<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

知らなかった!

こんなニュースが出てたんですね。

「肥満のお客様、もう1席分購入を」 米ユナイテッド航空

以下、一部コピペで申し訳ないのですが、

「ユナイテッドによると、対象となるのは肥満で「シートベルトが締められない」「ひじ掛けの間に収まらない」ような搭乗客。搭乗を予定していた便で隣が空いている席がない、あるいは広い席にアップグレードできないなど、やむを得ない場合に2席分の購入を要請する。」

ということだそうです。(全文はこちら

やっとですよ。(それでも、まだ、やむを得ない場合、ってことですが。)

ここ最近、預け荷物の重量がすごく制限されているじゃないですか。常々、その前に、本体(乗客)の重量の不公平感はどうなんだ?と思ってました。「預け荷物、手荷物、乗客、合計で○kg」じゃなきゃおかしいじゃないか?と。(隣のアメリカ人-自分)が預け荷物制限1個分(23kgでしたっけ?)以上だよ!ってことなんて、しょっちゅうですよね。
小さくて得することがほとんどない世の中、飛行機の預け荷物の重量制限くらい、得させてくれたっていいじゃないかあ~。
[PR]
by fumiko212 | 2009-04-30 23:52 | つぶやき | Trackback | Comments(4)

とびっきりのごほうび、かあ…

b0031055_11224617.jpg

スタバで「あなたにとってのとびっきりのごほうびは何ですか?」というのを募集してるみたいです。
一人での時間潰しにスタバに入るのなんか、今じゃごほうびのひとつかも。
とびっきりとなると、やっぱり、ニューヨークに行くことかなあ。
[PR]
by fumiko212 | 2009-04-30 11:22 | つぶやき | Trackback | Comments(2)

T/Cで失敗か?

昨年の秋ごろ、いつもドルのT/Cを買っているセシールのサイトで、ユーロのT/Cを500ユーロ購入。レートは1ユーロ=117円台だった。一時期113円くらいまで下がったユーロだけど、私が購入してからは、117円を下回ることはなかったので、まあ、いい買い物したかな、と喜んでました。

使い勝手が悪くて敬遠されがちなT/Cですが、キャッシュよりもレートがいいので、前回(って、3年以上前だけど)も所持金の8割はT/Cで持っていき、ロワシー空港内のAMEXで全額換金して利用しました。AMEXで換金すれば手数料もかからないし、今回もそうするつもり。だったんですが、どうも、今月から、空港のAMEXで換金するのには2%の手数料がかかるようになってしまったらしいんですよ!そ、そんな~!

AMEXのサイトで検索すると、パリ市内の郵便局や銀行では、無料で換金できるらしいんですが、口コミサイトなどでは、場所によって上限金額があったり、急にできなくなっていたり、恐ろしく時間がかかったり、とパリでのT/Cの換金事情はよろしくない様子。しかも、到着日にパリ市内に入れるのは、夕方になるので、到着日に換金するのは難しそう。翌日の朝一の時間をT/C換金に費やすなんてアホだ。

となると、やっぱり空港で換金するしかないか、という結論に。えーん!

空港内の郵便局では無料で換金できないのか?とかいろいろ考えたんですが、500ユーロの換金手数用は10ユーロ。500×117÷490=119.4ってことで、手数料を払っても、現在のレートよりはいいみたいなんで、仕方ないか。

この結論に至るまで、ウジウジしたり、あれこれ調べた時間を考えたら、さっさと↑の計算して、納得するんだったよ。まー、こういう時間も含めて旅の時間なんだなあ。現地で時間を無駄にすることを考えたら、今日、時間を無駄にしといて良かった、ってことで、前向きに。
[PR]
by fumiko212 | 2009-04-28 00:01 | -パリ(2009/06) | Trackback | Comments(4)

パリで開催中の企画展

一応、備忘録として。

アンリ・カルティエ=ブレッソン展
ヨーロッパ写真美術館
去年、一昨年、だったかな?東京での展覧会を見逃して、残念なことしたなーと思っていたら、パリで展覧会をやってる!

アンリ・リヴィエール展
フランス国立図書館 リシュリュー棟
ニューオータニが持っている「エッフェル塔三十六景」の一部を展覧会で見て興味を持った人。タイミングよく企画展をやってる!国立図書館のロートレックコレクションもいいんだけど、常設してるのかな?

世紀の変わり目に―ヴァラドンとユトリロ
パリ絵画館
そういえば、パリでユトリロの絵って見てないなー、と思って。

・ジョルジョ・デ・キリコ 夢の製造
パリ市立近代美術館
常設作品を見に行くつもりなので、込んでなかったら見てもいいかな?キリコの絵をまとめてみるのもおもしろそう。

・フィリッポとフィリッピーノ・リッピ―プラトーのルネサンス
リュクサンブール美術館
フィリッポ・リッピ、好きだし、ホテルの近くだから、お散歩がてら、のぞいてもいいかも?

