人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

5番街パトロール その4 57丁目のスノーフレーク~ロックフェラーセンター

パトロール報告、最後は5番街のイルミネーションを。

57丁目のスノーフレーク。以前は毎年デザインが変わっていたように思うのですが、いつからか毎年同じになりました。(違ってたらすいません。)
b0031055_204727.jpg

ティファニーの57丁目側の入口付近から通りの向こう側に見えるモードな感じの女性のシルエット。ディオールのビルです。
b0031055_2035780.jpg

バーバリーは青いスノーフレーク。
b0031055_204349.jpg

左の大きなリボンはトミー・ヒルフィガー、右のベルトはフェンディ。フェンディのベルトは毎年同じで、アレンジがちょっとずつ変わります。今年はツララがかかってました。
b0031055_2044071.jpg

カルティエの赤いリボンも毎年同じですが、やはりアレンジが少しずつ変わります。
b0031055_2044939.jpg


今年はウィンドウのトリミングにカルティエの赤いボックス。
b0031055_2045841.jpg

b0031055_2045426.jpg

サックスのスノーフレークはイルミネーションではなくて光の投影に変わっていました。経費削減か…。ちょっと寂しい。
b0031055_205259.jpg

b0031055_205777.jpg

人垣、雪、水溜りを乗り越え、やっとゴールにたどり着きました。
b0031055_2051243.jpg

初めてロックフェラーのツリーを見たときからずいぶん長い時間が経ちましたが、相変わらずここには人であふれています。世界中からの旅行者、家族連れが嬉しそうに記念撮影しています。ここへは一人で来ると少しさびしくなってしまいます。
b0031055_2051718.jpg

スケートリンクは製氷中だったのか無人でした。

その後、ツリーの後ろを回って、6番街方面へ抜けました。ラジオシティや赤いオーナメントのオブジェもいつもどおりでしたが、よほど疲れていたらしく写真がありませんでした。ブライアント・パークまで行こうと6番街を南下しかけたものの、疲れがピークに達しているらしく意識が朦朧としていることに気付いて断念。ホテルへの帰路に着きました。

それでもまだこの長い1日は終わらない。Eleven Madison Parkのディナーが待っています。ですが、時系列のニューヨーク日記はひとまずここまで。
引き続きポツポツとニューヨークネタアップしますので、よろしくお付き合いください。
by fumiko212 | 2011-01-30 20:40 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)

5番街パトロール その3 ヘンリ・ベンデル

次はヘンリベンデル!先ほど写真を選びながら気付いたんですが、私はここのウィンドウが一番好きかもしれない。メーシーズは別として。
ここのおしゃれさは他のお店とは一線を画してる。めちゃくちゃで荒唐無稽な感じが好きです。

まず入口から。ここはデパートというにはかなり小ぢんまりしてますので、メインの入口だからといって取り立ててきらびやかなことはないんですが、さりげなく素敵にしてあります。今では忘れ去られている白と茶のストライプ柄、やっぱりかわいい。あんなにド流行しなければ良かったのにな。
2004年の入口のリースも忘れられません。
b0031055_10322366.jpg

ツリーはウィンドウの中にきちきちに納まっています。反射でよく見えないけど、液晶画面がいくつも取り付けてあって、踊るバレリーナの映像が流れています。手作りっぽい女の子の人形やプレッツェルがぶら下がっていて、全然統一感がないのになぜか収まりは悪くないんですよね。白と茶のストライプのリボンが全体を引き締めてるからかな?こうやってリボンを巻きつけるツリーを作りたくて、リボンは買ってあるのにまだ実現していません。来年はチャレンジしようかな。
b0031055_1032327.jpg

今年のテーマはバレリーナ。ウィンドウの左のお姉さんはチュチュをはいてるんですよ。シャンデリアにはねずみがぶら下がってるのですが、このチュチュのお姉さんの左に大きなクルミ割り人形がいるんです。右のお菓子の家はちゃんとヘンリベンデルのビルの形をしていて、窓には白と茶のストライプクッキーが使われています。かわいい!
ここのウィンドウ、年末に行くと大きくSALEの文字のシールが貼られていて、このような写真になってしまうのが残念です。
b0031055_10323922.jpg

窓から中をのぞくと、バレリーナが天上から吊り下げられていて空中にフワフワと浮いているんです。
b0031055_10322633.jpg

ここはティファニーと違って店内のセキュリティがゆるそうだったので店内からも撮影してしまいました。
すごいシュール、、、このギリギリアウトな感じがヘンリベンデルらしくてやっぱり好きだ。笑
b0031055_10324345.jpg

