ビスケット

b0031055_20385399.gif
この人形、見たことありますか?アメリカのPillsburyという会社のキャラクターのDoughboy君です。doughとは小麦粉に水を加えて練ったもののことで、この会社はオーブンに並べて焼くだけのパン生地メーカーみたいです。

b0031055_2105926.jpg今回の旅行で、親戚の家に泊めてもらっていたとき、従姉が朝食に出してくれたのがここのビスケットでした。筒状の紙パックを手でメリメリッとめくると、中からふわふわのビスケットの生地が出てきます。これをパイ皿に並べてオーブンで焼くだけでホッカホカのビスケットの出来上がりです。(従姉はひと手間かけて、オレンジ風味のソースをかけて焼いてくれました。)焼きたてのビスケットは外はカリカリ、中はしっとりで、いや、もう朝から幸せでした~。

翌日、トライベッカのBubby'sでおいしいと評判のビスケットが出てきました。従姉と私の感想は、「まあ普通だね。昨日の方がおいしかったね。」でした。

これ、日本にも売っているのかな?スーパーに探しに行ってみよう。
[PR]
# by fumiko212 | 2004-09-24 20:59 | -NY food | Trackback | Comments(6)

クロイスターズ(9月12日)

長年の懸案事項だったクロイスターズにやっと行くことができました。今回の旅のテーマの1つは「METをじっくり見る」だったので、やはりはずせないな、と行くことにしましたが、本当に行ってよかったです。

b0031055_11483992.jpgクロイスターズへは、地下鉄のAラインで最寄の190丁目の駅へ、そこからFort Tryon Parkを抜けていくと高台の上に中世の修道院風の建物が見えてきます。出発の直前にMontaさんからこの公園を絶対散歩しながら行くべき!とお勧めいただいてたので、その通りに歩き出しました。たまに高台に出ると対岸のニュージャージーの森が見えたりしてマンハッタンとは思えないのどかさ。日曜日だったので、芝生でキャッチボールをする父子とか、頭にちょこんと円い帽子を乗せたジューイッシュおじさんがベンチで読書てるところとか、なごみの風景も沢山で、写真撮りまくりました。

そして漸くクロイスターズに到着。入口の木の扉からして、雰囲気あります。
b0031055_12145750.jpg

b0031055_1152211.jpg

そして真っ先にクサの回廊へ。開館直後だったのでまだ人も少なく、周囲の聖母子像の彫刻などを眺めながらゆっくりと回廊を歩きました。
b0031055_11552683.jpg
b0031055_11561155.jpg

回廊の中心と壁際に2箇所の噴水があるのですが、そのチョロチョロと水の流れる音が回廊に響いていました。回廊の中にはは小さな花があちこちに咲き、教会らしくハーブも植えてあります。
b0031055_11595929.jpg
b0031055_1221339.jpg

そして、まわりの柱の大理石のピンク色がまた美しい!柱の彫刻も1本ずつ違っていて、いくら眺めていても飽きません。
b0031055_1244995.jpg
b0031055_1254576.jpg


こうしてかなり長い時間をここで過ごしてから、建物内部に戻り、一角獣のタペストリー、カンパンの部屋、クロイスターズの十字架などを見て回りました。1階に下りてもう1つの回廊に行ってみると、そこには緑色の実を沢山つけた木が植わっていました。何の実だろう?ザクロかな?
b0031055_1272935.jpg

更にもう1つの回廊に行ってみると、コーヒーの香が漂ってます。回廊の一部がカフェになってるんですね。しかし、これはちょっと興醒めだったなー。ここは移築した展示物としての修道院なんだな、と。急速にヨーロッパに行って本当の修道院を見て回りたい気持ちが高まりました。フィレンツェで行ったフラ・アンジェリコの受胎告知の壁画がある修道院を思い出していました。