・ベアトリス・ミリャーゼス展
カルティエ財団
ブラジルの画家。金沢に作品があるみたい。MOTのブラジルをテーマにした企画展にも出ていたらしい。知らない人だけど、カルティエ財団に行ってみたい、というのもあって。

こんなにリストアップしたけど、行けるのは2つがいいとこかな。オルセーとポンピドゥも行きたいし。あー、悩ましい~。
[PR]
by fumiko212 | 2009-04-26 22:31 | -パリ(2009/06) | Trackback | Comments(2)

ここはどこだ?

b0031055_1921714.jpg

スイーツ天国♪
[PR]
by fumiko212 | 2009-04-23 19:02 | Trackback | Comments(12)

コストコのマッシュポテト

b0031055_19515356.jpg昨日つぶろぐにつぶやいたら、tさんが反応してくださったので、写真を載せておきまーす。

コストコで買った、粉末のマッシュポテトの素です。
商品名はIDAHOAN MASHED POTATO。
価格は488円(3月20日)でした。
結構大きくて794g入り。"MAKES 37 1/2-CUP SERVINGS"と書いてあります。37食分!
原料のジャガイモは「遺伝子組み換えでない」と書いてあります。
賞味期限は12月23日まで。それまでに食べきれるかなー?
[PR]
by fumiko212 | 2009-04-22 19:57 | 食べ物 | Trackback(1) | Comments(4)

エコバッグが多すぎてエコじゃない

b0031055_2174614.jpgと言ったのは、ウチの弟ですが、何枚あっても欲しくなるんですよね~。
先日、プラザ(旧ソニプラ)の前を通りかかったら、「NY TO GO」のフリーペーパーが置いてあったので、今回はどんなものが載ってるかな?ともらってきました。そこで見つけたのが、ブルーミーのキャンバスバッグ。
ビニール素材のバッグはよく見かけるけど、キャンバスタイプもあったんだ!
持ち手が茶色のところとか、ちょっと外側についているデザインとか、正方形に近い形とか、いちいちかわいい!
そう思った矢先、今日の帰りに、電車の中で、このバッグを持っている人に遭遇。実物もやっぱりかわいかった!欲しいかも~。次回お買い物リストに追加だわ♪

(この写真だと、なんだかパンパンでかわいくないけど、実物はかわいいんですよ~。)
[PR]
by fumiko212 | 2009-04-20 21:08 | -NY shopping | Trackback | Comments(8)

春のB会♪

この春2度目のベットラです。1ヶ月たっていないのに、結構メニューが入れ替わってましたよ。
今日は、メニュー選び、ちょっと失敗したかなー。前菜とパスタで、オリーブオイル、1カップくらいあったかも。。。野菜中心だったのに、胃が重いです。
前菜はバーニャカウダ。夕方寒かったから。パプリカとチコリがおいしかったです。このなみなみと入っているバーニャカウダがほとんどなくなったんだから、これだけですごいカロリーだ。
b0031055_23563837.jpg


では、本日の指差しメニューでーす。写真、流し撮りしちゃったのでブレブレです。汗
b0031055_23583331.jpgb0031055_23584157.jpg左は本日の吹き出しメニュー。沼津産鯖のマリネのサラダ。これ迷ったんですよ。どうでした?右は私の予言どおり(笑)、Sさんが注文した白レバーのムース。
b0031055_23584947.jpgb0031055_23585870.jpg鰯のサラダとカンパチのカルパッチョ。春はカルパッチョにエディブルフラワーが散るんですねー。
b0031055_031048.jpgb0031055_032737.jpgb0031055_044846.jpg
b0031055_052274.jpgb0031055_053345.jpgパスタは左上から順に、アスパラ・菜の花入りボンゴレ。あーあ。ノロにやられてなきゃこれ頼んでました。春野菜たっぷりでおいしそうだったな~。ズワイ蟹と九条葱。いつも誰かが頼む1品ですね。さっぱりしておいしいですよね~。自家製ソーセージとポルチーニ。これおいしかったなあ。これもちょっと迷ったんですよー。アンチョビとカリフラワーソース。やさしい味でした。最後が私の頼んだジェノベーゼ。春になると食べたくなるんです。以前、この時期にポテトとインゲンの代わりに空豆だったことがあって、それを期待したんだけど、オリジナルバージョンでした。食べ始めて気づいたんですが、ジェノベーゼもオイルたっぷりで、バーニャカウダとの組み合わせは×でしたー。もう一つ迷ってたタラバ蟹のリゾットにすればよかったかなー。
b0031055_0114655.jpgb0031055_0102121.jpgb0031055_0103257.jpg
b0031055_0104493.jpgb0031055_0105269.jpgメインは珍しく魚が優勢。私が食べたのは金目鯛のウロコ焼き、空豆と竹の子のソース。皮がパリパリでおいしかった!んですが、後半、ソースのしょっぱさが辛かったんです。あれー?今日のベットラ、なんかダメだったなー。昼間暖かかったのに、夕方急に寒くなって、なんだか調子が狂っちゃいました。ま、そんな日もあるんですね。
b0031055_0144099.jpgb0031055_014531.jpgb0031055_015430.jpg
b0031055_0151148.jpg今日はデザートもひとり1品で。まずはm社長に写真を送りつけてっと。(スイマセン!TB待ってます♪)
Sさんと私のフランボワーズのシャーベット。本日モノは、この時期、まだいちごです。5月には入るとレモンタルトが出てくるかなー?黄色いのはマンゴーとチョコレートのムース。これが、マンゴーが濃くて!

