<   2008年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「ベルリンフィル 最高のハーモニーを求めて」

b0031055_2051051.jpgベルリン・フィルが熱い!企画(勝手に命名)として、映画「ベルリンフィル 最高のハーモニーを求めて」を見てきました。
2005年に行われた、ベルリン・フィルのアジアツアーを取材したドキュメンタリーフィルム。
北京→ソウル→上海→香港→台北→東京の6都市を旅する楽団をカメラが追いかけ、リハーサル、コンサートとその舞台裏、オフの日の楽団員の素顔などのシーンの合間にラトルと楽団員達へのインタビューがおりまぜられています。

オープニングは北京でのリハーサル風景からでした。リハーサルが始まる時間になっても団員が揃っていなかったりして、バタバタとリハーサルが始まるのですが、演奏会では見られないプレイヤーの素の表情に、グッと親しみがわきました。

リハーサルでは、トーマス・アデスという作家の「アサイラ」という曲を練習しているシーンが何度か出てくるのですが、これがわけのわからない難曲みたいで、曲を中断しては団員からも意見が飛び交っていました。
まとまったフレーズの演奏シーンは1度もなかったので、一体どんな曲なんだろう?と興味がわき、ググってみました。
トーマス・アデスはなんとまだ30代(私と同い年だった!)のイギリスの作曲家で、「アサイラ」は彼がまだ20代だった97年にラトル指揮のバーミンガム市交響楽団によって初演された作品ということで、ラトルが世に送り出した曲だったのですね。2002年9月にはラトルのベルリン・フィル芸術監督正式就任を記念したコンサートでも演奏され、そのコンサートはDVDで発売されていました。聴いてみたい!
この曲に限らずだったと思うのですが、ラトルが指示を与えるだけではなく、団員からもあれこれ意見が出てくるようなリハーサル風景は、ラトルと団員の信頼関係の表れなのかな、と思いました。いいですね。

楽団員へのインタビューでは、世界最高のオーケストラの一員であり続けることのプレッシャーであったり、伝統を受け継ぎ伝えることへの責任であったり、子供の頃は一人ぼっちで楽器を演奏することで自由になれたなんていう話もあって、自信と誇りに満ち溢れている人々の集まりだと思っていた彼らも普通の感情を持った人たちなんだな、と共感する部分が多かったです。あるプレイヤーが「最初は苦しいだろうけれど、何年かすれば楽になると思っていたけど間違いだった。年々厳しくなっていく。」というようなことを言っていたのですが、これもすごく共感。何事にしても年を経れば楽になることってないですもんね。

そしてもっとも心に残った一言。それは、たくさんのプレッシャーや孤独感について語られた後にある団員が言った言葉です。「演奏で最高のハーモニーを作れたときは、今、この瞬間に死なせてくれ、って思う。」
ああ、オーケストラって素敵だな。本当に羨ましかったです。大きな苦しみの中から生まれた喜びはどんなに大きいだろう。スポーツでも何でもそうですが、やっぱり見てる(聴いてる)側よりやってる側、ですよね。やりたがりの血が騒ぎ出してしまいました。楽器始めたい!

b0031055_2053635.jpg台北での演奏会の後、熱狂的な観衆から大歓声を浴びるラトルと団員達の表情がとても素敵でした。ある団員が「普段、こんな熱狂的な歓迎を受けることに慣れていないから、興奮したよ!」と嬉しそうに語っていました。その後の東京公演がおまけになってしまった感じでしたから。

映画を見終わって、ベルリン・フィルに益々熱くなってしまいました。いつか彼らの演奏をライブで聴いてみたいです。やっぱり、ラトル指揮で聴きたいですねー。

ちょこっとつぶやき
[PR]
by fumiko212 | 2008-11-26 21:09 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback(1) | Comments(2)

