人気ブログランキング |

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

那須高原の休日 その3 野菜たっぷりディナー

お風呂に入ってサッパリして、さらにちょっと仮眠をとってからディナータイム。ホテル唯一のレストランでフレンチです。フランスで修行(?)というかお仕事をされていたシェフがいらっしゃるとのこと。
コースは1つだけで、アミューズ、前菜、メインの魚料理、デザート、すべて1品のみです。1000円追加すると魚料理を肉料理に、また、もう少し(いくらだったか忘れました)追加すると魚料理、肉料理両方いただけるとのことです。我々は1人だけ肉料理にしてシェアすることにしました。
先ほど、ファスティングの女性が説明を受けていたラウンジには、マクロビ関連の書籍や雑誌がたくさん並べてあって、もしかしてベジタリアンの宿だった?と不安になっていたので、ホッとしました。
とはいえ、自慢は自施設で栽培する新鮮野菜。フレッシュな野菜充実のメニューです。

b0031055_183985.jpgb0031055_18391521.jpgアペリティフは野菜ジュースが登場。人参、りんご、大根、レモン果汁のミックスで消化を促進する効果があるとか。結構しっかり大根の味。胃が落ち着きます。
ワインはグラス。ソービニヨンブラン。
アミューズはおもしろい一皿が登場しました。中央はミニ人参やミニ大根、ラディッシュが丸ごと。
b0031055_18422259.jpg

b0031055_18443329.jpg3種の塩をつけていただくそうで、ハワイ、アンデス、広島産と言っていたかな?うーん。まあ見た目おもしろいけど、大根は辛すぎてアミューズにはちょと、、、舌が痺れて他の料理の味がわからなくなるー。右のカプチーノっぽいものはホワイトアスパラのスープ。これもちょっとうーん、さらさらしすぎてて今ひとつ。
b0031055_18511441.jpgパンが美味しかったです。見た目皮がバリバリに固そうだけど結構やわらかめ。だけどシナシナってわけじゃなく食べやすくて美味しかった。
前菜は地元野菜に湯葉、鶏の燻製、温泉卵添え。醤油ベースのソース。これも惜しい感じ。肝心の湯葉が美味しくない。。。生湯葉だったら良かったのかも?最後飽きました。エラそうにすいません。
b0031055_1858728.jpg

メインの魚はスズキだったかな?これが一番美味しかった。下にリゾット(全部お米でなく半分くらいは野菜なので軽い)が敷いてあるところがいい。皮パリパリ、身はふっくら。
b0031055_1994247.jpg

肉料理は那須牛の赤ワイン煮込み、オレンジ風味のソース。かなりホロホロに煮込んであって、濃厚だけどこってりし過ぎないソース。美味しかったです。今回は魚のほうが美味しかったので、1000円プラスしなくてもいいかもね、という感想でした。
b0031055_1911403.jpg

デザートはチェリーのシブースト。向こう側に見えているいちごのソルベが美味しかった。ちなみにデザートはプラス1000円でフロマージュに替えることもできるそうです。
b0031055_19124571.jpg

b0031055_19132286.jpgこの日はホテルが満室だったとのことで、レストランは2回転したそうですが、サービスの人たちはよく気がついて皆感じが良かったです。お料理はちょっと懲りすぎてるのかなー?というところもありましたけど、旅先のディナーとしては充分。美味しくいただきました。
by fumiko212 | 2010-06-12 19:18 | -国内旅行 | Trackback | Comments(0)

那須高原の休日 その2 豪華ホテルにチェックイン♪

お弁当で満腹になってまもなく、那須塩原駅に到着しました。駅前のロータリーから事前に頼んでおいたホテルの送迎バンに乗り込んで出発。目指すはアイランドリゾート那須。ゴルフ場やスパ、農場や牧場を併設したリゾート施設で、古くからの避暑地である御用邸方面ではなく、新幹線の線路をはさんだ反対側を福島県との県境に向かって40分ほど北上したところにあります。

田植えが終わったばかりの少々寂れた(失礼。。。)田園風景を見ながらたどり着いた先に突然現れる異空間。以前からあった施設を改装してオープンしたとのことで、天井の高い空間はバブル時代の贅沢さを残しつつインテリアはシンプルにまとめてあり趣味のよいホテルでしたよ。

チェックインは写真に写っているロビーのソファーでしてもらえます。いわゆるフロントのカウンターはないんです。
b0031055_2123486.jpg

部屋は特に指定していないので一番したのクラスのツインルームだと思われますが広々して気持ちよかったです。
b0031055_2151149.jpg

部屋にはDVDプレイヤーがあり、1階のバースペースにあるDVDを自由に借りられます。家ではなかなかゆっくり見ることのないベルリンフィルのDVDを持って来ればよかった。

窓の外のゴルフ場の青々とした芝生が眩しい。
b0031055_2171125.jpg

西側に面していたので、遠くの山に沈む夕日を映して刻々と変わっていく空の色を追いかけて写真撮影。
b0031055_21404824.jpg

b0031055_2141172.jpg


2階には温泉の大浴場とドリンクバー(無料)のあるラウンジがあります。

ホテルではファスティング(プチ断食みたいなもの?)を体験できる宿泊プランがあり、ラウンジではジュースを飲むタイミングなどの指導を栄養士から受けている女性がいました。駅弁をガッツリ食べ、ディナーに備えてお腹をすかせるために長湯してきた私ら母娘とは別世界の人なんだなー。2人の会話を聞くともなく聞いていたのですが、「昨日はいつもよりぐっすり眠れました。」と話してました。興味はなくはないけど自分には絶対無理だなー。
仕事をしている同業者を見ているとどうにもくつろげないので、早々に部屋に退散。ファスティング指導なんていう仕事は私には絶対無理だ。

そうそう、大浴場もとてもよかったです。入口にはシャンプーが何種類か置いてあって好きなものを持って入ることができたり、一通りの化粧品が揃った使い勝手のよい洗面スペースがあったり、いろいろ考えられていました。何より新しいので清潔に保たれているところがよかったです。ジトッとした大浴場のバスマットやぬるぬる感がある浴室の床が大の苦手なんだけど、一度も嫌だなと感じませんでした。

後から聞いたら、この日は満室だったのだそうですが、大浴場でもラウンジでもほとんど人と会うことがなくストレスを感じませんでした。レストランはさすがに満席でしたが、サービスで待たされることはなく、また、お年寄り向けの高級バスツアーが来ていたそうで、かなりご高齢のご夫婦や女性グループがいたり、小さな子ども連れも1組見かけたのですが、騒がしいグループが1組もいなかったのもよかったです。

一緒に行った母がとにかく気に入ってしまい、秋にまた来たい、と言っているのですが、今回はかなりお得なクーポンをいただいてきたので、普段は泊まれないのだよ。またブノワでクーポンがもらえたら絶対に行きますのでよろしくお願いします!(誰に向かって言っているんだ?笑)

地元(一部施設内)の農場で採れた野菜たっぷりのレストランの食事は別エントリで。
by fumiko212 | 2010-06-02 21:36 | -国内旅行 | Trackback | Comments(0)