ブラジル風バッハ5番

2008年11月のこのブログにあるコンサートのテレビ中継のことを書きました。
2008年6月に行われた、ベルリン・フィルハーモニーの夏の野外コンサートの録画中継です。指揮者はこのコンサートがベルリン・フィル・デビューだったグスターボ・ドゥダメル。あの中継をきっかけに、自分の興味がいろんな方向に広がった記念すべきコンサートです。前よりもクラシック音楽を聴くようになって、ベルリンまでベルリンフィルを聴きに行ったのもあれが最初のきっかけだった。
もう一つ、あのコンサートをきっかけに私の生活に加わって今も続いていることがあって、それがチェロレッスン。もう9年にもなります。なぜチェロだったかというと、もともと好きな楽器ではあったのですが、あのコンサートで聴いたある曲に魅了されたからでした。それが、「ブラジル風バッハの5番」。チェロの八重奏とソプラノのアリアで演奏される曲で、タイトルの通り、ブラジルの作曲家ヴィラ・ロボスの作品です。いつか演奏してみたいと思ってはいたものの習い始めたころは夢物語くらいにしか思っていなかった。

それから数年たった2012年にニューヨークに行ったときに、学生の無料コンサートの案内をもらうためにジュリアードの売店に立ち寄った。楽譜コーナーがあったので何となくチェロのところをちら見して、買うものなどわかるわけもなく帰ろうとしたところに、店員さんに声をかけられ、とっさに「ブラジル風バッハ5番」はありますか?と聞いてしまった。そしたらその店員さんがすぐに「チェロとソプラノのでしたっけ?」と言って持ってきてくれた。パラパラと見たら、当時はまだ弾いたことがなかったテノール記号の楽譜で、値段は25ドルくらいだったかな。実は一度は日本で楽譜を検索して7000円位するということはその時わかってたので、旅先のテンションもあり、レートが1ドル100円切っていたこともあり、買ってしまった!ホテルに帰って、いったいどうするつもりなんだろう、、、と自問自答したけど、その時は、神社でお札を買ったとでも思おう、とわけのわからない納得の仕方をしました。日本に帰ってから弾いてみようともせずに楽譜はお蔵入り状態でした。

それから時は流れ、チェロレッスンは続けているものの、人前で演奏できる曲は1曲もない、みたいな上達のしなささで、正に「漫然と続けている」状態に陥ってた。それでも、辞めずに続いていたのは、チェロの音が好きなのもあったし、週に1度のレッスンの時間がいろんな意味で自分の生活のリズムを作る1つの要素になっていたからなんだと気づいたのは、教わっている先生がヤマハをお辞めになると分かった時。もしかしたらこのグループレッスンのクラスもなくなっちゃうのかなあ、、、とかなり動揺しました。それが1年前。
丁度その頃、ちょっと考え始めてたのが、この曲を自力で演奏するのは自分の力量では無理(そもそも楽譜がいまだに読めない)なので、先生に教わらないと一生弾けなさそう、ということ。たとえば3か月だけ個人レッスンを申し込んで、先生にこの曲を教えてもらえないだろうか、と。そんな矢先に先生が退職され、独立してチェロ教室を開業されるとのことで、最終的にはこれがきっかけになりました。ヤマハで個人レッスンを申し込むつもりだったのですが、先生に直接お願いできることになった。ある意味渡りに船みたいな状態。
先生のお教室の内覧会みたいな日があったので、仕事帰りに楽譜を抱えてお邪魔しました。とりあえず楽譜を見て、今の私がレッスンすれば弾けるのかをジャッジしてもらうために。ざっと見てくださり、何とかなると思うとのお言葉。それが去年の夏。本当は秋には始めたかったのにぐずぐずしていて結局年明け1月からレッスンを始めていただきました。当初、3か月のレッスンをお願いしており、先生もそれを念頭に、6回のレッスンで何とか形になるところまで指導していただき、この曲のレッスンを終えました。

