パリでパン屋めぐり(バゲット編)

パリに行く直前に発売された、雑誌「旅」のパリのパン屋さん特集の影響で、パリに行く前から、頭の中はパンのことでいっぱいの日々でした。パン屋さんを起点に、その日の動線を考えて、結構頑張って回ってきましたよ。

食べたパン、全リスト。まずはバゲット編から。

b0031055_2134517.jpg2区のヴァンドーム広場近くにある、ル・プティ・バンドームというカフェのサンドウィッチです。バゲットは1区のジュリアンというパン屋さんの半分サイズのドゥミ・バケットを使っているそうです。お店に着いたのは1時過ぎだったのですが、店内はビジネスマン風の人でいっぱい。暑い日だったので、みんなワインやビール片手にサンドウィッチやハム・サラミの盛り合わせなんかを食べていました。サンドウィッチを食べられるカウンター席はあきそうになかったので、持ち帰りのサンドウィッチの列に並ぶことに。パリ初日だったので、ちゃんと頼めるかドキドキしながら順番を待ち、パテのサンドウィッチを頼みました。
その場でバゲットに切り込みを入れて、自家製風のパテをザックリと切り取り、パンに塗りつけて、袋に入れて渡してくれます。4.5ユーロを払って、無事に買えました。
ちょっと離れていたけれど、チュイルリー公園まで歩き、お外ランチ。
ちょっとパンがしなっとしてしまっていたけれど、おいしかったです。パンのおいしさというよりも、パテのおいしさが印象に残ってます。

b0031055_21222289.jpg次は5区のル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュのバゲット。赤坂にもお店がある、ドミニク・サブロンさんのパン屋さん、だったんですけど、既にサブロンさんの手を離れているそうです。ちなみにサブロンさんは6月末にモンマルトルに新しいお店をオープンする予定なのだとか。でも、お昼過ぎの店内には常連さんたちがゾロゾロと列を作ってパンを次々と買っていました。こういう回転のいいお店は緊張するなー。

b0031055_21272192.jpgバゲット以外のパンにもちょっと興味があったのですが、結局「ユヌ・バゲット・シル・ヴ・プレ」しか言えず。ちょうど焼きたてのバゲットが籠にいっぱい入って奥から届いたところで、ホカホカのバゲットをこんな袋に入れて手渡してくれました。
お昼時で一番お腹がすいている時間帯です。手渡されたバゲットはホカホカで袋から頭を覗かせていたら、これはもう、その場でガブッといきましたとも!おっいしかったー!
そうそう、ここにくる途中、地下鉄の中で、高校生くらいの女の子がドアの脇の座席に2人並んで座っていたのですが、1人の手にはバゲットが握られていて、それを2人が交互にちぎってパクパク食べながらおしゃべりしていました。なんかパリっぽくてかわいかったです。
b0031055_2133911.jpgホテルに帰ってから、モンジュ広場の市場の肉屋さんで買ったハムを挟んでサンドウィッチでも食べてみました。でも、買った直後のおいしさにはかなわなかったなー。パンを買ったら、まずはその場でかぶりつきましょう!

b0031055_21345897.jpgb0031055_2147272.jpg卵のゼリー寄せを食べたお惣菜屋さんがあるのと同じMartyrs通りにあるパン屋さん、アルノー・デルモンテルのバゲット。これが今回のナンバーワンでした。メレンゲを買ったお店もここです。こちらのパン屋さんには日本人女性のパティシエールさんがいらっしゃるそうで、きれいなスイーツも並んでいます。このパン屋さんは、「旅」からではなく、パリにお住まいのmさんから教えていただきました。
ここのバゲットは、夜、ホテルで食べたので、既に外側がしっとりしてきていたのですが、モンジュの焼きたての味を凌駕するおいしさでした。外側の香ばしさはもちろんですが、中は粉の味がジワーッとしてそこがおいしさのポイントだった。私、バゲットは皮が好きで、まわりをぐるっと一周食べると、中のやわらかいところが最後に残ってしまうのですが、これは中もおいしくて、バクバク食べちゃいました。夜、食べ切れなかった分を、翌日のジヴェルニーにお弁当として持って行ったのですが、翌日でもしっかりとおいしかったです。半分に切ったドゥミ・バゲットを買ったのですが、これだったら1本食べたかった!と思ったほど。
ここのほかのパンもあれこれ食べてみたい!次回、このエリアに泊まりたい、と思わせるパン屋サンなのです。

