人気ブログランキング |

パリの夜

夕食の帰り道、毎日のように街を散歩しました。この時間が結構楽しかった。車が入ってこない小さな路地にレストランが並んでいてすごく盛り上がっていたり、本屋さんで朗読会をやっていたり、思いがけないところにレストランがひっそりとあったり。お店から漏れる明かりやざわめきに誘われて、知らない路地に入っていくときのワクワクする感じ。旅してるって思う瞬間です。
b0031055_0375432.jpgこういう街路樹もないような小さな路地。パリらしくていい。向こうがT字路の突き当たり、というのもいい。
b0031055_0393136.jpg突き当たった道を曲がると、レストランから明かりが漏れていた。
b0031055_0404514.jpgレストランの外のテーブルに並んで出番を待つグラス。本当の盛り上がりはまだまだこれから、といったところ。
b0031055_042950.jpg外のシーフードコーナーで黙々と牡蠣の殻を剥いている。店内の人たちの胃袋にどんどん納まっていくんだろうな。彼は真冬もここで牡蠣を剥いているのだろうか?
b0031055_0435622.jpgカーブした細い道。パリらしい風景。
b0031055_0454976.jpgこっちはまっすぐ伸びる大通り。街灯と月。どちらも同じ色で輝いていました。月の右側にうっすら見えるのは、モンパルナスタワー。日曜なので窓の明かりがほとんどない。
b0031055_0513850.jpgサンジェルマン大通りのカフェ。青いライトにも温かみが感じられるのは、そこがパリだからなんだな。きっと。
by fumiko212 | 2006-04-22 00:56 | -パリ(2005/10) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/4451148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuricoz at 2006-04-22 04:51
絵画の世界ですね。これを元に絵が描けそう♪
いつもながら素敵なまとめ方に感動します!!
Commented by fumiko212 at 2006-04-22 21:26
yurikoさん
ありがとうございます。絵心があれば、描いてみたくなりますね。パリのエドワード・ホッパーみたいな作品になりそうですね。


<< パリこぼれ話 パリの空 >>