<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

パリの食材①

今回のパリでのお買い物は、ほとんどすべてが食料品でした。なくなっちゃうものばかりで少しさびしいですが、写真は残ってます。まずはホテルで食べたもの。

b0031055_20173273.jpgb0031055_20174296.jpgシャテルドンの発泡水とMALOのプレーンヨーグルト。
シャテルドンは日本だと高級ミネラルウォーターなんだそうですが、パリで買えば1ユーロちょっとだったと思います。安さで選んだモノプリのハウスブランドの水が激マズ(多分硬水の味なんだと思いますが)だったので、お風呂(シャワーしかなかったけど)上りに飲む冷えたシャテルドンのおいしさが際立ちました。この水を買いにグラン・エピスリーに行くたびにムダに買い物をしていた気がします。水だけのつもりが両手に袋を提げて帰ることになる。やっぱりあそこには魔物が棲んでます。
そしてヨーグルト。酪農王国のフランスでは、小さなスーパーでも乳製品の棚の面積が日本の3~4倍あるんじゃないかと思います。で、写真のような食べきりサイズのいろんなフレーバーのヨーグルトやフロマージュフレ(クリーミーなクリームチーズでそのままスプーンですくって食べる)が無数に並んでいました。おいしいバターがたくさんあるんだからきっとヨーグルトもすっごくおいしいんだろうな!と期待していたんですが、意外と普通でした(笑)。これはプレーンで甘さをつけていないタイプだったので、ボンヌママンのルバーブジャムを買って、のせて食べてました。ボンヌママンのルバーブジャム、ルバーブの存在感がしっかりあっておいしかったです。このヨーグルトが4個パックだったので、気になりつつもフロマージュフレは食べられなかったのですが、帰りの機内食で出てきました。OL時代によく食べた小岩井の生クリーム入りと書いてあったやけにリッチなカップのヨーグルト。あれに似てた。
ちなみにMALOはノルマンディー地方の乳製品メーカーということです。いろんな種類のヨーグルトやフロマージュフレが並んでいました。
b0031055_20383596.jpg部屋で食べたものといえばもうひとつ、これがあった。ちょうどホワイトアスパラの最後の時期だったんですね。スーパーの野菜売り場にも量は少なくなりつつも必ずありました。
これはジェラールミュロで1本だけ買った茹でアスパラガス。クリームチーズとマヨネーズを混ぜたようなソースをつけてくれました。シンプルなソースがアスパラの香りを引き立ててくれておいしかったです。ミュロのお惣菜は高いのでドキドキしながら買ったのですが、思ったよりはお手ごろ価格だった気がします。
[PR]
by fumiko212 | 2009-10-31 22:31 | -パリ(2009/06) | Trackback | Comments(6)

肉〜♪

b0031055_19484445.jpg

>>追記<<
久々の超弾丸コリアンですっ。
b0031055_2214336.jpgb0031055_2215521.jpgb0031055_22291.jpg肉以外もおいしい。しょっぱい茶碗蒸し、パジョン、トマトスープに見えるけどぐつぐつ煮えてる豆腐チゲ。
b0031055_2244296.jpgこの日の肉はタン塩、ハラミ(激ウマ!)、サムギョプサル、豚トロ(これもうまい!)。どれもおいしかったですねー。で、最後が名前忘れちゃったけど、見た目が苦手なあれですよ。苦手と言いつつ結局旨い旨いと食べたあれ。でも昨日は食べなかったんですねー。なぜなら、前回の弾丸コリアンをきっかけに胃を悪くしてしまったもので。お腹もいっぱいになっていたことだし、脂も多そうなので控えました。エライぞ。よく頑張った!その甲斐あって、今日は全然大丈夫でした。

そんなわけで、ちょっとトラウマになっていた超弾丸コリアン。個人的に克服できましたー!

昔は肉、特に肉の脂身って大の苦手だったのに、最近おいしく感じる。特に豚。年齢に逆行している気が…。まあいいか。またよろしくお願いしまーす。
[PR]
by fumiko212 | 2009-10-29 19:48 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

HAPPY HALLOWEEN

今日、チェロ教室にいったら、子どもクラスの子たちのハロウィンパーティーをやっていました。音楽教室でハロウィンパーティーをやるほど、既に日本に定着しているんですね。
ご近所でも小さな子どものいる家はカボチャや魔女のほうきが玄関先に飾っています。カボチャくらい飾ってみたいけど、子どもにお菓子をもらいにこられても困るのでやりません。笑

