<   2006年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

手芸部活動中2

b0031055_2563783.jpg今日はこんなものを編んでみました。これはなんでしょう?


答え
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-29 02:59 | 手芸部 | Trackback | Comments(5)

将来の夢

寒い!寒い寒い寒いーーーーーー。もう限界です。今年の東京はどうしちゃったの?築30年超の古い民家での越冬は限界です。ガタガタガタ。古い家は電気の容量も少ないから暖房器具にも制約があって、もう八方塞です。
去年の暑い暑い夏も家でエアコンをつけたのは数えるほどだったから、暑さには強いんですよ。汗ダラダラでも熟睡できるけど、今は夜中に布団から出ている頭のてっぺんが寒くて目が覚める。アメリカの家みたく地下にボイラーがあって24時間家中あったかい住宅に憧れます。従姉の家なんて車庫まであったかくて洗濯物もそこで乾かすからあっという間、車の中もあったまってるから子供を送るだけならコートなしでOKという素晴らしい環境でした。あー羨ましい。

こんな私は、老後は絶対に温暖な地で暮らしたいと思ってます。真剣に。数年前から思い描いている候補地は三浦半島。伊豆や房総も良さそうだけど、東京生まれ、東京育ちの私は、年とっても東京からそんなに離れられないと思うから、三浦半島なら許容範囲かと。海に囲まれてるから魚介が新鮮で安くておいしいだろうし、畑もあるから野菜もおいしいはず。どおどお?
老後は三浦半島のケア付きマンションでのんびり暮らすのが夢だ~。大寒あたりからの寒さには本当に参っているので、最近は通勤電車の中で三浦半島の暮らしをうっとりと思い描くのが日課になってます。老後といわず、もう今からでもいいんだけどな~。いい職があれば。いい物件もか。それに貯金も無くちゃダメかー。来年以降もこんな寒い冬なんだろうか?やっぱりこれも温暖化の影響なんでしょうね。。。
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-26 23:08 | つぶやき | Trackback | Comments(10)

手芸部活動中

b0031055_16232736.jpg15年ぶり(?)くらいに編み物などを。金曜日の朝、通勤途中に愛用のニット帽(NYにも一緒に行った)をなくしてしまい、月曜日に備えて金曜の夜~土曜日にかけて一気に完成。家にあったあまり毛糸使用。ちょっとゆるかったけどあったかそうに出来上がりました。
b0031055_16234352.jpg勢いづいてあまり毛糸でマフラーも。こっちはまだまだ30cmといったところ。あまり毛糸を使うと、本の通りに編むわけに行かず、そこを微妙にアレンジするのが楽しいです。
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-22 16:30 | 手芸部 | Trackback | Comments(11)

成人祝い♪

b0031055_15203036.jpg

もちろん私ではありません(笑)。若いのに働き者でエライ!
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-18 15:20 | 季節のうつろい | Trackback | Comments(0)

映画の中のニッポンジン

b0031055_2483469.jpg走るのはお休み中なので、たまっていた映画のビデオを見て過ごしています。今日見たのは「スパニッシュ・アパートメント」
将来の進路に悩むフランスの大学生が、就職を前にしてスペインに留学。家賃を浮かすために7人でシェアするアパートの1室が舞台です。同居人はドイツ、英国、イタリア、スペイン、デンマーク、ベルギーの学生たち。公開当時の映画評で、EUの縮図が描かれている、と読んだ記憶があります。

英国人のウェンディを尋ねてきた弟ウィリアムは世間知らずで身勝手なアホ男で、他のメンバーはみんなウンザリ。彼女は彼女で同居人たちのだらしない生活にいつもカリカリしています。英国はやっぱりEUからちょっと浮いた存在。

ここから更にネタバレ
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-15 02:56 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(4)

ブランダード日仏比較


9月にアークヒルズのオーバカナルで食べて、名前を覚えたばかりのタラのブランダード。オーバカナルで食べたのがおいしかったので、パリでも食べてみました。滞在中、唯一食べた海の幸です。ちなみに左の写真は、東京のオーバカナルで食べたもの。ランチコースの前菜として出てきました。
b0031055_2245638.jpgで、こっちがパリで食べたブランダード。バゲットのトーストが3枚のっているのは同じだけど、ぜんぜん違う食べ物だった。アツアツのマッシュポテトにほぐした干しダラの身がどっさり入ってる感じ。メニューでは前菜ではなくメイン料理のところに出ていたのにも納得。食べ始めはホカホカでおいしくってウハウハ食べてたけど、ちょっと冷めてくるとすごくしょっぱい!タラの塩をもうちょっと抜いてくれれば良いのになー。結局完食ならず。2~3人でシェアすれば丁度良いかも。
と言うことで、私の判定は、ブランダードを食べるならアークのオーバカナルへ、ですね。
ところで、このブランダードを食べたお店も「新・パリでお昼ごはん」で目星をつけておいたところ。他にもちょっとしょっぱいなー、と思ったお店があったので、この本の著者はもしかしたら濃い味付けが好きなのかな?
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-12 22:17 | -パリ(2005/10) | Trackback | Comments(0)

