人気ブログランキング |

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最近見た映画

映画館にはめっきり行かなくなったけど、別に映画が嫌いになったわけじゃない。若い頃に比べて暴力的なシーンや込み入った話をじっくり見る、という精神的な余裕がなくなっているのは確か。良くないなー。この春に見た映画の感想。

飛行機の中で…
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
b0031055_1247665.jpg子供の頃の空想の世界がそのまま映像になってる。古いお屋敷のガランとした部屋に布で覆って隠してあった洋服ダンスの奥が入口だなんて!末っ子の女の子、勇敢で正直。友人Aちゃん、私の子供の頃ってあんな感じだったと思う、って言ってたけどそれは誉めすぎだよー。全然、違いました。あー、でも頑固なとこは似てるかも…。ネバー・エンディング・ストーリーを見たときのワクワク感を思い出した。しかしYahooでは辛口批評が多かったなー。まあいいじゃないですか、って言いたい。

ウォーク・ザ・ライン/君に続く道
b0031055_12472544.jpgリース・ウィザースプーンがオスカー主演女優賞。破滅型のスター、ジョニー・キャッシュを友人として、妻として、自らも2度(?)の離婚で世間から批判を受けながらも支えつづける役どころ。この映画では助演って気もするけど。彼女の側から描いたらどんなストーリーになるんだろう?そっちの方が女性が見るにはおもしろいかも?歌の歌詞がわからなかったのが残念。歌はもちろん自分で歌ってるんだよね。2人ともいい声でした。

ナイロビの蜂
b0031055_12473417.jpgこっちは助演女優賞受賞作。こっちが主演賞の方が相応しいような気もするけど。吹き替えの声が微妙だったのが残念。いずれ字幕版でもう一度見たい。
文明社会の欲望の犠牲になるアフリカ。「ナイロビの蜂」っていう言葉の響きの美しさに反して、それが示すものの残酷さが悲しい。残忍な場面(映像としてはグロテスクではないが…。)もあり気持ち良く見られる映画ではないけれど、見て良かったと思える作品。アフリカを映像にすると、やるせない美しさが画面にあふれる。タイトルは日本版の勝ち。

・迷い婚 -全ての迷える女性たちへ-
b0031055_12474890.jpgジェニファー・アニストン主演。「卒業」のモデルになった一家のその後のお話というコメディ。ミセス・ロビンソンが祖母、結婚式当日に逃げ出したのが母、その娘がジェニファー・アニストン。で、ダスティン・ホフマンのその後がケヴィン・コスナーという(笑)。楽しく見られました。ジェニファー・アニストン細すぎ~。ミセス・ロビンソンのモデルだったという設定のシャーリー・マクレーン、オーラ出てました。


TVで…
デブラ・ウィンガーを探して
b0031055_125765.jpgやっと見ました。公開当時でなく、自分もこの年齢に達した今見たのは良かったかも。映画スターも悩んでる、って言っても負け犬の私から見れば、仕事で成功して子供もいて、それで悩まれてもー、なんてひがんでみる(笑)。それでも世界中の女性の共感を得たっていうんだから、世の中みんな成功しても悩んでる?もちろん共感するところもあるにはある。「映画では誰かのガールフレンド。TV(ドラマ)なら普通に仕事をしている女性をちゃんと演じられる。」「いっつもバカな友達役。デートはどうだった?どうして?ってセリフは疑問形ばっかり。」なんて、脇の女優さんたちの発言には共感する部分が大いにあった。シャロン・ストーン、サルマ・ハエックは自信に満ちた受け答え。さすがだ。

・ディボース・ショウ
b0031055_124883.jpgWOWOWでかなり長いことリピート放送してたけど、やっとタイミングがあった。こういうのこそ娯楽作品っていうんですね。コーエン兄弟作品ってそんなにいくつも見てないけど。スピード感があって楽しめた。
by fumiko212 | 2006-06-25 03:47 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(4)

ニューヨークの手芸部

ソーホーのブルーリボン寿司で夕飯を食べた帰り道、毛糸屋さんのショーウィンドウに目が止まった。アメリカっぽくなくてすごく可愛らしかったので写真をパチパチとってきました。

左の写真、カラフルな毛糸玉を積み重ねて編み棒を刺してあるのがかわいい。こんな帽子、現代のニューヨーカーがかぶるのだろうか?でも白人の女の子がかぶってたらかわいいかも。右の写真ではピンク系、グリーン系の色んな毛糸が束ねてある。その間にあるのは羊の人形。和む~。
b0031055_173698.jpgb0031055_18896.jpg
左は入口のドアのところにかかっていた手のひらサイズのセーター。1枚ずつにp,u,r,lの文字が刺繍してあります。お店の名前かな?奥の棚には色とりどりの毛糸がギッシリ。右は入口横の壁際。マフラーが何本もかかっています。その手前の毛糸のディスプレーもおもしろい。こんな風にいろんな色を取り混ぜて束ねてあるのも素敵です。
b0031055_182378.jpgb0031055_183125.jpg


2-3軒隣ではパッチワーク教室をやっていました。左はパッチワーク用の布のディスプレイ。同系色でまとめて綺麗に並んでいます。右はカラフルな糸巻き。美しい。
b0031055_1183611.jpgb0031055_119871.jpg
b0031055_1182376.jpg奥の棚には布が綺麗に並んでいました。お店の中では10人弱の生徒さんたちが作業中。
NYの女性もこういうチマチマしたことやるんですね。

そういえばブルックリンに向かう地下鉄の中で黙々と編み物をしている女性を見かけました。編んでいたのは、いかにもニューヨーカーな長いネイルの黒人女性。白い毛糸とかぎ針で赤ちゃんのおくるみみたいなものを編んでいたんだけど、すっごいスピードで編み進んでいて目が離せなかった。その長い爪でよくそんなに早く編めるなーって。

昨シーズンの冬、ニューヨークでニットカフェというのが流行っていたとか。男性も編むんだそうですよ。NYの手芸部員。ちょっとミスマッチな気もするけど、手仕事をしている風景ってホッとしますね。これも一種の癒し、というのもわかる気がする。
by fumiko212 | 2006-06-25 01:27 | ニューヨーク | Trackback | Comments(6)

アッパー・イーストもいいかも?