「グッドナイトスリイプタイト」@パルコ劇場

b0031055_2130534.jpg三谷幸喜脚本・演出の新作舞台「グッドナイトスリイプタイト」を公演初日に見てきました。

今回は中井貴一・戸田恵子の2人芝居です。
セットは2台のベッドと2人が出会ってからの日数を示す電光掲示板のみ。
物語は1組の夫婦が歩んだ30年(10240日)の歳月を行きつ戻りつしながら進みます。

More(ネタバレあり)
[PR]
by fumiko212 | 2008-11-25 21:30 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(8)

初日!

b0031055_18314412.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2008-11-23 18:31 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(0)

ボジョレーヌーボー♪

b0031055_1758559.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2008-11-21 17:58 | 飲み物 | Trackback | Comments(0)

ベルリン・フィルが熱い!

b0031055_18521075.jpg先日、TVでヴァルトビューネ・コンサートを聴いて、すっかり魅了されてしまったベルリン・フィル。
私の中でだけ熱くなってるのかと思いきや、今、東京ではベルリン・フィルの映画が公開され、来週は来日公演、と私の中だけじゃなく結構熱いのかも?
そのおかげで、今の私に、とってもタイムリーな雑誌が出ます♪
24日発売の「エスクァイア」の特集は「指揮者のチカラ。 現在進行形のベルリン・フィル。」。ベルリン・フィル入門編としてもってこいの内容では?楽しみです。

ベルリン・フィルとともに、今私の中で熱いのが、指揮者グスターボ・ドゥダメル。こちらは来日公演のチケットをゲット済みです。オーケストラはベネズエラのシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ」。CDがなかなか届かないので、待ちきれずに、Youtubeなどで音源を聴きまくっているのですが、鳥肌もののすごいオーケストラです。音楽を全身で捕まえてオーケストラを鳴らすドゥダメル、それに応える大編成のオーケストラ。その一糸乱れぬ演奏は、決して統率されているのではなく、みんなが心を1つにして音楽を奏でる喜びに満ち溢れています。

このドゥダメルを高く評価しているのがベルリン・フィルの芸術監督サー・サイモン・ラトル。その評価が、今年のヴァルトビューネに繋がったんですね。これも何度聴いても素晴らしい。シモン・ボリバルのオーケストラとは違う、大人の魅力です。なんていうのかなー。行間の美しさというんでしょうか。楽譜にはない余白の部分がすごく気持ちよくさせてくれるんだろうな。

そして、気になるのが、今後のドゥダメル×ベルリン・フィル。やっぱりありました!来年3月5~7日、ベルリンでの定期公演で競演します。プログラムは、

1.ラフマニノフ:交響詩「死の島」
2.ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲
3.プロコフィエフ:交響曲第5番

となってます。
ヴァルトビューネのラテンナイトから一変、今度はロシアンナイトですねー。と書いてみても、素人の私には馴染みがなくて、それくらいしかわからないんですが、、、汗。
特に1と3。「死の島」って、タイトルも知らなかった。英語のタイトルを見ても全然わからなくて、ウチにある「クラシック音楽作品名辞典」で、ラフマニノフのところから、これ?だな?と日本語タイトルを見つけた次第です。プロコフィエフだと「ロミオとジュリエット」くらいしか聴いた覚えがないなー。どんな曲なんだろ?聴いたら、実は知ってるメロディーだったり?
このプログラム、玄人の方から見ると、どんな印象なのでしょうか?教えて欲しい!
変拍子と不協和音満載な感じかなー?だったら好きだなー。(書いてて恥ずかしくなってます。大汗)
よくわからないけど、聴いてみたいですねー。ベルリン5日間の旅がちらついちゃいて困ります。だって、もしマイルで飛べれば、ベルリン・フィルの東京公演2回聴きに行くくらいの金額で行けちゃうかも?なーんて。

とりあえず、雑誌と映画で勉強しまーす。ワクワク。
[PR]
by fumiko212 | 2008-11-20 20:09 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

「ア・ラ・カルト」が本になります!

