タグ:ルバーブ ( 11 ) タグの人気記事

八ヶ岳で食べたものと買ったもの

夏の旅は避暑が目的。となれば行き先は高原。そこには美味しい空気、美味しい水、そして美味しい食材があるのです。ワクワク。

まずは長年憧れていた八ヶ岳倶楽部のフルーツティー。想像通りの味でしたが満足です。
近隣の富士見高原は赤いルバーブの産地だそうで、ルバーブシャーベットがあったのでそれもいただきました。色は抜群ですが酸味が少なめ。(春先に収穫したものは酸味が強く、秋は色が濃くなるのだとか。)
売店には真っ赤なルバーブジャムも売っていて、手に取ったところ、若いスタッフさんにルバーブとはなんぞやのレクチャーをされてしまい、知ってると言いそびれたため、ヘェ〜と小芝居しつつ最後まで聞きました。(^^;;
b0031055_15171347.jpg

線路の枕木で遊歩道が作ってあり、林の中の散歩が楽しめます。紅葉の時期も綺麗だろうな〜。
b0031055_15171341.jpg

泊まったのは長野県諏訪郡原村というところで、例によってペンション泊です。
食事の評価が高い宿を選んだのにかなりがっかりな夕食で凹みました。ネットの口コミって難しいな〜。20代、30代の口コミはあまりアテにしてないんだけど、外した〜。
そして翌日はザザ降りの雨。一番晴れている時間帯に美術館に居たんだな〜。泣

朝方、小降りの内に少し散歩。
b0031055_15171440.jpg

朝食後はさっさとチェックアウトして、農産物直売所へ。やることのない旅行者でごった返していました。
お土産から食材までいろいろ買ったらかなりの金額になってしまった。(^^;;
買い物後に併設のレストランで食べたプリンが予想外に美味しくて嬉しかった。
b0031055_15171586.jpg

直売所の裏手のひまわり畑。かわいそうにうつむいてる…。大人の顔よりも大きな花でした。
b0031055_15171573.jpg

買い物が済んだら、せめて美味しいお昼でもと、あれこれ検索して、古民家蕎麦屋兼カフェのいちというところに行ってみました。
Googleのナビを頼りに対向車来ませんようにと祈りつつ農道をクネクネ走ってたどり着きました。
かなりの行列に気持ちは萎えそうだったけど、今から動くのも大変なので1時間近く並んで入りました。
b0031055_15171681.jpg

中はガラガラで落ち着いて食事ができたのは良かったです。
揚げ野菜のどっさり入った麺つゆに、
b0031055_15171624.jpg

細めの蕎麦。蕎麦は好みもあるのでなんとも言えませんが、私はもう少ししゃっきりしてるのが好みかな〜。特別絶品ということもなかったです。茹で加減が微妙なのかも?
b0031055_15171761.jpg

せっかく並んだので2階のカフェでお茶もしました。1階でこのようなセットを受け取ります。豆はその場で挽いてくれる。
b0031055_15171881.jpg

2階はお店の人は誰もいなくて、ヤカンに自分でポットのお湯を入れ、ドリップします。豆が煎りたてらしくこんなヤカンでも上手に入りました。
b0031055_15364549.jpg

部屋の中は1階も2階も昭和の雰囲気。建物は140年というのでもっと古いのですが…。私たち以外にお客さんはいなくて、1階よりもさらに落ち着けたのでカフェ利用もしてよかったです。コーヒーも美味しかった。
b0031055_15364656.jpg

この日はお盆の中日だったのに、この後ひどい渋滞に巻き込まれ、自分の運転史上最も辛いドライブになりました。パーキングエリアに入っても疲れすぎて仮眠しようにも眠れず、トイレに行って並んでいたら気分が悪くなり這うように車に戻り、その後やっと寝つけて30分仮眠。なんとか復活して帰路につきました。

さて、翌日からは野菜三昧。
ルバーブはアーモンドクリームのタルトに。残りはクラフティとジャム。このルバーブにはクラフティよりタルトの方が合いました。
b0031055_15364789.jpg

