人気ブログランキング |

<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

メトロポリタン美術館の過ごし方

ニューヨークで一番多く訪れた場所は、もしかしたらメトロポリタン美術館かもしれない。
美術館での過ごし方はそのときによっていろいろですが、アート鑑賞している時間とそれ以外の時間が半々くらいかもしれません。

年末年始だったら、一番に向かうのは中世コーナーのクリスマスツリー。今回は鑑賞者のマナーが悪く、カメラのフラッシュが絶えず光っていてイライラ。本当は撮影も禁止されているのですが、警備員も諦めモードで注意もしていない状態でした。どこの美術館でもそうですが、撮影許可エリアでも禁止されているフラッシュを使う人が後を絶たないのはなぜなんでしょうか。いっそすべての撮影を禁止してしまえばいいのに、と思います。近年、マドリードのプラド美術館が撮影禁止になったそうで、世界的にそういう流れになってくれればいいのに。

気を取り直してオーナメントとジオラマをじっくり鑑賞。以前よりも立ち入り禁止区域が広がって、ますますジオラマが遠くなってしまったのが残念です。これも鑑賞者のマナーが悪いからなんでしょうか。柵をくぐってツリーに近づく悪がきもいてさらにイライラ。せっかくの癒し空間なのに…。
そこで見かけたのがオペラグラス片手に鑑賞していた車椅子のおじさん。おお!これはいい考え!来年は私も持ってこよう。

ひとしきりツリーを眺めた後は、改装工事が終わったアメリカ館へ。(といっても多分改装後2年は経ってます。が2年ぶりに訪れた私にとっては、やっと終わった、というタイミング。)
ティファニーのステンドグラスのある広場がMETで一番のお気に入りの場所。だったのですが、改装ですっかり様子が変わっていました。
ステンドグラスの前にある池には天使の像があったのですが、その像が別のものに変わっていました。池の前のゆったりしたベンチも撤去され、広場に点在していたグリーンもなくなってた。大理石の床はピカピカに光っていたけど全然落ち着けない。広い美術館を歩き回ってあそこのベンチでしばしボーっとするのがすごく好きだったのに。
それでもティファニーのステンドグラスをじっくりと鑑賞してまずまず満足しました。微妙な色合いに光を通す石のステンドグラス、素敵です。

b0031055_21535989.jpg次は入口に案内が出ていたロバート・フランクの企画展を見に、2階の写真コーナーへ。
アメリカ全土を旅しながら撮影した人物や風景の写真集「The Americans」からの展示です。
50年代のアメリカの普通の人々を捉えた1枚1枚の写真からは、日常の何気ない一瞬でありながら、それぞれの物語が感じられるものばかりで、久しぶりにいい写真展を見た、という満足度が高かったです。
ロバート・フランクのオリジナルプリントをまとめて見てみたい、とずっと思っていたので、いい企画展に当たってラッキーでした。
以前は日本でもよく写真展を見に行っていたことを思い出し、また日本でも写真展を見に行ってみようかな、と思えたのも良かったです。自分でも一眼レフのカメラにモノクロフィルムを入れて写真を撮っていたことも思い出しました。デジカメになってから、そういうことをすっかりやらなくなってしまっていたな。

b0031055_21542128.jpgかなり時間をかけて企画展をじっくり見たので、ここで切り上げても良かったのですが、帰りがけに写真コーナーのすぐ隣にある印象派コーナーを一回り。
METのゴッホ作品で一番のお気に入りの「ジヌー夫人」は残念ながら出ていませんでした。
今回見たゴッホ様の中では、2つの靴を描いた小さな作品が一番良かったです。最後にこの絵を見たときは、1足の靴を描いているものとばかり思っていたのですが、その後、別々の靴を片方ずつ置いたもので、ゴッホとテオを象徴している作品だと知ったので、その思いを持って見ると、グッと胸に迫るものがありました。オーヴェール・シュル・オワーズに2つ並んだゴッホとテオの墓石を思い出させます。