最後はまたしてもウィンドウの隅に見つけたかわいいクリスマスグッズ。積み上げられたヘンリベンデルボックスとヘンリベンデル柄のセーターを着たワンちゃんのスノードーム。欲しい~。やっぱりおしゃれなヘンリベンデルなのでした。
b0031055_10324945.jpg

by fumiko212 | 2011-01-29 11:01 | ニューヨーク | Trackback | Comments(2)

5番街パトロール その2 ティファニー

次はティファニーのウィンドウをチェック!b0031055_10132431.jpgティファニー前はすごい人だかりで怯みますが、ウィンドーの前は意外と空いてる。
ティファニーのウィンドウは毎年「大人のファンタジー」を表現していますが、今年は懐かしさも加わって、誰もがつかの間子供の心を取り戻す、そんなクリスマスのシーズンの空気を感じるウィンドウデコレーションでした。バーグドーフのところでも書いた、紙を使ったクラフトが中心になっています。テーマは「おとぎ話」かなー?美しい活字で埋め尽くされた紙と本で作られたオブジェ、窓ガラスの縁を飾る雪の結晶、ティファニーブルーの小鳥、すべてが上品で少し懐かしさがあって、温かみも感じられる。
バーグドーフにしてもティファニーにしても、他のデパートやお店もそうですが、毎年テーマが変わっても、それぞれの個性はぶれてない。すごいなー。日本では、そういうお店ってあるかなあ。その年の流行でガラッと変わっちゃってる気がする。ミキモトのツリーとか、今でもつづいてるのか知らないけれど真っ赤な資生堂のツリーなんかがそれに該当するのかな。

b0031055_10215520.jpg

b0031055_1022032.jpg

b0031055_1022550.jpg

b0031055_10213610.jpg

b0031055_10214944.jpg

by fumiko212 | 2011-01-22 10:25 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)

5番街パトロール その1 バーグドーフのウィンドウ

METへの入場には時間が遅すぎたので、売店だけをササッとチェックして、さてどうしよう。夜の予定が入ってないのは今日だけだ、と気付いたので、去年できなかった暗くなってからの5番街をパトロールすることにした。
まずはバスで57丁目あたりまで南下することに。
バスの後部座席に座ったら、ドドっと睡魔が。NYのバスで寝落ちしてしまった、、、ハッと目を覚ますと、外はまだ暗闇。一体どのくらいの時間が経ったかわからないけど、きっと公園の横を通っているんだろう。時計を見ていなかったけど、どうも大渋滞でほとんど進んでいない様子。
こりゃ歩いたほうが早そうだ、と60丁目あたりで下車。昼にsさんから、プラザホテルの前は雪解けの水溜りとセントラルパークの馬車の馬のいろいろで恐ろしい状態だったという話を聞いていたのですが、自らそこを横断する道を選んでしまいました、、、真っ暗でよくわからなかったけど、気にしない気にしない。

早速58丁目側のショーウィンドウからチェック。
ここのウィンドウは迫力がありすぎてどこを見ていいのかわからなくなる。58丁目側はまだまだ規模が小さいのですが、それでもこの盛りっぷりです。
b0031055_22223023.jpg

この後5番街側のウィンドウの写真もアップしますが、バーグドーフのウィンドウのテーマは旅なのかな?ここでは地図モチーフに旅支度のようなファッション、後ろに積み上げたトランクも見えてます。
b0031055_22223551.jpg

次の2枚の写真は同じウィンドウです。ペーパークラフトといえばいいのかな、紙を何枚も重ねて巨大な動物の立体像を作り上げています。こんなアートが江戸川競艇場にあった。後日、別エントリで紹介しますけど、ティファニーも紙を使ったクラフトでウィンドウを飾っていました。ということで、Fumiko調べの今年のショーウィンドウの流行の素材は紙!決して素朴ではなく、洗練された紙使いです。
b0031055_22224255.jpg

b0031055_2222386.jpg

5番街側のウィンドウは相変わらずの大迫力。美術館のアート作品よりもよっぽど見応えがあります。
このウィンドウでは自動車の旅、というテーマなんじゃないかな。でも、現地では圧倒されすぎて後から写真を並べてみて初めて旅がテーマなのかな?と思った次第です。ピントが合ってなくてスイマセン。今回、デジカメが瀕死と認めざるを得ない状況で、5番街パトロール中もフル充電してあったにもかかわらずあっという間に電池切れのサインが出たり、あっためると消えたり、の繰り返しで。寒さのせいもあったと思いますが、ここぞというときにこの状況。焦りました。
b0031055_22274889.jpg

