<   2012年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

観てます!オリンピック

眠気に逆らえない体質なので毎度毎度ライブで見られないことの多いオリンピック。今回も肝心なところで寝落ちしていることばかりなのですが、それでも楽しんでます。
一つ前のエントリでアナログで楽しむ宣言していたのですが、NHKのライブストリーミングというのがあるのを知り、さらにほぼ日の「観たぞ」と連動してツイッターに#mitazoという便利なハッシュタグがあることを知って、iPhone片手の観戦スタイルが定着しつつあります。

昨夜は柔道、卓球、男子体操、総合馬術あたりをうろついていました。この総合馬術、3日間に渡って行われるそうなのですが、初日の成績で暫定1位が日本人騎手だったのです。何でもっと大騒ぎにならないのか?と疑問視しつつどんな競技なのかとネットをグルグルして勉強しました。

馬術といえば日本選手団最高齢の法華津さんが話題になっていましたが、他にも日本人騎手がたくさん出ていたのですね。(にわかファンですからこういった基本的なことを知らないのです。)

私がイメージする馬術の競技風景といえば、砂場のような馬場に高飛びのように引っかかるとポロッと落ちる障害物がポツポツと置かれ、そこを人馬一体となって華麗に飛び越える競技。ウィキペディアによるとこれはオリンピックに3種目ある馬術競技のうちの1つ、障害飛越競技というものでした。
総合馬術とは馬場馬術、クロスカントリー、障害飛越競技の3種目を3日間に渡って行う競技で、初日の馬場馬術が終わった時点で日本の大岩選手が暫定1位だったのです。これも付け焼刃の知識ですが、馬場馬術は単独競技としてもある(法華津さんが出場するのがこの種目)のですが、総合馬術における馬場馬術は単独競技版とは性格が違い、翌日のクロスカントリーを前に馬の調教状態を審査するような性格のものなのだそうです。かつてのフィギュアスケートの規定のようなイメージでしょうか。(詳しい総合馬術の解説はこちら。)

前置きが長くなりましたが、昨日行われたのが総合馬術のメイン種目とも言えるクロスカントリー。スキーのクロスカントリーをイメージすれば容易に想像できますが、馬場ではなく緑の芝生に覆われた林の中を駆け抜ける競技です。スキーと違うのはコース上には無数の障害物、水場などが設けられているところ。障害物は馬場での障害と違って馬の脚が当たってもポロッと落ちてくれない。つまずけばそのまま転倒、落馬、失格となってしまう1発勝負のレースなのです。(レースといっても一騎ずつの走行です。)そんな危険な障害物だけどデザインは楽しい。昨日、iPhoneでレースを見ながら何枚か写真を撮ったのでアップすると、、、

チェス盤型障害物
b0031055_18124180.jpg

月の形の障害物
b0031055_18124168.jpg

などなど、ひとつひとつ凝っています。
これらの障害物、馬が飛び越えにくそうな微妙な間隔で置かれていたり、水場の中にもあったりして、落馬や一度で飛び越えられずに少し戻って飛び直すシーンも頻繁に見受けられました。
最終的に大岩選手は失格となってしまったようで(他の競技を見ていて肝心の大岩選手を見られていないのです。汗)残念ですが、馬がひとつひとつ障害を飛び越え、池の中に入り、高い段差や急斜面を注意深く降りる姿には胸を打たれました。なんて賢い。国に関係なく全部の馬を応援してしまいます。

水場に入ると馬の足取りは少し重くなります。それでも船の形の障害物などを飛び越えて進みます。
b0031055_18124271.jpg

ここの段差の前では馬も少し立ち止まってしまうのです。怖いよう~って言ってるみたいで胸が痛みます。
b0031055_18124259.jpg


この競技、私ははじめて知ったのですが、王室からエリザベス女王のお孫さんのザラ・フィリップスさんがイギリス代表で出場していたのだそうで、知っている方はよう知っているのでしょうね。私は王族の方々が観戦してるのが映った時に#mitazoで知りました。で、出走順をロンドンオリンピックアプリでチェックしてバッチリレースも見ることができました。
何だかゴツく見えると思いますが、落馬の危険があるのでアメフト選手のようなプロテクターをつけているのです。
b0031055_18124124.jpg

