<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

天草から煮た寒天

まだ肌寒かった春先、m社長から天草をいただきました。西伊豆で採った天然モノ。食べられる状態にするまでには洗ったり干したりゴミを取り除いたりと大変な作業なのだそうです。その天草を、後は煮るだけ、の状態でいただきました。ありがたや~。
寒天は暑い時期に食べたいけれど、暑い時期に寒天を煮るのは地獄、ってことで、本格的な暑さがくる前に食すことを勧めてくださっていたのですが、やっぱり暑くならないと気持ちが入らないもので、、、汗。
そしたらどうです、この週末の涼しさは!そして今日あたりからはまた暑くなるっていうじゃないですか。このタイミングに寒天を煮なくていつ煮るのだ!

てなわけで、相変わらず前置きが長いですが、作業開始。

まずは水の量ですが、クックパッドなんかを見ると、天草50gに対して水2リットルというのが大体の比率らしい。いただいた天草は約40gだったので1.6リットルでスタート。棒寒天は水から煮るけど、ネットのレシピではお湯を沸かしてから天草投入と書いてあるほうが優勢なのでそれに従いました。
再沸騰したら火を弱めて20分(ネットだと30分と書いてあるけど、ちょっと短縮)。で、お酢を大さじ2入れて、さらに20分(これも30分とあるものが多い)。見た感じ十分寒天液にとろみがついているのでもう十分でしょうと判断して終了。2/3くらいに煮詰めたかなーという感じ。
途中2階にモノを取りにいったら、階段の上まで磯の香りが充満してました。(うちの換気扇の性能が悪いだけか?)
b0031055_1753814.jpg


ざるにさらし布巾を敷いてざざっと濾したら、流し缶やバットに入れて固めます。豆かんで食べるので厚さは2cmくらいにしました。
この時点でも結構磯の香りがしてます。
b0031055_1753858.jpg


濾した天草は鍋に戻し、1回目の半量の水を入れてもう一度煮ました。クックパッドなどには2回目も作れるとは書いてないんですが、m社長から教わっていましたので。2回目のお酢はどうしよう?と思ったのですが、あまりにおいがしなくなっていたので(今思うと自分の鼻が利かなくなってただけだけですね。)お酢はなしで。40分煮ても1回目のようなとろみは出ません。2回目は半分を抹茶寒天に、もう半分を杏仁豆腐にしようと思っていたのですが、牛乳で倍量に薄めて果たして固まるのか不安な感じ。
抹茶寒天もバットに流してさいの目に切るのは無理かもしれないと判断してグラスで固めました。
杏仁豆腐は固まらなければ諦めよう、と腹をくくってガラス容器へ。
結果としては、抹茶寒天は十分な固さに(さいの目に切ることもできそう)、杏仁豆腐はまだ味見してないけど見た感じはかなりフルフルでむしろ美味しそうに固まってます。
b0031055_1753941.jpg


昨日は抹茶寒天を試食して十分美味しかったんですが、今日になって豆かんを試食。
一口食べると…

!!!!!

うっまーーーーいっ!今まで私が食べてた寒天はなんだったんだ!という旨さ。固さもちょうどいい。
ちなみに赤えんどう豆は普通のスーパーなどではなかなか見つけられず、豆から煮るにも豆も売っておらず、富澤商店で煮たものを売っているのを見つけてそれを使用しました。塩加減が絶妙でなかなか美味しいです。
b0031055_175399.jpg


というわけで、天草から煮た寒天作り大成功。今後、海辺の町やらで天草を見つけたら絶対買う。と心に誓いました。
m社長、このたびはありがとうございました!
[PR]
by fumiko212 | 2011-07-24 17:04 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

牛たんで〆

b0031055_20502759.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2011-07-09 20:34 | -弾丸東北2011 | Trackback | Comments(0)

小唄寿司

b0031055_17242657.jpg

温泉以外はここまで予定通り♪
[PR]
by fumiko212 | 2011-07-09 17:13 | -弾丸東北2011 | Trackback | Comments(0)

遺跡も行けた

b0031055_16255494.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2011-07-09 16:25 | -弾丸東北2011 | Trackback | Comments(0)

小休止

美術館充実しすぎてカフェで休憩中。遺跡と温泉は無理そうかもー。f^_^;)
b0031055_14243019.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2011-07-09 14:23 | -弾丸東北2011 | Trackback | Comments(0)

あおもり犬

b0031055_14281274.jpg

最初に見た。
[PR]
by fumiko212 | 2011-07-09 12:01 | -弾丸東北2011 | Trackback | Comments(0)

のっけ丼

b0031055_10582733.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2011-07-09 10:57 | -弾丸東北2011 | Trackback | Comments(0)

