<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

CHANEL MOBILE ART

b0031055_22494869.jpgやっと行けました。CHANEL MOBILE ART。香港から始まったこのモバイルアート。文字通り可動式現代アート美術館で、中身はシャネルバッグをテーマにしたアートが満載です。
東京の後、秋にはニューヨークへ。そしてロンドン、モスクワ、パリへと移動していきます。なんだかサーカス小屋みたいですね。

既にいろいろなメディアで紹介されていますが、パビリオンのデザインはザハ・ハディド。正直、このパビリオンの前では、どんな斬新なアートも霞んでしまう。一番の見所でもあります。
外側は卵のようなつるんとした光沢のある素材で、清潔感があります。そして内側は1つ1つのアート作品に鑑賞者を誘うように流線型の通路が入り組んでいて、不思議に落ち着く空間でした。
イマイチ伝わらない写真ですが、外観をあちこちの角度から撮ってきました。
b0031055_2311183.jpg

b0031055_23113559.jpg

b0031055_23115510.jpg

b0031055_23121380.jpg


このアートモバイルのもう1つの特徴は、入口でMP3プレイヤーを装着し、そこから流れるメッセージにしたがって作品を見ていく、というスタイル。1人ずつ時間差でスタートするので、常に適正人数でのアート体験を可能にしています。
このメッセージの日本語が少々不思議で、外国語を直訳した感じとでもいいますか。そしてナレーションの声もその不思議感を際立たせるようなテンポなのです。
私は草間彌生さん?と思ったのですが、一緒に行った母はオノ・ヨーコっぽかった、と申しておりました。とにかくそんな感じで、ちょっと日本語が不自由な感じが、慣れてくると妙に作品にハマってました。

気に入った作品は、道路の路肩の水溜りにシャネルのお店が映っているように見える作品。窓の中で人が動いていたり、鳥が飛んでいたり、細かく作りこんであっておもしろかった。
それから、ダンボールの中で、シャネルバッグで殴りあったり、放り投げられたバッグをキャッチしたりする裸の人たちがうごめいていた作品。思わず笑ってしまう場面が7-8個あるダンボールの中で繰り広げられていました。
最初のひし形をいっぱいつないだシャンデリアもかわいかったな。
グロテスクで意味がよくわからない作品もあったけど、シャネルバッグのキルティングやチェーンがモチーフに使われていたり、「袋」がテーマになっていたりして、ちゃんとシャネルバッグがテーマになっていました。

このモバイルアート。なんと入場料は無料です。その上、出口では無料の立派な図録までもらえちゃう太っ腹な企画でした。さすがシャネル。
チケットは既に完売で、キャンセル待ちの長い列ができていました。10月にニューヨークに行く人は見に行ったらおもしろいかも!現代アートを楽しみたければ、ニューミュージアムに行くよりもおもしろいと思いますよ~。
[PR]
by fumiko212 | 2008-06-27 23:37 | アート | Trackback(1) | Comments(2)

中村征夫さん

b0031055_19242598.jpg病院の待合室で雑誌を読んでいたら、水中写真家の中村征夫さんが出ていた。

20代の頃、彼の写真とエッセイに影響を受けて、スキューバダイビングを始めた。しばらく夢中で潜っていたけれど、次第に潜らなくなってしまい、それと同時に、毎回必ず通っていた征夫さんの写真展にも行かなくなってしまった。

雑誌にはモノクロのクジラの親子の写真と、撮影時のエピソードが。
また、最近、温暖化の影響で、南の海の珊瑚が枯れ続けているという話も。

東京での写真展は終わったばかりのようで残念。
8月には大丸札幌で写真展が開催されるそうです。

また、征夫さん情報にもアンテナはらなくっちゃ。

>>追記<<
写真は、私が最初に見た征夫さんの写真集「海中顔面博覧会」。
[PR]
by fumiko212 | 2008-06-26 18:02 | アート | Trackback | Comments(6)

生活が地味すぎて…

ブログネタもなく、更新が滞っております。
かろうじて、つぶログを更新していますが…。
ということで、ダラダラと長めにつぶやいてみようと思います。笑

先週、やっと、1ヶ月ぶりに走ったのですが、また1週間たってしまいました。ちょこっと残業で遅くなったり、予定があったり、雨が降ったりと、走らない理由はいくらでもあるものです。レースという目標があれば、予定を入れないようにしたり、ちょっと残業で遅くなっても走ったり、小雨程度ならかえって銭湯が空いてるぞ♪と走りに行ったりしていたのですが…。自分のなまけ者っぷりは今に始まったことではないので驚きませんが、それにしても情けない。これから夏だというのに洋服がきついです。走るときは、今度こそ定期的に走るぞ!と意気込むのですが、ダメです。

それから、5月まで2ヶ月間欠かさず聞いていたチャロのラジオ英語講座。ついに6月号はテキストに1度も書き込むことなく終わってしまいました。5月の最終週あたりから怪しくなってきてはいたのですが、今年も挫折です。早かったなー。