観戦中のいとこさん達。
b0031055_18124241.jpg

彼女の人気は絶大で、コースを埋める人たちは大歓声でした。
b0031055_1832502.jpg


こんな素敵な馬術のクロスカントリー、見たがりやりたがりの私は早速乗馬体験できる施設を検索してしまいました。確か小淵沢って乗馬が盛んだったよね、、、と。乗馬クラブがいくつか出てきましたよ。さらにはクロスカントリーレースも開催されることがあるようで、まずは観戦からかな?近場では世田谷の馬事公苑に行くという手も。馬に夢中だ。

乗馬のことばっかり書きましたが、昨日は女子柔道の金メダルに泣き、男子の決勝でハラハラし、連続失点で追い詰められた愛ちゃんの表情に胸を痛め、体操男子で最後の鞍馬で寝落ちしことを悔しがり(ラジオを聴いていた母が「大変なことが起こったみたい」とテレビを見に来て、テレビの前で寝落ちしていた私を発見。)、今朝は水泳の3つの銅メダルを知って早起きしなかった自分を呪い、と大忙しでした。そうこうしている内にまた今日の競技が始まってます。あー、今夜もテレビの前から動けない~。
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-31 18:59 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

オリンピック直前!

あと5時間半で始まります!
先行の男女サッカーの好発進で日本チーム全体が盛り上がるといいな♪
さっきまでやってた直前情報で刈谷さんが解説員になっていたことを知りました。もう刈谷さんの実況は聞けないのか…。
そして一番心配なのは、ほぼ日永田さんの体力だ。笑
今回のオリンピックはSNSが盛り上がると予想されているそうですが、私は時代に逆行してアナログに楽しみたいと思います!今日は早寝だ〜。
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-27 22:52 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

梅雨の終わりのあんず祭り

7月10日頃を目安に果物屋に杏を買いに行く。
大粒で完熟してるのが手に入った。
b0031055_310855.jpg

半分はタルトに。見た目が悪いのはグレイズドのブラウンシュガーがライトであるべきところをダークを使っているから。味は良いのだけど…。ちなみにレシピはNYのグリーンマーケットレシピブックから。
b0031055_310932.jpg

残りはジャムに。皮付き4つ割でさっと煮のジャム。
b0031055_3101071.jpg

杏仁も取り出してジャムの香り漬けに少し。でもあまり感じなかった。
b0031055_3101070.jpg

残りの杏仁は杏仁豆腐に。これは大成功!本物の香りは優しい。寒天は天草から煮てます。2回目の方を使用。
杏仁は薄皮がついたままひたひたの水でさっと茹で。薄皮を剥いて茹でたお湯に戻しミキサー。茶漉しで越して牛乳を足す。衛生を考えてもう一度沸騰させないくらいに火を通し砂糖を溶かす。寒天液と1対1で合わせて冷蔵庫へ。
b0031055_3101199.jpg

もう一度杏を買ってタルトリベンジ。味も良くて見た目も良いタルトにしたかった。今度はSOHOのタルト屋さんOnce upon a tartのレシピブックを参照。今度のグレイズドは自家製ジャム。ツヤツヤでべっぴんさんに仕上がった。(^^)
b0031055_3101173.jpg

最後の最後にタルトに入りきらなかった杏をバターでソテー。
b0031055_3101211.jpg

年に一度のあんず祭り、大満足。
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-20 03:07 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

今年の梅

今年も来ました、この季節!
b0031055_231143.jpg

b0031055_231151.jpg

b0031055_2311580.jpg

6月に伸び放題になった梅の枝を板ノコでぶった切りつつ大収穫。10キロの梅+地面に落ちて割れた梅が5キロほど。
b0031055_2311558.jpg

春に蒔いた赤紫蘇も何とか間に合った。(不足分は購入。)
b0031055_2311667.jpg

割れた梅は一回冷凍して7割の砂糖で砂糖漬けに。あがったシロップは一度煮たててアク取り。梅を戻して冷蔵庫へ。
b0031055_2311616.jpg

シロップ漬けの梅はシワシワになる前のを日々のおやつに。甘酸っぱくて美味しい!(梅がシワシワになった方がシロップは美味しいらしいが待ちきれず大半を食べてしまった。)シロップは水で薄めてジュース。炭酸水メーカーが欲しいよう。
b0031055_2311694.jpg

