タグ:ホリデーシーズン ( 56 ) タグの人気記事

クリスマスツリーに新人さん

b0031055_17283092.jpg

今年も無事にツリーを飾れました。
今年から新たに加わったオーナメントを特等席に飾りました。
2月に行ったベルリンで買ったものです。
ガイドブックに必ず出ている(JCBカードの特典もあり)1年中クリスマスグッズが買えるお店に行き買ってきました。お店の中心の吹き抜けになったところにに巨大なツリーがありグルグル回っているディズニーの地味目のアトラクションのような雰囲気の店内は本当にクリスマスのもので埋め尽くされていました。
まずは2体の天使の人形。憧れのメトロポリタン美術館のツリーの天使には及びませんが雰囲気は出ています。何よりドレスの色が既存のオーナメントのテーマカラーである赤、ゴールド、白と合っているのが嬉しかった。
そのオーナメントの赤ですが、よくある朱赤でなくボルドーとも違う、ルビー色といえばいいのか、とにかく変わった色なのでなかなかオーナメントを買いたせずにいたのですが、かなり近い色を見つけられました。赤地にゴールドの星が描かれているボール型のが今回買ったもの。そのお店には本当にたくさんのガラスボールが置いてあるのにこの深い赤はこの3つだけだったんです。最後の3個、サイズ違いでしたが買い占めました。
真ん中に写っているタッセルみたいなのもそこで買いました。こうやってツリーにかけるものなのかよくわからなかったんですがこれもロープの色がテーマカラーと合ったので。

新入りが増えてツリーの大きさに対してオーナメントが多すぎるようになったので、去年まで飾ったいた白い小鳥やゴールドのトナカイが今回はお休みになりました。それもあってちょっと大人っぽくなった気がします。

残念なのは背景が安っぽい本棚(しかも古い本が多いので茶色くくすんでる)でツリー全体の写真を人様にお見せできないことです。それでも写ってますが。。。

来年3歳になる姪に見せたら喜んでくれるかなあ?まだわからないかな?

[PR]
by fumiko212 | 2015-12-03 17:06 | -ベルリン(2015) | Trackback | Comments(0)

クリスマスの奇跡

カナダの航空会社が、ある便の搭乗客に搭乗口でサンタさんに欲しいものを言ってもらいます。
3時間のフライトを降りたお客さん達がバゲッジクレームで待っていると…。
素敵すぎるサプライズ!



欧米の会社、人々ってこういうの上手だよね。
日本の完璧なサービスに慣れてると海外でのラフなサービスにビックリすることもあるけど、たまにこういう感動があったりするからいいんだよね。
日本はクレームをなくすためのサービス、欧米は感動させるためのサービス、ていうのがその違いなのかな?もちろん、全部がそうじゃないんだけど。
[PR]
by fumiko212 | 2014-12-23 20:07 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

アドヴェントカレンダー

去年頑張って作ったので今年もよかったら見てください。

リンク先のツリーの数字をクリックするとニューヨークのクリスマスシーンが現れます。

アドヴェントカレンダー2012
[PR]
by fumiko212 | 2013-12-11 19:52 | ニューヨーク | Trackback | Comments(2)

Merry ChRHYTHMas!

年に一度のお楽しみ。ベルリンフィルのクリスマス・ファミリーコンサートが明日中継されます。
昨年は12人のチェリストたちによる"Cello Christmas"でしたが、今年はリズム隊が主役。6人にパーカショニストによる"Merry ChRHYTHMas"ですって!楽しそう~。
まずはこのトレイラーで気持ちを盛り上げましょう♪真冬のベルリンからジャングルへのトリップ。90人の子供たちも踊る!楽しみです。


[PR]
by fumiko212 | 2012-12-15 23:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アドベントクランツも

b0031055_17525015.jpg

かなりボサボサですが、今年はアドベントクランツも作りました。このためにニューヨークのグリーンマーケットで蜜蝋キャンドルを4本買っておいたのだ。日曜日毎に1本ずつ灯けるんだそうです。
b0031055_17525198.jpg

材料は100円ショップで買ったオアシスと庭の植物。ありものなので和洋折衷な感じですがまあ良い。今朝公園で姫りんごを拾ったので追加しよう。後は神社に行って松ぼっくりも拾いたい。しかしこれ以上ボーボーにするのもな〜。
[PR]
by fumiko212 | 2012-11-26 17:47 | -NY shopping | Trackback | Comments(0)