最近、図書館で「おそうじ風水」という本を借りてきて、読んでいます。
「チャンスや強い運気が欲しいときはシーツと枕カバーを9日間毎日交換してみましょう。」とあったので実行中。梅雨時期に始めたのは結構厳しいものがありますが頑張ってます(母が)。しかし強運が欲しかった日はシーツ交換を始めてから2日目に訪れてしまい、しかも自分で洗濯してないから期待薄な結果に。トホホ。
とにかく風水では古いものはあまりよくないみたいですね。ここ数年、衣類や靴を買っていないので、全体的に古着ばかり着ている私は風水的にダメな状態で暮らしてるんだろうなー、と思えてきます。
洗濯物が増えたり、まだ使えるものも捨てたり、風水ってエコじゃないなー。エコな風水ってないですかね?まあ、私の場合エコというよりはケチというか貧乏か。やっぱこれじゃダメなんだな。

火曜日の朝日夕刊で連載中の桂吉弥さん(草原兄さん@ちりとてちん)ともっぴー(子草若)の往復書簡、昨日は吉弥さんの2回目で、結構感動的な内容でした。落語は師匠や先輩が丁寧に、しかも無償で稽古してくれる。というところ。
吉弥さんの落語、ちりとてバブルでチケットが全然取れないらしいのですが、いつか生で聞いてみたいです。吉弥さんの「トップランナー」出演回の放送日は7月21日深夜ということです。

そんな感じで、6月ももうすぐ終わり。今年も半分終わりですよ。早いですねー。半年後はどんな年末を迎えているのでしょう?
[PR]
by fumiko212 | 2008-06-25 22:06 | つぶやき | Trackback | Comments(6)

「CSI:ニューヨーク3」本日最終回

b0031055_0354524.jpg毎週土曜の夜のお楽しみだった「CSI:ニューヨーク3」が今日で最終回。最終回らしく大掛かりな事件あり、ダニーとリンジーの関係に進展あり、盛りだくさんのエピソードでした。

しかし、ペイトンってなんかドンくさいんだよなー。今日も最悪のタイミングで携帯鳴らすしさー。検死官としてもシーズンを通してミスジャッジが何回かあった気がする。確かコロンビア大での地位を投げ打って現場復帰した、っていう設定じゃなかったっけ?と、ペイトンに厳しい私なのでした。
それから、いつもカッコよかったゲイリー・シニーズですが、おじさんになったなー、と今シーズンは何度か気になった。今日も首の辺りを見ながらしみじみと思ってしまった(笑)。アポロ13とかダン中尉の頃はもっとカッコよかったよなー。

シーズン4の放送は来年1月からとのこと。すっごい先だー。
シーズン4では、ダニーとリンジーの関係がどうなっていくかも楽しみ。このカップル好きなので、いい関係が続いていって欲しいなー。私生活ではシーズン3収録期間中に出産したリンジー、今シーズンではぽちゃぽちゃしてたけど、シーズン4ではもうちょっと締まって、シーズン2のときのようなアクションも再びこなしてくれることでしょう。

ベガスやマイアミに比べると、ちょっと影が薄かったNYだけど、私はNYでCSIを見始めたクチなので愛着があります。なんと言ってもNYだしね。当初はあまり視聴率が振るわなかったらしく、いつまで続くかヒヤヒヤしてたけど、シーズン3では視聴率も好調だったそうで、先輩の2シリーズとともに末永く続いて欲しいです。

それにしても来週から寂しくなるなー。って、ドラマが土曜の夜の楽しみってう私が寂しい人なんじゃないか?ということはあまり深く考えないようにしよう~。
[PR]
by fumiko212 | 2008-06-22 00:58 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(2)

初メニューがたくさん♪のベットラ会

b0031055_20301537.jpg久々のベットラ会でした。6月ということで夏メニューですね。夏にはあまり行ったことがなかったようで、目新しいメニューが多かった気がして、メニュー選びにも力が入りました。笑
今回の1品はこれ。「タラバガニのカネロニ」です。前菜の今日のスペシャルの中にあったメニューですが、カネロニといえばパスタでは?と思い、パスタの代わりにこれを頼みました。したがって、昨日は前菜×2とメイン、というコースになりました。こういうわがままもすぐに対応してくれるのがベットラです。いい店だ。
カネロニ、どういうものかは知っていたけれど、食べたのは初めてだったかも?そしてベットラのメニューで見るのも初めてでした。ランチにラザニアはあるけれど、カネロニは初です。タラバガニの旨みがホワイトソースにもたっぷりしみ込んでいて美味しかったです。
b0031055_20254293.jpg



