、バスがもうすぐ出てしまう!というタイミングで駆け込み乗車しようとしたところチケット取らないとダメ!と降ろされ、チケット取ってる間にバスは行ってしまったという悲しい体験をしました。
b0031055_23545949.jpg

ちなみに、全路線で必要なわけではありません。券売機がある時だけで大丈夫です。

2.緑のタクシーを見かけた。
タクシー系のネタとしてはなんといってもUberでしょうが、利用もしてないし写真もないので…。
グリーンキャブも乗ったわけではないんですがウィリアムズバーグで出会いました。なんでも、マンハッタンは西110東96以北、及び他の4区でのみ拾えるタクシーなのだそうです。
b0031055_23550074.jpg


uberのことでは、googleマップの行き方検索をすると選択肢に必ずUberが出てきて(あの頃はまだ日本では出てこなかったので)、へーー!と思ったくらいの接点しか持てませんでした。

googleマップの行き方検索といえば、その精度がすごく良くなってました。それでますますバスを使うことが増えました。地下鉄が突然運休した時なんかは特に助かりました。

by fumiko212 | 2016-09-27 23:21 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)

豊島の青空

先日のテレビでこの時期に体調不良を訴える人が多く、低気圧のせいだと言っていました。度重なる台風と連日の曇天でなんとなくぼんやりとしてしまいますね。。。
facebookを開くと、○年前の今日の写真が出てきます。それで、1年前は瀬戸内海の島を飛び回っていたことを思い出しました。5連休すべて晴れた奇跡のような旅でした。その5日間の中でも特に気持ちの良かった、昨年の今日の写真を集めました。すべて豊島の写真です。
この日は朝一で豊島入りし、電動アシスト付き自転車を借りて島内のアート作品を巡りました。

b0031055_22212538.jpg

アート作品「心臓音のアーカイブ」のある浜。黒い小屋に作品があります。自分の心臓の鼓動を録音した後、作品のある小部屋に入ると、壁面のスピーカーから自分の心臓の鼓動が大音響で鳴り響き、部屋の中央につるされた小さな電球がそれに合わせて脈打つように瞬くという作品。部屋全体が震えるような自分の鼓動につつまれ、まるで自分の体の中に入っているような感覚と、その一方で小さな電球のはかなく瞬く光を見ると宇宙の中のちっぽけな今にも消えそうな自分を外から見ているような感覚とが同居する不思議な体験をしました。
部屋の外ではヘッドフォンで世界各地でこの作品に録音された人たちの心臓音を聞くことができます。アート好きの友人の名前を検索したらやっぱりあったので聴いてみました。心臓音の持ち主からのメッセージがPCのモニターに表示されるのですが、そのメッセージがいかにも友人の言葉らしく、ほっこりした気持ちになりました。
かくいう私もメッセージを残しました。もしこの作品を訪れることがあったらぜひ検索してみてください。2015年9月20日に残っているはずです。
b0031055_222176.jpg

目の前の浜からは静かな瀬戸内海の海を一望できます。
b0031055_22213132.jpg

ここに来たら1か所でいいからゴールしなければと一人で張り切っていたら、後から来た人に「やってますねー!」と声をかけられ、お互いの雄姿を撮りあいました。
b0031055_22213616.jpg

島を巡る道からは海が見えたり棚田が見えたり。
b0031055_22214016.jpg

豊島美術館が見えてきた。内藤礼「母型」を展示する為だけにある美術館。素晴らしいの一言に尽きます。
b0031055_22214395.jpg

何時間でも過ごせてしまいそうな豊島美術館をいったん出て、島の西側を目指します。途中にも作品が点在するので寄り道をしながら。
b0031055_22214695.jpg

横尾美術館では生命力のほとばしる横尾作品に魂を揺さぶられる。しびれました。
b0031055_22215065.jpg

もう一度豊島美術館に戻る道すがら、だんだんと風が出てきたのかこんな雲が見えた。
b0031055_22215458.jpg

海は変わらず静かに凪いでいた。
b0031055_22215814.jpg

閉館ぎりぎりまでをもう一度豊島美術館で過ごし、この日の作品鑑賞を終えました。

夕焼けを見られたらよかったのですが、宿の方にレンタサイクル屋さんに迎えに来てもらう都合があり、それはかないませんでした。いったいどんな空が見られたんだろう。。。
by fumiko212 | 2016-09-20 22:57 | -瀬戸内アートツアー2015 | Trackback | Comments(0)

ニューヨークで買ったもの3

b0031055_20421666.jpg

昨日、ニューヨークで買ったのは食べ物だけと書いた後で、本当にそうかなと思い出してみたらありました。3年半前の2012年にはブルックリンにしかなかった紙もののお店ペーパーソースがマンハッタン内にもできていて、そこであれこれ買ったことを思い出しました。
このカレンダーがその一つ。色鮮やかなイラストが素敵で毎月楽しみにしています。
b0031055_20421988.jpg

ペーパークラフトショップらしい仕掛けが裏面にあって、この線に沿って切り取るとカードやギフトボックス等として使えるようになってるんです。満足度の高い買い物でした。
この店ではクリスマスに使えそうなペーパークラフトの材料も買ったのでこれから冬にかけて使えそうで楽しみです。

こっちはメイドインブルックリンのセレクトショップで買った活版印刷のカード。日本でも活版印刷がじんわりと流行ってるみたいだけどこの手作り感溢れる質感いいですね。これも良い買い物だったと思います。
b0031055_20422080.jpg





by fumiko212 | 2016-09-14 20:27 | -NY shopping | Trackback | Comments(0)