5番街パトロール その4 57丁目のスノーフレーク~ロックフェラーセンター

パトロール報告、最後は5番街のイルミネーションを。

57丁目のスノーフレーク。以前は毎年デザインが変わっていたように思うのですが、いつからか毎年同じになりました。(違ってたらすいません。)
b0031055_204727.jpg

ティファニーの57丁目側の入口付近から通りの向こう側に見えるモードな感じの女性のシルエット。ディオールのビルです。
b0031055_2035780.jpg

バーバリーは青いスノーフレーク。
b0031055_204349.jpg

左の大きなリボンはトミー・ヒルフィガー、右のベルトはフェンディ。フェンディのベルトは毎年同じで、アレンジがちょっとずつ変わります。今年はツララがかかってました。
b0031055_2044071.jpg

カルティエの赤いリボンも毎年同じですが、やはりアレンジが少しずつ変わります。
b0031055_2044939.jpg


今年はウィンドウのトリミングにカルティエの赤いボックス。
b0031055_2045841.jpg

b0031055_2045426.jpg

サックスのスノーフレークはイルミネーションではなくて光の投影に変わっていました。経費削減か…。ちょっと寂しい。
b0031055_205259.jpg

b0031055_205777.jpg

人垣、雪、水溜りを乗り越え、やっとゴールにたどり着きました。
b0031055_2051243.jpg

初めてロックフェラーのツリーを見たときからずいぶん長い時間が経ちましたが、相変わらずここには人であふれています。世界中からの旅行者、家族連れが嬉しそうに記念撮影しています。ここへは一人で来ると少しさびしくなってしまいます。
b0031055_2051718.jpg

スケートリンクは製氷中だったのか無人でした。

その後、ツリーの後ろを回って、6番街方面へ抜けました。ラジオシティや赤いオーナメントのオブジェもいつもどおりでしたが、よほど疲れていたらしく写真がありませんでした。ブライアント・パークまで行こうと6番街を南下しかけたものの、疲れがピークに達しているらしく意識が朦朧としていることに気付いて断念。ホテルへの帰路に着きました。

それでもまだこの長い1日は終わらない。Eleven Madison Parkのディナーが待っています。ですが、時系列のニューヨーク日記はひとまずここまで。
引き続きポツポツとニューヨークネタアップしますので、よろしくお付き合いください。
[PR]
by fumiko212 | 2011-01-30 20:40 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)

5番街パトロール その3 ヘンリ・ベンデル

次はヘンリベンデル!先ほど写真を選びながら気付いたんですが、私はここのウィンドウが一番好きかもしれない。メーシーズは別として。
ここのおしゃれさは他のお店とは一線を画してる。めちゃくちゃで荒唐無稽な感じが好きです。

まず入口から。ここはデパートというにはかなり小ぢんまりしてますので、メインの入口だからといって取り立ててきらびやかなことはないんですが、さりげなく素敵にしてあります。今では忘れ去られている白と茶のストライプ柄、やっぱりかわいい。あんなにド流行しなければ良かったのにな。
2004年の入口のリースも忘れられません。
b0031055_10322366.jpg

ツリーはウィンドウの中にきちきちに納まっています。反射でよく見えないけど、液晶画面がいくつも取り付けてあって、踊るバレリーナの映像が流れています。手作りっぽい女の子の人形やプレッツェルがぶら下がっていて、全然統一感がないのになぜか収まりは悪くないんですよね。白と茶のストライプのリボンが全体を引き締めてるからかな?こうやってリボンを巻きつけるツリーを作りたくて、リボンは買ってあるのにまだ実現していません。来年はチャレンジしようかな。
b0031055_1032327.jpg

今年のテーマはバレリーナ。ウィンドウの左のお姉さんはチュチュをはいてるんですよ。シャンデリアにはねずみがぶら下がってるのですが、このチュチュのお姉さんの左に大きなクルミ割り人形がいるんです。右のお菓子の家はちゃんとヘンリベンデルのビルの形をしていて、窓には白と茶のストライプクッキーが使われています。かわいい!
ここのウィンドウ、年末に行くと大きくSALEの文字のシールが貼られていて、このような写真になってしまうのが残念です。
b0031055_10323922.jpg

窓から中をのぞくと、バレリーナが天上から吊り下げられていて空中にフワフワと浮いているんです。
b0031055_10322633.jpg

ここはティファニーと違って店内のセキュリティがゆるそうだったので店内からも撮影してしまいました。
すごいシュール、、、このギリギリアウトな感じがヘンリベンデルらしくてやっぱり好きだ。笑
b0031055_10324345.jpg