SWEETS三昧♪その3:マレで食べたタルトタタン

おもむろにまたパリの話です。「SWEETS三昧♪その3」なんですが、「その2」をアップしたのは昨年10月23日でした(汗)。今回はパリで絶対に食べたかったお菓子、タルトタタンです。
b0031055_2120029.jpg最終日、パリ在住の知り合いの方にマレ地区を案内してもらっていたときにに寄ったカフェで、念願のタルトタタンにありつけました~。パリのスイーツにしてはビッグサイズ。3人で1個で充分でした。ほんのりあったかくて幸せだった~。
フレッシュのままのリンゴをザクザク切ってスパイスをまぶしてパイ生地に包んで焼くアメリカンパイや薄いパイ生地でリンゴをクルクルと包んだアップルシュトゥルーデル、焼きリンゴ、リンゴのお菓子って素朴な甘酸っぱさがあって大好きです。
東京でおいしいタルトタタンを食べたい時に行くのは渋谷のドゥ・マゴ。ドゥ・マゴでは甘くないホイップクリームが添えられていますが、パリではサワークリームが添えられるのが一般的なんだそうです。こっちの方がおいしい!
b0031055_21285681.jpgお店の場所はわからないけれど、とりあえず名前だけは写真に収めてきました。中村江里子の本に出てるらしいです。店内に入ると壁際の棚にいろいろなパイやタルトがホールで並んでいます。チーズケーキもおいしそうだった。隣のテーブルで食べていたレモンメレンゲパイも超巨大でちょっと食べてみたい感じ。もともと繊細なスイーツより素朴な焼き菓子の方が好きなので、ここはまた行ってみたい。
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-11 21:32 | -パリ(2005/10) | Trackback | Comments(2)

やったね!チケットゲット!

b0031055_21303510.jpg「12人の優しい日本人」では自力でチケットを入手できずに公演終了間近までハラハラしましたが、三谷作・演出、次回作「PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場」のチケット、余裕で無事ゲット!良かった~。
昨年のコクーン歌舞伎に続き、また劇場での歌舞伎鑑賞になります。年内に歌舞伎座デビューなるか?後はチケット取れてる日に出張が入ったりしないことを祈るばかりなり。七福神様よろしくお願いします。
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-10 21:33 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(10)

CSIニューヨーク

b0031055_21382948.jpg昨日からWOWOWで始まった「CSIニューヨーク」。WOWOWでは既にラスベガスとマイアミが舞台のシリーズ第1、2作が放送されていましたが、第3作は舞台がニューヨーク、そして主演がゲイリー・シニーズということで、初めて見てみました。
ニューヨークの放送前にマイアミをやっていたので、まずはそれから見始めたら、これがおもしろい!物的証拠をとことん洗い出して、容疑者に有無を言わせないところがアメリカ人には受けてるのかな?
そして、ニューヨーク編が始まりました。ゲイリー・シニーズ、カッコいいです。この人はやっぱりこういうリーダー役が似合うなあ。
それはさておき、事件は結構グロテスクで正直しんどいです。こういうの弱いんだよなー。毎回こんな感じなのかなー。見たいけど怖い。でも、捜査の過程はおもしろい。例えば、被害者の写っている写真がどこで撮られたのか?被害者の身長、左後ろに写っているクライスラービルの尖塔、右後ろに写っているシティーコープビル(だったかな?)を元に、その場所がコニーアイランドのとあるアパートであることをあっという間に割り出してしまう。三角測量、とか言ってたかな?CG画像みたいなので瞬時に場所が特定できてしまうのです。
そして、やっぱりニューヨークの美しさ。橋やミッドタウン5番街、6番街あたりの空撮映像、マンハッタンの遠景などが随所にちりばめられていて、そのたびに溜息が出ます。
初回放送ではゲイリー・シニーズ演じるCSIリーダーのマック・テイラーは9.11で妻を失っていることがわかりました。事件が解決し、タクシーに乗り込んだマックが運転手に「Ground Zeroへ」と告げます。そこに降り立った彼が工事現場の柵越しに暗闇の空間を見つめるシーンで終わりました。ニューヨーカーを描くときに、もはや9.11は避けることのできない事象なのでしょう。
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-08 22:02 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(2)

