人気ブログランキング |

野菜のソムリエシェフの店でランチ

東急沿線に住む友人Aちゃんと、自分らはお互い自由が丘へのアクセスがすごく良かったんだ!ということに気づいて、先週の土曜日、第1回自由が丘ランチの会が実現しました。
お店は、東急沿線の駅においてあるフリーペーパーからAちゃんが見繕ってくれたChez Chika。自由が丘ランチと言いつつ、場所は大井町線九品仏駅からすぐの場所です。

お店は小ぢんまりしたつくりで、奥のカウンター越しに厨房の音が聞こえてくる感じ。2人がけのテーブルが5席くらいの規模だったかな?奥にもう少し席があったかも?

土曜日のランチは2600円と3800円のコースがありました。メインが肉と魚両方だと3800円。私たちは2600円の方です。
b0031055_21472331.jpg最初に出てきたのは小さなカップに入ったスープ。見た感じビシソワーズですが、玉ねぎのスープなんです。玉ねぎの甘味が凝縮されておいしかったー。
前菜は1日5食限定の野菜のゼリー寄せ。ゼリー寄せ大好きなので、素早くオーダー。こんなきれいなお皿が出てきました。これは1日5食も納得の手の込んだ前菜です。ゼリーの硬さも程よく、野菜一つ一つがおいしかった。ソースはディジョンマスタードが入ってるそうです。ディジョンマスタードっておいしい。パリで買ってくればよかった。
b0031055_2148618.jpg

b0031055_21505567.jpgメインは鶏のゆず胡椒ソース。鶏とゆず胡椒って合いますよね。これまた野菜の付けあわせがたっぷりで嬉しい。野菜に夢中になってしまい、ゆず胡椒があまり感じられなかったような気が、、、ピリ辛でもなかったし。ゆず胡椒のことを忘れて食べてしまいました。でも鶏も野菜もおいしかったのでよし。
b0031055_21522441.jpgデザートは3品盛り合わせ。このグラスを見たとき、ベットラの前菜オールスターズに乗ってくるスープのグラスを思い出して、胸が高鳴ってしまった。野菜ジュースのゼリーなんだとか。しかし、他の2品とちょいと異質だったなー。ミントが少し強かったし、デザートというよりは前菜っぽいね、という感想。タルトがおいしかったです。
これにコーヒーまでついて2600円は結構お値打ちなのでは?九品仏駅周辺も自由が丘の延長で結構いい感じのお店があるみたいです。

第2回開催のお店候補も決まってます。楽しみ♪
by fumiko212 | 2009-08-04 21:56 | カフェ・レストラン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/11660632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuricoz at 2009-08-08 11:29
ディジョンマスタード♪いいですよね~
って、もううちの冷蔵庫にはないけど^^;
パリで、買ってこよって言ってみたいーーーー

そして、このゼリー寄せ♪きれーーーー
うちの二人が行ったら、絶対に赤ちょうちんとかラーメンやなんだもんな~。九品仏は、ちびっこの時に住んでいた場所からも近いのですっ!!今や関係ないけど。笑
第2回目を楽しみにしておりますっ♪
Commented by fumiko212 at 2009-08-08 17:47
yuricoさん
パリにいろんなマスタードが売っていたんですが、日本にも良くあるマイユが優勢だったので、それじゃ日本で買えばいいな、って思ったんですが、日本だとわざわざ買わないものですねー。
>九品仏は、ちびっこの時に住んでいた場所からも近いのですっ!!
そうなんですね!家からは近くはないんですが、小学校のころ、写生会は九品仏でした。小学校からは歩けたんです。
10年以上前に、一家で初詣に行ったこともあって、今回はそれ以来くらいに久しぶりに行きました。自由が丘の延長っていう感じで、感じの良いお店がポツポツできてました。
Commented by MOMO at 2009-08-13 03:12 x
fumikoさん、いつも美味しそうでゴックンしています。
東急のフリーペーパー「SULUS」ですよね?これは、本当に素敵な情報が満載で、毎月GETしています。
やはり我が京急とは違い、東急はオシャレです。
Commented by fumiko212 at 2009-08-13 19:42
MOMOさん
そうです!そのSULUSです。ラックがいつも使わないほうの改札口にあるので、つい見落として、気づくといつもラックが空なんですよー。
京急もなかなか味のある路線だと思いますが、東急線もローカルな感じのところも多いのでおもしろいですよ。


<< モンサンクレール 夏の美術班「ゴーギャン展」 >>