<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

嫌いなものに近づかない方法

羽生君のフリーの演技を今日の再放送でじっくり見ました。昨日は見てなかったから。
素晴らしかったですね〜。鳥肌たちました。感動しました。音楽や衣装も羽生君に合ってましたね。持っているはずのない剣や背景が見えるようでした。会場の空気がガラリと変わりましたよね。全体が明るいのにスポットライトを浴びているようで。
毎日、こういういいものばかり見ながら暮らせたらどんなにいいでしょうね。

実際はそうはいかないのが現実です。なのでなるべく近づかないようにしたいと思ってます。

まず、ニュースは見ないようにしています。朝は時計代わりにEテレです。少し前に三谷さんが新聞のコラムに書いていた6時半〜7時の番組、私は震災後の頃から見ています。今は「にほんごであそぼ」「0655」が面白い。少し間が空きますが7:25の「デザインあ」もいいです。
それでも気になるテロのニュースは7時からBS1で見たりしました。後は知りたければ新聞で十分。

もう一つ嫌いなのが、Facebookで誰かがシェアしたりいいねしたりで表示されるものの中で、社会への問題提起とかそういうもの。結構頻出します。暇に任せてつい読んじゃうのはなんでなんだろう?シェアやいいねは出てこない設定とかあるのかしら?よくわからないからシェアやいいねが多い人は非表示にしてます。

ネット上やマスコミで優勢と見える意見てなんかずれてるというか実社会を全然反映してないような気がするのです。NHKのツイッターの担当の人の本を読んだ時にそのことが書いてありました。はやぶさの中継をしなかったことでタイムラインが炎上してしまったエピソードです。担当さんが電話の問い合わせもさぞ多かったのだろうと担当部署に聞きに行くと、はやぶさに関しては1件もないかあっても数件だかだったという話。

先日、NHKでドナルド・キーンさんの特集番組を見ました。その中でのキーンさんの言葉。太平洋戦争に関する場面だったと思いますが「日本人は熱狂しやすいところがある」と。私が特に震災以降、マスコミの加熱報道みたいなものやネットの炎上、バッシングなどで感じていた日本人の怖さをよく言い表していて背筋が寒くなりました。熱狂しやすいというのは日本人の習性なんだということはもはや明確です。

日本でもしISによるテロが起こったら?熱狂しやすい日本人はとんでもない選択をしてしまうのではないか?

先ほどのキーンさんの話に戻りますが、戦争中の谷崎潤一郎の日記を読んだキーンさんが谷崎が戦争中も世論に迎合していなかったことを知るエピソードがありました。熱狂の渦に惑わされない冷静な心。かっこいいです。

9月まで再放送していた「あまちゃん」の中のキョンキョンのセリフ。
ユイちゃんを東京に行かせた方がいいか、行かせない方がいいかと噂する男どもに「どーーーでもいい。つか、関わりたくない。」
ユイちゃんの歌唱指導中の弥生さん(渡辺えりさん)が「もう少し優しく教えてあげてください」と言われて一喝「うるせー!ここはオラの独壇場だ!」
どっちも好きなんだよな〜。

話があっちこっちになりました。
嫌いなものは勝手に近づいてきたり、生活に入り込んでくる、という特性があるようなので、意識的に近づかないようにするのが肝要だと思う今日この頃、というお話でした。
[PR]
by fumiko212 | 2015-11-30 01:07 | Trackback | Comments(0)

もうすぐ12月

今年は早かったです。思い起こすといろいろあって長かったんですが、もうほとんど終わったようなものですよ。いいことです。
毎年、年末年始の休みだけを楽しみに生きているので、1月が終わると1/12経過、2月に1/6、3月に1/4…と指折り数えて年末を待ちわびています。それも後1ヶ月。ぐふふふ。

明日は米国は感謝祭です。私が初めてニューヨークに行ったのが確か95年の感謝祭の日でした。あれから20年かあ…。

今週末はクリスマスツリーを出して、2月にベルリンで新たに買い足したオーナメントを飾るのです。楽しみです。

そして中旬には青山円形劇場から場所を横浜赤レンガ倉庫に移して上演されるア・ラ・カルトがあります。これも20年続く年末の楽しみです。

面倒なことや詰まらんことや辛いことが多いのが日常生活だとすれば、その中でキラッと光るものが年末の休みなんです。今の勤め先はたった4日しか休みがないのがかなり残念ですが、今年は自分で長くしました。すいません、すいません。あと1ヶ月。無事に過ぎてくれ〜。
[PR]
by fumiko212 | 2015-11-25 20:14 | Trackback | Comments(0)

