タグ:高いところ倶楽部 ( 11 ) タグの人気記事

ひつじたちのアフタヌーンティーパーティーin香港

2008年 マンダリンオリエンタル東京
2009年 パークハイアット東京
2010年 シャングリ・ラ ホテル東京
2011年 コンラッド・東京
2012年 ウェスティンホテル東京
2013年 フォーシーズンズホテル丸の内

過去6年間、毎年欠かさず開催されているひつじたちのアフタヌーンティーパーティ。おひつじ座3姉妹(誕生日が3月22、23、24日と連続してます。私は三女。)の誕生日付近に紅茶商人ひつじさんが豪華なアフタヌーンティーパーティーをセッティングしてくれ、無理やりお祝いしてもらう会です。
今年はなんと日本を飛び出して、香港、リッツカールトンで開催でした!ひゅ~!もちろん予約関係は全てひつじさんに丸投げ!おひつじ座3姉妹全員参加。そして無理やりお祝いしてもらうゲストも2人も参加!内、お一人は大阪から参加!奇跡のようなティーパーティーでしたーっ!
ほぼ同じ日程で香港に行ったのに全員そろったのはこのティーパーティーだけ。チームバラバラにとっては現地で集合できるのも奇跡です。

当日の朝、香港島から撮ったホテルの入っているビル。左ののっぽビルのほとんど一番上、102階が会場です。ひゅ~!
b0031055_21371288.jpg

シャンデリアがゴージャス。
b0031055_2138684.jpg

テーブルセッティング。
b0031055_21394619.jpg

お茶は日本のように何種類も持ってきてはもらえません。最初に頼んだお茶のポットにさし湯をしてもらう方式。
b0031055_21403482.jpg

アールグレイにしました。
b0031055_21411471.jpg

サンドウィッチ、ケーキ、スコーンはこんな感じ。2方向から撮っておきました。
サンドウィッチ、どれもおいしかったです。パテの入ったシューはワインがほしくなるおいしさ。
甘いもの、たくさんは食べられないので、やっぱりちょっと残しちゃいましたが、どれもおいしかったです。
b0031055_21414439.jpg
b0031055_21415452.jpg

景色のよい席ではなかったので、トイレに行ったときにこそこそ撮影。
b0031055_2144153.jpg

1年前に、次回は香港で!と盛り上がって、その勢いで飛行機を予約して、本当に実現して嬉しかったです。予約などご尽力いただいたひつじさん、ひつじさんのお友達さん、そしてご一緒したみなさま、楽しい時間をありがとうございました。
来年から、またどこかでおいしいお茶をいただきましょう!ひつじさん、よろしくです♪
[PR]
by fumiko212 | 2014-04-07 21:47 | -香港(2014/03) | Trackback | Comments(2)

2016年の目標

b0031055_1733247.jpg

世界一高い観覧車がスタテン島にできるのだとか。2015年内の開業目標とのことなので乗るのは2016年辺りの目標にします。高いところ倶楽部ですからね。念のために乗っとかないと。野球やってるシーズンがいいな〜。それまでにスカイツリーに登れるのだろうか?
[PR]
by fumiko212 | 2012-09-30 17:29 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)

自分史上一番高いところ

モンマルトルのエントリに「高いところ倶楽部」のタグを付けましたが、大事な記録をアップするのを忘れてました。香港の高いところにも上りましたよ。

香港にいて目につく高いビルは確か2つあって、1つは香港島、もう一つは九龍側に見えます。九龍側の方は展望フロアがある様だったので行ってみました。
b0031055_22291425.jpgめざすビルはあそこ。電車だとアクセスが悪そうだった(自分たちのいる場所からのアクセスが悪かったという意味です。最寄にちゃんと電車の駅がありました。)ので歩いてみることに。しかし、高いビルというのは見た目近そうでも実は結構遠くにあるものです。この時も途中まで歩いてみたものの全然近づけていないことに気づいて途中でタクシーを拾うことに。しかし中途半端に近づいたため、まだまだ開発中で人気がないこのエリア、タクシーを拾うのも一苦労でした。トホホ。


香港にしてはややお高めに感じるエレベーター料金を支払い一気に地上100階の展望フロアへ。香港でこの眺望ならまずまず高いところ日和だったのではないでしょうか?
b0031055_2235847.jpg
b0031055_2235317.jpg
b0031055_2236277.jpg
b0031055_22354664.jpg