最後はまたしてもウィンドウの隅に見つけたかわいいクリスマスグッズ。積み上げられたヘンリベンデルボックスとヘンリベンデル柄のセーターを着たワンちゃんのスノードーム。欲しい~。やっぱりおしゃれなヘンリベンデルなのでした。
b0031055_10324945.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2011-01-29 11:01 | ニューヨーク | Trackback | Comments(2)

5番街パトロール その2 ティファニー

次はティファニーのウィンドウをチェック!b0031055_10132431.jpgティファニー前はすごい人だかりで怯みますが、ウィンドーの前は意外と空いてる。
ティファニーのウィンドウは毎年「大人のファンタジー」を表現していますが、今年は懐かしさも加わって、誰もがつかの間子供の心を取り戻す、そんなクリスマスのシーズンの空気を感じるウィンドウデコレーションでした。バーグドーフのところでも書いた、紙を使ったクラフトが中心になっています。テーマは「おとぎ話」かなー?美しい活字で埋め尽くされた紙と本で作られたオブジェ、窓ガラスの縁を飾る雪の結晶、ティファニーブルーの小鳥、すべてが上品で少し懐かしさがあって、温かみも感じられる。
バーグドーフにしてもティファニーにしても、他のデパートやお店もそうですが、毎年テーマが変わっても、それぞれの個性はぶれてない。すごいなー。日本では、そういうお店ってあるかなあ。その年の流行でガラッと変わっちゃってる気がする。ミキモトのツリーとか、今でもつづいてるのか知らないけれど真っ赤な資生堂のツリーなんかがそれに該当するのかな。

b0031055_10215520.jpg

b0031055_1022032.jpg

b0031055_1022550.jpg

b0031055_10213610.jpg

b0031055_10214944.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2011-01-22 10:25 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)

5番街パトロール その1 バーグドーフのウィンドウ

METへの入場には時間が遅すぎたので、売店だけをササッとチェックして、さてどうしよう。夜の予定が入ってないのは今日だけだ、と気付いたので、去年できなかった暗くなってからの5番街をパトロールすることにした。
まずはバスで57丁目あたりまで南下することに。
バスの後部座席に座ったら、ドドっと睡魔が。NYのバスで寝落ちしてしまった、、、ハッと目を覚ますと、外はまだ暗闇。一体どのくらいの時間が経ったかわからないけど、きっと公園の横を通っているんだろう。時計を見ていなかったけど、どうも大渋滞でほとんど進んでいない様子。
こりゃ歩いたほうが早そうだ、と60丁目あたりで下車。昼にsさんから、プラザホテルの前は雪解けの水溜りとセントラルパークの馬車の馬のいろいろで恐ろしい状態だったという話を聞いていたのですが、自らそこを横断する道を選んでしまいました、、、真っ暗でよくわからなかったけど、気にしない気にしない。

早速58丁目側のショーウィンドウからチェック。
ここのウィンドウは迫力がありすぎてどこを見ていいのかわからなくなる。58丁目側はまだまだ規模が小さいのですが、それでもこの盛りっぷりです。
b0031055_22223023.jpg

この後5番街側のウィンドウの写真もアップしますが、バーグドーフのウィンドウのテーマは旅なのかな?ここでは地図モチーフに旅支度のようなファッション、後ろに積み上げたトランクも見えてます。
b0031055_22223551.jpg

次の2枚の写真は同じウィンドウです。ペーパークラフトといえばいいのかな、紙を何枚も重ねて巨大な動物の立体像を作り上げています。こんなアートが江戸川競艇場にあった。後日、別エントリで紹介しますけど、ティファニーも紙を使ったクラフトでウィンドウを飾っていました。ということで、Fumiko調べの今年のショーウィンドウの流行の素材は紙!決して素朴ではなく、洗練された紙使いです。
b0031055_22224255.jpg

b0031055_2222386.jpg

5番街側のウィンドウは相変わらずの大迫力。美術館のアート作品よりもよっぽど見応えがあります。
このウィンドウでは自動車の旅、というテーマなんじゃないかな。でも、現地では圧倒されすぎて後から写真を並べてみて初めて旅がテーマなのかな?と思った次第です。ピントが合ってなくてスイマセン。今回、デジカメが瀕死と認めざるを得ない状況で、5番街パトロール中もフル充電してあったにもかかわらずあっという間に電池切れのサインが出たり、あっためると消えたり、の繰り返しで。寒さのせいもあったと思いますが、ここぞというときにこの状況。焦りました。
b0031055_22274889.jpg

