<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

コルビュジエだっ!~ル・コルビュジエ展@森美術館~

b0031055_18431664.jpg

>>追記<<
b0031055_69789.jpg「建築とアート、その創造の軌跡」とサブタイトルの着いた展覧会。このタイトルの通り、ル・コルビュジエがたどった、常に創作とともにあった人生の軌跡を一緒に旅したような展覧会でした。平日夜19時から1時間のギャラリートークへの参加だったので、あっという間の旅路でしたが…。とはいえ、会場ではフワーッと見聞きしていたことが、後からジワジワ染み込んできている気がします。

展覧会にはコルビュジエが描いた数々の油彩画、デザインと着色を手がけた彫刻といった、きわめて個人的な作品が多数展示されていました。彼の本業は建築家、ということになっていると思うので、絵画や彫刻の制作は一体どういう位置付けだったのかよくわからないのですが、建築デザインや都市計画という他者からの依頼やコンペへの出展といった、与えられたテーマの中で創作するものとは対極にある、こういった作品群も生み出し続けることで、創作活動のバランスを取っていたのかな?などと想像してしまいます。ギャラリートークでは建築、都市計画の作品群の解説が中心だったので、絵画作品をもっとじっくり見たかったな、というのが心残りです。

数々の実現しなかった建築デザインや都市計画のデザイン画や模型も展示されていました。実現しなかったものにこめられていたコルビュジエの思いや、実現しなくても次を創造し続けるパワーに圧倒されます。そのパワーの源になったのが、日々の自分のための絵画や彫刻の創作だったのかな?などとも思えてきます。

b0031055_54441100.jpgそして、晩年の建築デザインであるロンシャンの礼拝堂。
百万人単位が暮らせる集合住宅を含む都市計画や1万5千人を収容できる壮大な劇場建造物などの構想を練っていた彼が、長い旅の末に辿り着き、そして実現した建造物として、なんともふさわしい気がしました。シンメトリーな部分がひとつもない造形と内部に差し込む色とりどりの光は、多くの人に利用される礼拝堂という建造物でありながら、何かとても個人的な空間のように感じました。ここで、彼の仕事である建築デザインと日々の絵画・彫刻制作が融合したように思えたのです。いつか、この礼拝堂を訪れてみたくなりました。

展覧会の最後のセクションには、最晩年に彼が自らのためにデザインした海辺に建つ休暇小屋の原寸大模型が展示されていました。中に入ると、狭い、けれども1人の人間が暮らすには必要最低限の設備が施された居住空間になっていました。そこには絵画制作の形跡はなく、もうその必要がなくなった暮らしが想像できました。

駆け足の鑑賞だったので、ギャラリートークもしっかり全部聞いていなかったり、うろ覚えだったりで、「開いた手」の話やインドに実現した都市計画のコンセプトなど、いい話をたくさん聞いたはずなのに、なんだか取り留めのない感想になってしまってお恥ずかしい限りですが、コルビュジエについてもっと知りたくなった展覧会でした。
まだ会期が残っているので、チャンスがあったらぜひ観に行ってください。そのときはたくさん時間をとってじっくりとコルビュジエの世界に浸ることをお勧めします。
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-29 18:43 | アート | Trackback | Comments(6)

オーディオ機器が~

ここのところ、まさんのお宅ではいろんな家電が故障続きなんだそうですが、我が家では騙し騙し使っていたオーディオ関係にガタが来てしまいました。
元々アンプの調子はずっと悪くて、INPUT SELECTORというところがカチャカチャ勝手に動いてしまい、CDを聴いているとビデオに切り替わったり、FMを聞いているとCDになったり、と音が途切れることが続いていたのですが、今日はCDプレイヤーがディスクを認識しなくなってしまいました。何度CDを入れても「NO DISC」の表示。ちなみにアンプはONKYO製、CDプレイヤーはソニー製。
これらのオーディオ製品一式は父が使っていたものなのですが、父が他界してからはたまーに家族の誰かが思い出したように使う程度。それが、ここのところ、にわかに、このオーディオセットで自分が買ったCDや父が集めていたCDを聴くことが増え、急に使用頻度が上がったのが原因なのでしょう。父が死んでからこの夏で8年。このオーディオたちもとっくに寿命を迎えていてもおかしくなかったのかもしれません。しかし、父が使っていた大げさなオーディオセットのようなものに買い換えるつもりはないし、かといってこの部屋で音楽は聴きたいし。更にはラジオチューナーやレコードプレーヤー、スピーカーは使えるし。そうそう、久しぶりにレコードを聴いてみたら、音が柔らかくてすごくいいんですよ。

さて、これから一体どうしたものかなあ。
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-26 23:40 | つぶやき | Trackback | Comments(2)

ラン用リュック快適でした!

b0031055_20524536.jpg山中湖ロードレースのときに通勤ランするぞ!と意気込んで買ってみたラン用リュック(ニューバランスNBR-41B)。初めて使ってみました!
といっても通勤ランではなく、家から3kmくらいのところにある病院からの帰り道を走ってみました。たった3kmなので500のペットボトルが入るポケットがあるのだけれどドリンクはなし。もうひとつのポケットには携帯ミュージック・プレイヤーのイヤホン用の穴も開いているけど、音楽を聴きながら走る習慣がないのでそれも使用せず。リュックの中身は携帯と小銭入れと薬局でもらった2週間分の薬だけ。前は胸とウエストの2ヶ所をベルトで固定するようになっていて、紐の長さを体にあわせて調節すればほとんど背負っている感覚がないくらいに安定しました。ただ、ちょっと首にあたる部分が気になったかなー?長距離だとここがすれてくるかもしれません。
帰宅ランは多分実現しないので、このリュックを使うこともないか…、と衝動買いを反省していたけど、通勤ラン以外の使い道を見つけて大満足。
でも、やっぱり次に使うのはフレンドシップ・ランの時かなー?
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-26 21:01 | ランニング | Trackback | Comments(5)