年越しの瞬間にはこのビルに2012の文字が浮かび上がっていました。
b0031055_22372716.jpg

天気が良ければ暗くなってからも上ってみたいです。
[PR]
by fumiko212 | 2012-08-31 22:39 | -香港(2011/12) | Trackback | Comments(0)

モンマルトル巡り2011

美術班仲間のYさんが今年のGWにモンマルトルを巡ったそうで、その記事にトラックバックしつつ昨年秋に自分が巡った時の写真をアップしようと思いまっす。

格調高いYさんのエントリはこちら:パリのファン・ゴッホのアパート

2005年に一度廻った道をあの時とは逆回りで巡りました。
2005年の記事はこちら:画家の足跡を辿る旅:モンマルトル前編~レピック街を行く
                画家の足跡を辿る旅:モンマルトル後編~ユトリロの風景
                モンマルトル番外編

前回は雲一つない晴天の空の下廻ったモンマルトルでしたが、今回は土砂降りと言っていいような雨の日でした…。

b0031055_231414100.jpgスタートはコタン小路。
b0031055_23152292.jpgこの薄暗さはユトリロの世界そのもの。なんですが、地図と傘を持ちつつ撮ったこの写真、カメラもひん死(この旅行の後買い替えました。)でピンボケでした。orz
b0031055_23163997.jpgコタン小路を登り切るとサクレクール寺院が黒々とそびえ立っています。
b0031055_23185468.jpgこの日はモンマルトルのワイン祭り(?)の日で準備中の屋台のテントがずらずらと並ぶ道を通り教会前の広場へ移動。ここで高いところ倶楽部活動もしつつ、あまりに雨がひどいので一旦教会内に避難。
b0031055_2320396.jpgしばし休憩の後、教会に別れを告げて再出発。
b0031055_23203658.jpgここで一つチェックポイントを通過。サティの家です。ここでジムノペティも作ったのでしょうか?と思って調べてみたら1888年作曲とのこと。(曲をこれしか知らないのがバレバレの書き方だこと。)
b0031055_23243215.jpg次はベルリオーズの家。今検索したらユトリロの作品に「ベルリオーズの家」というのもあり、ユトリロめぐりのチェックポイントでもあったのでした。準備不足で絵と同じアングルの写真は撮れず。でも、今ユトリロの絵を見てみるとあんな感じではなかったような…。ところで、こうして並べるとサティのプレートはオシャレですね。
b0031055_2331082.jpgb0031055_23312758.jpgピカソモデル(?)のシトロエンを見つけつつ、(この縦列駐車、すごいですねえ。パリはどこもこんな感じですが、これじゃぶつけながらでも出られないと思うんですが。)
b0031055_23314037.jpgラパンアジルまで来ました。これ、かなりユトリロっぽく撮れました。雨、つらかったけど写真の雰囲気は良くなりました。
b0031055_23331058.jpgワイン畑の横にブリュアンのコスプレの人を発見。
b0031055_2333451.jpgb0031055_2334271.jpgユトリロロケハンはつづく。
b0031055_23342028.jpgモンマルトルではこういう人にたまに会います。
b0031055_2334562.jpgムーラン・ド・ラ・ギャレットだー!いつの間にかレストランとしてよみがえっていたのねー!わーわー!と写真を撮りまくり、記念写真も撮ったりして、しばらく歩くと…
b0031055_2336998.jpgちょっと先に本物のムーラン・ド・ラ・ギャレットが出現。これ見るまで忘れてたけどこっちだよ。さっきのはかつてはラデの風車と言っていた場所だよ。でも写真撮りまくりはさっきやったのでここではやる気のない写真が数枚…。またもや風車がよく見えない。
b0031055_23393347.jpgb0031055_23402629.jpgやっとこさゴッホ様のアパートに到着!あの時改装中で見られなかった入り口をやっと拝めました。6年越しでやっと。長々と感慨に浸りたかったのですが、何しろ雨が~。チャチャッと写真を撮って退散。
b0031055_23415565.jpgさよなら、、、ゴッホ様、、、
ここでアメリカフェへ避難。もう地図が溶けてます。雨の日は地図をビニール袋に入れるべきでした。
b0031055_23431955.jpg道すがら撮った八百屋さんの店先。値札がアスパラに立ててある。手前の柿のオレンジが鮮やか。
b0031055_23445478.jpgゴールのムーランルージュに到着。
b0031055_23461360.jpg最後の最後にタンギー爺さんの画材屋さんの跡地をめざしたのですが、持っていた地図がいい加減で見つけられず、それっぽいプレートが出ていたけどタンギーらしき名前は見つけられなかった。先ほど調べたらタンギー爺さんの画材屋跡地はもう1本南側でした…。ガックシ。
雨の中早足で巡ったモンマルトル。Yさんのブログによるとモンマルトル墓地にはドガのお墓があるそうで、次回はタンギー爺さんのリベンジとともにお墓参りも果たしたいと思います。
[PR]
by fumiko212 | 2012-08-30 23:56 | -パリ(2011/10) | Trackback | Comments(2)

