人気ブログランキング |

NYで楽しむ音楽とアート その2 教会でハイドンを聴く

リンカーンセンターのサイトを検索するとリンカーンセンター以外で開催されるコンサートの情報も見ることができます。いつもNYフィルだとかMetだとかのサイトから入って行っていたので気づいていませんでした。その中で見つけたのが鈴木雅明さん指揮によるハイドンのオラトリオ「天地創造」のコンサート。場所はミッドタウンの教会です。教会でハイドンの天地創造を、しかも鈴木雅明さんの指揮で聴けるなんてラッキーでした。
演奏は合唱がエール大学の合唱団とジュリアードの古楽オーケストラとのこと。

鈴木雅明さんはバッハ・コレギウム・ジャパンの音楽監督をされているので何となくお名前とお顔に見覚えがあり、HPで写真を見たときに、あ、この人知ってる!と反応しました。今年6月にライプツィヒ市からバッハメダルを授与されたことでニュースになったのを覚えている方もいらっしゃると思います。私にとってはかなりタイムリーなニュースでした。その鈴木雅明さんの演奏を聴くのは今回が初めて。バッハではありませんでしたが教会で聴くにはぴったりのプログラムでした。

名前も場所も記憶になく、ガイドブックに出ているような有名教会ではありませんでしたが、一歩足を踏み入れると頭上にはヴェネツィアのサンマルコ寺院を思わせるモザイクのドームが。こんな美しいモザイクを持つ教会がNYにあったなんて!と早くも大感激。
b0031055_2321397.jpg

聖堂内も全体がモザイクに覆われ、素晴らしい空間です。ここでこれからコンサートが聴けるなんて、、、本当にすごい体験になりそう、と期待が膨らみます。

広い聖堂内はすぐに満席となり、コンサートが始まりました。古楽器のオーケストラを聴くのは初めてでしたが、木管楽器の音が大理石のモザイクで覆われた聖堂に響く美しさは素晴らしかった。音楽ホールで聴くよりも澄んで聴こえます。パリの中世美術館で聴いたあの音楽を思い出しました。
さらにソリストの歌声、合唱の響きも素晴らしく、この曲が教会で演奏されることを前提に作られたことを実感。何の引っ掛かりもなく頭の中心に向かってスーッと入ってくる。どんなに高音でも耳にキーンとくる感じがなく澄んでいるのにまろやか。ハイドンの音楽も素晴らしいのだと思います。

本当にいいものを聴かせてもらいました。
b0031055_2357278.jpg







ところで、このオラトリオ、タイトル通り旧約聖書の「天地創造」を歌にして、文字を読めない人でも学ぶことができるようにに作られたものだと思うのですが、コンサートを聴きながら私はちょっと違うことを考えてしまいました。後から考えると恐ろしく罰当たりなのですが。。。

(不快に思われる方もいるかもしれないのでご注意ください。)

このコンサートではソリストがソロパートを歌い終わると後ろの合唱団に入って合唱部分を歌う、というシステムでした。
終盤、アダムとイブ役のソリストが自分のパートを終え合唱団に入っていったときに、何となく「楽園追放」を思い描いてしまったのです。(英語の訳詩を見る限りこのオラトリオでは楽園追放は描かれていない。)そこでふと、私の頭に思い浮かんだのは、楽園で蝶よ花よと暮らしているよりも追放された後の人生のほうがもしかして面白かったんじゃないかなあ、ってこと。神様の教えに背いて誘惑に負けて禁断の果実を食べてしまったわけだけど、それを我慢してあれはどんな味だったんだろうと思いながらぬくぬくと死んでいくよりも(楽園にいれば死なないのかな?その辺無知でお恥ずかしいのですが)やらかしちゃったけどその後の苦労も引き受けて市井の人々にもまれながら生きた方が結果的に面白かったんじゃないかと。単純に合唱を経験した自分があれは相当面白かったと思っているからというのも影響しているのですが。

教会で「天地創造」を聞かせてもらって本当に罰当たりですが、こんなことを考えた人を一人思い出しました。みうらじゅんさん。ある対談で「行くなら天国よりも地獄の進学校がいい。そこにはきっと赤塚さんがいる。タモリさんも多分そこに行く。」なんて話してたんですね。「地獄の進学校は天国のやつが育てた花とか買って植えるんだよ。」なんて話。いや、これも教会でしたらホントに怒られる話だと思いますが、そういうことを考えてしまうのはある種の性みたいなものなんじゃないかと思うのです。
というのが、少し前に子供時代短い期間一緒に暮らしていたいとこに、(当時私は3歳くらいで記憶はないのですが、)「Fちゃんは悪い誘いをかけると必ず乗ってきたよね。Sちゃん(私の弟)は絶対に乗ってこないんだけどね。」と自分でも信じられないような子供時代の習性を聞いてしまったことを思い出したのです。
こりゃもう救いようがないですが、「やらずに後悔するよりもやって後悔する方がいい」なんつって罰もそれなりに引き受けつつ生きている自分を再認識した次第でした。しかし、今やり直すなら私は禁断の果実は食べないでおきたいです。
by fumiko212 | 2012-09-13 00:05 | -NY entertainment | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/18976220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Big night! NYで楽しむ音楽とアート その... >>