明日から涼しいらしく土用干しは1日だけで一旦ストップ。梅干しとゆかりの完成はもう少し先だ。

ちなみに私は収穫と梅モミモミ&干し担当。f^_^;)
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-20 02:14 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

NYで食べたもの~METのバーでアペリティフ~

ニューヨークで一人で安心してお酒を飲めるバーといえば私はここしか思いつかない。まあ、ホテルのバーとかレストランのバーとかでもいいのでしょうけれど気後れせずにリラックスできて安全で(今はどこでも安全なのか?)というとここだけ。メトロポリタン美術館のグレートホール・バルコニー・バーです。夏場は屋上のバーも有名ですが、あっちは人が多くてあまりリラックスできなかった記憶があります。
はじめて行った頃はグラスワインとビールくらいしかなく、食べ物は湿気たクラッカーだけというシャビーさだったけど、今ではカクテルも豊富でちょっとしたアペリティフが楽しめるメニューに一新されており益々使い勝手が良くなっています。昔から変わらずピアノや弦楽の生演奏も入っています。
名前に惹かれてメトロポリタン・マティーニを頼んだらこんなにきれいなピンクのカクテルが登場。それにしてもNYのカクテルグラスは何でこんなにデカいんだ。おかげでこの1杯で酔っ払ってしまった。(帰りのバス停でフラフラしている自分に気付いた…。)でも最終日だし美味しかったからいいか。
b0031055_2314463.jpg

1杯飲んだら夕食を食べに行こうと思っていたけどフードメニューがどれも美味しそうなのでパテを頼みました。予想外に美しい一皿がやってきて、思いがけず一人アペリティフの会になりました。
b0031055_2324577.jpg

NYで食べたものの写真は以上。ご馳走様でした。
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-16 23:28 | -NY foods | Trackback | Comments(0)

NYで食べたもの~塩キャラメルアップルパイ@Four & Twenty Blackbirds

Salted Caramel Apple Pieがスペシャリテだというブルックリンのカフェへ。ちょっと辺鄙な場所(ブルックリンのどこが辺鄙なのかよくわかっていませんが、、、)でこのお店のためにそこへ行くという感じだったのですが、地下鉄の間違い(今回多かったなー)が奏功して行けました。行って良かった!
まずのんびりしたお店の雰囲気がいい。黒板にいろんなパイやランチメニューが書いてあるけど、ここは当然塩キャラメルアップルパイをオーダー。それとカフェラテ。
b0031055_2252679.jpg

アップルパイはかなり甘さ控えめ。今思い出すと塩キャラメルをそんなに感じなかった気が…。当日の日記にも書いたけど、自分基準ではTWO LITTLE RED HENSのアップルパイのほうが美味しかった。日本では「甘さ控えめ」がスイーツの褒め言葉になって久しいけど、NYでもようやくそうなってきたのですね。しかし甘くないクリームを添えるならパイはもう少し甘いほうが美味しいと思うんだけどなー。
でもまたここに来たいと思ったのはお店の雰囲気もさることながら、乳製品(パイに添えられたクリームやカフェラテのミルク)が美味しかったから。TWO LITTLE~のパイにここのクリームを添えたい。どこの製品だったんだろう?次回はカウンターの中の紙パックに目を凝らしてこよう。(次回、次回、って書いてるけどいつ行けるのかなあ。)

あ、それともうひとつ、このお店の角を曲がった隣にブリュワリー兼レストランみたいなところがあってそこも気になったことをメモしておこう。
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-16 23:07 | -NY foods | Trackback | Comments(0)