高いところへ!

カフェオレを飲み終わったら、次なる目的地へ移動開始。しかし、地下鉄の駅へ向かう道すがらのお店のウィンドウがかわいすぎてなかなか先に進めません。というようなことは滞在中四六時中起こりました。パリのお店のウィンドウはいつどこで見ても美しく、そしてかわいい。写真は後でまとめてアップします。

b0031055_2211449.jpgオデオン駅から地下鉄でシテ島へ。(2年前に使い残したカルネで無事に改札を通過できました。)

ノートルダムの塔に登りたい、というのが私の希望だったのです。

シテ駅を出ると、既に世界中の観光客がうようよ集結しています。10時オープンですぐに行列ができるというガイドブック情報どおり教会の外には行列が。。。(このとき10時15分過ぎくらいでした。)寒風吹きすさぶ教会脇で震えながら並ぶこと30分強だったでしょうか。やっと中に入れました。なぜかエレベーターで上ると思い込んでいた私は螺旋階段を見て唖然。登れるのか?私。しかし、この先今より脚力がつくとも思えないので登りたいのなら今しかない。これだけ並んだんだから登ります。(下の写真の細い柱のあるバルコニーまで登ることになるのでした。一番上ではなかったんですね。)
塔に上れる人数に限りがあるので、しばしお土産売り場で待機。ここには帰りには戻れなかったと思うので、買いたいものはこの間に買うべし。
b0031055_2222295.jpg

b0031055_2213586.jpg係の人の合図で店内の客が1列になって螺旋階段を登ります。まずい。このグループの先頭になってしまった。結構狭くて磨耗した石の階段を登るのはリズムが崩れると転びそうになる感じ。こういうものは一度休むと脚が上がらなくなるので、とにかくひたすら上昇。でもちょっと休憩したいかも、、、と思ったところで到着しました。良かった。
一歩外に出るとそこにはパリの絶景が広がります。うわー!やっぱり登ってよかった!
パリ左岸の絶景。左の黒い高いビルがモンパルナスタワー。中央辺りに見える白っぽい2つの塔がさっきいたサン・シュルピス教会。そして右端にエッフェル塔。
b0031055_227345.jpg

モンマルトルの丘を中心としたエリア。この写真では見えませんが右側にポンピドゥ、左側にオペラ・ガルニエという風景が拡がります。
b0031055_2282061.jpg

バルコニーをぐるっと囲むように怪獣たち。叫び声をあげているかのような表情。でもその声は声にならないまま石に姿を変えられてしまっているような苦しげな表情が印象的でした。
b0031055_22114268.jpg

こんな青空は滞在中はこのときだけだったので、予定通りとはいえラッキーでした。

そろそろランチの待ち合わせ時間が気になり始めましたが、その前にお菓子屋さんへGo!

つづく
[PR]
by fumiko212 | 2011-10-22 22:13 | -パリ(2011/10) | Trackback | Comments(4)

ひつじたちのアフタヌーンティーパーティ@コンラッド・東京

我らおひつじ座3姉妹の誕生日シーズンに毎年恒例でアップしていたひつじさん主催のおひつじ座バースデー・アフタヌーンティパーティー。今年はどうしちゃったのかな?と心配していた方はいらっしゃらないとは思いますが、ご安心ください!震災の影響で開催が危ぶまれたものの、律儀なひつじさんが2ヶ月遅れできっちりと開催してくださいました!

