今夜の英語でしゃべらナイト

見ましたか?NY特集でした。
ニューヨークの良さを伝える言葉が満載で終始ウルウル状態で見てました。

デビッド・マシューズの言葉(番組HPより拝借しました。)

New York music is always exciting. New York is a difficult place to live. The winters are cold, the traffic is bad. It's not an easy life. And I think that makes musicians who live in New York try harder. They have to kind of fight to live so that makes them try harder to make their music.

ニューヨークは暮らしにくいタフな街。ミュージシャンが音楽をやっていくのもすごく大変だけど、だからこそ価値がある、といったニュアンスだったと思う。
この言葉を聞いてすごく嬉しくなった。今の私は何でもマラソンに置き換えちゃうんだけど、マラソンも同じで、ニューヨークのコースはアップダウンが多く、道も悪く、橋では風が冷たく、記録が出ないタフなコースなんだそうな。そんな話を聞いても、もっと楽なコースでマラソンを走りたいなんてぜんぜん思わない。私にとってはマラソンを走ることじゃなくて、NYを走ることに一番の価値があるから。

NYのどこがそんなにいいの?と聞かれると、いい音楽があって、いい美術館があって、世界中の食べ物があって、広い公園があるから自然もあって、エキサイティングで、といろいろ並べてみるけど、やっぱり"人"がいいんだよねー。という結論に落ち着く。
短い旅行中にたいしたコミュニケーションができるわけでなくても、タフな街で前のめりに生きている人たちだからこそ持ってる優しさに触れる場面がいつもたくさんある。田舎ののんびりとした素朴な優しさも素敵なんだろうけれど、私は都会で暮らす人たちの持っている着かず離れずの優しさににすごくやすらぎを感じる。

ゴールした後、長い緊張が解けてベソをかいている私に、何人ものボランティアの人たちが、肩をたたいて"Congratulations."と声をかけてくれた。これを書きながら、また泣きそうだよ。
NYCMが素晴らしいのは、ニューヨーカーが素晴らしいから。そしてそんなニューヨーカーを愛して集まってくる世界中のランナーが素晴らしいからなんだな。しばらくはNYに関するものを目にするたびに泣いてしまいそうだ。
[PR]
by fumiko212 | 2006-11-11 02:05 | ニューヨーク | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/6019617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こうめ at 2006-11-11 06:48 x
そうなの、そうなの。そうなんだよね~。私がず~っと思っていたこと、Fumikoさんがうまく表現してくれました。
ニューヨーカーがランナーに向ける視線や言葉、すべてが素晴らしいんですよね。だからNYCマラソンに走りに行きたくなるんです。
他じゃだめなんだよね。
Commented by こうめ at 2006-11-11 07:24 x
続き・・(朝ごはん食べました)

見ず知らずの外国人に、分け隔てなく声援を送ってくれて、辛そうな人には暖かい言葉をかけてくれて。そんなニューヨーカーにいつも助けられながらマラソン走りました。日本でも大勢の観客の中を走ることはあるけれど、ちょっと違うんだよね。
4回走ったNYCマラソンのどれを取っても、今でもウルウルするような言葉が私の頭の中にはしっかり刻み込まれています。
やっぱりNYCマラソンは私のマラソンの原点です。
いつまでも、NYCマラソンは私のマラソンの原点です。
Commented by さちえ at 2006-11-11 09:48 x
久々にこの番組を見たらNY特集で得した気分になりました。
わたしもいつも「そんなにNYばかりで飽きない?」と聞かれますが、飽きないんですよね、これが。自分でもたまには違う所へ、、と思うのですが、結局不安の少ないこの街へ来てしまいます。何か特別なことをしているわけはないけどね。不思議です。
ところでB・ジョエルのインタビューはどこかのホテルの屋上でしょうか?
すごく気になりました。
Commented by 京丸 at 2006-11-11 14:59 x
Fumikoさん、おつかれさまでした~。楽しかったね(とやっぱり言っているよー)。うん、やっぱり楽しかった。
私もね、ずっとNYの魅力って何だろうと考えていたの。私はずっとアジアや中東ばかりを旅してきて、初めてのNYだったのね。確かに美術館は堪能したし、オペラやミュージカルなど地方では楽しめないエンターテイメントも満喫した。でも、やっぱり何が魅力かというとランナー、ひいては頑張っている人に惜しみなく声援を送ってくれるニューヨーカーだったんだと思い至りました。
実のところ、私は2月に東京マラソンで走れるのかちょっと不安なのよ。あの声援あっての完走という気がしてならないのね。ちょっと、というよりかなり不安です(笑)。
Commented by Shoe at 2006-11-12 01:29 x
途中から見たけど、うれしかったね。ビリージョエルは、自分のうちだと思ったけどちがうのかな?寿司屋でインタビューされてた3人の女性のうち、真ん中の人は、たしかワンハンドレッドでヘルパーやってた人だと思うな。
マラソンもNYだからいいんだ、というのすごく分かります。ぜったいにしんどいことはしたくない私でも、初めて触れたときは走りたくなったぐらいだから(でも翌日WTCの屋上であきらめた)。
Commented by fumiko212 at 2006-11-12 17:31
こうめさん
うわー、嬉しいなー。たくさんのレースを経験しているこうめさんがそう思っていらっしゃるなんて!こうめさんの発するオーラとか偉大さとかあったかさもニューヨーカーやニューヨークに感じるのと同じものだったんだ。と今気づきました。いつかは絶対にこうめさんと一緒にNYCMに出たいです!
Commented by fumiko212 at 2006-11-12 17:35
さちえさん
そうそう。そうなんですよ。自分でもそろそろ別の場所、って思うんですが、別の場所に行くと決まって後悔するんですよねー。何気ないことでもNYっていうだけで特別なんですよ。それはニューヨーカーもそう思ってるのが感じられてすごく良いインタビューでした。
ビリー・ジョエルのインタビュー、私もShoeさんと同じで自宅?って思いながら見てました。随分上のほう(アッパーの方)な感じの眺めでしたよね?
Commented by fumiko212 at 2006-11-12 17:40
京丸さん
お疲れ様でした!そうなんですよ。もう、楽しかったーという言葉が一番に出てきちゃいますね。
例えば、私はNYでミュージカルを観に行くと、内容よりもNYで必死に頑張っている俳優の姿に感動してしまうんですよ。
東京マラソン、どうなるでしょうね?確かにあそこまで素晴らしい大会の後だと何でも比べちゃいそうです。私はボランティアか応援かわからないけど、とにかくランナーにウェルカムの気持ちを伝えるべく参加したいと思います。頑張ってください!
Commented by fumiko212 at 2006-11-12 17:45
Shoeさん
あの3人の女性、なかなかいい感じでしたね。私はR&Bボーカルを目指しているという彼女にかなり感銘を受けました。見た目、形から入ってそうな雰囲気なんだけど、英語もバッチリだし多分影ですごく努力してるんだろうなー、と。夢を追いかけて海外に飛び出していく人をあまりよく言わない風潮が日本にはあるように思うのですが、どんな形でもその一歩を踏み出した人には声援を送りたいなー、と思う今日この頃です。


<< 完走ケーキ♪ 帰国初日から… >>