NYで食べたもの~夜中までやってるローストチキン屋さん~

お昼がスープとパンだけだったから夜はどこかに食べに行こうと思っていたこの日、旅の疲れもたまってきてちょっとのつもりが10時過ぎまで寝てしまった。このまま適当な残りもので済ますと悲しいのでホテルから1ブロックほどのところにあるローストチキン屋さんに走りました。10時過ぎても子づれ家族もいたりして店内はにぎわっています。確か2時頃までやっていると出ていたと記憶。stayの客とTo goの客、さらにはデリバリーのスタッフも入り乱れてカウンターの前はかなりの混沌状態。To goはできてもいちいち呼んでくれないみたいで自分の番号が付いた袋がカウンターに載っていたので勝手に持って帰ってきました。ハーフサイズのチキンにはピタパンとサルサが付いてきます。サラダ付きのセットもあるけどチキンだけにしました。こうして野菜不足になっていくのだな。
b0031055_22313154.jpg

回転がいいのでこの時間でも焼きたて。香ばしくて美味しかった。ももと手羽をあらかた平らげ胸肉部分は翌日もう一度グリーンマーケットでサラダ用の葉モノを買ってサラダの具になりました。

お店の場所はアムステルダムと74~6丁目辺りの南東の角です。店名は忘れてしまった。
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-16 22:40 | -NY foods | Trackback | Comments(0)

NYで食べたもの~スープなど~

時系列にアップしている食べたもの編ですが、日程が進むにつれて外食が減ってます。日本でもあまり外食をしないから旅先で外食が続くと胃腸にも精神的にも疲れがたまってきます。私の場合、胃腸の疲れと比例して口の中が口内炎だらけになっていくので食べること自体が辛くなってくる。今回は出発前日に風邪をひいてしまって前半抗生剤を飲んでいたのもよくなかった。食メインの旅をしているのに情けない。
それと、アジア以外だと汁物が少ないのも辛い。以前、NYに従姉が住んでいた頃、旅の後半に合流して「何食べたい?」と聞かれて「しっとりしたもの」と答えたことがありました。米が主食の日本人はそもそも主食で水分をいっぱい摂っているのだなあと実感。
そんな私がNYで毎度お世話になるのがスープ。90年代の終わりごろスープ専門店が流行ってからあちこちで飲めるようになりました。(しっとりした食事対策としてはコリアンを間に挟むのもよいですが今回は行けなかった。)

b0031055_2210431.jpgこれはホールフーズのデリで買ったチキンヌードルじゃなくチキン&ライスのスープ。パスタの代わりにごはんが入ってます。ホッとする味だった。
b0031055_22115590.jpgMETのカフェにもスープがありました。チャウダー系。結構美味しかった。
外で飲んだのはこれだけでしたが、部屋食用にインスタント卵スープも持っていってそこそこ消費しました。


b0031055_22131166.jpgスープとはまったく関係ないけどコーヒーの写真。実はこの紙コップのコーヒーをはじめて買いました。今も現役で使っているカフェ、どこかというとPS1の中のカフェでした。

[PR]
by fumiko212 | 2012-07-16 22:26 | -NY foods | Trackback | Comments(0)

NYで食べたもの~TWO LITTLE RED HENSでスイーツあれこれ~

出発前にアタフタとCUBE NYをチェックしていたらカップケーキ特集にもパイ特集にも出てきたこのお店。アッパーイーストの結構イースト寄りという行きづらい場所だったうえに、一度近くまで行ったのに見つけられずにスゴスゴ帰るという失敗もありつつやっとの思いでありついたお菓子たち。(ちなみにお店は見つけにくいことはまったくなく、私が疲れすぎてて隣のお店と一体となっていると勘違いして見過ごしただけです。住所どおりの場所にちゃんとあります。)

買ったのはこの3つ。アップルパイ、レッドヴェルベットのカップケーキ、キャロットケーキのミニサイズ(紙コップの中)。いやもうどれもめちゃめちゃ美味しかったです。手前のアップルパイ。甘さが程よく、スパイスも適度でした。パイの表面にザラメを振りかけてあるのでカリカリと美味しい食感。焼きたてだったようで底側のパイもサクサクで美味しかった!
b0031055_13565070.jpg