今年は汐留のコンラッド・東京、地上28階、浜離宮庭園を眼下に見下ろす、その名もトゥエンティエイトというラウンジで「アメリカン・クラシック」なるアフタヌーンティ・セットをいただいてきました。

b0031055_22491161.jpgドリンクは紅茶、コーヒー、ハーブティ各種の中から何度でも違う種類をお代わりできる方式。実はこのサービスは平日限定なのですが、ひつじさんのご手配により休日にもかかわらずそのようにサービスを受けられるようになっていたのです。すばらしいっ。
ティーカップは白一色でした。写真で振り返ると茶器が白一色というのは初めてでしたね。

さて、お菓子やサンドウィッチがずらっと登場です。手前2列が1人分です。
b0031055_22544398.jpg

スコーンはプレーンとマンゴー&ココナッツ。ジャムは苺とルバーブでした。
ミニハンバーガーもついてきてちゃんとアメリカンしてます。
サンドウィッチはクルミパンとイベリコハムのサンド、もうひとつのサンドウィッチはメニューによると「ブリーチーズ、りんご、クランベリーのサンド、マスタードとアプリコットスプレッド」と書いてあります。美味しそう~。(確かに食べたのですが3ヶ月前のことなので、、、この内容を読めば、きっと美味しかったと想像できます♪)このサンドをアメリカンサイズでガッツリ食べたいっ。
b0031055_2312478.jpg

お菓子類も美味しかった記憶あり。ライムのギモーブ、レモンメレンゲパイ、ニューヨークチーズケーキ(と書いてあったけどそこまで濃厚じゃないです。)、緑のクリームはピスタチオ、そして左隅のチョコファッジ&ラズベリー!この組み合わせ、たまりません。
b0031055_23101965.jpg

アフタヌーンティセットでは最後に甘いものが続いてちょっとしんどくなることもあるのですが、ここのは甘いのになんだかスイスイいけてしまいました。
現在はこちらのラウンジでは「テイスト・オブ・ジャパン」なるアフタヌーンティセットがいただけるようです。和栗のモンブラン、ほうじ茶と生姜のフィナンシェなどこれも美味しそう。

窓の外にはこのようなすばらしい絶景が広がっています。私たちはラウンジ中央の大テーブルを占領しましたが、少人数だと窓際の席でこの景色を眺めながらお茶がいただけますよ。
できれば桜の時期にピンク色に染まる浜離宮を見下ろしながらもう一度リベンジしたいですね!
b0031055_23263293.jpg


ひつじさん、今年もありがとうございました!来年もよろしくお願いしますっ。

過去のひつじのアフタヌーンティはこちら。
2008年 マンダリンオリエンタル東京
2009年 パークハイアット東京
2010年 シャングリ・ラ ホテル東京
[PR]
by fumiko212 | 2011-09-18 23:28 | カフェ・レストラン | Trackback | Comments(0)

美術班朝食会@ル・パン・コティディアン

昨年のゴッホ展で美術班活動をできなかったのが心残りで、忘年会の折にゴッホ様反省会をしないといけないですね、と話し合っていたので、年明け早々に実施しました。忙しいメンバーが集まるので朝食会です。オープンしたばかりのル・パン・コティディアン 芝公園店に行ってきました。

お店は朝7時半から開いています。朝食メニューは11時までとのこと。7時半でもいいという声もありましたが、9時半にお店に集合しました。
b0031055_23254850.jpg

