<   2005年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

6月のベットラ・メニュー

b0031055_1046267.jpgまたまた、ベットラに行ってきました。メニューはかなり夏らしくなってきていました♪確かこの日は午前中に走ったので、食前酒はビール!私にしては珍しい選択です。「オチアイおすすめ!」と、メニューに書いてあったものです。(銘柄失念。)
で、この日一番美味しかったのはこれ!本日のおすすめの中から選んだ前菜、ガスパチョです!落合シェフの料理本には出ているもののベットラで出会ったのは初めてでした。んもー、こんな美味しいガスパチョ、初めてです。ガスパチョって野菜は全て生で入ってますよね。そのワイルドさを味わうのがガスパチョなんですが、玉ねぎの辛さが口に残るのがちょっと苦手でした。このガスパチョ、玉ねぎは普通よりもむしろ大きめにカットしてあったのですが、辛味が全然ない!水さらしして辛味を抜いてる、というよりは全体に味が馴染んで、辛味はないけれど香りはちゃんとある、って言う感じでした。海老はたしか甘海老と書いてあったと思います。ほんのり甘味があって、スカンピっぽい味に感じるのもGOODでした。この日はこの一皿に尽きる、という感じで、ベットラの懐の深さというか、引出しの多さを改めて実感。やっぱり毎月通わなくちゃなー。
b0031055_10475156.jpg


その他の料理はこちら
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-26 11:27 | カフェ・レストラン | Trackback(2) | Comments(6)

今週末のスタスタ&ジョグ

昨夜、またまたお腹が痛くて(最近調子悪いなー)予定していたディズニーシーを急遽中止に。替わりに夕方から走ってきました。先週と同じ、1周2.1kmのコースを3周。前回は最後の1周だけ走ったので、今回は500mだけ走る距離を増やして、最後の2.6kmを走りました。この4倍走るのかー、と気弱になる。
ペースはスタスタは相変わらずキッチリ100m1分、ジョグは500mが3.5分くらい?息が苦しくならない程度を保つように、という感じで。でも最後のほうはやっぱりハーハーしました。
今回は膝は痛くならなかったけど、飲み物なしで走るのは辛かった。要所要所に自販機があるので200円ポケットに入れて出かけたけれど、止まりたくなくて結局家まで水分なしで、帰宅後に黒酢を水で割ってゴクゴク。健康になる感じ♪
しかし、1週間ぶりだとなんとなくあっちこっちが痛くなりそうな気がして不安なので、平日1日くらい走れたほうがいいなー、といっぱしに考えるようになってきてます。
あ、ちなみにシューズはまだ買ってません。
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-25 20:49 | 練習の記録 | Trackback | Comments(4)

Musical Baton

最近、リンク先の方のブログでちらちら見かけていたMusical Baton。誰かまわしてくれないかなーと思っていたら、Portia's Cafeのportiaさんがまわして下さいました!ありがとうございます!
音楽疎いので、みなさんをうならせるような音楽はご紹介できないけど。。。

Q1,Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
いきなりパッとしない回答なんですが、ほとんどゼロです!だって、ipod買えない環境ですから~。先日、Sonyのメモリースティックウォークマンというのをもらったときに、CDからダウンロードしたんですが、どこに保存されているのかよく分かりません。すいません。

Q2, Song playing right now
(今聞いている曲)
リゾートっぽい感じの90年代初め頃の曲がかかってます。

Q3, The last CD I bought
(最後に買ったCD)
最近買ってないなー。元々あんまり買わないんですよー。今Amazonのアカウントサービスで見てみたら、5/22に「マイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~アット・ザ・ムーヴィーズ」を買っていました。STINGの企画盤です。

Q4, Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
1. CRANBERRIES "Dreams" /「You've got mail」サントラより
映画You've got mailのサントラはここから5曲選んでもいいくらいに好きなCD。映画では、冒頭でメグ・ライアンとトム・ハンクスが初秋のアッパー・ウェストサイドをスタバのカップを手に歩く通勤風景のシーンで流れます。一番好きなシーン。

2. Ernestine Anderson "My Melancholy Baby"
エラ・フィッツジェラルドやダイナ・ショアも歌っていますが、私が好きなのはこのアーネスティン・アンダーソンの歌による録音。自動人形師ムットーニ(武藤政彦さん)の作品「メランコリー・ヴィーナス」で使われていたのが彼女の歌でした。CDでは見つけられず、中古レコードでやっと手にした1枚。

3. "Super Trouper" /「Mamma Mia!」サントラより
これは思い入れソングじゃなくてよく聞く曲のほうです。カーステレオに入れっぱなしで運転中は必ず聞いてます。絶対に眠くならない!一番耳に残っていた曲を選びました。

