ル・パティシエ・タカギ

今ではデパ地下にも入ってしまいましたが、我が家はル・パティシエ・タカギ本店のご近所なんです♪これ、かなり自慢です。近所にコレといったケーキ屋さん(お客さんの時に安心してお出しできるような)がなかったので、ここがオープンしてからは本当に重宝しています。

実は私、タカギができたときは、よそ者が来たなあ、と冷ややかに見ていました。
タカギのオープンと同時期に、タカギから50mほどの場所にもう1軒ケーキ屋さんがオープンしたのでした。そのお店がパティスリーNAOKI。この場所には、私の子供時代には「洋菓子ハセベ」というケーキ屋さんがありました。苺のショートケーキを売っているような、いわゆる商店街のケーキ屋さんでした。ナオキさんはそのハセベさんの息子さん。フランスで修業してきて、ずーっとシャッターが閉まっていた「ハセベ」跡地に開店したのがパティスリーNAOKIでした。地元民としてはこっちを応援したくなりますよね。実は「ハセベ」時代にはもっと近所に東京會舘のケーキを売っていたので、お客さんのときはもっぱらそちらのケーキを買っていたのですが…。
というわけで、何の義理もないのに義理堅く、最初はナオキでお買い物。小ぶりでなかなか洗練されたケーキです。シュークリームとかガトーショコラとか、私の好きなカスタードクリーム系、焼き菓子系がおいしい。

でもでも、あっちも気になるよなあ。メディア的には露出度高いし。で、行ってみました。すると、やっぱり、よそいきって言うか、見た目が華やかです。タカギのケーキ。お客さんのときのケーキって箱を開けたときの華やかさが結構重要ですよね。ビビッドなオレンジや優しいペールピンクのムース。1個1個説明して、どれにするー?って盛り上がるのが楽しいんですよね~。というわけで、ナオキさんごめん!やっぱりこっちが我が家の御用達になってしまいました。
近所の友人曰く、普段食べるときはナオキのシュークリームだよ~、という意見もあるのですが、家は普段はケーキって買わないんですよねえ。お客さんのときか、家族の誕生日のときくらい。なので、めっきりナオキさんには行っていない…。ごめんね。

で、味はというと、もちろん美味しいのですが、生クリームが苦手な私はタカギのムース系のケーキを完食できないんです。左の写真は先月の母と弟の誕生日に食べたチェリーとチョコのケーキ。キルッシュのチェリー&生クリーム部分がチェリームースになった感じ(もちろんそれを洗練した感じ)だったかな?スポンジ部分が多めだったので完食できました。今まで食べたタカギのケーキで一番おいしかったかも♪
右の写真は去年のクリスマスケーキ。苺のショートケーキです。この生クリームは相当おいしかったです。
b0031055_21552893.jpgb0031055_2157436.jpg

ところで、高木さんのブログにTBすると、もうすぐ発売のタカギプロデュースキットカットのサンプルがあたるかもしれないんですって!タカギさんのショコラティエのチョコレートもおいしいですよ~。私はラズベリーのが好きです♪ということで、この記事をTBします。当たりますように~。
[PR]
by fumiko212 | 2005-09-24 22:01 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/3520315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 初レースまであと1週間 最期の練習かも? >>