曲がちゃんと弾けるようになったわけではないけど、本当にやってよかったと思っています。今までは週に1度のレッスンで困らないように、先週教わったことはとりあえずできるようにしてレッスンに行こう、という受け身姿勢でした。先生が選んだ曲、言われたことを粛々と練習するという感じ。それが、もっとビブラートかけたいとか、この部分をきれいに弾くにはどうしたらいいか?とか、私なりにこう演奏したいという欲が出てきた。そうすると、先生も、ちょっと難しいけどこっちのポジションの方が音色がきれいになるとか、ビブラートのかけ方はこっちはゆったり、ここはきつめにとか、教えて下さる。教わる姿勢で先生から得られるものもが変わってくるんだなと思ったり。それと、一人で音を出すことに対する恐怖心が少し薄らいだのも収穫で、グループレッスンでパートに分かれて演奏するときに前より緊張しなくなった気がする。

今までは、チェロは習い事で趣味じゃなかったけど、今は「チェロを演奏すること」が趣味と言えるようになった気がします。一言でいえば「殻を破った」のかな。
弾きたい曲を弾くこと、個人レッスン、この双方が良かったんだと思ってます。それで、せっかくなので、月1回の個人レッスンを続けてみることにして、先生にお願いして帰ってきました。方法はどうとでもとのことで、いくつか提案してもらった中から、二重奏の曲を教わることにしました。先生曰く、「二重奏はうまい人と演ったほうがうまくなる」とのことなので。レッスン費が二重にかかって厳しくなるけど、エンタメ費を削って捻出しようと誓いました。10年目の挑戦、頑張る。

[PR]
# by fumiko212 | 2018-03-21 12:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ニースにおけるマティスの足跡をたどる旅 8

最後に、シミエの高台にあるマティスのお墓を紹介します。最後のアトリエ、オテル・レジナから歩いて行ける距離にマティスは眠っています。人生の後半はほとんど別居し、財産分与の合意が決着しなかったために最後まで離婚できなかった妻アメリーとともに眠っていました。
アメリーをモデルに何枚もの作品を描いた時代もあったマティスです。最後にこうして同じお墓に入ることをお互いにどう思ったのか、、、死んでしまえば思うこともできないからこれでよいのか。。。ここでも、花市でミモザを一束買ってくれば良かったと少し後悔、、、
b0031055_08292032.jpg
この墓地にはマティスが名前を聞くのも嫌がったというラウル・デュフィのお墓もありますが、マティスのお墓とは一番離れたところにありました。(亡くなったのはマティスが1年後)デュフィのお墓は墓所内の他のお墓と一緒に並ぶようにあるのですが、マティスのお墓は単独で墓所から少し坂を下ったところにあります。
b0031055_08292827.jpg
花は手向けられなかったけれど、お墓の周りはすでに花盛りでした。
b0031055_08293699.jpg
ニースという大きすぎず小さすぎず、洗練された文化を持ちながらも田舎の素朴さも持ち合わせた土地に35年暮らし、芸術に取り組み続けたマティス。
3日間の短い滞在で、マティスの足跡をたどる以外にはほとんど何もできていない旅だったけれど、とても満足した滞在でした。
ニースへは一生に一度の訪問になるだろうと思って帰ってきたけれど、やっぱり青空の下のロザリオ礼拝堂が見たい。快晴のニースに私は行けるのか?何度行っても曇天の可能性の方が高い気もするけれど、またその機会に恵まれますように。(おわり)

※最初にも書きましたが、マティスの言葉、出来事など、記憶を頼りに書いていますので誤りが多々あるかと思います。また、キリスト教や教会に関する言葉、表現にも誤りがあるかと思います。ご了承ください。ご指摘がありましたらコメント欄へお願いします。

[PR]
# by fumiko212 | 2018-03-09 09:15 | -南仏ニース(2018) | Trackback | Comments(2)