4. "Waltz For Debby"
Bill Evans Trioによるヴィレッジ・ヴァンガードでの録音が有名ですが、私にとって思い入れのあるバージョンは、小曽根真さんが演奏したもの。J-waveでやっている小曽根さんの番組「OZ MEETS JAZZ」の中で、「ジャズのワルツって?」というのを説明する為に演奏されました。偶然、録音していたので今も手元に音源が残っています。Bill Evansよりかっこいいですよ。

5. S&G "Mrs. Robinson"
最後の1曲、うーん、と悩んで、NYに関係ある曲にしようかと。。。S&Gの曲は歌詞によくNYが出てきますね。ぼんやり聞いているとNYに行きたいなー、という気持ちにさせれられます。この曲はNYは出てこないけれど、ギターとコーラスがかっこよくて好きな曲なので、選びました。

よく聞く曲はいいとして、「思い入れのある曲」って難しいですねー。「好きな曲」っていうのとはちょっと違う気がして。ちょっと悩みすぎたかも。もっと直感で選んだほうが良かったかな?

Q5, Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)
最近、リンクつきでコメントを下さった5人の方にお願いしてしまいます!勝手にごめんなさい!面倒だったらパスしてくださいねー。

There's Gotta be Something Better than This!のMARIさん
むさじんの部屋のmusajinさん
LOVELYのみいこさん
♪♪♪yuricoz cafe♪♪♪のyuricozさん
Monologue~Sentimental Heartのnanaさん
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-25 13:28 | 音楽 | Trackback(4) | Comments(10)

エントリー完了!初レースにむけて1歩前進

エントリーしました。
札幌マラソン10km女子30歳以上の部。
これが初レースになるのだろうか?やる気を出した頃にはエントリー期限を過ぎてしまった前回(東京シティロードレース)とは、スタートから違う感じ。。。今後の展開が自分でも楽しみです。

ヒコーキやホテルの手配で挫折しないようにしなくちゃなー。

nanaさんにTBです。
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-25 10:12 | 練習の記録 | Trackback(3) | Comments(5)

フリーペーパー

b0031055_197259.jpg

前の仕事は自転車通勤だった私。最近電車通勤になって、3年前と変わったなーと思うのが地下鉄の駅にフリーペーパーのラックが多いこと。
R25は自転車通勤時代に美容師さんに教えてもらって以来、見つけるともらってます。コレ人気なのか?地元の駅のラックは発行日の木曜でもいつも空。今日は金曜なのに、帰りの乗換え駅で見つけました。モテリーマンとかくだらないのについつい見ちゃいます。
タワレコのバウンスとかメトロポリスとか、今も人気あるのかなー?駅前でフリーペーパーを配ってるのを見るとNYの朝の地下鉄の駅でタブロイド版の新聞を配っている風景を思い出して、少し嬉しくなります。
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-24 19:07 | 本・雑誌 | Trackback | Comments(2)

「くちぶえカタログ」

b0031055_22175655.jpgみいこさんの「いい本」にトラックバック!

みいこさんのブログで読んでから、ずーっと読みたかった本がやっと手元にきました。買わないで図書館に予約してたんです。すいません、みいこさん。
松浦 弥太郎著「くちぶえカタログ」
とりあえず気になるところからあっちこっち読みかじっている状態ですが、すごくいいです!松浦さんが長く愛着を持っているモノやことや人や街や、いろんなものについて1ページずつ紹介されています。ひとつひとつ大事にしている感じが、紹介されているエピソードと添えられた写真から伝わってきて、すごくあったかい気持ちにしてくれます。

私はまだ使えるものを買い換えてしまうのが大の苦手でして、最近、風水だー!とバンバン捨てていますが、元来はもったいながりやでなんです。古ーい形のバッグを持って、そのバッグを買ったお店に入ったときに、店員さんに「うわー、懐かしい!今見ると新鮮でかわいいですね~。」と嬉しそうに話し掛けられたことがあります。しかも違うバッグでそれぞれ別のお店で2回も。そういう性格から来ているのか、誰かの愛用品をそれに対する思い入れと共に見るのが大好きです。愛用品って必ずそれを使っている理由がありますよね。そういう話って一人一人みんな違うから、いくつ聞いても飽きないです。で、そういう話で共感できる部分が多いと、その人とすごく仲良くなれる気がしてきます。

この「くちぶえカタログ」(ってタイトルがいいですねー。)で紹介されているものは、自分も好きなものだよ、とか、そうそう、とか、うわー、気になってたものだー、というのがすごく多い。挙げるときりがないけど、1つだけ。
「関口ベーカリーのパン」
美味しくてこじゃれたパン屋は探せば探すだけ見つかる今だ。しかし、子供が習い事や遊びの帰りに立ち寄り、小銭でパンを買って行く光景があるパン屋はそうは見つからない。
そうそう、そうなんだよー。私が今でも一番美味しいと思っているパン屋さんは、白山通り沿いにある、昔ながらのガラスの引き戸をガラガラっと開けて、白い前掛け姿で絶対笑わないおじさんに「6枚切りにしてください」って頼んで食パンを買った、あのパン屋さん。だから、このページを読んだときの嬉しさといったら!