こっちがクラフティ。見栄え悪いですね。(^^;; ルバーブは本当に真っ赤です。
b0031055_054265.jpg

左手前はセロリの葉なのですが、泊まった原村はセロリの一大産地なのだとか。
b0031055_15364745.jpg

このワインは、ワインになる前のまだ発酵途中のものなのだとか。確かにぶどうジュースとワインの間のような味わいでした。結構好きでした。
b0031055_15364817.jpg

生から茹でたビーツは、缶詰のビーツとは別物です。ルバーブと共に、スーパーで気軽に手に入るようになって欲しい野菜の一つです。
b0031055_15364968.jpg

お陰様でこの週は野菜たっぷりでお腹の調子がすこぶる良かった。やはり普段は野菜不足なのだな…。

結局は食べてばかりの避暑でしたね。汗
[PR]
by fumiko212 | 2014-09-22 00:05 | -国内旅行 | Trackback | Comments(0)

ルバーブとクリームチーズのパン♪

ルバーブもの、以前より増えてきましたね。
b0031055_80693.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2013-08-12 07:56 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

NYで食べたもの~Community Food & Juiceのパンケーキスペシャル~

今回泊まったホテルは朝食付きなので外で食べた唯一の朝ごはん。パンケーキの会の皆さん推奨の美味しいパンケーキを求めて出かけてきました。場所はコロンビア大学の近く。
平日8時~9時限定のパンケーキスペシャルはブルーベリーパンケーキとコーヒー、オレンジジュースが付いて12ドルとお得です。パンケーキがバナナも選べたら完璧なんだけど、贅沢は言うまい。

パンケーキも美味しかったんだけど、私が力説したいのはオレンジジュースの美味しさ。毎朝ゼイバーズの美味しいオレンジジュースを飲んでいたけど、その差にビックリ。甘いけど甘いだけじゃなく凝縮された美味しさでした。お店の名前にJuiceって付けてるんだから、きっとこだわりのジュースに違いない。
b0031055_23164.jpg

今、お店のサイトでドリンクメニューをチェックすると、フレッシュジュースはオレンジ、グレープフルーツ、キャロットの3種。キャロット気になる。さらにカクテルを見ると、案の定フレッシュフルーツを使ったカクテルがズラッと。ブラックベリー・ベッリーニなんて間違いない。でももっと気になるのはGin Cooler: farmer's organic gin, watermelon juice, muddled cucumber, agave simple syrup, fresh lime juice, on the rocksなるカクテル。スイカと胡瓜かあ。鈴虫にでもなった気分になるんだろうか?本命はこっちでしょうか。Strawberry Rhubarb Margarita: espolon reposadotequila, fresh strawberry & rhubarb puree, served onthe rocks。もう私のためにあるカクテルじゃないか。

話が脇にそれました。パンケーキ登場です。クリントン・ベーカリー(で名前あってる?)の系列なのでメイプルバターが添えられるところは一緒ですが、トッピングがフレッシュブルーベリーだけなのが良いです。(確かクリントンはブルーベリーソースもかかってたよね?)
b0031055_235858.jpg

どうです?この感じ。生地はしっとり系。今回唯一のパンケーキ、十分満足しました!でもやっぱり次回はバナナも食べたいよう~。笑
b0031055_25461.jpg


b0031055_272519.jpg店内は広々。席もゆったりでもうクリントンに行く必要なしです。クリントンで美味しいというビスケット添えのメニューなども気になるけど、やっぱり今度は夜に来てカクテルを飲みたい。
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-16 02:11 | -NY food | Trackback | Comments(0)

ルバーブ買った♪

b0031055_1825158.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2010-04-22 18:25 | Trackback | Comments(4)

ロブションのゴーフル

b0031055_17393419.jpg

ゴーフルって?
薄いワッフルみたいなものでした。
ルバーブコンフィチュールに釣られて頼んだけど、ダイエット中だったんだ。汗
一緒に食べた季節野菜のフォカッチャも絶品でした。
[PR]
by fumiko212 | 2010-02-09 17:39 | カフェ・レストラン | Trackback | Comments(0)