六本木辺りでは、大人も仮装していると聞きますが、私はこれといってやることもありません。が、ひとつ楽しみにしていることがあります。
ハロウィンの夜にほぼ日に登場するコンテンツ「モギがカボチャをくり抜く60分」。
これは、ハロウィンの夜に、ほぼ日スタッフのモギさんという女性がカボチャをくり抜いてランタンを作るのを写真とテキストで中継する、というとてもシンプルなコンテンツです。60分とありますが、60分では終わらず、結構長丁場の中継をしています。
最初のころは、内輪で盛り上がっているような、本当にただそれだけのコーナーだったようなのですが、年ごとに少しずつバージョンアップして、昨年は動画なども織り交ぜた作品に仕上がってました。

私が好きなのは3年目のこれ。ダラダラと中継が続き、最後にちょこっと仕掛けがありました。なんだかジワーンとしたのを覚えてます。

このコーナー、今年も登場するのかなー?今年のハロウィンは土曜日。パンプキンスープでも飲みながら、このコーナーをダラダラと見たいと思います。あ、パンプキンスープにはクミンをひとふり、お忘れなく~♪

>>追記(10/27)<<
今年の「モギがカボチャをくり抜く60分」は10月30日(金)18時オープンです♪

b0031055_20473424.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2009-10-25 21:12 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

ブノワ♪

b0031055_20285749.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2009-10-24 20:28 | カフェ・レストラン | Trackback(1) | Comments(0)

パリで食べたもの

季節もすっかり変わってしまいましたが、6月に行ったパリの話、まだ全部アップできてないんです。
ブログを書きながら、今回のパリはスーパーとパン屋と美術館しか見てないなーと少し反省していたところです。
今日はパリで食べたものの写真を。パンばかり食べていたので滞在日数のわりには食事の写真が少ないんですが。

念願だったラ・デュレのパンペルデュ。初日の朝ごはんでした。
アメリカのフレンチトーストに比べると卵液が薄いのかな。ちょっとシャバシャバした感じでした。パンもブリオッシュなので口の中に入れるとすぐに溶けてしまう軽さです。私はアメリカのフレンチトーストのほうが好きだった。甘いホイップクリームとメイプルシロップで甘ーくして食べたら、ちょっと甘すぎた。。。
b0031055_4471564.jpg

前回、肉ばかり食べて口内炎だらけになった教訓から、今回は肉以外においしそうなものがあるときはそっちを選ぶように心がけてました。でも、やっぱりパリで食べる肉はおいしい。
これは、カスレを食べに行った店でカスレが終わっていたので代わりに食べたチキン。他の選択肢が牛しかなかったので、せっかくパリなのにチキンかー、と思いながらもこれにしたのですが、チキンとバカにしてゴメン!という旨さ。身がしまっていてとにかく肉自体の味がよい。そしてきのこのソースの香りが素晴らしかったです。付け合せのポテトもおいしくて大当たりの一皿でした。
ここは前回も行ったビストロで、知らない人は通らないような路地裏にあるのに、地元の人たちでいっぱいだった。黒板にぐしゃぐしゃの文字で書かれたメニューに緊張するけど、次回も行きたい店。次こそカスレを食べたい。
b0031055_4513060.jpg

ワインをカラフェで欲しいと言ったところ、カラフェはないからとボトルを開けられてしまった。飲んだ分だけ払ってくれればいいよってことで、ホッ。パンもおいしかったです。
b0031055_54118.jpgb0031055_542528.jpg
オデオンにある予約の取れない店。ル・コントワール・デュ・ルレで食べた羊。これ、おいしかったなー。
ランチは予約不要なので少々並んでもと行ってみました。ジヴェルニーから帰ったその足で行ったので、2時近かったのかな?4組くらい待ってましたが、1人だったのでススッと通してもらえました。
少々疲れていて、メニューをじっくり読む気力がなかったので、メイン料理から羊を選んで単品オーダー。本当は前菜も食べたかったんだけど。
どんなのが出てくるのかなー?と待っていると、予想外の一皿が登場しました。タジン風というんでしょうか。これ本当に羊なの?と思うほどホロホロになるまで煮込んだ(のかな?皮はパリパリだったのでコンフィのような感じ。)肉は、まったく臭みがなく、旨みが凝縮されていて、驚きの味だった。一緒に煮込んだドライアプリコットもふっくら甘酸っぱくておいしかったなー。
b0031055_563389.jpg

b0031055_5164986.jpgこの日は天気が良くて喉がからからだったので、食前にはビール。パンはバゲットではなく、カンパーニュ風のパンでした。

今回、外ごはんの回数がホントに少なくて、後は以前アップしたお惣菜屋さんで食べたイカのファルシくらいです。でも、少ないながらもどれも当たりで、リピートしたい店ばかりでした。
[PR]
by fumiko212 | 2009-10-24 05:19 | -パリ(2009/06) | Trackback | Comments(4)