I say a little prayer

昨日、この曲が聴きたくなって、一番聞きたかったこのバージョンを見つけて今日は電車の中でずーっと見て、聴いてました。
この映画のこのシーン、すごく好きなんです。幸せな気分になる。


[PR]
by fumiko212 | 2015-11-16 23:23 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(0)

灯りを点すか、消すか。何を歌うか。

パリで恐ろしいテロのあった翌日、Facebookの私のフィードにはこの出来事に関するあらゆる人や団体のコメントや写真が並びました。
プロフィール写真も瞬く間にトリコロールに染まりました。

私が個人的にテロの脅威を最初に感じたのは2001年の同時多発テロでした。その後、いろいろなニュースが飛び交う中で、アメリカのどこかのラジオ局でジョン・レノンのイマジンの放送が禁止(自粛かもしれない)されたと聞き、そこにこれから始まる不穏な世界の空気を感じてとても嫌な気持ちになったことを覚えています。

今回もそれは同じで、プロフィール写真のトリコロールカラーを素直に受け入れられない気持ちがあります。「パリ市民の安全と平和を願う」と書いてあり、それはもちろんそうなんだけど、パリと地域が限定されていることに違和感を感じたんです。もちろんそこにはお見舞いの気持ちが入っているのはわかるのですが…。

昨夜は東京タワーがトリコロールカラーにライトアップされたとニュースでやっていました。わが町、駒沢公園の記念塔も昨夜からトリコロールカラーなのだとか。
それを見て、やはりしっくりこないものを感じています。下の写真はフォローしているエンパイアステートビルのアカウントからの写真です。テロのあった日の夜、その翌日とライトアップの灯りは消されました。さらにその翌日、エッフェル塔に倣って今夜から再び灯りをともします、とシンプルな色のないライトが灯されました。私がしっくりきたのはこっちでした。
b0031055_01440280.jpg

b0031055_01440234.jpg



ベルリンフィルのアカウントには、翌日の夜、ウィーンでのベートーベンの交響曲第九番の演奏会において黙祷がか捧げられたこと、その際のサイモン・ラトルのメッセージが掲載されていました。

Alle Menschen werden Brüder
すべての人々は兄弟になる

第4楽章で何度も歌われる歌詞を紹介し、「今日こそこの言葉を聞くべき日です。」と観客に語りかけたそうです。

一方、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場では出演者によるフランス国歌の大合唱があったそうです。フランス国歌といえば軍歌のようなかなり勇ましい歌詞だったと記憶しています。

私がいいなと思ったのは前者です。もちろん、後者も傷ついたフランスの人たちの心を元気付けたに違いないとはわかります。

ここからは私が昨日の朝Facebookに書いたことです。
b0031055_01460109.jpg


昨夜投稿したこの写真。ニキ・ド・サンファルのブッダです。この展示エリアにはブッダだけでなく、ヒンドゥー教のガネーシャ、古代エジプトのカバの姿をしたトリエスなど多様な信仰をモチーフにした作品が並び、その全てを受け入れる教会も展示されていました。
昨年パリで多くの人を集めたというニキの展覧会。
元々予定していたニキ展の鑑賞が昨夜だった、という偶然。
ニキが理想とした多神教をすんなりと受け入れる世界が訪れる日を諦めたくない。

[PR]
by fumiko212 | 2015-11-16 12:41 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

本を読んでない…

読むときは読むけど読まないときは全然読まない。
本は図書館で借りて読むもの、と思ってるので、いつ読めるかは図書館任せ。延々と待った本が一気に届いて読み切れずに返すこともしばしばあります。

昨日だったかな?ニュースで、図書館の集まりに出席したどこかの出版社の人が、新刊本を1年は貸し出さないでほしい、と要望していました。本が売れないのは図書館のせいだとでも言いたかったのかな?
本は図書館で借りる派の私に言わせれば、1年間借りれなければ買う、という発想はないな〜。人気の本は発売後すぐに予約しても読めるのは1年後というのがザラだし、元々いつか読めればいいやと思って予約してる。
ならばどんな本なら買うのかといえば、書き込みしたい旅行のガイドブック、図書館で読んで気に入って手元に置いて読み返したい本、くらいです。
ケチで申し訳ないけど、ちょっと読んでみたい程度の本をあれもこれも買えるほど経済力ないし、1度読むだけなら今後もやっぱり借りて読みます。
そんなわけで、図書館で本を借りる人みんながそうとは言わないけど、1年間貸し出さなくてもそれで本が売れるようになるとは思えないな〜。大きな会社の人って何もわかってないな〜。と思ったニュースでした。
[PR]
by fumiko212 | 2015-11-13 21:44 | 本・雑誌 | Trackback | Comments(0)