いちごとルバーブのパイ

b0031055_20484168.jpgはいっ。焼けてました!
b0031055_20494989.jpgここの切り口、ルバーブだらけでした。
んもー!この甘酸っぱさ、うますぎっ。幸せ~。

春のパイです♪
[PR]
by fumiko212 | 2009-03-26 20:52 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)

初!Yoroizuka♪

b0031055_14494745.jpg

>>追記<<
小雨のぱらつく中、六本木1丁目からミッドタウンまでテクテク。どんなケーキがあるのか、ちょっと見てみたかっただけなのに、お店に入るために寒風の中並んだら、その流れで買うことになってしまいました。同じミッドタウンにあるAOKIよりもお手ごろ価格でホッ。

買ったのはこれ。
左:ピスタチオのムース。チョコレート味の台のサクサクとムースに混じったピスタチオの粒々が歯に当たって美味しい食感です。右:ルバーブのタルトの上にフランボワーズムース。ルバーブのタルト部分はカスタード生地で、意外な美味しさ。もう少しルバーブの甘酸っぱさがあればよかったかなー。
2つのケーキを半分ずつ(実質1個分)食べたら甘すぎてちと胸焼けしてしまった…。目は食べたいのに体が甘いものに弱くなってるなー。
b0031055_1742225.jpgb0031055_1743951.jpg


Toshi Yoroizuka
[PR]
by fumiko212 | 2008-03-19 14:49 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

Gramercy Tavern 母の日ランチ

NYで1度は行きたい豪華&オシャレランチ。迷った末に今回は前々から気になっていたGramercy Tavernを予約。金曜の1時半でしたが店内はガラガラ。予約必須というわけでもなさそうです。が、先日も書いた通り、今回は予約してよかった!な出来事がありました。色んな意味で、日本から行った一見客がちゃんともてなしてもらうにはやっぱり予約はした方がいいと思います。

予約はレストラン予約サイトOpen Tableから。ちなみに翌日の土曜日のランチは1週間前に検索した時点では満席でした。
Open Tableから予約するとコンファメーションのメールが届きます。Gramercy Tavernの場合は、このメールだけではダメで、「当日お昼の12時までにコンファメーションが必要」とコメントが着いていました。予約の電話番号は滞在先ホテルのものを、その他にフリーメッセージ欄があるので、そこに「ホテル名」と「5/3から滞在する旨」を書いておいたら、3日に部屋のボイスメールに予約確認のメッセージが残っていました。その電話に折り返して、コンファメーション完了です。
先日の記事にもちょっと書きましたが、このフリーメッセージ欄に「早めの母の日ランチ」であることも書いておきました。

b0031055_2181649.jpgb0031055_2183548.jpgさて当日。時間より少し遅れて到着。入口のホール(というのかな?)にはこんなナチュラルなアレンジメント(左)。もう一つドアを開けるとレセプション。ここにもこんな豪華なアレンジメント(右)。
店内もあちこちにワイルドなアレンジメントがたっぷりで必見です。トイレも忘れずに行きましょう!
b0031055_2192574.jpgレセプションの奥はカラフルな壁画のあるバーコーナー。このエリアがTavernです。
予約はDining roomを指定していたので、更に奥に進みます。
ちなみに案内係の女性、すごく感じよかった。好印象。
b0031055_2195246.jpgダイニングはこんな雰囲気。洗練された山小屋風とでも言えばいいのかな?想像していたイメージとはかなり違ったけど、不思議と落ち着くインテリアでした。ランプが鉄製のハンドメイド風でどれも素敵でした。
飲み物を頼んで、メニュー選びスタート。私達の席に着いてくれたサービス係の男性も最高に感じよくて、絶えず親切。よくわからずに料理をオーダーする展開には絶対にならないです。今思えばあの親切さは、母を連れていた効果もあったかも。年配の女性の威力は欧米では絶大ですよね。
さて、オーダーですが、ここはお勧めに従い、スリーコース・マーケット・メニューで。
前菜はこの2品から1つを選びます。
b0031055_21103643.jpgb0031055_21104998.jpg
左はツナとトマトソースのオレキエッテ。はっきり言ってマリオさんちより美味しかった。マリオさんちのパスタ、私にとってはちょっとソースの味が濃すぎる。前日のLupaでもそうだったので、ここの優しくかつフレッシュな味付けのパスタ、美味しかったです。右は冷製のホワイトアスパラガス。こちらも上品な味でした。
b0031055_21131432.jpgメインは2人とも仔牛の胸肉にしました。この他に魚も選べました。Braisedと書いてあったんだけど、辞書で調べると「油で炒めてからとろ火で蒸し煮にする。」とあります。炒めてから、って言う部分はちょっと違ってたと思うけど、皮はパリパリしてて、身はホロホロ、脂身がトロっと融けてて、豚の角煮の食感がイメージとしては近いかも。味はかなり薄めで、最後ちょっと付け合せなんかは飽きてしまったんですが、お肉自体が美味しかった。
デザートはこの2つ、またはソルベから選ぶか、デザートの替わりにチーズという選択肢もあります。ワインが残っていれば、1人はチーズ、1人はデザート、というのも良さそう。入ってくるときにチーズワゴンの横を通ったときにすごく美味しそうだったし!私たちはワインを飲んでいなかったので(今思えばもったいない!)2人ともデザートです。
b0031055_09473.jpgb0031055_0102636.jpg