次の窓はペガサスに乗った女性。白だけのウィンドウです。空想の旅といったところか。
b0031055_22275326.jpg

こちらは宇宙への旅。グラムロックスターのような衣装をまとった女性が望遠鏡をのぞいています。
b0031055_2228034.jpg

こちらは帆船。船旅ですね。セーラーっぽいコスチューム。
b0031055_2228596.jpg


こちらは列車の旅。レイルロードの文字が見えます。
b0031055_22403533.jpg

最後は空の旅。飛行機、飛行船、気球と空の旅オールスターズ(?)が見えます。
b0031055_2228119.jpg

バーグドーフのウィンドウは不況どこ吹く風の華やかさ。バーグドーフがある5番街と57丁目の交差点は、東京でいえば銀座4丁目の和光か三越か、といったところだと思いますが、東京の状況と同じく、中国人観光客風の人が多かったのが印象に残っています。
by fumiko212 | 2011-01-19 22:49 | ニューヨーク | Trackback | Comments(2)

美術班朝食会@ル・パン・コティディアン

昨年のゴッホ展で美術班活動をできなかったのが心残りで、忘年会の折にゴッホ様反省会をしないといけないですね、と話し合っていたので、年明け早々に実施しました。忙しいメンバーが集まるので朝食会です。オープンしたばかりのル・パン・コティディアン 芝公園店に行ってきました。

お店は朝7時半から開いています。朝食メニューは11時までとのこと。7時半でもいいという声もありましたが、9時半にお店に集合しました。
b0031055_23254850.jpg

b0031055_2334222.jpg明るい店内はまだ空いていて、このお店のシンボルともいえる大きなテーブルの席(コミューナルテーブルというのだそうです)を確保。自由に食べられるビン入りジャムはここにしか置いてなかったので。(4人席などのほうには料理と一緒に持ってきてもらえるようです。)
この大きなテーブルに座ったのは大正解で、m社長が持ってきてくださったほうれん草をワサーッと広げて新聞紙でくるむ作業もラクラク♪(ご馳走様です!)
b0031055_23345471.jpgテーブルにあらかじめセットされていたジャムと調味料はこんな感じです。左からアプリコットジャム、ママレード、チョコレートペースト、塩、胡椒、ハチミツ、オリーブオイル。
b0031055_2336010.jpg隣のトレーからも寄せ集めたその他のジャムはチェリー、イチジク、ホワイトチョコペースト。
b0031055_2337713.jpgb0031055_23371392.jpg
b0031055_2337059.jpgb0031055_23371713.jpg
b0031055_23372253.jpgみんなでシェアした料理。バスケットに入ってくるパンの盛り合わせ、オムレツ2種(ここまでが朝食メニューから)、卵とアンチョビのタルティーヌ(オープンサンド)、プロバンス風サラダ。
店内が少し寒かったのに冷たい料理が多かったのがちょっと失敗。パンも温かくなくてしょんぼり。だって、次々とパンが焼きあがっているガラス張りの工房が見えているのに…。味は美味しいです。オムレツ、サラダにはパン(カンパーニュ系)が付いてくるので、パンバスケットはわんこパン状態でした。ヘーゼルナッツとレーズンのパンが美味しかった。買って帰るつもりが店頭販売はなしとのこと。残念。
帰りに入口付近に写真入メニューを発見。これを見ていれば選択が変わったのになー。今後、他のメニューも試したい。もう少し暖かくなったらまた来ます。
b0031055_23451142.jpg会計を済ませて物販コーナーを見学。レジの後ろにずらっと並んだカンパーニュ。これは飾りではないはず?レジ前はチョコレートがずらり。そうそう、ヌガーもありました。最近、売ってるとこ増えてきましたね。
食品棚にはテーブルにおいてあったオイルや塩・胡椒のほかに、瓶詰めの保存食(タプナード、ドライトマト、ハリッサなんかもあった)、ジャム(テーブルに置いてあった以外のものもあり)、コーヒー・紅茶などがありました。タルトはフレッシュフルーツとフルーツを焼きこんだのが3種、レモンタルト。これも激しく惹かれました。
真ん中にはヴィエノワズリーが並んでます。後でどこかで食べよう!とアーモンドとレーズンのエスカルゴとブリオッシュを購入。どっちも美味しかったです。ただお値段はかなりいいお値段。2つで600円近く。食材も同じくいいお値段です。なので見るだけ。
サンドウィッチやサラダも売ってました。
b0031055_2345482.jpgb0031055_234572.jpg
b0031055_23452349.jpgb0031055_23451513.jpg
朝食会では次期活動計画もまとまり、実り多い会でした。
そうそう、毎週日曜日9時から(と書いてあったけど、私が着いたときはまだなかったような、、、)はお店の前で朝市をやってます。小さなスペースだけどおもしろい野菜がぎゅっと揃ってます。ポルタベッラマッシュルームはNYでも見たことのないような新鮮さ。ミニ白菜も気になりました。(Mさん、どうでした?)買って帰ったミニトマト、本当に甘かったです。
b0031055_011390.jpg

