人気ブログランキング |

カテゴリ:-NYホリデーシーズン2010( 25 )

アドベントカレンダー 14日目

b0031055_2075043.jpg

5番街できらきらした写真をいろいろ撮った中のお気に入り。大きなリボンがかわいい。
by fumiko212 | 2012-12-14 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 13日目

b0031055_119489.jpg

アッパーウエスト、ブロードウェイ沿いの高級アパートの入り口。定点観測している場所です。門扉にも大きなリースがかかって合計3つという派手派手な年もあったけど、このゴールドのリース1つ、ゴージャスだけどシックというバランスがアッパーウエストらしくて好きです。

実はこのアパート、今年6月に亡くなった映画監督のノーラ・エフロンがかつて住んでいたのだとか。(あるHPにそう出ているのですが真相は不明です…。)
私のニューヨーク好き、アッパーウエスト好きにもっとも影響を与えたのはノーラ・エフロン監督の映画の数々といっても過言じゃないと思う。中でもアッパーウエストが舞台の「ユー・ガット・メール」は本当に何度も見たしロケ地もほとんど巡りました。このアパートから南北に10ブロックでほとんどのロケシーンが撮影されているのです。ゼイバーズ、グレイズパパイヤ、カフェラロ、バーニー・グリーングラス、リバーサイドパークなどなど。(その時のエントリはこちら

ノーラ・エフロン監督といえばもう一つ忘れられないのが2002年、911直後のオスカー授賞式。傷ついたニューヨークを慰め、そして元気付けようと、ニューヨークを舞台に撮影された様々な映画のシーンをつなぎ合わせたフィルムが上映されました。そのフィルムを編集したのがノーラ・エフロンでした。次々と映し出されるニューヨークで撮影された映画の断片には様々な時代の美しくそして猥雑なNYの姿があふれていました。それは彼女のNYへの親しみと映画への愛にあふれ、センスの良さが存分に発揮されたものでした。
(長年、この映像をネット上で見られないものかと探していましたが、今年の8月に誰かがアップしてくれていたようでやっと見つけました!)



彼女の撮るニューヨークはおとぎ話のようでありながらニューヨークそのものでもある。きっと今も彼女は天国から毎日ニューヨークを見下ろして街角で起こるあらゆることを演出しているのかもしれません。

More
by fumiko212 | 2012-12-13 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 12日目

b0031055_1961.jpg

こんなクリスマスカラーのお菓子はいかが?MoMAにあるレストランThe Modernで食べたキャンディケイン柄のソルベでございます。
ここでのランチは4人のお皿にサービス係が4人やってきて同時にスープを注いでくれたりして華やかでした。久しくこのような華やかなお食事をしていないなあ…。
by fumiko212 | 2012-12-12 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 11日目

b0031055_0544732.jpg

久しぶりにキラキラした写真を。メーシーズの光のツリーです。
この年のメーシーズのショーウィンドウは、日本でも翻訳版が発売されている児童書「サンタクロースっているんでしょうか?」の物語でした。ある女の子が学校で友達に「サンタクロースなんていない。」と言われて、ショックを受けて家に帰ります。お父さんに聞くとお父さんは「新聞社に手紙を書いて聞いてみたらどうか?」と持ちかけます。女の子は新聞社に手紙を書きました。その手紙への返事が新聞の社説欄に掲載されます。その社説をそのまま本にしたのがこの本。有名な話なので知っている方も多いと思いますが、これは実際にあったお話なのです。(新聞社はニューヨーク・サン紙)

私はこの絵本を子供時代のクリスマスにもらいました。今でも大好きなお話で度重なる断捨離を乗り越えて今も私の本棚に並んでいます。この年、帰国後に久しぶりにこの本を開きました。これは子供のためであり、大人のための物語でもある。そして、なんてニューヨークらしいお話なんだろうと。本と一緒にサンタさんからもらったコメットさん棒はとっくの昔に捨ててしまったけど、この本は多分墓場まで持っていきます。私のクリスマス好きの原点なのかなあ。そしてニューヨーク好きの。
by fumiko212 | 2012-12-11 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 10日目

b0031055_0494265.jpg

今日も数字合わせの日。10番地のリースです。
このボルドーのボールオーナメント、我が家のツリーのベースとなるオーナメントと同じ色です。少し買い足したいのにこの赤はなかなか見つからないのですよ。年末だとオーナメントは売れ残りばかりでNYでもなかなか見つからないのですよねえ。
じっくり見るとこのリース、ずいぶん下にかかっていてドアを開けにくそうだ。ノッカーとの位置関係でここになってしまうのですね。
by fumiko212 | 2012-12-10 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 9日目

b0031055_0451667.jpg

大雪に見舞われた2010年の年末。せっかくの花壇のデコレーションも大半が雪に埋もれてしまっていましたが、その雪のおかげでパラパラと落ちた赤い木の実がこんなによく映えていました。どんな困難にも笑顔で軽やかに立ち向かうニューヨーカーのようだ。
by fumiko212 | 2012-12-09 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 8日目

b0031055_0335877.jpg

今日はジョン・レノンの命日です。
今年は夏にロンドンでオリンピックがありました。開会式でジョンの映像とともに「イマジン」が流れました。でもイマジンはニューヨークの曲。ちょっと違和感を感じました。ポールの「ヘイ・ジュード」の方がロンドンの地にはふさわしかったですね。というのは私の主観ですが。

さて、この写真はジョンのためのリースではなく、グラウンド・ゼロに面した歩道の片隅にあったリースです。星形のオーナメントには犠牲者への追悼のメッセージが書かれているのでしょうか?

今、イマジンの歌詞を読み返してみました。
"Imagine all the people sharing all the world"
この歌の詩をかみしめるのにふさわしい場所、グラウンド・ゼロはその一つのように思います。
by fumiko212 | 2012-12-08 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 7日目

b0031055_0255056.jpg

12月最初の金曜日ということでキラキラした写真を選びました。窓一面に白いボールのオーナメント。シンプルだけど華やかで素敵です。
by fumiko212 | 2012-12-07 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 6日目

b0031055_0212370.jpg

クリスマスプレゼントのお買い物はお済みですか?まだのあなた、かわいいスノードームなんていかがでしょう?こちらはヘンリベンデルのショーウィンドーの片隅にあったスノードーム。おなじみのギフトボックス、ツリーの下にこんな風に積まれていたら、鼻血もんですね。笑
by fumiko212 | 2012-12-06 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(2)

アドベントカレンダー 5日目

b0031055_0165773.jpg

アッパーイーストのストリートから。
6つの窓をきれいにデコレーション。枯葉のリースにボルドーのリボンがあっていて素敵。ツリーのトップにも同じ色のリボンが結んであります。枯葉のリース、すっかり定着していますね。日本ではまだ見かけないです。
by fumiko212 | 2012-12-05 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)