オザミランチ中♪

b0031055_1314474.jpg

>>追記<<
mいこさんおすすめの、ブラッスリーオザミでランチ♪

お店は縦長にテーブルが連なる小ぢんまりしたつくりで、隣の席とかなり密着していて、そこがパリっぽい。

パンは雑穀入りの田舎風パンとバゲット。お隣さんには違うパンが出てきていたように見えました。
近頃、私の中で旬のディジョンマスタードがボトルでドンッと登場♪

前菜は3種類の中から選べて、この日はキッシュ、野菜のポタージュ、田舎風パテの3つ。1時過ぎに入店したらキッシュは売り切れで、代わりにリエットになっていました。私はパテをチョイス。
このパテがっ!おいしいの何の。今まで食べたパテの中で一番だったかも。弾力のある肉とそれをつなぐクリーミーなレバー?フォアグラ?のバランスが絶妙で、パンとの相性もバッチリ。ディジョンマスタードをつけても、マスタードの刺激に負けない風味があります。

b0031055_1075064.jpgメインは肉料理、魚料理が1つずつの選択肢。この日の肉料理は豚のパン粉焼き、魚料理はヒメジのオーブン焼き。でしたが、ヒメジが終了していて真鯛のオーブン焼きでした。料理がなくなっていても、代わりのチョイスを用意してくれているのが良心的ですね。
こういう店では肉のほうがおいしいんだろうな、と思いつつ、前菜が肉だったので魚のほうを。どうかなー?と思っていたのですが、大正解!この携帯写真じゃ伝わらないと思いますが、プリプリの鯛でした。そしてこのボリューム。嬉しい限りです。皮はパリパリ、身はふっくら。特筆すべきは魚の下に敷いてあるキャベツのスープ煮。キャベツって癖が強くて少し苦手な野菜なのですが、魚のおいしいスープでトロトロになったキャベツのおいしいこと。スープもしょっぱすぎず、魚に絡めても、パンにつけてもおいしいし、最後はスプーンをもらってきれいにいただきました。

ランチはこの2品で1050円。原価率高すぎでは?と心配になる良心価格です。

あ、そうそう。もう一つ特筆すべきはコーヒー。カップはコーヒーカップで出てきますが、中身はパリのビストロで食後にデミタスカップで出てくるエスプレッソでした。日本ではコーヒーはブラックの私ですが、砂糖を入れてちょうど良かった。甘いエスプレッソを飲むと、パリを思い出します。
ランチにドリンクはつきませんが、たったの200円。これまた良心的。

平日ランチはサクサクと出てくるので、1時間の昼休みでも充分くつろげました。
ただ、一つ残念なのは、店内喫煙可、なんですよねー。この日は、酔っ払ってるんじゃないかと言うほど大声で話し続けるビジネスマンが同僚と2人で入ってきて、昼食をとった後らしくドリンクだけを頼んで、ずーっと煙草の火をつけっぱなし。
せっかくの充実ランチがかなり台無しでした。
お店の人も感じよかったし、是非また行きたいんだけど、煙草の煙だけがネックなんですよねー。
丸の内もニューヨーク風に、飲食店の店内は禁煙、を徹底してもらえないものですかねえ。
[PR]
by fumiko212 | 2009-10-16 13:14 | カフェ・レストラン | Trackback | Comments(6)

心にぽっかり穴が…

今年の「ア・ラ・カルト」に関するお手紙が来ました。

このときが来るのを、予期していたような、いなかったような。

昨年の20周年を最後に、「ア・ラ・カルト」は閉店となったそうです。
ああ、そのときがついに来たか。と冷静にその経緯を知らせるお手紙を読んだのですが、夕飯を食べながら、ジワジワジワジワと悲しみがこみ上げてきて、今、ガックリと落ち込んでいます。

今年から、白井晃さん、陰山泰さんのお二人は出演されないとのことです。

白井さんは、最近では演劇だけでなくオペラの演出なども手がけられ、かなり多忙なお仕事振りのようでしたし、20周年という区切りの年に、こういった決断をなさるのも、自然なことなのかな、と思います。

2002年10月、青山円形劇場で遊◎機械/全自動シアターの最後の公演「クラブ・オブ・アリス」を見たとき、深い悲しみを感じながらも、表現者であり、芸術家であれば、変化を求めて次のステージに進もうとするのは当然の行為であり、それこそが私が見たい芸術のあり方だと思って、その舞台を心に刻みながら、その変化をファンとしても前向きに受け入れよう、と思いました。
それは、私自身が、何よりも変化し続けることを望む人間だからです。自分が変化を求めるのに、彼らにはとどまることを求めるのは虫が良すぎる、と思ったのです。