b0031055_2334222.jpg明るい店内はまだ空いていて、このお店のシンボルともいえる大きなテーブルの席(コミューナルテーブルというのだそうです)を確保。自由に食べられるビン入りジャムはここにしか置いてなかったので。(4人席などのほうには料理と一緒に持ってきてもらえるようです。)
この大きなテーブルに座ったのは大正解で、m社長が持ってきてくださったほうれん草をワサーッと広げて新聞紙でくるむ作業もラクラク♪(ご馳走様です!)
b0031055_23345471.jpgテーブルにあらかじめセットされていたジャムと調味料はこんな感じです。左からアプリコットジャム、ママレード、チョコレートペースト、塩、胡椒、ハチミツ、オリーブオイル。
b0031055_2336010.jpg隣のトレーからも寄せ集めたその他のジャムはチェリー、イチジク、ホワイトチョコペースト。
b0031055_2337713.jpgb0031055_23371392.jpg
b0031055_2337059.jpgb0031055_23371713.jpg
b0031055_23372253.jpgみんなでシェアした料理。バスケットに入ってくるパンの盛り合わせ、オムレツ2種(ここまでが朝食メニューから)、卵とアンチョビのタルティーヌ(オープンサンド)、プロバンス風サラダ。
店内が少し寒かったのに冷たい料理が多かったのがちょっと失敗。パンも温かくなくてしょんぼり。だって、次々とパンが焼きあがっているガラス張りの工房が見えているのに…。味は美味しいです。オムレツ、サラダにはパン(カンパーニュ系)が付いてくるので、パンバスケットはわんこパン状態でした。ヘーゼルナッツとレーズンのパンが美味しかった。買って帰るつもりが店頭販売はなしとのこと。残念。
帰りに入口付近に写真入メニューを発見。これを見ていれば選択が変わったのになー。今後、他のメニューも試したい。もう少し暖かくなったらまた来ます。
b0031055_23451142.jpg会計を済ませて物販コーナーを見学。レジの後ろにずらっと並んだカンパーニュ。これは飾りではないはず?レジ前はチョコレートがずらり。そうそう、ヌガーもありました。最近、売ってるとこ増えてきましたね。
食品棚にはテーブルにおいてあったオイルや塩・胡椒のほかに、瓶詰めの保存食(タプナード、ドライトマト、ハリッサなんかもあった)、ジャム(テーブルに置いてあった以外のものもあり)、コーヒー・紅茶などがありました。タルトはフレッシュフルーツとフルーツを焼きこんだのが3種、レモンタルト。これも激しく惹かれました。
真ん中にはヴィエノワズリーが並んでます。後でどこかで食べよう!とアーモンドとレーズンのエスカルゴとブリオッシュを購入。どっちも美味しかったです。ただお値段はかなりいいお値段。2つで600円近く。食材も同じくいいお値段です。なので見るだけ。
サンドウィッチやサラダも売ってました。
b0031055_2345482.jpgb0031055_234572.jpg
b0031055_23452349.jpgb0031055_23451513.jpg
朝食会では次期活動計画もまとまり、実り多い会でした。
そうそう、毎週日曜日9時から(と書いてあったけど、私が着いたときはまだなかったような、、、)はお店の前で朝市をやってます。小さなスペースだけどおもしろい野菜がぎゅっと揃ってます。ポルタベッラマッシュルームはNYでも見たことのないような新鮮さ。ミニ白菜も気になりました。(Mさん、どうでした?)買って帰ったミニトマト、本当に甘かったです。
b0031055_011390.jpg

この後一行は増上寺初詣(今年まだできてなかったので、そういうことにしました。)、東京タワーで高いところ倶楽部活動、カフェベローチェでゴッホ様パズルに挑戦(4人がかりで40分かかった。)、ラーメンで〆、と朝食会といいつつ夕方までみっちり活動。お疲れ様でした!
b0031055_051832.jpg

b0031055_053716.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2011-01-19 00:06 | カフェ・レストラン | Trackback(2) | Comments(8)

高いところの話(パリで美術館めぐり③ ポンピドゥセンター)

昨夜、友人達とごはんを食べながら、観光地を始めて訪れたとき、とりあえず高いところに上る派と上らない派がいる、ということを知りました。
私は上る派です。というか、誰もが上るもんだと思ってました。違うのかー。

例えば、初ニューヨークでは、エンパイアステートビル、ツインタワー、自由の女神の台座(王冠までは上っていない)に上ったし、その後、2000年台に入ってからオープンしたロックフェラーセンターにも上りました。
パリではエッフェル塔、モンマルトルの丘(サクレクール寺院の塔までは上ってない)、ミラノではドゥオモの屋上、台北でも高層ビルの展望台に上った。ロンドンで上れる高いところってロンドンブリッジ?あそこは確か行ってる。ロンドン塔ってのもあったっけ?ビッグベンには上れないですよね?
地元東京でも東京タワー、六本木ヒルズ、都庁ビル、サンシャイン、横浜のランドマークタワーあたりは全部上ってますよ。地味ですが三茶のキャロットタワーにも上ったし、用賀のSBSタワーではバイトしてた(最上階じゃないけど)。そうそう、国家試験を受けた年は気持ちよく受験勉強をしたくてヒルズの図書館の会員になって毎週東京の街を見下ろしながら勉強してました。
何度も上るわけではないので本当の高いところ好きではないですが(それと階段を使わないといけないところも上らない)、やっぱり1回は上っておきたいと思ってしまうなー。