今回の教訓。その1、メニュー選びは肉・魚・野菜のバランスだけでなく、オイルの総量も考えよう。その2、寒い日メニュー、暑い日メニュー、どっち付かずは失敗のもと。

次は夏ですねー。またよろしくお願いしまーす!
[PR]
by fumiko212 | 2009-04-19 00:30 | カフェ・レストラン | Trackback(3) | Comments(10)

贅沢な時間

b0031055_042842.jpg

>>追記<<

南青山の老舗ジャズクラブBODY & SOULの35周年記念ライブに小曽根さんが登場!
なのに、脇が甘甘の私がそのことを知ったのは予約開始から1ヶ月以上たってからでした。
もーーーっ。バカバカッ!自分。。。

ガックリ落ち込んでいたのですが、何とか初日の2ndステージを聴くことが出来ました。この日の席を確保するために、お世話になったり、ご厚意をいただいた方々に、心から感謝します。

この日は、小曽根さんが音楽を担当されたドラマ「あしたの、喜多善男」の音楽がテーマ。出演メンバーも、サントラに参加した方々でした。

ドラマ未見、サントラも聴いていなかったモグリの私。ドラムとベースの方も始めて聴く方でした。
開演と同時にカウンターに滑り込んだので、ワクワクするまもなくライブがスタート。
最初の音で、ジーーーーーン。ああ、この場にいられて嬉しい。
今回、初めてBODY & SOULのカウンターで聴かせてもらったのですが、この位置で聴くの、最高ですね。予約の電話をすると、「既にカウンターは埋まってます。」といわれる意味がわかりました。
よく、クラシックのコンサートでは、ホール全体が楽器に例えられることがありますが、ジャズクラブもその空間が一つの楽器なんだな、って思いました。
お客さんのざわめき、カウンター内のグラスの音、そういうのを含めて、1つの音楽になってた。

小曽根さんのピアノを斜め後ろから見下ろす位置で聴けたのも、素晴らしかったです。ああ、これ、小曽根さんのフレーズだー!って思った瞬間が何度もあって、嬉しかった。

途中でボーカルのティファニーさんが登場して、ドラマの撮影と同じメンバーで「Alone Again」を演奏。ジャジーなアレンジで、オリジナルよりカッコよかった。日本では、個性的な声のボーカリストのほうが好まれる風潮があるように思うのですが、私はどうも苦手。ティファニーのボーカルは癖がないけど温かみがあって、シャープさもあって、その緩急の具合がわざとらしくなくて、とにかく素直な表現で歌ってくれるから、聴いててとても気持ちが良かった。

その後は、ティファニーのオリジナル曲「Far far away」、サックスの池田篤さんの曲「ATFT」で盛り上がり、最後はドラマの曲「Back street boy's blues」という曲だったかな(うろ覚え)。盛り上がって終わりました。あっという間だった。

でも、ここから更に盛り上がるのがBODY & SOULの2ndステージ。

アンコールでは、ドラマのテーマソングの「My Tomorrow」という曲をしっとりと聞かせてくれ、続いて、ティファニーも加わって、お店の名前でもある「Body & Soul」。私にとっての、この日のベストでした。鳥肌モノのいい演奏だったー。この日に聴きに来られて、本当に良かった!と思った瞬間でした。

その後、ブルーノート東京に出演中のドラマー、ハーヴィー・メイソンがライブ終了後に来店。お客さんの拍手に迎えられて、ステージに上がり、「It could happen to you」をセッション。リハーサルなしなのに、あんなに息のあった演奏をしてしまうなんて、ジャズミュージシャンって天才。

KYOKOママの心温まるスピーチで、ライブがお開きになったのは12時近くでした。
最終日の今日は、きっと、「みんな終電諦めてね。」ってことになるんだろうな。

本当なら3日間通いたかった。けど、この素敵な一夜の音楽の余韻を大切に、また頑張ろうと思いました。
次にここで小曽根さんを聴けるのは40周年かな。
もしかしたら、4月27日の近藤和彦さんのCD発売記念ライブに飛び入りで登場するかも?

Body & Soul、何もかもが完璧で素敵なお店です。
ニューヨークにもここまでのお店はないと思う。
これからもずーっとお店が続くことを祈ってます。贅沢な時間をありがとうございました。
[PR]
by fumiko212 | 2009-04-17 00:04 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

三丁目の夕日チロル♪

b0031055_17341350.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2009-04-15 17:34 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)