ニースにおけるマティスの足跡をたどる旅 7

教会を出て、バスターミナルに向かって戻り始めたのですが、途中で、反対側の道から教会を見られるのではないか?と思い立ち、斜面の下側の道から教会方面に戻ってみました。そして撮れたのがこの写真です。この教会が立つ山はあんなに厳しい岩肌を見せていたんだ。
b0031055_22364930.jpg
b0031055_22373022.jpg
下の写真はマティス美術館にあった教会の模型。ドローンでも飛ばさない限りこの角度からは見られない。
b0031055_22365649.jpg
最後にもう一つ記録しておきたいことがあります。
教会の展示室に、教会建設までの年表が展示されていました。そこに、マティスが亡くなった後のことが書いてありました。この教会の建設をマティスに依頼することを最初に思いついた、ジャック・マリーについてです。彼女は2005年に亡くなるまで、この礼拝堂をマティスがデザインしたそのままに保つことに心を配り続けたのだそうです。

最後にもう一度シミエの高台に戻ります。つづく

[PR]
# by fumiko212 | 2018-03-08 22:48 | -南仏ニース(2018) | Trackback | Comments(0)

ニースにおけるマティスの足跡をたどる旅 6

ついに入ることができた教会内部について。

教会内部は展示エリアが併設されています。先に展示を見るか、まず礼拝堂を見るか、悩むところですが、私はざっと展示エリアを見た後に礼拝堂内部に進みました。入口横には、マティスがデザインした聖水盤があります。礼拝堂には後方左隅から入ります。正面に斜めを向いた祭壇があり、その奥に青、緑、黄の生命の木のステンドグラス。左もこの3色のステンドグラス。そして右の壁は白いタイル張りで大きく聖母子像が描かれます。マティスが「半分がステンドグラス、半分がその色を映す白いタイルで礼拝堂内部に緊張を与える」と初期のころから構想を練っていた通り、空気が引き締まるような空間が現れました。外は薄曇りだけれど十分に明るく清潔な空気を感じます。

下の写真はマティス美術館に展示されていたステンドグラスの一部です。手漉きガラスの色はマティスが納得がいくまでフランス中を探したと読んだ記憶があります。近くで見ると、青と緑は透明で、黄色は擦りガラスでした。近くにガイドの女性がいらしたので、触ってみても良いのか聞いてみました。どうぞと言った後、ガラスについて説明してくれました。黄色だけがすりガラスなのは、黄色は神を表しているから、そして青と緑は現実の世界を、だから向こうの現実世界が見えるようになっているとのこと。彼女の解釈なのか、マティスの解釈なのかは不明なのですが、、、
そのあと鏡面のように磨き上げられた祭壇の大理石の床に、生命の木のステンドグラスが写り込む場所を教えてくれました。それから透かし彫りの白い告解室のドアのところへ案内してくれて、その透かし彫りの隙間から見える奥の白い壁がピンクに見えることを教えてくれました。青・緑・黄のガラスを通した光がなぜピンクになるのか、私の英語の聞き取りが悪く、理由が正確にわからないのですが、青いガラスには赤の色素も含まれていて(赤の光を通す?)、ガラスを通った光は赤紫に見えるのだとか。私の肉眼ではイマイチわからなかったのですが(日本人の瞳の色が関係あるのか?彼女が紫だというところが私には青にしか見えなかった)、翌日、マティス美術館でこの写真を撮ったら、肉眼では青く見えるガラスが、カメラのレンズを通すと後ろに自然光がある青ガラスの部分が紫に写ることに気づきました。
b0031055_17180749.jpg
更に、彼女が告解室のドアを開けて中を見せてくれました。(聖堂内にガイドさんがいないときもあり、勝手にこのドアを開けて入ってよいのかは不明です。)そこには、告白をする信徒の側と、壁に仕切られた聖職者のスペースがあり、聖職者側には肘掛椅子が、信徒側には膝をつく座面の低い椅子が置いてあります。信徒側の壁には、膝をついた告白をする人の顔の前あたりの高さに、20センチ四方ほどの小さなタイルがはめ込んであります。そこにマティスが描いた十字架に架けられたキリストが描かれていました。ガイドさんが、そのタイルの右下(だったと記憶)に小さくマティスのサインがあることを教えてくれました。この礼拝堂のすべてを創ったマティスが唯一残したサインがここにあると。この話に本当に胸を打たれました。この教会の仕事を「自分から選んだのではなく何か大きな目に見えない力が私を選んだのだ」と語っていたマティス。その思いが伝わってくるようでした。