今週末、21日から青山円形劇場で始まるお芝居「ア・ラ・カルト」。今年は20周年のスペシャルイヤーです。それを記念して、なのかは不明ですが、小説版ア・ラ・カルト「アンゴスチュラ・ビターズな君へ」が発売されるそうです。
劇作家 高泉淳子さんの初の小説となるこの本。気になる中身が、平凡社のブログにアップされていました。収録されているのは6編の物語。

アンゴスチュラ・ビターズな君へ
だから好きなのかもしれないね
バイ・マイ・サイド、僕のそばにいてほしい
バナナのブランデーマリネ
タイム・アフター・タイム
マンハッタンで乾杯!

なんとなく、聞き覚えのあるフレーズが並んでいるので、過去のお芝居から選ばれた6つの物語なのだと思います。
読んだら、ああ!と思い出すかな?
高泉さんが小説ではどんな文章を書かれるのかもとても楽しみです。
[PR]
by fumiko212 | 2008-11-18 19:55 | 本・雑誌 | Trackback | Comments(2)

Gateau a la meringue

b0031055_2249171.jpgうーん。伝わらない写真ですが、これ、メレンゲです。今日、行った、三宿のブーランジェリーの棚に積まれているのを見つけて買ってきました。

先日、「パリのおいしいおみやげ」という本を眺めていたら、ブーランジェリーを紹介するページに、手のひらサイズの丸型で、上にスライスアーモンドをパラパラと散らしたメレンゲの写真を見つけました。パリのメレンゲはこんなにボリュームたっぷりなお菓子なんだー!食べてみたい!と、パリの意気込みリストにメモメモ。今度パリに行ったときは探してみよう!と。

日本でよく見るメレンゲというと、一口サイズのものが多いですよね。たまーに、レストランでデザートの後にコーヒーと一緒に出てきたりして、そうそう、メレンゲっておいしいんだよね、と思うけど、わざわざ買わない。そんなお菓子です。

で、本日、出会った、このメレンゲ。パリのブーランジェリーのメレンゲの写真とかなり近い雰囲気です。
お味の方は、というと。ボリュームのあるメレンゲをバフバフ食べるのは、かなり幸せでした。そして、ブーランジェリーで売っているからか焼き立てのフレッシュさがあります。特に端っこの方、香ばしいというのとも違うんだけど、甘いだけじゃなくてかすかな香りがあるんです。期待通り、おいしかった。益々パリで食べるのが楽しみになりました。
[PR]
by fumiko212 | 2008-11-15 23:48 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)

三茶~三宿 休日散歩

今日は友人が住む三茶~三宿辺りで、ランチ&お散歩。

スタートは三軒茶屋駅。

茶沢通りを太子堂方面に少し行ったところにある、タイ料理のタイの食卓 クルン・サイアムでランチ。小ぢんまりした店内は床に座って食べるスタイルで落ち着く。手作り感覚あふれる内装でカウンター席もいい感じ。元バックパッカーがやってる店、っていう雰囲気なんだけど、実際はどうなんだろう?ランチもいいけど夜に行ったらいい感じでした。
私が食べたのはパッタイに海老と袋茸が入った酸っぱ辛いスープ(っていうとトム・ヤム・クンみたいなんだけど、スープが澄んでいる。これが旨い!)、生春巻き、タピオカのデザートが付いて900円。お得です。

食後は裏通りをくねくねと三宿方面へ。三宿通りに出たところでブーランジェリー ラ・テールに寄ってお買い物。次々と焼きたてパンが出てきて目移りしつつ、フォカッチャやミックスベリーのパンなどを。試食で食べたクルミパン、クルミがゴロゴロと入っていておいしかったです♪

結構歩いたし、お茶でも、ということで、246を渡り、世田谷公園方面へ。世田谷公園の少し手前にあるカフェAndy Cafeでコーヒーとガトーショコラ。ガトーショコラ、すごい濃厚!
オープンなお店なんだけど不思議と落ち着ける。椅子がゆったりして、テーブルが広々しているのがとても良い。こちらも夜の雰囲気、良さそうです。11月20日~23日は2000円で樽から飲めるボジョレーヌーボーが飲み放題、というステキな企画があるそうです。前菜プレート1500円を頼んで、今年の新酒を味わうというのはいかが?