この後一行は増上寺初詣(今年まだできてなかったので、そういうことにしました。)、東京タワーで高いところ倶楽部活動、カフェベローチェでゴッホ様パズルに挑戦(4人がかりで40分かかった。)、ラーメンで〆、と朝食会といいつつ夕方までみっちり活動。お疲れ様でした!
b0031055_051832.jpg

b0031055_053716.jpg

by fumiko212 | 2011-01-19 00:06 | カフェ・レストラン | Trackback(2) | Comments(8)

雪のセントラルパーク

ロブスターロールを食べた後はsさんとお別れして郵便局へ。カードを出してから、イースト方面に移動しようかな、とバス停を探す。今回というか前回くらいからかなあ。もっと前からかもしれないけど、行き先を決めずにホテルを出てしまって、地下鉄の駅に行ってからボーっと考える、みたいな動き方ばかりしてました。
バス停が雪に埋もれているので、おばあさんがぽつんと立っていた信号近くの除雪されているところに近寄っていくと、バスを待っているというのでそこで待機。そこも一歩車道に下りると巨大水溜りでバスに乗れるのか不安になる。バスがやってくると歩道ギリギリまで寄せてくれたので、無事に乗り込むことができました。バスに乗るのもひと苦労だ。

b0031055_21145648.jpg5番街で降りて気持ち的にはMETを目指してたんだけど、その前にここらの高級アパートのリースでも見ておくか、と北上。いつも定点観測する街路樹の植え込みはこんもりと雪に覆われていました。ここなんて、街路樹がボッキッと根元から折れて道路に倒木が、、、本当にすごい嵐だったんですね。
ジャッキーの池に通じる公園の入口付近まで来たので、公園の雪の積もり具合をのぞいて見るかと公園の中に入っていくと、踏み固められた深雪の中を歩いていく感じに。ちょっと滑りそうだけど、結構人が歩いてるのでザクザクと入っていく。

このあたりからMETのデンドゥール神殿のあるガラス張りの部屋に向かって緩い傾斜地帯があって…。やっぱり!橇滑りに興じる子供たちの楽しそうな声がこだましてました。雪の翌日のニューヨークのイメージだ。もう夕方近かったけど、まだまだ盛り上がってます。
b0031055_21235185.jpg

ジャッキーの池の畔に上がるのに一苦労。水辺はさぞや寒かろうと思ったけど、空気が澄んでいて気持ちよかったです。
b0031055_2125016.jpg
このあたりは除雪されておらず真っ白です。クロスカントリースキーの人、子供を乗せた橇をひっぱる人、ジョギングする人も。ニューヨークでは雪は珍しくないのでしょうけれど、それでも全体的にちょっとみんな嬉しそうに見える。ニューヨーカーは元気です。
b0031055_21342284.jpg

池のほとりを離れて橇遊びをする人たちのいた場所に戻ると、夕日が沈んでいくのが見えました。雪に夕日が反射してキラキラしてた。
b0031055_21362484.jpg

当初の目的地のMETは既に閉館間際の時間になってしまったけど、大雪のセントラルパーク散歩、楽しかったです。

この後、5番街のイルミネーションパトロール、そして今回の目玉、イレブンディナーへつづく。まだまだ長い1日は終わりません。
by fumiko212 | 2011-01-16 21:46 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)