印象派コーナーを出たら、20世紀美術を抜けて、ミュージアムショップへ。ここがまた楽しいのですが、サクサクと買い物を済ませて美術館を後にしました。

滞在最終日は午後のアフリカ美術ツアーに参加したかったのですが、ツアー開始時間ギリギリに美術館に着くと、チケット売り場は大行列。今回もアフリカコーナーには縁がなかったか、と諦めて帰ろうとしたときに見かけたのが夜間開館日の案内でした。そういえば夜間開館日にはグレートホールバルコニーに即席のバーができて、弦楽四重奏やピアノの演奏があったはず、と7時過ぎに行ってみました。
b0031055_222994.jpg最後にバルコニーバーに行ったのは確か30歳の誕生日のときだからー、、、すごい前だ。けどシステムはほとんど変わっておらず、生演奏つきのバーがオープンしていました。メニューは以前よりも充実していて、とにかく寒い日だったので赤ワインでも飲みたいな、と思っていたのですが、氷入りのサングリアをオーダー。しばしゆったりと旅を振り返る時間を持てました。そういえばパリでは毎晩カフェでボヤーっと過ごしていたけど、ニューヨークではそういう時間がなかったなーと最終日の夜に気づくとは。演奏は8時までなのでほんの短い時間でしたが、とにかく居心地が良かったです。

こんな感じで、館内マップも持たずに、思いついたところにふらっと立ち寄る鑑賞スタイルが、今の私のMETの過ごし方です。
by fumiko212 | 2010-01-29 22:20 | -NY art & museum | Trackback | Comments(2)

パンダの尻尾問題が展覧会に!

b0031055_6341177.jpg

by fumiko212 | 2010-01-21 06:34 | Trackback | Comments(4)

便利だったものなど

いきなり旅の総括のようなエントリだけど、忘れないうちに。
今回、寒さと身体のバランスの悪さからくる歩行困難、という2つの心配事を何とか克服できたのは、前よりもちょっと頭を使って準備したのも良かったのかな?と思ったので、ここにまとめておきます。

More
by fumiko212 | 2010-01-18 23:12 | ニューヨーク | Trackback | Comments(13)

ペリカンのパン

b0031055_2183471.jpg

>>追記<<
久々のサウスブロンクスパトロール隊に参加させていただきました♪
今回はなんとトリュフをいただけるということで、トリュフって食べたことあったっけ?どっかの披露宴でゴミくずみたいなトリュフなら見たことある気もするけど。。。フレッシュのトリュフがバサーッとのってるのなんて初めてでテンション上がりました。香りがもっと強烈なのかと思いきや、しっとりと香る感じなんですねー。
ずーっと気になっていたペリカンのパンもいただけてホクホクでした。思ったとおりおいしかった。昨今、卵やらバターやら生クリームやらでフワフワにした高い食パンを売りにしているパン屋が多いけど、そんなパン屋は信用できない。普通の食パンがおいしいパン屋はとことん信用できると思います。

その他のお料理。携帯写真なので雰囲気だけ。
左から2枚目は鳥の胸肉。これおいしかったなー。その隣の飛騨牛(でしたっけ?)も激ウマでした。久しぶりにおいしい肉を食べた満足感がありました。
b0031055_9383078.jpgb0031055_939596.jpgb0031055_9391620.jpg
b0031055_9392619.jpgパトロール隊長様、またぜひとも隊列に混ぜてくださいませ!ありがとうございました。
by fumiko212 | 2010-01-15 21:08 | 食べ物 | Trackback(1) | Comments(2)

トリュフ〜2♪

b0031055_2164084.jpg

by fumiko212 | 2010-01-15 21:06 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

トリュフ〜♪

b0031055_20134859.jpg

by fumiko212 | 2010-01-15 20:13 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

アッパーイースト リースコレクション2009

ニューヨークで買ってきたお菓子もほとんど底をつき、さびしい毎日を送っています。もっといろいろ買ってくればよかったよ。。。
気を取り直して、かなり時期遅れですが、ホリデーシーズンもののエントリです。
今回は街歩きをほとんどできなかったのですが、アッパーイーストだけはちょっと歩き回ってみました。MET近辺のストリートを5番街からレキシントンくらいまで。そこで見つけたリースの写真です。