自他ともに認めるアッパー・ウェスト好きの私ですが、久しぶりに美術館以外のアッパー・イーストに行きました。
b0031055_5291119.jpg目的地はこの店。ZABAR'Sがやってるオシャレ系スーパーELI'S。3rdの80丁目の角あたりにあります。地下鉄は緑しか走ってなくって、どうも不便なアッパー・イーストですが、アッパー・ウエストからだと公園を横切る79丁目のバスですぐ。やっぱりアッパー・ウェストって便利♪考えてみればアッパーの3rdなんてほとんど始めて来たんじゃないかな?Madisonあたりに比べるとずーっと庶民的な雰囲気で意外と肌が合いそう。
b0031055_1127466.jpg張り切って開店と同時に到着!と思ったら、土日は8時からだった。HPには毎日7時~って書いてあったけど、やっぱりそうだったか。
時間つぶしに84丁目まで北上して血糖値を上げることに。やった!HOTサインが出てる♪
b0031055_1128452.jpgすっかり店舗数が減ってしまったクリスピー・クリーム・ドーナッツのグレイズド。甘っ!でも美味しい~。やっぱりドーナッツは揚げたてですね。
まだまだ時間があったので、近くのフード・エンポーリウムへ。UEの店はなんとなく小奇麗だ。母は「こんなに清潔なスーパーもあるのね~。」と感心していた。確かに、ブルックリンのPATHMARK、UWのFAIRWAY、ZABAR'Sと見てきたけど、どこも雑然としてる感じだしなー。フード・エンポーリウムで良かったのか…。そういう自分もここでお土産を大量にカートに放り込んだ。
フード・エンポーリウムでエキサイトしている内に8時を回っていたので、いよいよELI'Sへ。美しい!それにそんなに広くないと思うんだけど、品数が豊富。トマトは色んな種類がツヤツヤと並んでる。右はマッシュルーム。上の棚にはスライスしたマッシュルームがパックに入っている。
b0031055_1130281.jpgb0031055_11294726.jpg
左はアスパラガス。右はとうもろこし。シャーベット状の氷の山に整然と突き刺してあります。NYではとうもろこしはその場で皮を剥いて買って行くって知ってましたか?とうもろこし売場の前には必ず剥いた皮を捨てる大きなゴミ箱が置いてあります。b0031055_11303924.jpgb0031055_11305486.jpg
b0031055_11313567.jpgカット野菜の棚。最もアッパー・イーストらしいなーと思った棚がここです。下の段はスティック野菜。きゅうりの皮も綺麗に剥いて、同じ太さのスティック状に揃えられています。捨てるとこいっぱい出そうだ。上段は皮を剥いたにんにくやエシャロット。UEの奥様の爪が汚れたら大変!って感じでしょうか?
左はサラダいろいろ。右はスープいろいろ。この他にスプレッドいろいろも並んでて、端から一つずつ全部味見したくなる。
b0031055_1132552.jpgb0031055_11322398.jpg


絶賛!ブルーチーズドレッシング
by fumiko212 | 2006-06-10 05:29 | -NY foods | Trackback | Comments(9)

LUのビスケットも上陸!

b0031055_17375091.jpg

パリのスーパーでなにげなく買ったらすごくおいしかったLUのチョコビスケット。NYでも見つけて買ってきた。そしたら今日成城石井で発見!
価格比較は帰ったらレポートします。
とりあえずお金さえ払えばいつでも買えるのは嬉しい。

>>追記<<
値段調べました。

パリで買ってきた、ミルクチョコレートバージョン。モノプリ価格で1.38ユーロ。特売コーナーで山積みになっていたときの価格です。(→日本価格370円)。
b0031055_4255031.jpgNYで買ってきたエキストラ・ダーク・チョコバージョン。シリーズ最高級品です(笑)。FAIRWAY価格で2.69ドル(→日本価格420円)。
うーん。やっぱり日本では高くなっちゃうんですね~。でもおいしいからまた買っちゃうと思う。ちなみに商品名は"Petit ecolier"(ecolier=schoolchildだって。表面に浮き上がっている人は子供だったんだ…)。今気づいたんだけど、FAIRWAY版は"Extra dark chocolate"と英語表記になってますね。確か今日見た成城石井版も英語表記だった気がします。輸出用パッケージかな?
ちなみに、ミルクチョコ、エキストラダークの間にダークチョコバージョンもあります。次回はこれにしてみよう。それから上にチョコが乗っていないビスケットだけのも売ってた。これも美味しいかも。このビスケット部分がしっとりしてなくてサクサクなところがすごく美味しいのです。楽しみだな~。でももうちょっと価格差縮めてほしいなあ。
by fumiko212 | 2006-06-03 17:37 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)