気を取り直して、クロイスターズを去る前に、もう一度クサの回廊へ戻りました。お昼近くになりヨーロッパからの観光客風の若者たちが回廊の大理石に座って休んでます。気持ちよさそうだなーと真似して座ってみました。ピンクの大理石がひんやりして気持ちいい。おもむろに靴を脱ぎ、裸足で大理石の上に足を乗せてみました。ひやー、気持ちいい~。夏に来て良かった~。噴水の音に癒されながら、しばしボーっと至福の時を過ごしました。
[PR]
# by fumiko212 | 2004-09-24 12:16 | -NY art & museum | Trackback | Comments(3)

コネチカットの話(9月18日)

今回の旅行ではコネチカットに住む親戚の家を訪ねるのも大きな目的の1つだったので、まずはその話。

b0031055_1484049.jpgメトロノースのNew Haven Lineでグランドセントラルから約1時間。Greenwichという街に滞在しました。林に囲まれた古い道やこぢんまりした教会など、映画に出てくるような風景が広がる落ち着いた街でした。アメリカはNYとハワイしか知らなかった私には新鮮な感動です。
親戚の家のバックヤードには夏にはホタル、今の時期は鹿の親子やウサギが現れることもあるそうです。こんな話だけでも、もうウットリ。


b0031055_14154912.jpg子育てを通じて地域と係わっている様子は非常に興味深かったです。
一番ビックリしたのは子供の誕生日。クラス全員を招待してバースデイパーティーをするのが恒例なんだそうです。親戚の家ではボーリング場を借り切って、ピザやケーキ(カラフルなデコレーションのものをオーダーしておく)、来てくれた子に配る風船を用意して…、と日本では考えられないくらい派手(それがあちらでは普通)にやったそうです。(写真は子供達に大人気のスポンジボブのケーキ)

そんなわけでパーティーグッズの専門店に連れていってもらいました。今はハロウィングッズが満載で、子供の仮装用衣装のかわいいこと。で、ピローケースを持ってお菓子をもらいに行くんですね。子供にあげるお菓子を入れる器もいろいろありました。不気味な仕掛けがしてあって、小さい子なら泣いちゃいそうです。

コネチカットでは遊園地のように楽しいスーパーにも連れて行ってもらいました。ここの話は長くなりそうなので、また別で書きます。
[PR]
# by fumiko212 | 2004-09-23 14:27 | ニューヨーク | Trackback | Comments(6)

JFKからマンハッタンへ(9月9日)

毎回緊張する空港からマンハッタンへの移動。JFKは9年ぶりだったのでドッキドキでした。行きは節約したかったのでタクシーはなし。バス停をオドオド探しているすきに白タクに引っかかるのを恐れて、表示が沢山出ていてわかりやすいというエアトレインで行くことにしました。

エアトレインに関してはある程度情報を得られていたので、かなり戸惑いは少なかったですが、それでもジャマイカ駅の乗換えでエアトレインの駅から地下鉄の駅までしばらく歩かなくてはならないことや、アンリミテッドのカードは地下鉄の駅の方でしか買えないことなど、その場でわかったことも多かったです。
後から、現地在住の親戚にこの経路のことを話したら、ジャマイカ駅なんて僕でも1度もいったことない場所だよ、と少々驚かれてしまいました。治安に対する意識って、やはり旅行者よりも在住者の方が高いんでしょうか。
確かに駅の間の移動のときちょっと居心地が悪かったので、この経路は午後便のときは辞めた方がいいかもな、と感じました。でも、概ね快調に移動できたので今回は満足です。
[PR]
# by fumiko212 | 2004-09-23 03:07 | ニューヨーク | Trackback | Comments(3)

元気に帰ってきました

昨日、3年半ぶりのNYから帰ってきました。
今日からここに、この旅の記録を少しずつ残していこうと思います。

3年半前、まだツインタワーのあったNYで2週間過ごしてから、ずーっと思い続けていたNYに再び降り立てた喜びといったら!雨上がりで大きな水溜りが残るJFKに飛行機が近づくのを窓から眺めながら自分でもビックリするくらい興奮してました。第一関門の入国審査も無事通過して、NY第1日目の始まりです。
[PR]
# by fumiko212 | 2004-09-23 02:43 | ニューヨーク | Trackback | Comments(4)