祝!初東北〜

b0031055_8371755.jpg

b0031055_8372119.jpg

北を目指して走行中。
[PR]
by fumiko212 | 2011-07-09 06:18 | -弾丸東北2011 | Trackback | Comments(0)

ムットーニワールドからくりシアターII 覚書2

ちょっと飛ばして、、、

・ウィングエレメント
「ウィングス」の天使を見ながら、この天使の翼の感じ、髪の毛や表情、いつものムットーニらしくないちょっとアンティークなイメージなんだけどすごく見慣れたもののような気もして、、、、
!!!!と気付いた。
MET(メトロポリタン美術館)のツリーの天使にそっくりだったのだ。
あーっ。そうか、そこにつながってたのかーっ!
定時になると一旦すべてのライトを消して、賛美歌のような音楽に合わせて天使を照らすライトを1つずつ灯していく点灯式のようなものがあるんだけど、あれってムットーニの上演会にそっくりだ。
18世紀のナポリの天使がここにつながってたなんて!しかもイタリアだし。
もしかしたらあの天使を作ったのはムットーニの前世の人なのかも。
天使が時を越えて私に会いに来てくれたに違いない。
と、まあ、妄想が暴走してしまった。

・オートマタ祭壇
のぞき箱や油絵、初期の立体作品など。
ムットーニさんの油絵に出てくる人たちは、ブリューゲルの油絵の人たちにとても似ている。きっとお好きなんじゃないかと思っているんだけど。というか、ブリューゲルは私が好きなんだけど。ムットーニさんの油絵を見る前から好きだったと自分では思ってるんだけど、どうだったのか思い出せない。
そういえば昨年Bunkamuraに来たブリューゲルの版画展もおもしろかった。
おおっ。ムットーニさんの版画とか見てみたいぞ。もしかしたらあるのかしら?

12時過ぎに着いて、会場を出たのが4時過ぎ。なんと、4時間もいたのですか。。。
物販コーナーではムットーニさんがご著書を購入した方にサインをされていました。ご苦労様です。
ポストカードもいろいろ出ていたので、数枚チョイス。サインを求める方の列が途絶えたので、少しお話させていただき、カードの1枚にサインをいただき、軽く毒舌を浴びせられて美術館スタッフさんに笑われつつ(なんでいつもそうなる、、、)会場を後にしました。

最後に、帰宅してからムットーニ作品に使われている曲のAmazonリストマニアをチェックすると、早速新作の曲も追加されていた。すごい。
一番知りたかったのは「ウィングエレメント」の中の「ウィングス」での使用曲。オペラのアリアか、後半に入る男性コーラスの雰囲気が修道院の聖歌隊のように聴こえたので宗教曲?と思っていた。あの曲はアンドリュー・ロイド・ウェッバー作曲のレクイエムで、女声2声のようだけど後からハモる方の声はメゾでもないし、ソプラノ2人でハモるっていうのもあるのかなあ、、、と不思議な印象を受けたのだけど、その正体はボーイソプラノの少年だった。メインはサラ・ブライトマン。素敵な曲だった。

[PR]
by fumiko212 | 2011-07-05 00:33 | アート | Trackback | Comments(3)

ムットーニワールドからくりシアターII 覚書1

細々思ったことやら覚書をタイムテーブルを見ながら書いていきます。

・ギフト フロム ダディ
ほぼ日でギアナからのロケット打ち上げUST中継を観て猛烈に感動して、あれ以来どうにか種子島辺りにロケット打ち上げを見に行きたくなっていたので、自分的にすごくタイムリーな作品だった。実際のロケット打ち上げとは違って音もなく静かに上がっていくロケットなんだけど。パカっと開いた壁の向こうの宇宙はこんなに綺麗だったっけ?と改めて魅了されてしまった。
このコーナー、本来は上演会はしないエリアなのだが、2回目の上演会ではタイムテーブルに合わせて急遽口上つきで上演された。上演会をやっている隙に空いているこの部屋を見ようと思ってたんだけど、、、といいつつ、やっぱり口上つきも良いです。今回展示されたギフトフロムダディは名古屋万博でのNHKハイビジョン映像の撮影用に製作されたもので、オリジナルはオーナーさん宅で先日の地震の際に落下してしまったのだとか。考えただけで恐ろしい。。。

・プロミス
ロゴスでは、まずは静止している人形を近くで見ておいて、上演会では遠くから心の目で見る、という感じで鑑賞したけど、今回は動いている人形の表情まで。人形の表情は変わらないはずなのに、輪をくぐる花嫁のあの恍惚とした表情、あれはどういうことなんだろうか。やはり近くであっても心の目で見ているのだろうか。

