人気ブログランキング |

2012年 08月 30日 ( 2 )

モンマルトル巡り2011

美術班仲間のYさんが今年のGWにモンマルトルを巡ったそうで、その記事にトラックバックしつつ昨年秋に自分が巡った時の写真をアップしようと思いまっす。

格調高いYさんのエントリはこちら:パリのファン・ゴッホのアパート

2005年に一度廻った道をあの時とは逆回りで巡りました。
2005年の記事はこちら:画家の足跡を辿る旅:モンマルトル前編~レピック街を行く
                画家の足跡を辿る旅:モンマルトル後編~ユトリロの風景
                モンマルトル番外編

前回は雲一つない晴天の空の下廻ったモンマルトルでしたが、今回は土砂降りと言っていいような雨の日でした…。

b0031055_231414100.jpgスタートはコタン小路。
b0031055_23152292.jpgこの薄暗さはユトリロの世界そのもの。なんですが、地図と傘を持ちつつ撮ったこの写真、カメラもひん死(この旅行の後買い替えました。)でピンボケでした。orz
b0031055_23163997.jpgコタン小路を登り切るとサクレクール寺院が黒々とそびえ立っています。
b0031055_23185468.jpgこの日はモンマルトルのワイン祭り(?)の日で準備中の屋台のテントがずらずらと並ぶ道を通り教会前の広場へ移動。ここで高いところ倶楽部活動もしつつ、あまりに雨がひどいので一旦教会内に避難。
b0031055_2320396.jpgしばし休憩の後、教会に別れを告げて再出発。
b0031055_23203658.jpgここで一つチェックポイントを通過。サティの家です。ここでジムノペティも作ったのでしょうか?と思って調べてみたら1888年作曲とのこと。(曲をこれしか知らないのがバレバレの書き方だこと。)
b0031055_23243215.jpg次はベルリオーズの家。今検索したらユトリロの作品に「ベルリオーズの家」というのもあり、ユトリロめぐりのチェックポイントでもあったのでした。準備不足で絵と同じアングルの写真は撮れず。でも、今ユトリロの絵を見てみるとあんな感じではなかったような…。ところで、こうして並べるとサティのプレートはオシャレですね。
b0031055_2331082.jpgb0031055_23312758.jpgピカソモデル(?)のシトロエンを見つけつつ、(この縦列駐車、すごいですねえ。パリはどこもこんな感じですが、これじゃぶつけながらでも出られないと思うんですが。)
b0031055_23314037.jpgラパンアジルまで来ました。これ、かなりユトリロっぽく撮れました。雨、つらかったけど写真の雰囲気は良くなりました。
b0031055_23331058.jpgワイン畑の横にブリュアンのコスプレの人を発見。
b0031055_2333451.jpgb0031055_2334271.jpgユトリロロケハンはつづく。
b0031055_23342028.jpgモンマルトルではこういう人にたまに会います。
b0031055_2334562.jpgムーラン・ド・ラ・ギャレットだー!いつの間にかレストランとしてよみがえっていたのねー!わーわー!と写真を撮りまくり、記念写真も撮ったりして、しばらく歩くと…
b0031055_2336998.jpgちょっと先に本物のムーラン・ド・ラ・ギャレットが出現。これ見るまで忘れてたけどこっちだよ。さっきのはかつてはラデの風車と言っていた場所だよ。でも写真撮りまくりはさっきやったのでここではやる気のない写真が数枚…。またもや風車がよく見えない。
b0031055_23393347.jpgb0031055_23402629.jpgやっとこさゴッホ様のアパートに到着!あの時改装中で見られなかった入り口をやっと拝めました。6年越しでやっと。長々と感慨に浸りたかったのですが、何しろ雨が~。チャチャッと写真を撮って退散。
b0031055_23415565.jpgさよなら、、、ゴッホ様、、、
ここでアメリカフェへ避難。もう地図が溶けてます。雨の日は地図をビニール袋に入れるべきでした。
b0031055_23431955.jpg道すがら撮った八百屋さんの店先。値札がアスパラに立ててある。手前の柿のオレンジが鮮やか。
b0031055_23445478.jpgゴールのムーランルージュに到着。
b0031055_23461360.jpg最後の最後にタンギー爺さんの画材屋さんの跡地をめざしたのですが、持っていた地図がいい加減で見つけられず、それっぽいプレートが出ていたけどタンギーらしき名前は見つけられなかった。先ほど調べたらタンギー爺さんの画材屋跡地はもう1本南側でした…。ガックシ。
雨の中早足で巡ったモンマルトル。Yさんのブログによるとモンマルトル墓地にはドガのお墓があるそうで、次回はタンギー爺さんのリベンジとともにお墓参りも果たしたいと思います。
by fumiko212 | 2012-08-30 23:56 | -パリ(2011/10) | Trackback | Comments(2)

なかしまさんのおやつ

ほぼ日でこの夏に連載されてたなかしまさんの小さなレシピ。140文字レシピの気軽さにつられて12のレシピのうちいくつか作ってみました。作ったらツイートするという企画だったけど私はツイートしないのでブログにアップしとく。

丸型だから伝わりにくいけどブラウニー。ブラウニーというとズシリとした食感が特徴ですがバターなしのレシピなので軽い。そこが好きだった。(ファットウィッチが好きな方にはきっと物足りない。)そしてシナモンが入るんだけどこれが絶妙。(シナモンがなかったからパンプキンパイ用ミックススパイスで代用したのが良かったのかも?)チョコが余ったらまた作りたい。
b0031055_0403887.jpg

ミルクプリンはかなりアレンジしたから別物。砂糖の分量を参考にしたくらい。天草の寒天を食べなれると粉寒天って不気味に感じてしまうんだなー。でも皆さんのツイートでは12の中では一番人気だった印象。
b0031055_0403971.jpg

シューは作り方の動画を参考にしつつ別のレシピでグジェールを焼いた。おかげさまでバッチリ膨らんで大満足。
b0031055_0403932.jpg

これに気を良くして後日なかしまさんレシピでもシューを焼いた。シューは完璧にマスターしたと自負してます。
b0031055_0404064.jpg

ヨーグルトチーズケーキは水切りしたヨーグルトがたっぷり入るレシピ。レシピ通りに水切りしたけど水っぽかったなー。食べてくれた母と叔母はそんなことないよーと言ってくれたけど。ヨーグルトの種類の問題か、オーブンの温度の問題か?見た目ももう少し良くなればな〜。
b0031055_040403.jpg

生クリームが余ったのでスイスロール。泡立て完璧だったのにオーブンの余熱を忘れる大失態。諦めかけたけどちゃんと膨らんでくれた。巻も失敗してのの字がつながってないけど味は良かった。
b0031055_0404194.jpg

12レシピではないけど絵心ゼロのスマイルクッキー。全粒粉、薄力粉、油、メープルシロップという単純な材料で素朴な美味しさ。何度も作ってます。
b0031055_0404124.jpg

写真はないけど、チーズクラッカー(チーズなしで全粒粉入りにアレンジ)、抹茶ババロア(のレシピを参考にした抹茶寒天、もちろん天草使用)も美味しかった。
アレンジ品も含めたら7つも作ってたんだ。太るはずだ〜。(^◇^;)
by fumiko212 | 2012-08-30 00:19 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)