左は私の。バターミルク・パンナコッタにルバーブのコンポートとピンク・グレープフルーツとストロベリー・ソルベが乗っているという、超私好みのデザート。見た目も可愛らしい。アメリカンサイズでかなりボリュームありました。パンナコッタはちょっと酸味があってさわやか。一番はこのルバーブ。私はパイとジャムしか食べたことがなかったので、このシャキシャキ感が残るコンポートに感激しました。右は母のアイスクリーム盛り合せ。しかし、デザート登場時のサプライズで興奮しすぎて、味見させてもらうの忘れました。キャラメルとバニラとあと一つはなんだったっけ?
b0031055_0145043.jpgここでサプライズ!予約時のメッセージがちゃんとお店に伝わっていました!母のデザートのお皿は"HAPPY MOTHER'S DAY!"のメッセージ付きで登場。もう、大興奮!サービスの方が母に向かって"HAPPY MOTHER'S DAY."と言ってくれました。他にもいろいろ言ってくれてたんだけど、感激しすぎてちゃんと聞いてなかった。(聞いてもわかんなかったかもしれないけど。)あ~、幸せだよ~。
実は母がイマイチ無反応だったので、「ママ意味わかってる?」と落ち着いてから聞いてみると「なんだかよくわかんなかった。」と。テーブルがちょっと高めなので、2枚重ねの下のお皿のメッセージが死角になってて良く見えていなかったのだとか。(笑!)改めて、サービスの方が席にいらしたときに必ずお礼を言うように、と命じて、しっかりとお礼の言葉を言ってもらいました。
b0031055_0231788.jpg最後に出てくるガトーです。胸もお腹も一杯で手をつけられなかったので、お持ち帰りにしてもらいました。お店を出るときに、クロークの方が渡してくださいました。スマートだー!
と、何から何まで気持ち良く、気分良く、最高のランチになりました。

Gramercy Tavern、絶対リピートします!1人だったらTavernでランチや夜軽く食べても大丈夫そう。楽しみだ~。
[PR]
by fumiko212 | 2006-05-16 00:09 | -NY food | Trackback | Comments(11)