ニューヨークで買ったもの2

ニューヨークで買ったもののつづき。

まずはブルックリンの作り手のもの。雑誌とか、少し前に読んだ、「ヒップな生活」だったかな、ブルックリンのもの作りを取材した本に出てたもの2つ。

アナーキー イン ア ジャーというメーカーのイチゴとバルサミコのジャム。イチゴの形が残らないタイプのジャムでした。バルサミコは酸味は飛んでしまっているから旨味とこくだけが残っているんだと思う。イチゴだけのジャムと比べるとちょっと大人の味という感じ。確かに美味しいジャムでした。あっという間に食べきってしまった。まあ少し高めのジャムだったから美味しくないと困るんですけどね。で、自分で作るときもバルサミコを入れてみるのですよ。そうやって元を取る。
b0031055_08215857.jpg


瓶の写真がないのですが、サー ケンジントンズのケチャップも買ってきました。上に書いた本に出てたと思います。美味しいケチャップがないから自分たちで作ったんだったかな?これは美味しいケチャップでした。また買いたい。オムライス、ナポリタン、どっちも極上の味になりました。
b0031055_00323490.jpg


これは日本でなかなか見つからないから買ったもの。前回の買ってきたもののエントリに書いたカルスティアンズというスパイス天国みたいな店で買ったバスクのピーマン、ピキージョのローストの瓶詰め。

この店、すごく楽しい。スパイスの品揃えは驚異的でアジアから北アフリカ、ヨーロッパまで大抵のものは揃うと思います。ナッツ、ドライフルーツ、瓶詰め類も豊富。料理好きなら訪れて損はないかと。
ガラムマサラもいろいろあって一番オーソドックスなのを買ったけど美味しいガラムマサラでした。
現金だと少し安くしてくれます。

で、このピキージョは、前に渋谷のバスク料理屋さんで食べたピキージョの詰め物が美味しかったのでこういうのを作ってみたかったんです。レストランで食べたのは蟹の詰め物だったけど、私は干しダラを詰めました。干しダラをちゃんと調理したことがなかったのですがなるほど美味しいものですね。
b0031055_00323728.jpg


ニューヨークで買ったものは以上という感じで、やっぱり食べ物しかなかったな~。クリスマスカードとかも買わなかった。
by fumiko212 | 2016-09-14 00:32 | -NY foods | Trackback | Comments(0)

15年

昨年末、3年半ぶりに行ったニューヨークで、初めて911メモリアルのモニュメントを訪れました。
到着日の遅い時間でした。その日降り続いていた雨がようやく止んだところでした。雲に隠れていたワン・ワールドトレードセンターがてっぺんまで見え、明日からは晴れると良いなと思いながらモニュメントに近づいていきました。
かつてワールドトレードセンターがあった場所には大きな人工の池があり、その四方にめぐらされた黒く光る石の囲いにあの日に命を落とした方々の名前が刻まれていました。その中の一人の名前に一輪の白いバラが差し込まれていました。そのバラを見たときに、ここにバラの花を挿した誰かの姿が浮かびました。その誰かがここで話しかけたこの名前の持ち主の姿も。久しぶりにニューヨークに来られた感慨と相まって、胸が熱くなりました。

あれから15年がたち、ニューヨークは色々な時期を経て今も変わり続けています。この3年半ではブルックリンが脚光を浴びているようですが、私はローワーマンハッタンにこそ変化を感じました。この辺のホテルに泊まるのもいいかもしれない、と思うほどに開発が進んでいるように思います。

これからニューヨークはどうなっていくのか、私には想像もつきません。マンハッタンはすでに飽和状態のようにも見えますが、川沿いの地域はさらに変わっていきそうです。この先も、何年かに1度、数日だけ訪れる私の居場所が残されていると良いのですが、、、
もし不安になったら、このモニュメントを訪れたらよいのかもしれません。この先、この街がどんなに変わっても、ニューヨーカーの心は変わっていないことを確かめられる場所になるのかもしれないという気がします。

b0031055_235516.jpg

by fumiko212 | 2016-09-11 23:02 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)

Jack’s Wife Fredaの料理本

b0031055_22032682.jpg

ニューヨークの好きなごはん屋さん、Jack’s Wife Fredaから料理本が出る模様。欲しい!
しかし、日本のアマゾンではKindle版しか出ていない…。まだ発売前だからかな?それとも、今時、洋書はKindle版しか扱わないのか?最近洋書を買っていないから様子が分からない。もし買えたらあの緑のシャクシュカやビーツ入りオランデーズソースのエッグベニーを作ってみたいな。

by fumiko212 | 2016-09-07 21:58 | -NY foods | Trackback | Comments(0)

「犬伏」を観た

三谷ファンである私にとって、今年の生きる糧、「真田丸」。今日、というか地上波では今、いよいよ「犬伏」です。先週の予告以来1週間、毎日この日が来るのが恐ろしかった。公式インスタのカウントダウンに心をざわつかせ、特集映像を観ては涙ぐむ1週間でした。ふと「いやだなああああ」と言っている自分に気づくことが何度もあった。待ち遠しいはずの日曜が来なければいいのにと思う日々。しかし、見終わった今、これが希望の物語であったことに有働アナのナレーションのとおり「心を揺さぶられ」た。
涙はあった。けれどここからまた先に進むのだ!という気分になった。
さあ、12月までしかと見届けますぞ!

さて、もう一度観るか~。
by fumiko212 | 2016-09-04 20:10 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(0)