最初のリース。アッパーイーストのアパートはウエストに比べると入口が立派です。ドアの上の部分の装飾も美しいですね。このリースはリボンの裏側がゴールドなんですよ。
b0031055_19354977.jpg

ノイエギャラリーの入口です。このリースはリボンを全体に巻きつけています。
b0031055_19384233.jpg

ジャッキーのアパートの入口のリースはリボンが脇についているのがかわいい。
b0031055_19395130.jpg

リース型でなくこんな風なデコレーションも見かけました。サンタのひげのような形だ。(追記:スワッグという呼び名があるそうです。作ってみたい。(^^))
b0031055_19405973.jpg

こんな風にアパート全体を飾り付けているところもありました。集合住宅じゃなくて1軒のお宅なのかも?「プラダを着た悪魔」のメりル・ストリープの家もアッパーイーストの一軒家でしたっけ。中も素敵なんだろうなー。
b0031055_19414814.jpg

派手さはないけどこんな感じも好きです。アッパーイーストっぽくない雰囲気。
b0031055_19461698.jpg

かわいいですねー。レストランなのかな?とも思ったのですが、やっぱり一般のお宅でしょうか?小さい子供がいるのかな?
b0031055_1947916.jpg

リボンがタータンチェックになりました。カントリー風になりますね。シナモンも付いています。手作りかな?
b0031055_19483258.jpg

あるもの全部つけた!みたいな手作り感あふれるリース。真っ赤なドアがこれまたかわいい!
b0031055_19502829.jpg

2年前には1つしか見かけなかった枯葉のリース。今年は結構流行っているみたいで方々で見かけました。
b0031055_19513371.jpg

これは枯葉リースにザクロの実をつけたボリュームのあるリース。
b0031055_19521998.jpg

壁の白に合わせてリボンも白にした枯葉リース。グリーンと枯葉を半々くらいの分量にしているので印象が少し軽くなりますね。
b0031055_1952493.jpg

お店のショーウィンドウのトリミングも枯葉で。モミの木の枝のデコレーションと同じように使っているみたいです。
b0031055_19551191.jpg

アッパーイーストのリースコレクションでした♪
b0031055_19562515.jpg

by fumiko212 | 2010-01-12 01:32 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)

雪のニューヨークを歩く

大晦日の朝、なんか天気悪いなーと外に出ると、細かい雪がパラパラと舞ってる。
ちょっと憂鬱になりながら向かいのカフェで朝ごはんを食べて外に出ると、雪の粒は大きくなって歩道にうっすらと積もりはいじめていた。足元を気にしながらうつむき加減にゼイバーズへの道をトボトボと歩いているとき、ふと顔を上げると、あれ!なんだかすごく綺麗!そういえば雪のニューヨークは初ニューヨークのとき以来だった。

いつもは少し埃っぽいブロードウェイ沿いもこんなに幻想的な風景に。それに気づいたら急に楽しくなってきた!
b0031055_2041113.jpg

アッパーウェストのランドマーク的存在(と私が思ってる)のブロードウェイ沿いの高級アパートの入口。毎年素敵なリースがかかっているけど、今年は豪華なゴールドのオーナメントのリースに雪が積もってますます素敵でした。
b0031055_2074669.jpg

アパートの中庭には立派なツリーがあるのも毎年のこと。アッパーウエストらしくハヌカの9つのキャンドルがツリーの前に飾ってあるのも特徴です。
b0031055_2094726.jpg

b0031055_20103051.jpg店先では早速雪かきが始まってた。ニューヨークには雪かき用のスコップが常備されているんですね。
さあ、元気に街歩きに出発。スタートは72丁目の駅。春にはチューリップに囲まれていた駅舎が雪の中で霞んでいます。
b0031055_20465456.jpg

