6月2館目:柚木沙弥郎の染色 もようと色彩/日本民藝館

日曜美術館でみたいなと思ったときは会期終了間近。一度行ってみたいとずーっと思っていた日本民藝館に行ってきました。混んでた。仕方ない。混む原因を作った一人になってるのは自分だ。
混んでたんだけど、空いてたらもっと良かったけど、不思議と混雑のストレスをほとんど感じない美術館だった。こういうことってたまにある。美術館の空間の良さ、展示物の仕方、来ているお客さん、なんかが影響しあうのだと思う。

染色家柚木沙弥郎さんのことは件の日曜美術館で知ったけど、民藝のポスターは見たことがある。その人だった。既に90歳を超えるご高齢で、日本民藝館を愛し、今もふらりと訪れることもあるそう。番組で染色の型紙をザクザクと切る姿は、それはもうマティスと重なる。
展覧会のタイトルも「もようと色彩」。マティスの切紙絵をこの半年見続けていた私には、面白いように入ってくる作品ばかりだった。色彩と形が調和しながら、1枚の布の中で絶妙の緊張感を持って存在している。晩年に向かうほどその形は大胆になっていき、緊張感が研ぎ澄まされていくように感じた。大きな反物ではパターンが繰り返されていた時代を経て、近年の作品は1枚に1つの模様だけ。色も1色だけ。単純化されているのに緊張が増し、図と地がどちらがどちらかもわからない。攻撃的な緊張ではなく、研ぎ澄まされているのに何かゆったりした印象がある。
多色染めのものも面白くて、2色の版の染が微妙にずれて色が重なる部分があり、その重なる色の深さが全体を引き締めていたり、赤と緑の補色に黄色がプラスされたり、2種類の補色を組み合わせ4色でパターンが続いたり、、、と組み合わせは無限。こういった作品を作っていたころ、きっとどんなものを見てもその色や形の組み合わせをいつも考えながら暮らしているんじゃないかしら、、、

柚木さんの展示以外にも民藝館のコレクションが随所に展示されており、最近はなるべくものを出さないでしまってすっきりさせることばかり考えて暮らしていたけれど、もうちょっといろんなものを飾ったり使ったりする生活もいいなと思った。特別な美術品でなくても観るだけでうれしくなるものや、親から受け継いだ古いものなんかはしまっておいても私の後に引き継ぐ人は誰もいないのだから、使えるものは使い、飾れるものは飾ろう。

旧柳宗悦邸である西館も必見で、庭には立派な枝垂桜が。これはぜひとも桜の時期に再訪してみたい。青々とした楓の木もあり、秋もきっと素敵だろうと思う。


[PR]
by fumiko212 | 2018-06-22 23:12 | アート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/28400905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< プラスチックごみをやっぱり減らしたい 6月1館目:酒器の美に酔う/静... >>