昨年のパリ旅行では、高いところからの景色を期待して行ったわけではなかったポンピドゥセンターから思わぬパリのパノラマを楽しめました。

ポンピドゥセンターを訪れたのは今回が初めて。ガイドブックでよく見る、エスカレーターが外側に張り付いたビルがそれです。
b0031055_2053730.jpg

午後2時頃だったかな?かなりの長蛇の列に萎えそうになりながらチケットを購入して、エスカレーターで一気に最上階まで上ります。無意味に動画を撮ってみました。

ガラス張りの温室のようなチューブをズンズン上り、最上階に到着すると、そこには思ってもみなかったパリのパノラマ!おおおっ!とちょっとボヤーっとしてた頭がシャッキリしました。あの興奮は、高いところ好きの血が騒いでいたのか?

やはり一番最初に目に付くのはエッフェル塔。ポンピドゥセンターから見るとセーヌ川を挟んだパリの反対側になります。手前はマレのアパート群。屋根の上に何本もの煙突が突き出ているのが見えます。
b0031055_20595012.jpg

遠くに見えるのはデファンス地区の高層ビル群。ガイドブックでしか見たことのなかった、凱旋門をかたどったビルが見えます。
b0031055_21142078.jpg

この写真はオペラ座を写したんですが、わかるかな?丸いドーム屋根が見えています。
b0031055_2141928.jpg

エスカレーターで上ってきた方向を振り返るとモンマルトルのサクレクール寺院がそびえています。あそこは本当にパリの丘なんですね。真っ白な教会とあいまって、いつでも日の光を受けて輝いているように見えます。
b0031055_215426.jpg

こんな風に美術作品越しにエッフェル塔が見える場所もありました。
b0031055_21231445.jpg

美術館のほうは、一番見たかった、というか、そのために来たマティスの「豪奢」が展示されておらずに空振り。午前中、もうひとつ別の美術館を観た後だったこともあり、展示室をささーっと流し見しつつ、おもしろそうな展示をいくつかじっくり見て終了でした。

一番おもしろかったのはポンピドゥセンター前の大道芸の人たちだったかも。このお姉さんのパフォーマンスはすごかったです。この広場ののびのびとした自由な雰囲気も良かったなー。あのまわりのカフェでのんびり過ごすのも良さそうです。

[PR]
by fumiko212 | 2010-05-23 21:26 | -パリ(2009/06) | Trackback | Comments(6)

ひつじだらけのアフタヌーンティー

3月22日生まれのRさん。23日生まれのm社長。そして24日生まれの私。我らおひつじ座3姉妹の誕生日をひつじさんに祝ってもらう、アフタヌーンティー♪今年はパークハイアット東京の41階、ピークラウンジにて開催されました!パチパチパチ。
この、マッドハッターのティーパーティーのような会に、今回は2人のゲストをお迎えして、6人でのお茶会になりました。

b0031055_21543593.jpg1杯目はダージリン。去年は確か6杯のお茶を飲んだけど、今年は何杯飲めるかな?
新聞の占いによると、今日のおひつじ座は「交渉事や勝負事に強いとき。」なんだとか。ということで、誰が一番最後までトイレに行かないか?で勝負することに決定。
b0031055_2155249.jpg早速登場。サンドウィッチ、スコーン、スイーツが3段重ねで一度に出てきます。
b0031055_21552553.jpgサンドウィッチは定番のサーモン&クリームチーズ、エッグサラダ、オリーブなどが入ったイタリアン風ハムサンドの3種。