それでは恒例の指差し料理図鑑でーす。
b0031055_20325078.jpgb0031055_20325894.jpgb0031055_2033732.jpg
b0031055_20332085.jpgb0031055_20332712.jpg前菜5品。サラダ系が多いです。ピンクのお肉の薄切りは「鶏肉のツナソース」。見た目の綺麗さに、テーブルに運ばれてきたときに思わず歓声が上がりました。私は定番の「タコとセロリのサラダ」。今回はセロリ少なめ、オリーブ多めでした。昔の方が美味しかった気がするなー。
b0031055_20352136.jpgb0031055_20353346.jpgb0031055_20354525.jpg
b0031055_20355854.jpg夏メニューということで、冷製パスタがありました。フルーツトマトのカペッリーニ。トマトで真っ赤ですねー。
以前、ランチで食べたカラーピーマンのマリネをソースにした冷製パスタが美味しかったんですよねー。あれ、また食べたいなー。
b0031055_2040271.jpgb0031055_20401578.jpgb0031055_20402480.jpg
b0031055_20403936.jpgメインはみんなで肉食獣。仔羊3名、うずら1名、クイーンポーク1名。私は羊の香草グリルにしました。ベットラの羊はやわらかくていつも美味しい。どこで仕入れてるんだろう?
b0031055_20424074.jpgb0031055_20425291.jpgb0031055_2043497.jpg
デザートは5人で3品。レモンとアーモンドのタルト、イチジクのコンポート、苺のジェラートです。ジェラート、露地ものの苺で作ったんだろうな。苺のぷつぷつした食感が残っていて嬉しかったです。最後の春メニューですね。
次回はなかなか行けない秋に、ポルチーニのグリルを食べに行きたいなー。えーっと、それには7月に電話。頑張ろう~。
[PR]
by fumiko212 | 2008-06-13 20:51 | カフェ・レストラン | Trackback(2) | Comments(8)

本を待つ

先ほど、NHKで「週刊ブックレビュー」を見ていたら、女優で故人の岸田今日子さんが最後に書いた短編集が紹介されていました。

b0031055_124720.jpg「二つの月の記憶」

彼女が小説を書いていたことを始めて知りました。ゲスト評者と司会者、皆が始めて岸田さんの小説を読み、その力量に圧倒された、と絶賛していました。
この本は、1編が10ページ程度の短編集だそうで、「ぎりぎりまで研ぎ澄まされた物語」との紹介。それを聞いたとき、ふと頭に浮かんだのがムットーニの世界でした。ムットーニの作品は長くても6分、たいていは3~4分のストーリー。そんな世界なんじゃないかと直感的に思いました。

Amazonで検索すると、帯には佐野洋子さんが書いた紹介文が。
「かけがいのない快楽には少しの毒のあるユーモアと不思議な愛とエロスが必要です。」
うん。やっぱりなんだか近そうだ。

で、そのまま注文したかというと、そうではないんですねー。図書館で予約です。現在、区の図書館では7冊保有していて、11人が予約待ち。読めるのは1ヵ月後くらいかなー。みんな早く返してね。

「ぎりぎりまで研ぎ澄まされた物語」。憧れます。それとは対極にある自分の文章、もちろん自覚しています。いつも簡潔に、簡潔に、と心がけながらも、思っていることは全部書かないと気がすまないのです。全部書かなくても伝わる文章を書けるようになりたいものです。
[PR]
by fumiko212 | 2008-06-09 01:35 | 本・雑誌 | Trackback | Comments(2)

カンパリみかん

b0031055_1914043.jpgこの時期に毎年頂き物で我が家にやってくる「ひろしまみかん」ジュースでつくったカンパリみかんです。これやるから太るんだなー。
[PR]
by fumiko212 | 2008-06-07 19:19 | 飲み物 | Trackback | Comments(2)

三谷幸喜監督、露出しすぎ!

b0031055_22441667.jpg今週末から、監督4作目の映画「ザ・マジックアワー」が公開される映画監督の三谷さん。朝日の連載コラムによると、宣伝のため、テレビに出まくっているらしいですが、今度は雑誌BRUTUSが三谷幸喜特集です。

私にとって、三谷さんは、劇作家、舞台演出家。あくまでも舞台の人、という感じなんですが、一般的には「古畑」や映画監督の顔の方が浸透しているのかなー?舞台は限られた人数しか見られませんが、テレビや映画は見られる人数が違いますからね。

三谷ファンを自認する私ですが、映画は「ラヂオの時間」「有頂天ホテル」をテレビ放送で、ドラマは「新選組!」くらいしか見ていません。三谷ファンの間で名作と名高い「王様のレストラン」すら見ていない。これはいつかちゃんと見たいと思っているのですが…。

で、映画なんですが、私が見た2作品についていうと、やっぱり舞台作品にはかなわないなー、という感じです。マジックアワーも多分映画館には見に行かないと思う。あ、でも、もしかすると映画館で見ていないからそう思うのかもしれないですねー。

ドラマについては「新選組!」がすごく良かったので、他の作品も機会があれば見てみたいかなーと思ってます。たまに再放送でやっているみたいなんですけれど、いつも見逃してしまうんですよねー。BSデジタルは、テレビショッピングばかりやってないで、もっと過去のドラマを放送してくれればいいのに。
あ、でも「古畑」は旬のもの、という気がするので、ここのところ再放送していますけど、あえて録画してません。今度、古畑の中学生時代を描いた「古畑中学生」というドラマをやるらしいですね。

で、この雑誌ですが、あさって美容院に行く予定なので、そこで読ませてもらおうっと、と思ってます。笑
[PR]
by fumiko212 | 2008-06-03 23:08 | 本・雑誌 | Trackback | Comments(12)