人気ブログランキング |

ニューヨークで世界を味わう

GWのNYの話。まだまだ続きます。
今回は、前半はイタリア系ホテル、後半はフルキッチン付きコンドミニアムに滞在。後半はほとんど自炊(私は買ってきたものをテーブルに並べるだけだったけど…。)という、珍しい食生活だった。前半は外メシのみ。今まで行きたい店リストに暖めていた店を含め、いろんな国の料理を食べ歩いた。

①コリアン
到着日の夜はホテル近くのコリアンタウン。いつものハン・バットではなく、別の店へ。
b0031055_2182168.jpgb0031055_2185060.jpg突き出しはこんな感じ。左のふわふわ卵とじ風がすごいおいしかった!
b0031055_21101699.jpgb0031055_2110254.jpgプルコギに初挑戦。実は今まで、ハン・バットとかでも食べてる人がいて、おいしそうだなーと思ってたんです。肉のケアはお店の人がすべてやってくれるので、お皿に移してくれるまでひたすら待っていればOK。
b0031055_21113410.jpgb0031055_21114633.jpgプルコギの付属物各種。サンチュに白髪ねぎと味噌と肉を巻いて食べるように教えてくれた。でも肉をごはんに乗っけて食べるほうがおいしい。しかしそのごはんは赤米風。できれば白ごはんがよかった。
b0031055_21125364.jpgそこで、一緒に頼んだ石焼ビビンパに肉を乗せて食べたりした。そのほうが絶対おいしい。ということで、反省リストに「プルコギのごはんは白ご飯にしてもらう。」と記録。


②ウクラニアン
以前から気になっていた、絶品のボルシチを求めて、イーストヴィレッジのウクラニアン街へ。
b0031055_21161577.jpgb0031055_21162925.jpgウクラニアンレストランの定番といえば真っ赤なスープボルシチ。日本のボルシチとは別物です。そして、数年前に同じくウクラニアン街にある「ヴェセルカ」で食べたボルシチよりもずっとおいしかった。一緒に出てくるパンには黒パンが混じってる。嬉しい。
b0031055_21175126.jpgb0031055_21222925.jpgウクライナ料理のもうひとつの定番、ピエロギもオーダー。具はザワークラウトにした。が、後から隣の席のおばさんにミックスがあったことを教わった。次回はそれにしよう。でもこれはこれで素朴なおいしさがあった。皮がしっかりしているので結構お腹いっぱいになります。ザワークラウトにして正解だったかも?
店内はガランとしてて、お客さんたちは明らかに東欧方面の言葉をしゃべってた。知らなければこの店に入るのはかなり勇気がいる。現に数年前、私は断念してヴェセルカに行ったのだった。

b0031055_21224633.jpgb0031055_2123143.jpgデザートはウクライナ風クレープのブリンツ。具はベリーにしました。まわりはぱりぱりと香ばしく、クレープはややもっちり、具のベリーは甘すぎず、上に振りかけた粉砂糖の優しい甘さでおいしくって別腹にするりと収まった。でも、ブリンツは「ヴェセルカ」のほうがちょっとおいしかったかなー?こっちも十分おいしかったけど、1本はクリームチーズにすればよかったかなー、とこれも反省リストにメモメモ。でも、期待以上においしい品々に大満足のウクラニアン・ナイトとなりました。


③チャイニーズ
私の意気込みリストに「チャイナタウンで麺とか」と書いてあったのをツアーメイトのmさんに申し出たところ、思い描いていたのにぴったりの店につれて行ってくれた。朝ごはんです。
b0031055_21374059.jpgb0031055_2137531.jpg私の頼んだ海老ワンタンメンとmさんの牛丸。半分ずつトレードしてほぼ間食。この後、ブルックリンブリッジで苦しんだ私はこれに負けたのか?