ロブスターロール@Luke's Lobster

トリニティチャーチを出た後は、どこに行こうかな?とりあえず緑のラインに乗って、SOHOで降りようか、ユニオンスクエアで降りようか、グラセンか、ブルーミーか、、、と逡巡しているうちにエキスプレスだったみたいであっという間にユニオンスクエアを過ぎてました。汗
ホテルでsさんと落ち合う約束の時間まで1時間ちょっとしかなかったので、もしかしたらやってるかもしれないレーザーショーでも見ようかな、とグラセンで下車。外を歩くのにも少し疲れたからちょうどいいや。
駅構内にあるカード専門店パピルスでカードを物色。このカード、7ドル近くするのわかってもらえるかなー?なんて思いながら、わかってもらえると信じて2枚購入。クリスマスカードがセールになってて、あれこれ欲しくて手に持ってたけど、そもそも過去に買ったクリスマスカードを全然使い切れてないのにまた買うのか?と自問して辞めにする。到着初日というのはまだ買い物の感覚がつかめておらず、ここでも逡巡タイムが長引いてしまった。。。買い物苦手。
やっと買い物終了して、駅のホールに行ってみたけど、レーザーショーなどやっている気配が微塵も感じられなかったので、ボチボチホテルに帰ることに。

買ってきたカードにサクサクメッセージを書き込んで、やっとお腹が空いてきたので、sさんとロブスターロールを食べに出発!

目指したのは、甲殻類好きのひつじさんのブログで知ったロブスターロール屋さん、Luke's Lobster。ホテル近くのアッパーウエストのお店に行ってきましたよ。

目当てのロブスターロールは14ドルくらいだったかな?ドリンクとピクルス、チップスつきのセットが16ドル。結構高いです。更にカップのロブスタービスクをつけたら、なんだかんだで確か21~2ドル。デニーロの朝食とほぼ同じ値段になっちゃいました。うーん。高い。釜山の高かった焼肉屋とも同じくらいの値段か。やっぱ高いな。笑

でもでも、どうです!この盛りっぷり。まあ、パンは小さいですけど、これだけ入ってればロブスターを食べた!っていう満足感は十分でした。バターソースが絡んでて結構ポタポタくるし、ロブスター落とさないようにとか、必死で食べちゃいました。なんか焦っちゃうんだよなあ。
b0031055_22494840.jpg


これがセットの全貌。それとカップのビスク。
ピクルスはかなり巨大ですけど、やっぱりロールはそんなに大きくないですね。チップスもドリンクもたくさんの中から選べます。ジンジャーエールはかなり辛いけど大丈夫?ってお店の人が言ってた通り、喉にビリビリきました。でも好き。
ビスクにもロブスターがゴロゴロ入ってました。けど、スープ自体はチェルシーマーケットのロブスタープレイスのほうが美味しかったかなーという印象。食べ比べるには間が開きすぎてますけど。(それこそ5年くらい?)
b0031055_22495959.jpg

ところで、セットについてきたチップスを見て、前にテレビでシェリーさんというJ-waveのナビゲーターとかをやってる女の子が、日本のサンドウィッチには何でチップスがついてこないの?おかしい!と力説してたのを思い出しました。私は特にチップスなど必要ない派なのでこのチップスはお持ち帰りしたんですが、後日、自作のサーモン&クリームチーズのベーグルサンドを食べながら、チップス欲しいな、と思って、ああこの感じなのね!と理解できた。アメリカのスモークサーモンて日本のに比べて塩味が薄いんですよ。だからチップスが欲しくなる。チップスの塩分が加わってちょうどいい味になる感じでした。
とまたどうでもいい話を書いてしまった。でも外国に行って、そういうことを考えてフーンとか思うのが結構好きです。食文化というほど大げさじゃないけど、ああそうなんだ、っていうちょっとした習慣みたいなのっておもしろいです。
by fumiko212 | 2011-01-15 23:09 | -NY foods | Trackback | Comments(4)

トリニティチャーチでアート

あっという間の1週間の滞在。去年は帰りの飛行機で1日ごとの行動をザザーッと手帳に書きとめたんだけど、今年はその気力もなく帰ってきたので、写真を見返しながら時系列でブログをアップしてます。自分でも思い出しながら。いつも思いつくままにブログアップするので、私にしてはちょっと珍しいアップ方法なんです。なんてことはどうでもいいですね。