買わなくちゃ!

b0031055_125141.jpg発売になったばかりの雑誌「芸術新潮」9月号はニューヨークの美術館特集ですよー。新聞広告によると、取り上げられている美術館は以下。

・MET
・クロイスターズ
・MoMA(表紙はマティスのダンスのある階段の写真ですね。)
・グッゲンハイム
・ホイットニー
・フリック・コレクション
・ノイエ・ギャラリー
・マダム・タッソー(なぜ?って感じもする。笑)
・モーガン図書館&美術館(行ったことないです。)
・アメリカン・フォーク・アート美術館(ここ行ってみたいと思ってた!)
・ブルックリン美術館(ゴッホのドローイングを見に行きたいところ。)
・ノグチ美術館
・クイーンズ美術館(知らなかったです。)
・P.S.1(ここも未体験。)
・ディア・ビーコン(誰か連れてってください!)

と見所満載です。早く買いにいかなくちゃ!
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-26 14:35 | 本・雑誌 | Trackback(1) | Comments(4)

貴志子です。

b0031055_21392770.jpg

今日のカクテル。巨峰です。
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-23 21:39 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ワクワク♪

b0031055_2133763.jpg

最終日最終セットです!
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-23 21:03 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

GOOD MORNING TOKYOのナビゲーターを小曽根さんが!

まだ番組HPにはアップされていないんですが、J-WAVEの朝の看板番組「GOOD MORNING TOKYO」のナビゲーターを9月3日(月)、10日(月)の2日間、小曽根真さんが担当されるそうです!ベッシーは2週間バカンスなのかな?
小曽根さんは、J-WAVEでは、土曜の夜にOZ MEETS JAZZでナビゲーターを長年担当されていますが、朝のナビゲーターを担当されるのは98年のワールドカップサッカー・フランス大会にジョン・カビラ氏が出かけている間の1週間のピンチヒッターを勤めたとき(当時の番組タイトルはTOKIO TODAY)以来だと思います。超ブルーな月曜の朝に、きっと朝からハイ・テンションな小曽根さんの声を聴けるんだ。楽しみ!
98年当時は、6時スタートだったけど、今は7時から。良かったね。小曽根さん♪

私が普段この番組を聴くのは、家を出る前のほんの15分程度、丁度「Berlitz MORNING EYE」~「AOHATA MORNING TRACKS」の間だけなんだけど、この2日間は録音して全部聴く意気込みです!9月5日には小曽根さんのソロ・アルバム「FALLING IN LOVE, AGAIN」が発売されます。3日の週の「MORNING TRACKS」はきっとこのアルバムだよね?小曽根さんナビゲート以外の日も、毎朝小曽根さんの曲を聴けるのか~。ワクワクするなあ。CDを持っていてもラジオから流れてくるとまた違った感じがしていいんですよね~。

9月5日には小曽根さんの若かりし日々の音源、CBS時代のアルバムが再発売されたりもして、お財布には厳しい月になりそう…。どれを買うか、貧乏人は収録曲をにらみつつ吟味中です。ムットーニの展覧会でもきっといっぱいお金使っちゃいそうだしなー。ふーっ。嬉しい悲鳴とはこのことだけど、お財布はマジで悲鳴を上げること必至です~。
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-20 21:21 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

「スーパーマーケットマニア」ついに「アメリカ東部編」発売!

b0031055_21521457.jpgb0031055_2205227.jpg
以前、このブログでも紹介した、森井 ユカさんの「スーパーマーケットマニア」シリーズ、すでに写真の「ヨーロッパ編」「アジア編」が発売されていましたが、「アメリカ編」は発売されないまま、「ポストオフィスマニア」なる続編が発売されていました。
が、今日、久しぶりに作者の森井さんのブログを見てみたら、「スーパーマーケットマニア アメリカ東部編」発売に向けて、この夏、米国ニューヨーク、ボストン、ワシントンD.C.へ取材旅行に行かれたそうです。発売は12月。年末のNYに間に合うといいなー。森井さんのブログによると、NYからはダンボール3箱分の雑貨を持ち帰ったそうです!楽しみだな~。
あ、表紙のスーパーのショッピングバッグがどこのスーパーのものになるのかも楽しみですね!
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-18 21:59 | 本・雑誌 | Trackback | Comments(9)

リベンジ、キル・フェ・ボン

b0031055_2252111.jpg今日、ついにイチジクタルトにありつけました!一緒に入っているのは桃のタルト。桃も大好物なんだよなー。


ってことで…
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-17 22:55 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

夏休み最終日

b0031055_2313194.jpg楽しかった夏休みも今日で終わり。あっという間だったなー。たいしたことできなかったなー。
最終日の夕ごはんは一家で焼肉でした。なんか焼肉で締めくくるってどうなんだろう?おいしく肉食獣化したのでよかったよかった、ということで…。
最後はGWにNYで買っておいたキャンドルにやっと火を灯すことができました。焚き火とか暖炉とか、炎を見ていると落ち着くっていうの、本当ですね。大きいキャンドルだと炎も大きくて癒されました。重かったけど買ってきてよかった。
BGMはTHE TRIOの"So Many Colors"。このアルバム、本当に名作です。トリオの活動を休止してしまった今聴くと、またトリオやって欲しいなーと思ってしまう。青山のBody & Soulとかで1ナイトでもいいのでやってくれないかなー。予約取るのが大変そうだけど。
[PR]
by fumiko212 | 2007-08-15 23:13 | つぶやき | Trackback | Comments(0)