クロワッサン編へつづく
[PR]
by fumiko212 | 2009-06-26 21:49 | -パリ(2009/06) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://fumiko212.exblog.jp/tb/11367138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みいこ at 2009-06-26 22:30 x
いや~うらやましいっ!!おいしいパンがあれば、ワインと、あとはスープかサラダだけで十分ですもんねー♪
で、バゲットは特に奥が深いですよね。やっぱり粉のおいしさが重要なのかなあ、、。VIRONのもおいしかった気がするけど、中の白いとこがちょっと少ないかなと。
私は白いとこもある程度あったほうが好きなので、パリのバゲットのどっしりした感じがすごくおいしそうに見えるよ~~♪
クロワッサン編も楽しみにしてます!
Commented by さちえ at 2009-06-26 23:22 x
バケット、おいしそう〜。
買いたい!食べたい!
特にパテを挟んだのなんてわたくし的にマストな一品ですよね。
でも一人旅で1本って大丈夫でしたか??
ところでアルノー・デルモンテルの写真にシャテルドンが写ってるのを見逃しませんでしたよ!
日本だと高いんですよねぇ。
パン屋さん情報は直前にまた色々教えてくださーい(すごい先だけど)
Commented by fumiko212 at 2009-06-26 23:43
みいこさん
本当ならワインですよねー。私は最近、飲むと翌日頭痛になったりするので、部屋でボトルを開ける勇気がなくてー。もったいなかったです。(涙)
VIRONの白いところが少ないっていうの、わかりますっ!私も白いところがなけりゃいいってわけじゃないのですよ。その部分もモチモチしておいしいっていうのが理想です。
おいしいパンって焼き立てじゃなくてもおいしいんですねー。クロワッサンでもそれを実感しました。
Commented by fumiko212 at 2009-06-26 23:53
さちえさん
おいしいパン屋さんとパテ屋さんを見つけておいて、自分でサンドウィッチにできたら理想ですよね。
「旅」にパテ屋さんも出ていたので、時期が近づいたら託しますね。1年経っても、地元の人気店みたいな店ばかりなので変わっていないはずです。
バゲットは「ドゥミ・バゲット」と言うと、半分サイズや、半分に切ったものを売ってもらえるそうですよ。半分くらいなら、おいしいので1食でいけちゃいます。でも、おいしいバゲットなら、翌日でもおいしいので、1本買いもありだったなーと思いました。
>シャテルドン
おいしかったです!1本だけ試しに、と思って買ったのですが、なくなるとやっぱり欲しくなって買いに行ってました。
Commented by らびっと at 2009-06-26 23:57 x
またまたこんばんわ!バゲット、おいしそう。。私もフランスに行くといつも買って脇にかかえて一日中かじっています。気がつくと一本食べちゃってます!
それに下のピンクのバラ色のプロセッコ、きれいですねー。パリではバラ味のスィーツがはやっていた気がしました。触発されて関連記事をブログに載せちゃいましたのでよかったら見てみてくださいね!
Commented by fumiko212 at 2009-06-27 20:12
らびっとさん
らびっとさんのブログの写真にあるバゲットもおいしそうですね!
バラのスイーツは今回は何も食べてなかったです。ピエール・エルメのイスパハンは毎回食べようと思っているのに手が回らなくて。きれいですよね。


<< ヨレヨレです。 素敵なシャンパン(本当はプロセッコ) >>