近くに住んでいながら、あまり行く機会のなかったエリア。公園が近いこともあって、とても親しみやすい雰囲気でした。お天気が良かったら公園まで足を伸ばしても良かったかも。
[PR]
by fumiko212 | 2008-11-15 16:36 | カフェ・レストラン | Trackback | Comments(0)

ベルリンとベネズエラ

先週の土曜日、11時近くに帰宅して何気なくTV(NHK BShi)をつけると、クラシックの野外コンサートを放送中。どこだろうー?と思いながらチラチラ見ていると、真っ赤なドレスを着たソプラノ歌手がやわらかく力強い歌声で、どことなく哀愁の漂うメロディを浪々と歌っている。ああ、いいなー、野外コンサート。
その後もネットを見ながら、耳だけ音楽を聴いていると、だんだんそっちの方が気になって、というか、捨て置けなくなってきた。今度は現代風の曲をやっていて、そういう曲って上手くないと聴いていられないもの。なんだけど、ドンドン演奏に引き込まれてしまう。これは一体何のコンサートをやってるんだろう?とNHKのHPを見て納得。「ベルリン・フィルのワルトビューネ・コンサート ~2008~」と出ていた。上手いはずだよ!ベルリン・フィルだったよ!
以下は番組HPの紹介文。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、ベルリンの野外コンサート会場で、 クラシック音楽をより気楽に楽しむ音楽会「ワルトビューネ・コンサート」を毎年開催している。 普段着で、風に吹かれ、サンドイッチをほおばりながら芝生に寝そべって楽しむこのコンサートは、 肩肘張らない、親しみやすいクラシックコンサートとして人気を博している。
今回の指揮は、ベネズエラの俊英、グスタボ・ドゥダメル 話題のベネズエラの管弦楽団シモン・ボリバル・ユースオーケストラを世界のスターダムに押しあげ、 2009/10年シーズンからサロネンの後任としてロサンゼルス・フィル音楽監督に就任するドゥダメルが ベルリン・フィルの指揮台に上る。 「今年のワルトビューネは一味違う」と世界中の好楽家の注目の的となっている。 コンサートのテーマは「ラテン・アメリカ」。


またあの美しい声のソプラノの人が出てきた。ああ、この人いい声だなー。オーケストラもいいなー。そしてたまに映るお客さんたちも気持ち良さそう。
指揮者が活き活きとしてる。若そうだな。でもなんだかすごく魅力ある指揮者だぞ。ベネズエラの人なのか。
あ、フルートのエマニュエル・パユが映った。ベルリン・フィルで唯一知っている演奏者。彼の演奏を聴いたのは確か10年近く前だった。あの時は青年だったけどちょっとおじさんになったな。うーん、相変わらずいい音出すなー。
その後も続く、素晴らしい演奏の数々。やっぱりベルリン・フィル、素晴らしい。あー、いいなー、いいなー、すごいいいっ!ベルリン・フィルいいっ!素人の私でも、やっぱり、いい演奏ってわかるんだ。あー、もう涙出そうだーっ。
と、一気にこのコンサートの虜になってしまった。かなりの興奮状態でした。

コンサートは終盤に向かってドンドン盛り上がっていき、ハイテンポの曲が繰り出されてくる。1曲終わるごとに客席からは大歓声、大拍手、そして口笛!暗くなった客席ではみんな手に花火を持っているではないか!

