人気ブログランキング |

ロダン美術館

b0031055_23462983.jpgパリでどうしても見たかった1枚の肖像画。その絵は美術館の2階、自然光がたっぷり差し込む部屋の入口脇の壁にかかっていました。
このお爺さん、モンマルトルの画材屋さんのご主人です。奥さんに愚痴られながらも、モンマルトルに集った売れない画家たちにツケで画材を分けてあげていました。お爺さんの後ろにはたくさんの浮世絵が飾ってあります。
この優しい表情。描いた画家に、いかに信頼され、慕われていたかが伝わってきます。「やさしさ」とか「やすらぎ」を絵にするとこうなるんだな。
美術館はロダン美術館、描いた人はゴッホ、描かれているのはタンギー爺さんです。

この美術館のもう一つの宝は庭のたくさんのバラの木。私が訪れた10月中旬に満開でした。香りが素晴らしい。色も日本のバラよりもずっと鮮やかです。バラはやっぱり切花よりもこうしてふんわりと開いた姿が可憐でいいですね。美術館よりも長い時間をこの庭で過ごしました。
b0031055_023188.jpgb0031055_031148.jpg「考える人」と「地獄の門(天国?)」が写ってます。
b0031055_072753.jpgb0031055_073767.jpg
b0031055_075882.jpgb0031055_081130.jpg

パリで癒されたくなったら、ぜひロダン美術館へ。
by fumiko212 | 2006-04-18 00:08 | -パリ(2005/10) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/4418801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by musajin at 2006-04-18 23:32
>パリで癒されたくなったら、ぜひロダン美術館へ
チェッ、元旦行ったら閉まってたしなー。冬はバラ咲いてないしなー。
今、NY行ってきます自慢モード全開なのに、ココきてギィ~ッ。(笑)
Commented by imusam928 at 2006-04-19 00:14 x
実はわたしも行けなかったところのひとつなんですよ~。またバラの季節だったのが羨ましいですね。国立西洋美術館で6月までやっている『ロダンとカリエール』も見に行こうと思っています。
Commented by fumiko212 at 2006-04-19 00:26
むさじんさん
冬じゃ行ってもつまんないかも。美術館と同じくらい庭がいいですから~。と煽ってみる。

imusamさん
そういえば、ここでロダン作品をあまりじっくり見ないで帰ってきてしまいました。考える人は随分高いところで考えてたことは覚えてます。
Commented by MOMO at 2006-04-24 02:07 x
そうなんですよね、私もここの2階の窓から優しくさしこむ光が、印象に残っています。
そんな光の中で、静かにながめる作品の数々。
ゆったりと時が流れ、自分の靴音だけが響き…
あ~、パリに行きたくなりました。


Commented by Yuko at 2006-04-24 21:35 x
お会いできたんですね~。やっぱりいい表情していましたね。。。タンギー爺さんの思いに大きな拍手!白い壁や額縁もいいですね。私も早くお会いしたいです。でもTVの会話講座、今月で挫折かも~。
Commented by fumiko212 at 2006-04-24 23:54
MOMOさん
この美術館は館内の明るさが魅力ですね。こういう小さい美術館ばかりを巡るのもパリらしくて楽しそうです。暫らくパリはいいかな、と思っていたのに、やっぱりまた行きたくなります。

Yukoさん
この人にだけは会いたかった!ので、会えて本当に嬉しかったです。手の感じとかもすごく良いんですよ。Yukoさんにも絶対に見てきて欲しいです。


<< パリの空 昼メシ充実! >>