礼拝堂内にはマティスが白いタイルに描いた聖ドミニクの肖像、聖母子像、十字架の道行が描かれています。教会に併設された展示室にはそのための習作、素描が何枚も展示されていました。マティスは目をつぶっても描けるくらいに手にその線を覚え込ませるほど習作を重ね、最後にタイルに描いたといいます。聖母子像のマリアの顔は輪郭だけが描かれていますが、幼子を慈しむように見下ろしているようにも、正面を見据えているようにも、幼子の行く末を知っているかのように憂いているようにも見えました。(写真はマティス美術館に展示されていた聖ドミニク像の習作)
b0031055_17180090.jpg
祭壇の上には真鍮製と思われるキリストの磔刑の像があります。下の写真はマティス美術館に展示されていたものですが、同じものが教会の展示室にもありました。この爛々とした目つき!この厳しく力強い視線からは、マティスの創作に対する情熱がビシビシと伝わってきます。
b0031055_17182047.jpg
次もマティス美術館の写真ですが聖職者が着るためのローブもマティスがデザインしています。教会の展示室にはすべてのローブが展示されていますが、色は5色ほどあったでしょうか。デザインはすべて異なります。教会のウェブサイトを見ると式典によって色が決められているとのことでした。
b0031055_17182664.jpg
展示室の壁面には、マティスの言葉が直接書かれています。いくつかの言葉がありましたが、展示室の最後、礼拝堂に入る直前に、私が出発前に感動したあの言葉が書かれていました。

「一体あの礼拝堂はなんだろう、...あれは一輪の花だ。一輪の花にすぎぬとはいえ、しかし、花一輪ではある」

[PR]
# by fumiko212 | 2018-03-08 22:34 | -南仏ニース(2018) | Trackback | Comments(0)

ニースにおけるマティスの足跡をたどる旅 5

そしてついに、20年の思いを込めたロザリオ礼拝堂訪問を果たしました。何かとついていないことが起こりがちな自分なので、教会の中に入れるまで、何らかの理由で見られなかったら、、、と悪い想像ばかりしてしまいましたが、何も起こらず、無事に見学をすることができました。内部は撮影禁止なので、外観の写真だけですが、自分の中でのベストショットを何枚か載せます。

ミモザとウチワサボテンの花が咲く教会の裏庭。
b0031055_09505011.jpg
教会は斜面に建っているため、通り側から見ると教会の背が低く見えます。2色の青を組み合わせた屋根瓦のデザインも何とか写真に収めることができました。
b0031055_09512700.jpg
教会内部にもあるマティスの描いた聖母子と聖ドミニコ。
b0031055_09523362.jpg
b0031055_09520951.jpg
教会の尖塔であるこのロザリオもマティスのデザインによるもで、本当は抜けるような青空をバックにこの写真を撮るのが夢だったんだけど、今回はかないませんでした。そのためにマティスが最も良いという冬の11時をあきらめて、午後の訪問にしたのですが、、、(午前に開館している日は天気予報が悪かったので、午後のみ開館のこの日に訪れたため)
雑誌で何度も写真を見た尖塔でしたが、足元に鐘がかかっていることは現地に行って知ったことでした。
b0031055_09564636.jpg
反省として、内部は写真撮影禁止なのですごくじっくり見学したのに、外観は写真に夢中になって、肉眼でしっかり見た気がしていないこと。だめだなあ、、、

[PR]
# by fumiko212 | 2018-03-08 21:33 | -南仏ニース(2018) | Trackback | Comments(0)