人気ブログランキング |

再びのバスク料理

バスク料理を食べる会。今回は並木橋のサンジャン・ピエドポーというお店に行ってきました。お店のHPによるとこちらのシェフは昨年までアバスクにおられたのだとか。

まずはアバスクにはなかったチャコリ。ブドウをギュッと絞って瓶に詰めました!というフレッシュな酸味が夏にピッタリなワイン。テーブルの横で頭の高さに掲げたボトルからバスクのグラス、ボデガにドボドボっと注いでくださいます。
b0031055_049559.jpg

バスクのタパス5種盛り合わせをつまみにメニューを検討。鶏レバーのペースト、滑らかでほのかな甘さがあり最高です。生ハムは水分がかなり抜けてサラミのような食感。バスクの青唐辛子との相性も良し。豚のパテ、豆のサラダ、バスク風のラタトゥイユは生ハムのだしが効いてるのが特徴なのだとか。
b0031055_049657.jpg

チャコリはゴクゴク飲み干してしまったので、食前酒その2。黒板メニューにあったバスクのリキュール、読めない…。アニスとヤマモモの甘いリキュール。食後酒に適しているそうなのですが、ゴクゴク飲みたいという私の希望で、トニック割なら食前酒でもいいかもしれない、と出していただきました。
b0031055_049777.jpg

アニスの独特な香りが食欲を刺激します。美味しい!来年は梅酒にアニスシードを入れてみようっと。
b0031055_0498100.jpg

冷製のピペラード。
b0031055_049921.jpg

タラのコロッケ。
b0031055_0491014.jpg

バスク風魚介のサラダ。
b0031055_0491160.jpg

ピキオ。(赤ピーマンに自家製コーンビーフ風の詰め物)
b0031055_0491236.jpg

キントア豚のグリル。美味しかった!今まで食べた豚の中で一番と言ってもいいくらい美味しかった。キントア豚ファンになりました。
b0031055_04913100.jpg

デザートは自家製の羊のヨーグルト、マミア。ダークチェリージャムで。
独特の風味がありくせになる味です。
b0031055_0491430.jpg

ガトーバスク。アイスも自家製とのこと。
b0031055_0491598.jpg

どれもこれも美味しくて大満足。
シェフのご実家は精肉店とのことで、肉が美味しい!バスクじゃないけど黒板にあった実家のコロッケ、メンチもきっと美味しい。あ、でもタラのコロッケもトロッとして美味しかった。

個人的にはこの間のアバスクよりもこちらが好みです。ピルピルを食べてないし、また行きたいです。行きましょう!興味ある、という友人各位、メールください!
by fumiko212 | 2013-08-10 00:48 | カフェ・レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/20835379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ルバーブとクリームチーズのパン♪ 夏の収穫 >>