<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひつじたちのアフタヌーンティー2015

毎年恒例、牡羊座の誕生日をお祝いしてもらうアフタヌーンティーパーティ。今年は御殿山のマリオットホテルでした。
名幹事、ひつじさんのマジックにより、広々とした個室をあてがわれました。さすがです。

紅茶のメニューは香りのサンプル付き。種類を変えてお代わりできます。
b0031055_04535377.jpg

テーブルセッティング。
b0031055_04535350.jpg

しょっぱいお料理のお皿。
b0031055_04535427.jpg

この時期は桜アフタヌーンティーということで、すべてが桜風味、そしてピンクです。全部桜ねえ…そこまでこだわらなくても…とちょっと引き気味で行ったのですが、確かに桜だったりピンクだったりなんだけどそれぞれ違う食感、風味で飽きることなく美味しくいただきました。そりゃそうなんだけど、さすがです。
b0031055_04535431.jpg

金箔入りです!
b0031055_04535424.jpg

焼き菓子もピンク。
b0031055_04535545.jpg

写真が暗いので分割写真も。かわいい。(^^;;
b0031055_04535542.jpg

b0031055_04535589.jpg

お茶もピンクにしてみました。単なる偶然です。(^^;;
b0031055_04535646.jpg

奇跡の幹事、ひつじさん、ご一緒した皆さん、ありがとうございました!
b0031055_04535696.jpg

そして、来年の予習?へつづく。

[PR]
by fumiko212 | 2015-07-30 03:38 | カフェ・レストラン | Trackback | Comments(0)

収穫祭!!

どうです?この程よく熟れた真っ赤なスイカ!
家庭菜園の域を超えて、農家のように本格的に畑をやっている社長が朝採りしたスイカです。
b0031055_07245921.jpg

社長農園の新鮮野菜を素晴らしいキッチンと豊富な高級食材を揃えたsさんのお宅で調理して食べる、というコンセプトのうちごはん会に混ぜてもらってかれこれ何年でしょう?昨日もお腹いっぱいいただいてきました。
昨日は熱中症寸前だったのでスイカからスタート。

万願寺とうがらしの焼き浸し。
b0031055_07245932.jpg


モロヘイヤとマグロのイタリア風タルタル。なぜイタリア風かというと、最近ミラノご出張しまくっているsさんのお宅にはイタリア高級食材が常にストックされているのです。見たことない巨大ケイパーがいい仕事してます。そしてモロヘイヤ合う。
b0031055_07245944.jpg

オクラの肉巻き。見た目は和の惣菜ぽいですが、赤いの見える?ドライトマト入りです。
b0031055_07250085.jpg

モロヘイヤは鰹節かけておひたしが実は一番美味しい。コーンと枝豆ももちろん農園から。
b0031055_07250069.jpg

サンマルツァーノという加熱用品種のトマトでトマトソース。種のドロっとしたところがほとんどない肉厚トマト。加熱すると本領発揮します。ほどよい酸味。ナポリのしっかりした粉の味がするパスタで。
b0031055_07250041.jpg

コーンは収穫時期が遅れたそうで、確かに粒の皮が厚くて育ちすぎたのがわかる。でも中の胚乳というのかな?はすっごい甘い。ということでスープにしたらビックリの甘い甘いスープに。牛乳が少なめだったのでスプーンが立つくらい濃厚なポタージュになった。佐渡バターたっぷりで炒めたのも良かった。
b0031055_07250189.jpg

コーンの収穫がなぜ遅れたかというと、農園長が先週はロンドンにいらしてたからなんですが、そのおかげでフレッシュなクロテッドクリームの美味しさを知れた。
b0031055_07250146.jpg

最後にプリンのデザートまでいただき、はち切れそうなお腹を抱えて帰路につきました。
東京で買ったものは、、マグロのサクと豚バラ、スコーン、デザートのプリンだけ。すごいなー。ごちそうさまでした!



[PR]
by fumiko212 | 2015-07-26 07:04 | 食べ物 | Trackback(1) | Comments(2)

最近のこと色々

最低でも月一は、と思ってるのに6月は1回もアップできずすみません。といっても、見てる人いないんですが…。

最近の出来事から書きますと、夏休みの旅行の手配をしてました。今年は移動する旅。いつもは一箇所に数日泊まることが多いので私にしては珍しいです。まだ手配中なので頑張ります。計画通りに動けるのだろうか…。

チェロレッスンで白鳥をやり始めました。飛び級的にやってるのでポジションはわからないからシとレに鉛筆で印をつけて弾くのです。テノール記号というものを3回目にして理解しました。ヘ音記号の時の感じで隣の弦で弾くと弾けるのです。で、レのとこがハーモニクス。これでかなり見当がつきやすくなった。わがるやつだけわがりゃいい。(ちなみにこれは楽譜の読めない人用。読める人はト音記号の1音ズレみたいな方法がわかりやすいらしい。)

三軒茶屋婦人会の「ス・ワ・ン」を見てきました。下北沢、本多劇場です。モグリなのがバレますが本多劇場に初めて行きました。
3つの時代の女性たちが自分が輝くために人生の壁を突破する瞬間を切り取ったお芝居、とまとめていいのかな。
戦後のキャバレーで働く女性たちの話の中でのセリフ。赤坂のキャバレーの裏口。前は浅草のストリップ小屋で働いていたホステスが、私はもっと輝けるはず、と言いながらも、「ストリップ小屋には戻りたくない。ここ(キャバレー)が私には分相応なのかも」と諦め半分に言う。身につまされた。若くはなさそうな彼女のセリフ。でも彼女は純白のドレスで最後には歌うのだ。自分はどうなんだ、と問わずにはいられなかった。これを婦人会のお三方が演じるとどんな女優が演じるよりも説得力があるのだ。
b0031055_21180204.jpg


先月はチェロの先生がブルーノート東京に出るというので、レッスンメイトと行ってきました。リーダーは松居慶子さん。前知識なしに行って大当たりしました!松居さんの音楽性が人間味あふれていて惹き込まれる、ベースの方が素晴らしく、先生もかっこよかったし大満足でした。翌日のレッスンで先生からツアー中のあれこれのお話を聞けるというとても贅沢なライブ体験でした。松居慶子さん、演奏だけでなくお人柄が素晴らしく、先生によると私が受けた印象のままの方と知ってファンになりました。帰国後は全米をツアー中で7/26にはニューヨークのBBキングに出るそうですよ。また聴きたい。先生に感謝です。
b0031055_21180224.jpg


月一エンタメ、できてますね。(ウソ。4、5月なしでした。)エンタメ予定は次回は10月なんですが、ビッグなのが入ってます。楽しみ。むふふ。


美術班活動としてはマグリット展に行きました。ビックリした。セザンヌが近代絵画の父ならば、マグリットは現代美術の父なのでは?あれが立体になったら今時の作家のインスタレーションになりそうな。自分が知ってたマグリットは最晩年だけだったと知った、驚きの回顧展だった。
b0031055_12082737.jpg


最後に、今一番夢中な「あまちゃん」再放送。本当によくできたドラマだと再認識しながら今年も1日3回見てます。じぇじぇ。



[PR]
by fumiko212 | 2015-07-19 20:27 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(0)