b0031055_21562100.jpgb0031055_21561294.jpgスコーンはプレーンと桜&オレンジピール(だったよね?)。桜は飾り程度にちょこっと。香りはしませんでした。ちなみにスコーンのお代わりは400円で承ります、とのこと。
b0031055_21564164.jpgジャムは「ベリーベリー」。4種のベリーと隔し味にバナナが入っているのだとか。クロテットクリームとジャムはお代わりできます。この辺りでお茶をアッサムにスイッチしてミルクティーに。しかし、お湯がぬるかったのでは?最後まで薄かった。。。ミルクがおいしかったです。
b0031055_21571216.jpgb0031055_21572388.jpg途中、何度か小さなお菓子やフィンガーフードというんですかね?小さなキッシュなどをトレーに乗せて持ってきてくれます。左上から、ベーコンのキッシュ、ライム入りマドレーヌ、ハニーレモンゼリー、カレー風味のキッシュ。ゼリーの上にぱらっと散らしてあるピスタチオがアクセントになっていておいしかったです。甘いものが続くのでキッシュの塩味にホッとします。
b0031055_21574941.jpgb0031055_2158393.jpg
b0031055_21584848.jpgb0031055_21585888.jpg後半はハーブティに。左はカモミール、スペアミント、フェンネルとあと何か1つ(忘れちゃった)のブレンド。ティーポットの蓋をあけたときはスペアミントの刺激臭にむせてしまいましたが、カップに注ぐとカモミールの香りがしっかりとしてマイルド。
ちなみに3杯目(ティーポットで3杯なので、カップだと6杯は飲んでた。)の途中で、m社長が勝負から脱落。続いて私も脱落。と勝負にあっさり負けたおひつじ座。夕刊の占いは当たらなかった。笑
最後はグリーンティ&レモングラス。グリーンティはガラスのティーポット&カップでサーブされるようです。ここで時間切れ(アフタヌーンティの時間制限は3時間)、お開きとなりました。
窓からの景色はこんな感じ。
b0031055_21595119.jpg

お茶の後は公園を散歩。ソメイヨシノはまだまだ2-3分咲きだったけど、ここの桜は種類が違うようで満開でした。
b0031055_2205452.jpg

ひつじさん、去年に続き、今年も素敵なティーパーティーを開催してくださってどうもありがとう!来年もよろしくお願いしますっ。
ひつじさんのお誕生日を甲殻類でお祝いする会も今年も開催しましょう!行きたいお店考えておいてくださいね。
ゲストのお二人もありがとうございました!
[PR]
by fumiko212 | 2009-03-28 22:15 | カフェ・レストラン | Trackback(2) | Comments(10)

新潟観光~市街地編~

花火の日は長岡市内には宿を取れず、新潟市に宿泊しました。新潟市でもお祭りがあるらしく、ホテルの正面玄関には朝から和太鼓のグループが威勢良く太鼓をたたきに来てたり、こっちもお祭りムードです。せっかく新潟に来たのだから、ということで新潟市内も観光しました。
b0031055_914275.jpgb0031055_9141281.jpg9時過ぎにホテルを出発してガイドブックに出ていた本町市場へ。しかし、、、この市場、一体何時くらいがメインの時間なんだろうか?品数少なくて閑散としてました。それでも農家直送の野菜の色の鮮やかさや魚介の新鮮さには目を見張るものがあります。右は鯵なんですが、かなり大きかった。
b0031055_9161367.jpg市場が空振りに終わったので近くのショッピングタワーから市街地を一望することに。ここもまだオープンしていなかったけど、警備はユルユルで展望フロアに上がれました。天気は良かったもののかなり霞が出ていたので佐渡はぼんやりとシルエットが見える程度。この写真には白い屋根付の競技場が写ってます。アルビレックスの本拠地かな?
b0031055_9182696.jpg海のほうにも行ってみました。日本海をとは思えない凪状態。やっぱり佐渡が見えない。
b0031055_9214079.jpgb0031055_9215155.jpgまだまだお昼にならないので近くの護国神社をお参り。境内には神様にお供えする為のものでしょうか。小さな水田がありました。まだ稲穂は出てきてなかった。
b0031055_9241057.jpgこの道は神社から出てきたところ。なぜ写真を撮ったかというと、この付近で横田めぐみさんが拉致されたと言われている場所なんだとか。ということはさっきの海辺の辺から連れ去られたのだろうか?タクシーの運転手さんに教えてもらっためぐみさんが通っていた中学校はここからすぐのところ。お友達と3人で学校を出て、最後にお友達と別れてから自宅までは100mくらいしかないとのこと。その一瞬に連れ去られてしまったなんて…。観光中とはいえ、胸が痛みました。
b0031055_9264565.jpgここは古町のアーケード。アルビレックス・コラボ・ローソンを見つけた。
b0031055_9273646.jpg新潟市街地観光のメインイベント。お昼のお寿司です。ネタが新鮮でおいしかった~。特に海老のプリプリ感、貝のコリコリ感は最高。鯛もトロも最高でした。

新潟観光~ドライブ編~へつづく
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-05 09:29 | -国内旅行 | Trackback | Comments(0)