・エル サルサ デ メディアノーチェ
ロゴスは確か最初の週末に見に行って、そのときには曲も決まっていないようなお話だった記憶が。この曲を探すためにラテンのCDを買いまくって、よって次回のテーマはラテンにする、とおっしゃっていたけど、ムットーニさんらしい伸びのある女性ボーカルが心地よいいい曲を見つけられたようです。ムットーニさんの音楽のセンス、素晴らしい。きっとボーカルの声質にすごくこだわっているんだろうな。
これは前回のエントリに詳しく感想を書いたので、こんなところ。

・ワルツ オン ザ シー
この作品(実際には高泉さん所蔵のオリジナルのほう)は私が一番最初に見たムットーニ作品の1つなので愛着がある。今回の口上で、ジュール・シュペルヴィエルの「海の上の少女」のお話があって、そうだった、世田谷文学館の展覧会以降はそのお話がテーマということになっているのだったなあと。後から見つけた物語がここまでピタリと一致しているなんて、本当に不思議。

・ナイト エレメント
急遽のこのエリアで上演会したとき、ワルツオンザシーをやってるときにちょうどこの近くに立っていて、ガラスケースの中をふと見たら明かりが灯って月が輝いていた。あれ?止まっているときこんなに綺麗だったっけ?と思ったら、動き始めの最初だったんだ。ドドッと観客が移動してきたのでそれだけを見届けてまた後方に退去。ガラスケースの中に三日月があって灯りが着いたり消えたりするだけのものでも素敵だな。

・アローン ランデブー
これはもう、今見たら「はやぶさ」を思わずにはいられない。最後に燃え尽きた「はやぶさ」を。ムットーニさんの口上をはじめて聞いたとき、みんなしーんとしちゃったのを思い出す。上についてる丸いライト、あんな風に色が変わるの忘れちゃってた。

・ドリーム オブ アンドロイド
天使とアンドロイドが並ぶこの作品。いつだったかのナイトツアーでムットーニさんが「かつては天使のほうが現実味があったはずなのに、今ではアンドロイドのほうが現実味がある。」という解説をされていたことを思い出す。天使のほうに現実味があった時代のほうがなんとなくいい時代のように感じてしまう。

・コーヒーブレイク
隣の部屋からIt's a sin to tell a lieが聴こえてきて、ふくろうがいるのかな?と思ったらこっちだった。どちらも好きな作品なのでどちらにしても嬉しい。透明人間が鏡の奥の自分と見詰め合う(実際には鏡の中にしか見えないんだけど)瞬間。ムットーニいいんだよなーって強烈に思う瞬間。

・眠り
世田谷文学館以来、久しぶりに見た。今回もなかなかタイミングが合わず1度しか見られなかった。鏡の向こうがどういう風になってるのか考えてしまう。鏡の向こうがどうなっているのか考えてしまうシリーズ(と私が個人的に命名)の1つ目だった。

・ザ ナイト エンジェル カムズ 08
これはもう2度と見られないと思っていたので、嬉しかった。これ、こんなに良かったんだ。どういう口上だったかなー。女性が本の中の男性の腕をするりと抜けていくところ、ゾクゾクする。
この作品を見たのは、忘れもしない2008年の東京マラソン直前、エキスポの帰りに上演会に行った日だった。あれ以来、ムットーニさんに会うと必ず「マラソンやってる?」と聞かれてしまうんですが、(もうやっていないというのは毎回忘れちゃってるんだなー。笑)今回も同じように聞かれてしまい、「あの作品を見たときだったんですよ。」というと、「2008年かあ。」と即座におっしゃって、私のほうはどの作品が何年までは覚えてないから、まあお互い様といいますか、そんなことを思いました。

・トランスミッション カプセルズ
上演会で隣の部屋でカンターテドミノがこれからまさに始まろうとしているとき、隣の部屋でこの作品が始まった。上演会をパスした数人で、カンターテドミノの口上を聞きながら、この小さな箱から流れるカンターテドミノを聞いている、というのはなんだかすごいシチュエーションだった。この荒唐無稽なお話のシリーズ(「グロリア・マリアが来たりて」とか。)ムットーニならではで好き。

・ザ トップ オブ キャバレー
上演会はこの作品で始まった。心の目で作品を見つつ、ムットーニさんの名調子に酔う。これ、すっごい好きだ。たったあれだけの見せ場のためにトップレスのお姉さんが後ろに控えているというのがこの作品のすごいところなんだな。というか、ムットーニらしくて好きなところ。子供はあれ、どんな風に思うんだろうか。

・プライベート ライブ
これ「メランコリーベイビー」用に作った作品だったんですね。そういえばあのセットのままだ。そうだったそうだった。

今日はここまで。
[PR]
by fumiko212 | 2011-07-03 22:03 | アート | Trackback | Comments(0)