<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1人の人間が亡くなるということ

b0031055_20421061.jpg

今朝、私のfacebookのフィードはこの方の写真(どれもいい写真でした。)とささげられた哀悼の言葉に埋め尽くされていました。
日本時間では昨夜入ったニュースでしたが、その後、続々とヨーロッパ、アメリカのオーケストラ、音楽家から投稿されたものでした。

朝の通勤電車の中で一つ一つ読みながら、1人の人が亡くなったことで失われるものについて考えました。
偉大な音楽家の訃報を聞いたとき誰もが思うのは、彼の生み出す新たな音楽を聴くことは二度とできないのだ、という事実。昨夜、多くの音楽ファンが感じたことだと思います。
けれど、同業者である音楽家から発せられた哀悼の言葉を読み進めるうちに、そのような事実を超えて失われたものの大きさがひしひしと伝わってきました。
偉大な音楽家であればあるほど、その人生を音楽にささげて生きてきたはずです。その人生のすべてをかけて取り組んだ末にその人の中に蓄積された音楽世界のすべてが失われてしまうのです。弟子のような存在の人がいたとしても、才能あふれる後継者と目される人がいたとしても、そのすべてを受け継ぐことはできません。どんなに技術が発達してもすべては一代限りのものなのです。

そうして失われたものの大きさを実感しながら、同時に遺していったものの大きさも感じていました。
数年前に、第三舞台の最終公演を見に行ったとき、鴻上尚史さんが書いたあいさつ文のようなものが観客に配られました。その中で、「新作を必ず見に来てくれた筑紫哲也さんに見てもらえず残念だ。けれど、生前も頻繁に会えていたわけではなく、当時も今も変わらず、自分は心の中で筑紫さんに話しかけている。」というような記述があったように記憶しています。
今朝、ゆかりのある音楽家たちからマエストロ・アバドにささげられた言葉を読むうちに、そのことを思い出したのです。彼らは、この先も、ふとした時にそうしてマエストロに話しかけ続けるのだろうな、と感じました。彼が今日の演奏を聴いたら何と言っただろうか、と。

音楽ファンである私たちがその演奏を聴くとき、間接的に、その遺していったものを受け取ることになるのだと思います。
偉大な音楽家の業績は決して一代限りでは終わらないのです。
[PR]
by fumiko212 | 2014-01-21 21:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

今日まで松の内ですからこの書き出しでも良いですね?(^^;;
月に1回は何とか更新を続けているこのブログ、今年こそもう少し頻繁に更新したいと思っています。
しかし、2年続けて年賀状も書いていない私にこの誓いはきっと守れないと思います。

この年末年始は完全に引きこもりでした。唯一のお出かけは毎年恒例の七福神巡り。今年は門前仲町の富岡八幡宮をゴールとする深川七福神を曇天の空の下、寒風に耐えながら巡りました。
完成した色紙は今年1年を見守ってくれることでしょう。
b0031055_17561853.jpg


お疲れ様会は深川めし屋で。アサリの炊き込みごはんのせいろ蒸し。あったまりました。
b0031055_17562055.jpg


思えばこのメンバーで七福神巡りを始めたのは2006年のことでした。その時のエントリは2006年1月にあります。
その後もほぼ毎年開催されている七福神巡り。私はニューヨークに行っていない年は参加しているはずです。

これは去年の日本橋七福神の色紙。この時も寒かった。
b0031055_17562250.jpg


そしてもう一つ、多分2009年じゃないかと思うのですが、亀戸七福神も巡りました。この時は江戸東京博物館で篤姫展を見たり、勝海舟生誕の地の碑を見たりもしました。
昨日の深川もそうでしたが、下町を歩いていると住宅街にひょっこり歴史上の人物ゆかりの碑があったりするのが面白いです。

私が行けてない年にみんなが行ったのは谷中七福神、港七福神。
検索すると七福神は都内のあちこちにあるようですので、この先も行き先に困ることはなさそう。但し、場所によってはかなり広範囲に七福神が散らばっているコースもあるのです。みんなの脚力が衰えない内に、健脚を要求される浅草七福神を巡っておかねばなりません。来年あたり、行ってしまおうと話しましたが、行けるかどうか、乞うご期待です。
[PR]
by fumiko212 | 2014-01-07 17:33 | Trackback | Comments(0)