レッドヴェルベットというカップケーキの名前を今回初めて認識しました。この人口着色料たっぷりであろう真っ赤なケーキにクリームチーズフロストがどさっと乗っている見た目。なんとなく見覚えはあるけどきっと歯が溶けそうに甘いんだろうな、とついつい敬遠してしまいがちでした。でもCUBE NYによるとここのは同じスポンジ&フロストでホールケーキも売っているほどの人気商品なのだとか。さらに、この赤い色、元々はルバーブで色づけるのが正式なんだそうで(このお店がそうしているとは書いてない。)でなんとなく食べてみたくなってきた。
結果は大正解!程よい甘さでしっとりふわふわのスポンジと軽いフロストの取り合わせがたまりません。半分だけ食べようと食べ始めたのにスルスルと1個食べてしまいそうでした。新たな美味しいものに出会えた!という感じ。
b0031055_14205273.jpg
b0031055_142163.jpgスポンジの赤さ、伝わるかな?
これを食べてから、ウィリアムズソノマなどで見かけるレッドヴェルベットキットが気になって仕方なかったけど、きっとそれで作るとガッカリするんだろうなと思い購入には至らず。

b0031055_14244859.jpgCUBE NYによると日本人スタッフの間ではキャロットケーキが一番美味しいとの評判だったそうで、そっちも買ってみたいと思いつつ大きさにやや怯んでいたらミニサイズがありました。ナッツがゴロゴロ、そしてこれもスパイスが適度で美味しかった。スポンジがしっとりフワフワでボソボソしないところがよいです。普通サイズでも全然いけました。というか普通サイズで食べたかった。
このお店、チーズケーキも美味しいそうで置いてあったのですが、かなり厚みがあってずっしり重そうだったので敬遠してしまいました。でもこれもきっと見た目ほど重くなく美味しいのではないか?と言う予感がします。次回は食べてみようっと。

最後に、お店のショーケースの写真を撮らせてもらったのでかわいいケーキたちをどうぞ。
b0031055_14312319.jpg
b0031055_14313570.jpg
b0031055_14314829.jpg


b0031055_1432782.jpgお店のシンボルマークの2羽の雌鶏のイラストがノスタルジックでかわいい。店内のインテリアもそんなイメージです。イートインコーナーもあったと記憶。(持ち帰りを待っている人だったかも?ちょっと自身なしです。)
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-16 14:38 | -NY foods | Trackback | Comments(0)

NYで食べたもの~しょっぱい肉のサラダ~

今回のNYで唯一の失敗。フィガロに出ていたヴィレッジのレストラン。

この日も12時台にお店に入ると店内はガラガラ。肉を食べる気満々で来たのでグラスで赤ワインをもらう。お勧めに従ったところ、素晴らしく好みの赤ワインにありつけた。ここまでは調子よかったんだけど、、、
b0031055_1342443.jpg

頼んだ料理はコレ。ステーキサラダみたいなもの。Soy sauceと書いてあった。見た目はかなりいい感じ。
b0031055_13484621.jpg

肉を一口。炭火で香ばしく焼いた感じで美味しい。1切れ目の肉の途中までは結構満足して食べ進みました。しかし、だんだん醤油のしょっぱさが強烈に感じられるようになってきた。一体この一皿にどんだけ醤油を使っているのだろうか?とにかく猛烈にしょっぱい。野菜に味がなければいいんだけど野菜のほうもしっかりしょうゆ漬け。だんだん舌の感覚がなくなってきてワインもあっという間に飲みきりついにギブアップ。あー、大根おろし丼1杯くらい食べてカリウム補給したいっ。
このメニュー、フィガロではお勧めメニューとして紹介されてたんだけど、試食したんでしょうか?してないね。もしくはこの日だけ量を間違えた?美味しい肉だったのだろうに、なんとも残念な味でした。トホホ。
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-16 13:50 | -NY foods | Trackback | Comments(0)