アンコールでは指揮者が「ベルリン・フィルとダンスした。」だったかな?などと言って会場を盛り上げる。そして、「今日が92歳の誕生日の作曲家の曲、アルゼンチンのタンゴを演奏します。」と言って演奏した曲。これがまた。もう鳥肌ものの美しさだった。
続いて、バーンスタインの「マンボ」。ウェストサイドストーリーの曲です。もちろん、お客さんもオーケストラも「マンボ!」と叫ぶ!お客さんも楽団員たちも笑顔がはじける。
ラストは「ベルリンの風」。このコンサートのラストに毎年演奏される定番ソングなのだとか。お客さんが曲に合わせてみんなで口笛を吹きます。これ↓です。すごい楽しそう~。



はーーー。楽しかったーーーー。と、夢見心地。

このコンサートに行ってみたい!という気持ちが膨れ上がってしまい、夜中にネットで検索、検索。勉強、勉強。
このコンサートは毎年テーマがあるみたいで、例えば過去には小澤征爾が2度登場しているのですが、1度目は93年の「ロシアン・ナイト」でチャイコフスキーやストラヴィンスキーを、2003年は「ガーシュウィン・ナイト」となっていました。92年~2003年はDVDになっていたので、とりあえず一番親しみやすそうな2003年の「ガーシュウィン・ナイト」を購入。

ワクワクと見てみると、うんうん、これもいいぞ。
ベルリン・フィルのラプソディ・イン・ブルー、ステキだ。
そしてこのコンサートはお客さんも主役だと思った。観客の音楽を全身で楽しもうっていう熱気が素晴らしい。

でも、何か違う。この間の「ラテン・ナイト」の盛り上がりは本当にすごかった。
もしかして、あの若い指揮者。あの人もすごかったんじゃないか?

グスタボ・ドゥダメルという人。なんと、81年生まれ!まだ20代ではないですか!す、すごい。すごい人がいるもんですねー。
彼が率いているベネズエラの管弦楽団シモン・ボリバル・ユースオーケストラ。25歳までの若い楽団員たちの中には、恵まれない境遇で育った子供たちもいるそうで、決してエリート集団ではないのに、世界の注目を集めているオーケストラなのだとか。CDも何枚か出ています。ベートーベンの5番、7番、マーラー5番など。でも、注目は「フィエスタ」という今年の1月に録音されたアルバム。南米の作曲家の曲を集めたアルバムで、今年のワルトビューネで演奏された曲もいくつか入っている。ということで、今度はこっちを購入。早く届かないかなー。

そして、とってもタイムリーなことに、グスタボ・ドゥダメルとシモン・ボリバル・ユースオーケストラが12月に来日するではないですか!私が行けそうな日のプログラムは、、、

チャイコフスキー:交響曲第5番
ラヴェル:ダフニスとクロエ第2組曲
ラテン・アメリカ作品

気になるのは「ラテン・アメリカ作品」の詳細ですが、ドゥダメルさんのオフィシャルサイトを見てみたら、、、

Castellanos: "Santa Cruz de Pacairigua"
Márquez: Danzon no. 2

おおっ!この2曲目のほうは、ワルトビューネでもやった曲です!
うーん。行ってみたい!けど、平日は仕事がどうなるかわからない。この辺り、お芝居やコンサートのチケットも取ってて、これ以上スケジュールのブロックは厳しそうだし、、、チケット当日まで残ってくれないかなー。無理かなー。

そして、やっぱりワルトビューネ(とNHKでは表記していますが「ヴァルトビューネ」の表記のほうが一般的みたいです。)のコンサートも行ってみたい。来年はラトル指揮でラフマニノフ「ピアノコンチェルト第3番」やストラビンスキー「春の祭典」などをやるそうです。グッと正統派な選曲になるみたいですねー。チケットはベルリン・フィルのサイトから取れるそうなので、トライしてみようかなー。もしいい席が取れたら行っちゃおうかなー、と、こちらも妄想が広がります。
[PR]
by fumiko212 | 2008-11-13 21:48 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

b0031055_18332791.jpg

>>追記<<
最後の最後に空港内のレストランでいくら丼。ここまで来るともう執念ですな。
なんだかお腹一杯なのに、常に食べていた午後でした。
[PR]
by fumiko212 | 2008-11-08 18:33 | -国内旅行 | Trackback | Comments(2)