人気ブログランキング |

松山城登頂!

タイトルに「登頂」と書いたけど、ホント、登山だった。(運動不足発言!)
仕事終わりから最終便までにどこか1箇所だけ行けそうだなあ、と思いをめぐらして選んだのが松山城。ガイドブックによると、「松山城は姫路城、和歌山城とともに日本三大連立式平山上のひとつに数えられる名城」とのこと。もうひとつの候補、子規と漱石が一時期一緒に暮らした住居「愚陀仏庵」も、なんだかゴッホとゴーギャンみたいで興味はあったけど、復元されたものだというし。それに、前日バスで付近を通ったときに、お堀や周囲の森、すっくとそびえるテレビ塔まで見えるのに、姿を見せないお城が気になっていた。ということで、行き先決定。閉館間近、滑り込みで天守閣まで登ってきました。
b0031055_8303693.jpgまずは、ロープーウェイかリフトでお城のある勝山山の途中まで上ります。大荷物を乗り場のコインロッカーに預けて出発。久々のリフトで登る。スキーをやらなくなったのでこの感じは久しぶりだ。板を履いてないと降りるときちょっとビクビク。笑
b0031055_8311674.jpgお城に来ると、すごいなーと思うのは石垣。この巨石をここまで運び、積み上げ、城の基礎にする。それを人力で(馬とか牛とかも使ったか?)やるのだから。
ロープーウェイを上りきってもまだ天守閣は姿を現さない。天守閣の閉門時間が近づいているのでずんずん坂を上る。息があがってきた。
b0031055_8542465.jpgおおー。やっとお城が見えてきた!あれが天守閣だな?
b0031055_8585847.jpgb0031055_8591550.jpgお城の前の広場から。立派な松の木、そして右の写真は桜並木。花盛りの季節に来たら、その景色に感動するに違いない。
b0031055_8551067.jpgお城に近づくにつれ、門と門の間が短くなり、「天守閣」の道標がないと迷いそうなくねくねとした通路が続く。当然だけど敵が攻めてくることを考えて作ってるのがよくわかる。それにしてもこのお城のお殿様は用心深かったんだなー。閉門までに時間がないのに迷いそうだったよ。
b0031055_9314697.jpgb0031055_932621.jpgやっと天守閣の入口に到着。ずいぶん小さな入口だった。閂も頑丈そう、だけどそれを支える部分は弱そうだなあ。
b0031055_9331076.jpgb0031055_9332551.jpgお約束の急な階段を登る。天守閣の梁は、どこも立派な巨木を使っている。この重みをあの石垣が支えているのだから当時の技術者の優秀さに感心してしまう。
b0031055_9343998.jpgこの窓は15cm角くらいの小さなもの。敵の様子がこんな風に見えて、ここから弓(鉄砲?)で攻撃したわけだ。
さあ、次はいよいよ天守閣からの絶景です。なぜかこれ以上写真をアップできなくなってしまったのでエントリを分けます。
by fumiko212 | 2007-06-11 09:15 | -国内旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/6965189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 天守閣からの絶景! 道後温泉本館入浴記 >>