次の窓はペガサスに乗った女性。白だけのウィンドウです。空想の旅といったところか。
b0031055_22275326.jpg

こちらは宇宙への旅。グラムロックスターのような衣装をまとった女性が望遠鏡をのぞいています。
b0031055_2228034.jpg

こちらは帆船。船旅ですね。セーラーっぽいコスチューム。
b0031055_2228596.jpg


こちらは列車の旅。レイルロードの文字が見えます。
b0031055_22403533.jpg

最後は空の旅。飛行機、飛行船、気球と空の旅オールスターズ(?)が見えます。
b0031055_2228119.jpg

バーグドーフのウィンドウは不況どこ吹く風の華やかさ。バーグドーフがある5番街と57丁目の交差点は、東京でいえば銀座4丁目の和光か三越か、といったところだと思いますが、東京の状況と同じく、中国人観光客風の人が多かったのが印象に残っています。
[PR]
by fumiko212 | 2011-01-19 22:49 | ニューヨーク | Trackback | Comments(2)

トリニティチャーチでアート

あっという間の1週間の滞在。去年は帰りの飛行機で1日ごとの行動をザザーッと手帳に書きとめたんだけど、今年はその気力もなく帰ってきたので、写真を見返しながら時系列でブログをアップしてます。自分でも思い出しながら。いつも思いつくままにブログアップするので、私にしてはちょっと珍しいアップ方法なんです。なんてことはどうでもいいですね。

デニーロの店でごはんを食べたあとは、ニュージャージーに遠足に出かけるnさんとお別れして、sさんをお誘いしてブーレイベーカリーへ。明日の朝ごはん用にここのマフィンやパンを買えたらな、と思ったんです。ブーレイって通りを挟んでレストランとベーカリーがあるんですが、来るたびに雰囲気が変わってる。元々あったベーカリーが911でクローズしてしまい、長らくレストランだけで営業していましたが、その後ベーカリーが復活。ベーカリーは1階でパンやケーキを販売して2階はイートインコーナーというんでしょうか、食べられるようになってて、更にオープンキッチンがあって料理教室も開かれる、という環境が長らく続いていました。今は1階は工房スペースになっててその一角で販売もしている、というかなり縮小した感じでした。2階は今もあるみたいでしたけど、どうなってるんでしょう?未確認です。パンはクロワッサン系のものが中心で、レストランで出してたハードパンはほとんどなかった。ピスタチオパンとかサフラン入りのパンとか美味しかったのになあ。
オレンジマフィンとスコーンをゲットして、雪道をザクザクセンチュリーへ。ここでsさんともお別れして、各自買い物。私は大体何も買えずにスゴスゴ帰るパターンなんですが、今回は珍しくいろいろ買えて中満足。

今まであんまり思い入れなかったけど、このあたりの風景というのは、すごくニューヨークらしい景色の1つだな、と今回しみじみと感じました。雪があったからかな?
b0031055_13592.jpgb0031055_135936.jpg
何年か前に小鳥のツリーを見つけてから、なんとなく1度は足を運びたい場所になったトリニティチャーチ。ここまできたのだから、と寄ってみました。観光客がいっぱい。東洋人はいないけど。

イエス様誕生のジオラマは前に見たときよりもキラキラ度が増していたような、、、
b0031055_1481323.jpg

ありました!小鳥ツリー。はじめて見たときは夢中になって近づいて写真を撮ったけど、実はこの壇上には上がっちゃいけなかったんです。あの時は人がほとんどいない時間帯だったように記憶していて、誰にも何も言われず、翌年に、あれ?近づけない?と気付きました。スイマセン。
b0031055_149131.jpg

祭壇の奥の通路に入っていくと、「トリニティ・ミュージアム」という表示を見つけました。教会の歴史に関する展示でもあるのかな?と入っていくと、予想外に現代アートの展示でした。写真には写っていませんが、音の出る映像作品やキラキラしたメタリックな作品などもあって、プチMoMA風情。ニューヨークの教会らしいなあと嬉しい驚きでした。
b0031055_151427.jpg
教会らしく、ステンドグラス作品もありました。展示のためのステンドグラスではなく、実際に教会の窓になっています。
b0031055_151313.jpg

こちらは聖堂内部の回廊のステンドグラス。こういうシンプルなパターンのステンドグラスが好きです。百合の柄が規則的に並んでいます。
b0031055_1542984.jpg

教会の中は観光客でワサワサしていてもなんとなく空気が澄んでいるような神聖な気持ちになる場所です。写真をバチバチ撮って申し訳ないな、と思いつつ、信仰を伴っていないので「お祈り」というよりは、見せていただいてありがとうございます、という気持ちで手を合わせています。
b0031055_1553963.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2011-01-15 02:03 | -NY art & museum | Trackback | Comments(0)