デニーロの店でごはんを食べたあとは、ニュージャージーに遠足に出かけるnさんとお別れして、sさんをお誘いしてブーレイベーカリーへ。明日の朝ごはん用にここのマフィンやパンを買えたらな、と思ったんです。ブーレイって通りを挟んでレストランとベーカリーがあるんですが、来るたびに雰囲気が変わってる。元々あったベーカリーが911でクローズしてしまい、長らくレストランだけで営業していましたが、その後ベーカリーが復活。ベーカリーは1階でパンやケーキを販売して2階はイートインコーナーというんでしょうか、食べられるようになってて、更にオープンキッチンがあって料理教室も開かれる、という環境が長らく続いていました。今は1階は工房スペースになっててその一角で販売もしている、というかなり縮小した感じでした。2階は今もあるみたいでしたけど、どうなってるんでしょう?未確認です。パンはクロワッサン系のものが中心で、レストランで出してたハードパンはほとんどなかった。ピスタチオパンとかサフラン入りのパンとか美味しかったのになあ。
オレンジマフィンとスコーンをゲットして、雪道をザクザクセンチュリーへ。ここでsさんともお別れして、各自買い物。私は大体何も買えずにスゴスゴ帰るパターンなんですが、今回は珍しくいろいろ買えて中満足。

今まであんまり思い入れなかったけど、このあたりの風景というのは、すごくニューヨークらしい景色の1つだな、と今回しみじみと感じました。雪があったからかな?
b0031055_13592.jpgb0031055_135936.jpg
何年か前に小鳥のツリーを見つけてから、なんとなく1度は足を運びたい場所になったトリニティチャーチ。ここまできたのだから、と寄ってみました。観光客がいっぱい。東洋人はいないけど。

イエス様誕生のジオラマは前に見たときよりもキラキラ度が増していたような、、、
b0031055_1481323.jpg

ありました!小鳥ツリー。はじめて見たときは夢中になって近づいて写真を撮ったけど、実はこの壇上には上がっちゃいけなかったんです。あの時は人がほとんどいない時間帯だったように記憶していて、誰にも何も言われず、翌年に、あれ?近づけない?と気付きました。スイマセン。
b0031055_149131.jpg

祭壇の奥の通路に入っていくと、「トリニティ・ミュージアム」という表示を見つけました。教会の歴史に関する展示でもあるのかな?と入っていくと、予想外に現代アートの展示でした。写真には写っていませんが、音の出る映像作品やキラキラしたメタリックな作品などもあって、プチMoMA風情。ニューヨークの教会らしいなあと嬉しい驚きでした。
b0031055_151427.jpg
教会らしく、ステンドグラス作品もありました。展示のためのステンドグラスではなく、実際に教会の窓になっています。
b0031055_151313.jpg

こちらは聖堂内部の回廊のステンドグラス。こういうシンプルなパターンのステンドグラスが好きです。百合の柄が規則的に並んでいます。
b0031055_1542984.jpg

教会の中は観光客でワサワサしていてもなんとなく空気が澄んでいるような神聖な気持ちになる場所です。写真をバチバチ撮って申し訳ないな、と思いつつ、信仰を伴っていないので「お祈り」というよりは、見せていただいてありがとうございます、という気持ちで手を合わせています。
b0031055_1553963.jpg

by fumiko212 | 2011-01-15 02:03 | -NY art & museum | Trackback | Comments(0)

イタリアンぽい朝食♪@Locanda Verde

1日1話アップ、3日続けられた。今日はいよいよパンケーキです。今回の滞在中食べた唯一のパンケーキになりました。今回のパンケーキはこれで終了!と思うほどすんばらしいパンケーキでしたよ。

店内は窓側の明るいカウンターがあるスペース(朝食はこっちに案内される様子)と一段高い薄暗いバーのあるレストランコーナーに分かれてます。夜はあっちのレストランコーナーでお食事できるんでしょうね。行ってみたい。

1枚目の写真の奥びカウンター。ここに焼き菓子などが並んでるんだけど、お菓子のお家がいくつも並んでたり、後ろには自由の女神がいたり、さりげなくかわいい雰囲気でした。焼き菓子ちょっと買ってみたかった。次回の課題。
b0031055_2321499.jpg

b0031055_2321918.jpg

濃い茶色のテーブルに白い食器やミルクが映えます。リネンが良かった!こういうの、どこで売ってるんでしょうね?お店で売ってるのはボテッとした綿の分厚いやつばかりですけど、ニューヨークで買ってもやっぱり高いのかなー。こういうところがデニーロのこだわり?素敵。
b0031055_23211417.jpg