食べ物で感じる春

食べ物が美味しい季節といえば秋ですが、3月生まれの私は春の食べ物が好きです。菜の花と空豆は大好物♪たらの芽の天ぷらとかグリーンピースご飯、たけのこの木の芽和え。普段は好きでも嫌いでもない存在のキャベツや玉ねぎも春キャベツ、新玉ねぎ、となると食欲倍増です。
春の最大の楽しみといえばコレ。苺とルバーブのパイです。昨年に続いて今年も母作です。ありがたや~。
写真を思いついた頃にはほとんど消費されていました。今年のパイは真っ赤に仕上がりました。素晴らしい!真っ赤に仕上げるコツは、季節の初めに出回る真っ赤なルバーブを見つけることです。季節が進むと、緑が強くなったルバーブに入れ替わってしまい、それだとここまで真っ赤には仕上がりません。
b0031055_1943644.jpgb0031055_19431667.jpg
b0031055_1942511.jpgルバーブと苺のジャム。更に真っ赤です。甘酸っぱさがたまりません。はっきり言って、サラベスのストロベリー&ルバーブのジャムよりこっちのが美味しいですよー。
最近はケーキ屋さんでもルバーブのタルトを見かけるようになりました。見つけたらぜひ食べてみてください!
[PR]
by fumiko212 | 2006-03-21 19:48 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

表参道ヒルズ見学

b0031055_2355232.jpgやっと行ってきました。表参道ヒルズ。先週の週中ごろの夜。意外とすいてました。なんだか伝わらない写真ばかりで…。
生まれて初めて表参道に行ったのは中学生の頃。当時まだアロマとかハーブという言葉はメジャーではなく、ポプリ屋さんとして行った「生活の木」、ペニーレインという喫茶店(カフェって言う言葉あったかな?)。その当時、私の中で憧れの大人の街、表参道を象徴していたのが同潤会アパートとセントラルアパートでした。セントラルアパートは外観しか見たことがないけど、同潤会はちょこっとのぞいたりしていましたね。あの古めかしい感じが好きでした。ファーマーズ・テーブルという雑貨屋さんがありましたよね。
ノスタルジーに浸りがちな私が唯一撮った外観写真は、当時の同潤会アパートを復元した同潤館のものでした。
b0031055_23553465.jpgb0031055_23554324.jpgノスタルジーを抜きにして、東日本の安藤建築好きにとっては、この表参道ヒルズ、安藤建築を身近に触れられる貴重な場所です。安藤さんのスベスベのコンクリートの感触が大好きなので、青山通り側の入口から入っていきながら、壁をすりすりとなでてしまいました。
本館の内部はこんな風に地下3階から地上3階までが吹き抜けになっています。吹き抜けは普通として、ちょっと違うのが、両脇のスロープがそれぞれ逆向きに交差しているところ。自分が何階にいるのかが時々わからなくなるような…。向かい側のお店に行くのがちょっと大変です。
天上には巨大なプロジェクターがぶら下がっていて、地下3階の床に木漏れ日や水が流れる様な映像を投影します。どこからともなく流れるヒーリングミュージックとアロマの香りで平日夜の疲れた身体を癒してくれました。
b0031055_23555213.jpgb0031055_2356175.jpg本館3階のジェラート屋さん「ジェラテリアバール ナチュラルビート」で食べた苺とルバーブのジェラート。レモンチェッロをかけて食べます。メレンゲがトロットかかっておいしかった。次回はクアトロ・フォルマッジョのジェラートに挑戦希望!食べている間も行列が途絶えることがなかったです。テイクアウトできるので、ここでジェラートを買って、レストランの順番待ちの列に並ぶ、というのがお勧めです。
その他に気になったお店
・デルフォニックス
渋谷パルコ1のB1にある文房具屋さん。パルコのお店よりも品数豊富です。
・マークスアンドウェブ
ハーブ系の香りのナチュラルなハンドソープやバスソルトなど。ハーブは1種類ではなく、数種類がブレンドされたオリジナルの香り。
・粋更キサラ
麻の小物やお香など、和の雑貨。紙のお香と錫の香立てのセットなんて素敵でした。
・タビヲ
靴下専門店。美しい5本指ソックスあり!
・タッシェン
安藤の巨大作品集あり。立ち読みしよう!買ってもいいかも?
・アマダナ
デザイン家電屋さん。家には似合わないけど…。

今回、見られなかったけれど、アート作品からデザインしたスイーツのお店があるらしい。草間弥生の水玉南瓜色したお菓子の写真を見て、とっても気になってます。
[PR]
by fumiko212 | 2006-03-01 00:22 | お出かけ | Trackback(1) | Comments(7)