それでも、ファンとしては、いつまでも見続けたい欲求があります。その気持ちに折り合いをつけられたのは、やはり、「ア・ラ・カルト」が残っていたからでした。
遊◎機械が解散してから何年かは、今年が最後なのでは、という気持ちがいつもありました。それでも、毎年、1年の最後の月に、大好きなメンバーが集まってお芝居を見せてくれた。
その数時間が魔法であったように、この先もずっと「ア・ラ・カルト」が続く、と思えるだけで心が温まる、そんな魔法が次の1年も続いていたように思います。

それでも、やはり、物事には終わりがある。

そして、それは次の始まりでもある。

今年も12月に青山円形劇場で新しい「ア・ラ・カルト」がオープンします。
高泉さんと中西さんを中心としたメンバーで、新たな物語が始まります。

白井さん、陰山さんにとっては、今このときは変化すべきときだったのです。でも、いつかまた、その時間が12月の円形劇場で交差することがあるかもしれません。

高泉さんが「ア・ラ・カルト」の灯を灯し続ける限り、心からの声援を贈りながら、今年もまた、12月の円形劇場を訪れたいと思います。
のりこさんとタカハシくんのその後を思いながら。
[PR]
by fumiko212 | 2009-10-15 19:44 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(4)

台風対策

b0031055_18554439.jpg

念願の長靴買いました♪
これで雨の日も怖いものなし!
ラバーブーツと呼びます。
[PR]
by fumiko212 | 2009-10-07 18:55 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

あ~、食べたかった!なパリの食べ物

今朝、テレビでパリのことをやっていた。
そこで紹介されていたのが、この時期、マルシェに登場するミラベルというフルーツ。小ぶりなプラムのようなフルーツでフランスの人たちは秋になるとミラベルを食べるのを楽しみにしているそうです。マルシェでミラベルを袋いっぱいに買っていたおじさん、嬉しそうだった。ジャムにすると言っていました。
そういえば!2005年にパリのマルシェで撮った写真の中に、胡桃と同じくらいの大きさのプラムのようなフルーツの写真があった!あの時、ちょうどミラベルの季節だったんだ!食べたかったよーう。
b0031055_21284911.jpg

改めて写真を見返してみると、やはりそれはテレビで見たのと同じ、ミラベルでした。
10月のパリかー。しばらくは行けそうにもないので、あの時食べておくんだった。といっても、この写真を撮ったときは「梅みたいだな。」と思った記憶しかない。買おうとは全然思わなかったです。知っていれば絶対に食べたのに。やっぱり旅の前の情報収集は大切です。

日本でミラベルを買えないのかな?と検索してみたのですが、フレッシュのものは見つけられず、ジャムや缶詰でなら買えるようです。ならば庭に植えるか?と「ミラベル 苗」でも検索したけどやっぱりダメだった。苗があっても日照2ヶ月のうちの庭ではとても実がつくとは思えませんが。

同じ番組でもう一つ紹介されていたのが、マドレーヌ広場にあるマスタード専門店マイユで買える、量り売りのディジョンマスタード。
これはこの夏にパリを訪れたときに、買いたいものリストに入っていました。が、買わなかったんです。
お店には行ったのですが、量り売りのマスタードは、専用の陶器製の容器代も含めると瓶詰めで売っているマスタードの数倍の値段。マイユは日本でも買えるし、陶器のケースはとても重そうだし、と自分を納得させてやめてしまったんです。
が、その専用容器を手にマスタードを次々と買っていく人々の顔は、これまた嬉しそう。インタビューされた男性は「一度食べたら他のマスタードは食べられないよ。」と顔をほころばせていました。
あ~、買うんだったー。
こっちは季節に関係なく買えるので、次にパリに行くことがあったら絶対に買います。
[PR]
by fumiko212 | 2009-10-03 21:44 | フランス | Trackback | Comments(10)

B会記録

痛恨のカメラ忘れですが、食べたものの記録。携帯写真があるので、余裕があったら後でアップします。

前菜:鴨とオレンジのサラダ
パスタ:自家製ソーセージとポルチーニのパスタ
メイン:的ダイのパン粉焼き、ルッコラとケッカソース
デザート:プリン、チョコのロールケーキ、洋ナシのタルト、カキのシャーベットをちょっとずつ

フレッシュポルチーニはありませんでした。もう少し先かなー?

b0031055_21165926.jpgb0031055_2117897.jpgb0031055_21171843.jpgb0031055_21172544.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2009-10-03 01:29 | カフェ・レストラン | Trackback | Comments(0)