朝食メニューから3種オーダー。リコッタパンケーキ、レモンカード添え、フレンチトースト、オムレツ(メニューにはフリッタータと書いてあります。イタリア風のオムレツ)。

パンケーキはシトッとした食感です。お腹にどしっとくる感じがなくて美味しい。レモンカードもうちょっと欲しいよー。足りないわけじゃないんですよ。リコッタちゃんと入ってます。横浜のビルズのリコッタパンケーキよりずっと美味しかったと思う!
b0031055_2321252.jpg

フレンチトーストはサクッとした軽いパンで作ってます。ヘーゼルナッツが散らしてあるのが良かった!これも美味しくて、もし1人で行って、次何を頼むかと考えたら、これにするかも。中がトロッ、外はカリッの理想のフレンチトーストでした。
b0031055_23212012.jpg

フリッタータも美味しかったー。イタリアンの前菜を朝食メニューにしてしまうっていうのがアメリカ人ですね。でも美味しいからいい!上に乗ってるのはゴートチーズ(シェーブル)です。この獣臭がオムレツに合う。今回はゴートチーズをよく食べました。流行ってるのかな?偶然?以前からサンドウィッチやサラダにゴートチーズと書いてあるのはよく見かけたけど、イレブンディナーのおつまみ(コース料理の合間に出てくる小さな料理)でも出てきましたね。オムレツにはハーブがたっぷり入ってて、それも美味しかったなー。ドライハーブなのもアメリカっぽいのかなー?イタリアン(というかイタリアンって落合さんのしか食べないので落合さんの料理)だとフレッシュハーブが原則って思ってましたけど、ドライハーブにはドライハーブの美味しさがある。知ってる味なんだけど、ドライハーブをあまり食べないのでこれっていう確証がなくて真似できないのが残念。多分オレガノだと思うんですが、もしかしたらタイムかなあ、セージかなあ。それかいろいろのミックス?味覚がいい加減なのでわからないや。検証しにもう一度行きたい。で、写真を見ていて気付きましたが、ズッキーニの花が乗ってますね!自分のとこには来なかったー。笑
b0031055_23212917.jpg

朝食メニューはどれもはずれのない美味しさ。雰囲気おしゃれだし、料理はさりげなく凝ってて美味しいし、絶対リピートしたいです。初日の朝食が大当たりでご機嫌でした♪
by fumiko212 | 2011-01-14 23:49 | -NY foods | Trackback | Comments(0)

りんごとオレンジのツリー@デニーロホテルのレストラン

今日も1話アップ。細切れで行きます。

大雪の中、アッパーウエストからトライベッカまで下っていったのにはわけがあります。
デニーロの店のリコッタパンケーキを食べること!
トライベッカのデニーロの店って、いろいろあるみたいですけど、私たちが行ったのは、グリニッチホテルというデニーロのやってるホテルの中にあるイタリアンレストラン、ロカンダ・ヴェルデというところです。
ホテルの中なので朝ごはんも食べられるんですね。デニーロの店って昔からトライベッカに何軒かあって必ず雑誌に出てたけど、今回はじめて行きました。昼や夜はトライベッカって行きにくいし、そもそも気後れしちゃうし、人の少ない朝に行かれるというのは良いですね。

まずは入口のツリーでひと盛り上がりしました。今年のニューヨークのベストツリーはこれ。(そんなに数見てないけど。)フルーツ満載のツリーです。見づらいと思いますけど、柑橘系のフルーツや大小のりんごで飾られています。
古い時代のクリスマスツリーにはりんごを飾ったと聞いたことがあります。ということは、これはかなり正統派ツリーなのですね。
10年以上前、渋谷のBunkamuraのミュージアムでオランジュリー美術館展が開催されていたのを覚えていますか?あの年のBunkamuraのクリスマスデコレーションのテーマもオランジュリーでした。オレンジがいっぱいぶら下がったツリーが飾られていたのを覚えている人はきっといないと思いますが、私はあのツリーが大好きで、すごくよく覚えています。父と母と3人で第九を聴きに行って、オーチャードホールの前にあったツリーの前で映した写真が残っています。
そんなことを思い出しました。パンケーキについては、また別のエントリで。
b0031055_20472111.jpg

b0031055_2047048.jpgb0031055_20471255.jpg
by fumiko212 | 2011-01-13 20:55 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)