三谷脚本4本連続見!大賞は「新選組!!」

b0031055_17214613.jpg年末の「12人~」観劇から休む間もなく、元旦の「新選組!!土方歳三最期の一日」、3,4,5日の「古畑任三郎FINAL」と三谷脚本ドラマにどっぷり漬かりました。
最終日には29.6%の視聴率をマークした「古畑」が世間的には話題をさらっていますが、私としてはやっぱり「新選組!!」が一番良かったです。まあ、比べるものでもないのですが…。
2004年に1年間、毎週見て、ハラハラして(いろんな意味で・笑)笑って泣いた「新選組!」。脚本家である三谷さん、出演した俳優陣、製作者、そしてファンの熱い思いが、この続編に向かって一直線に繋がっていた。そう感じさせるオープニングにいきなりジワッと涙が…。
そう、オープニングの土方登場シーンは放送前から話題になっていましたが、池田屋に土方が現れたときのきめ台詞「待たせたな!」で始まりました。くぅーーー。それから大河から見ていたファンにはたまらない試衛館の回想シーン。一人一人の台詞は短いけど三谷さんの台詞は登場人物の性格をちゃんと踏まえてるから、この人ならこう言いそうだ、ってことをちゃんと言ってくれるんだよね。でもって、回想シーンをただのサービスショットに終わらせず、このシーンの会話がちゃんとその後に台詞に活きてくるところなんかもニクイ。

三谷さんがインタビューで、今回の続編は「もう一人の主人公である榎本武揚との対立から生まれる最終的な友情や、降伏か死かというギリギリのところで繰り広げられる男たちの会話劇」と語っていたように、一番の見せ場は、降伏を決めた榎本と、それを撤回させようと乗り込んだ土方との長い激論と対話のシーンでした。
「一人で切り込ませてくれ。その後に降伏すりゃあいい。」と言っていた土方が「これは希望のための戦いだ」と言うまでに気持ちが変化した。
会話というのは、そのときそのときに自分の中にいろんな選択肢があって、その中から言葉を選びながら進めていくのだけど、そのひとつひとつの選択肢から、このときの榎本なら、土方なら、きっとこう言ったはずだ、という言葉を選んでいって、最終的に「希望」にたどり着いた、っていう展開だった。つまり、最後は「希望の戦い」にするって決めておいて、そこに会話をつなげてるんじゃなくて、この状況で、二人が話し合って降伏を取り下げたのなら、こんな会話があったはずだ、っていうストーリーだったと思うんです。
ダラダラと書きましたが、やっぱり三谷さんの脚本はいい!無理やり持っていくっていうところが無いのがいいんだよね。

土方と対する榎本役の片岡愛之助さん。作り手も見る側も思い入れたっぷりのこの作品にポンと入ってこれだけの存在感。上方歌舞伎の俳優さんだそうで、やはり歌舞伎の人は幼い頃から芸を磨いているからこそ出せるのでしょうね。べらんめえ調がカッコいい榎本でしたが、あえて江戸ではなく上方の役者さんをキャスティングしたところがすごいなー。オランダ留学の経験もあり、西洋の洗練も身に付けている、そんな役どころにピッタリでした。大鳥圭介役の吹越さんもですが、役と一緒に成長、なんて悠長な事言ってられない単発ドラマでは、やっぱり確実にみせてくれる人が選ばれてますね。

「戦いが終わったらここに牛を放牧する。」と蝦夷地開拓の夢を語る榎本、市村鉄之助に自分の写真とコルクを託す土方、そしてラストシーン、草原を多摩に向かって一直線に駆け抜ける鉄之助の姿、「最期の一日」というタイトルからは想像もつかなかった希望にあふれたドラマでした。「期待に応えて予想を裏切る」。これも三谷さんのインタビューからの言葉ですが、まさにそんなストーリーだった。

いろんなメディアで、まだ死んでない役の俳優さんたちが「新選組!!!」は自分の最期の1日をやってくれ、と言っているそうで、(沖田役の藤原達也くんは土方版のDVDの特典映像でいいんで、って言ってたらしい。笑)映画でも舞台でもいけそうな人ばかりだし、もう無いとは思いつつうっすら期待しておこう。

古畑もおもしろかったよ
[PR]
by fumiko212 | 2006-01-07 17:22 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback | Comments(4)