④フレンチ風
b0031055_21401184.jpgNYの朝食はフレンチとかそういうの関係ない気もしますが、お店が「フレンチ・ロースト・カフェ」だったということで。笑。
b0031055_21404654.jpgb0031055_2141522.jpgフルーツヨーグルトとフレンチトーストを頼んでシェア。朝ごはんにちょうど良い組み合わせになりました。


⑤ジューイッシュ
b0031055_21435430.jpgコンドミニアムに移った初日。以前にも買い物をした事のあるロウワーイーストの専門店で、ピクルスとビアリーとベーグルを買った。最後に寄ったのがここ。スモーク・フィッシュの専門店。
b0031055_21462746.jpgb0031055_21463956.jpg数あるスモークサーモンの中から、「ベーグルサンドで食べる。」ことを主張して選んでもらったのは、確か真ん中にプレートのあるSCOTTISH SALMON。NOVAを勧められるものとばかり思っていたからちょっと意外だった。クリームチーズは当然プレーンなものを。サーモンもクリームチーズも翌朝の朝食でベーグルやピクルスと一緒においしくいただきました。(カメラ故障の後で写真がないんです。涙)


⑥グリーク
b0031055_2241189.jpg現地在住の友人に「アストリアでグリークを食べたいのです!」とお願いしておいたところ、イメージ通りのお店を予約してくれました。が、このお店に入る直前にカメラが故障。そのショックであまり食べたものをよく覚えていない。辛うじてグリークビアのビンの画像が携帯のカメラに収められていたけど、さて何を食べたっけ?シンプルな焼き魚やフェタチーズのたっぷり入ったサラダなんかが印象に残っています。この店は要リベンジリスト入り。すごく沢山食べたのにすごく安かったのも印象的。


⑦イタリアン(風?)
イタリアンを食べようと思って入ったわけじゃないんだけど…。
b0031055_22441685.jpgb0031055_22443166.jpg出てきた料理がイタリアンぽかったので。淡白なチキンの上にルッコラとトマトとパルミジャーノがもっさり乗った一品でした。最後のほうはちょっと飽きたけど、カフェでのランチにしたらかなり上出来だった。ローワー・イーストにて。このお店は内装の写真とかもいろいろ撮ったので、別エントリでまたじっくりと紹介します。


⑧アメリカン
当然アメリカンも食べないとね。
b0031055_22482030.jpgb0031055_22485550.jpg左はダイナーの朝ごはん、私の定番のハムエッグ。ミッドタウンのこの店では卵1個を選べた。NYerのヘルシー嗜好を反映しているのだろうか?右はピーナッツバターにラズベリー・ゼリーを挟んだサンドウィッチ。アップルジュースを一緒に買ったのは失敗だった。甘いの何の。一緒についてきたチップスにすくわれました。


たった1週間の滞在で世界中の食を食べ歩けるのはNYならではの楽しみ。今回はハズレなしで毎食リーズナブルでおいしい食事にありつけました。大満足!カメラが壊れなければもっと満足感を反芻できたになー。それだけがちょっと残念。
by fumiko212 | 2007-06-18 21:31 | -NY foods | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/6993621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MARI at 2007-06-19 11:01 x
よく食べるなァ~(笑)
そのたくましい食欲が羨ましいです。
わたしはNYにいるときの方が、日本にいるときよりずーっと小食です(笑)
Commented by もっち at 2007-06-19 22:55 x
私もNYでは気づくと夕方までベーグル半分だけ、って感じの食生活なので、年末はぜひともウクライナとコリアンご一緒してくださいね~。
Commented by musajin at 2007-06-19 23:00
人のブログに流されすぎだー、私。 NYネタに戻ります(笑)
そうだ! まだ自炊自慢していなかったよ。 
年末もよろしく! アーサー街に遠征だいっ!
Commented by fumiko212 at 2007-06-20 22:22
MARIさん
コオロギさんには信じられないでしょうね~。一人旅でなければそんなに無茶な食べ方してなくてもこのくらいの写真は集まりますよん。

もっちさん
私もお昼がすごく遅くなってしまうことあります。お昼は食べるぞ!って思ってないとあっという間に夕方ですよねー。ウクライナ&コリアン行きましょー。

むさじんさん
妄想もいいけど、たまには過去も振り返ってください。アーサー街もだけど、アイリッシュパブも心残りなんです。冬ならラムシチューがおいしいはずですよ~。どうです?


<< 収穫 ニューヨーク合宿その4~NIK... >>