b0031055_20455530.jpgミッドタウンのブライアントーパークへ。
ツリーの様子がいつもと少し変わっていました。ここ数年のツリーは夜に綺麗に見える光のツリーだったのが、雪に似合うシルバーオーナメントのツリーに。パーク内のマーケットでは、手の込んだオーナメントやフルーツチップ入りの香りのいいキャンドルなど、あれこれ見て回るのが楽しい。

b0031055_20181397.jpgロックフェラーのツリーもうっすら雪化粧。
次はアッパーイーストの定点観測ポイント、ジャッキー・オナシスのアパートへ。
b0031055_20184393.jpg

b0031055_2026359.jpgb0031055_20264948.jpg
b0031055_20281329.jpgアッパーイーストでは街路樹の足元まで綺麗にデコレーションしてあります。そこに雪が積もってますますかわいい状態に!
ここまで来たらMETに寄っていこう。
1階でツリーを見た後はセントラルパークを見下ろすポロックのある部屋へ。この雪の中でもパークには人影が見えます。私は出て行く勇気がないので上から見下ろすだけ。笑
b0031055_20314689.jpg

夕暮れが迫るホテルの部屋からアッパーウエストを見下ろす。屋上の貯水タンクに雪が積もっています。ビルの窓に明かりがポツポツと灯り始め、ムットーニの「NIGHT AFTER NIGHT」を思わせる幻想的な光景。
b0031055_2033593.jpg

ここからは年が明けてからの写真。セントラルパークの朝です。雪がうっすら積もっていてもニューヨーカーは元気にジョギング。
b0031055_20373013.jpg

雪の中を犬を連れて歩いてくるカップルの風情が素敵だったので、遠くから盗み撮り。私の冬のテーマソング、STINGの"HOUNDS OF WINTER"が頭の中に流れました。あの歌はさびしげな歌なのでこの青空はちょっと違うんだけど。
b0031055_20391885.jpg

雪のニューヨーク、心躍る風景にたくさん出会えました。
by fumiko212 | 2010-01-08 20:51 | ニューヨーク | Trackback | Comments(10)

ニューヨークから帰りました

あけましておめでとうございます。
2年ぶりのニューヨークから帰ってきました。
前回は寒さに負けましたが、今回は防寒対策を頑張ったので、-10度の気温にも何とか耐えることができました。どっさり持っていったカイロはパンケーキ屋さん25分待ちの時に1回使っただけ。まだまだ行けるかも?とちょっと自信をつけました。
心配していた足腰のほうは、湿布と毎晩の長湯(同室の皆さん失礼しました。)とストレッチ(サボった日もあったけど。)で何とか。とにかく短距離でもバスに乗ってました。こっちもまだまだ何とか行けそうです。

今回はあまり街歩きができず、同じようなところばかりウロウロしていた印象がありますが、雪景色、音楽系エンタメ、小洒落たレストランなど、思い返せば結構充実していたように思います。
ホリデーシーズンの街角写真はあまり撮れず、もし楽しみにしていてくだった方がいたらごめんなさい。それでも少しあるのでこれから少しずつアップしていきます。

2年前に帰ってきたときは、ニューヨークはしばらくいいかなー、なんて感想を述べたのですが、今日は仕事に行っても現実を受け入れられず、「ここにいる自分は仮の姿で、自分の分身はニューヨークにいるのだ。」などと思いながら自分を慰めています。次はいつ行けるのかなあ。待っててね。ニューヨーク。

b0031055_20144714.jpgb0031055_2015383.jpg
b0031055_20153420.jpgb0031055_2015501.jpg
b0031055_20161029.jpgb0031055_20162386.jpg
b0031055_20171315.jpgb0031055_20225891.jpg
b0031055_20191260.jpgb0031055_20194551.jpg
b0031055_2020642.jpgb0031055_2020244.jpg
by fumiko212 | 2010-01-05 20:23 | ニューヨーク | Trackback | Comments(12)

ライフカフェ

b0031055_218485.jpg

にわかファンでも来たっていいじゃないか!
by fumiko212 | 2010-01-03 02:18 | -NY entertainment | Trackback | Comments(0)