他にも、憧れの「シェ・パニーズ」の話や、サンフランシスコのランドリー(ランドロマットというらしい)の女の子が出てくるサンドウィッチの話、メープルシロップとパンケーキの話、随筆とエッセイの違いを探す為に本を5千冊集めたおじいさんの話など、思わずホロッとしてしまう話もあって、とにかく1ページに1回、幸せになれる本です。
紹介してくれたみいこさん、ありがとう!

ちなみに、著者の松浦さんは中目黒の古本屋さんCOW BOOKSのオーナーであり、以前ここで紹介した絵本「This is New York」などの「This is ...」シリーズの翻訳者でもある方です。
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-22 22:22 | 本・雑誌 | Trackback | Comments(13)

体力つけたい

b0031055_1454812.jpg

子供の頃から疲れやすくて、家ではいつもぐったりしている自分。会社では1日座りっぱなしなのに、翌日になっても体がだるいのはなぜ?これじゃ、平日走るなんて無理です。走って体力づくりするのが目標なのに、体力がなくて走れないというていたらく。
そこで、サプリメントの力を借りることにしました。昨年、親戚が薬局を廃業したときにくれたこのサプリメント。1個がマーブルチョコレートくらいあります。ウエー。でもタダだし、これで元気出るならいっかー。
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-20 14:05 | つぶやき | Trackback | Comments(5)

コクーン歌舞伎「桜姫」

b0031055_2258574.jpg渋谷Bunkamuraシアター・コクーンで「コクーン歌舞伎『桜姫』」を観てきました。今年で2年ぶり6回目の公演とのこと。6年前に他界した父が「コクーン歌舞伎」を観て帰ってきた日のことが今でも忘れられません。毎週のように芝居を観に行っていた父ですが、歌舞伎を見たのはコクーン歌舞伎が始めてだったらしく、どんな舞台だったかを興奮して話していました。普段からよく話した父ですが、この日は客席で水をかぶったりして相当楽しかったらしく、同じく舞台好きな私はかなり羨ましかった。
それから何年もたった今年、やっとチケットを取って観に行くことになりました。実は私も歌舞伎を見るのは今回が初めて。コクーン歌舞伎の顔、中村勘三郎さんは襲名公演の為に不参加なのが残念ですが、去年夢中になった「新選組!」の藤堂平助役、勘太郎君が出ているのが何より楽しみでした。(←ミーハー!)
演目の「桜姫」。ありえない展開の連続で、ドロドロ系の昼ドラの原型はここにあったのか!っていうような話です。明治以降の日本と違って、おおらかな時代だったんだろうなー。コメディ的な要素もたっぷりで、ドリフの原型も見た感じ。ストーリーは予習していったものの、NYでミュージカルやオペラを観たときと同じくらいの理解度かな?それでも充分に楽しめました。役者さんたちは桟敷席のお客さんも巻き込んで、暴れまわってました。小劇団の俳優さんもビックリの身の軽さ!お囃子とか拍子木みたいな鳴り物、それから客席の上のほうから「成駒屋」とか「中村屋!」と屋号を叫ぶ声も絶妙で気持ちいい。いやー、歌舞伎って楽しいですねー。
楽しみだった勘太郎君の歌舞伎役者っぷりにはほれぼれ。立役と女形(言葉の使い方があってるかは?)の2役で、立役のときは3枚目。七之助との息の合ったコミカルな演技で会場中から笑いを誘っていました。でも決めるところでは決まるんですよねー。で、女形の時は一瞬わからなかったくらいしとやかになってしまうんです。「新選組!」のときは育ちの良さそうな凛とした佇まいに惚れ惚れしていましたが、彼、いいですねー。もう、完全にミーハーで、心の中でキャーキャー言ってました。
江戸時代の女の子たちが歌舞伎役者に夢中になったのがわかるかも。小さな頃から芸を積んで、舞台で堂々と演じている姿は本当に美しかったです。福助のお姫様は美しかったし、橋之助の荒くれ男っぷりは粋でした。脇でひたすら笑わせてくれた坂東弥十郎さんと中村扇雀さんにはひときわ大きな拍手。ラストシーン、満開の桜の花をバックに、桜姫を中心に全員集合した図は豪華絢爛の美しさでした~。
というわけで、歌舞伎との出会いはかなりハッピーなものだったと思います。次は歌舞伎座で観たい!伝統芸能というだけでなく、時代と共にあるエンターテイメント。江戸の庶民の間から生まれた文化が東京で活き続けていることに感動です。
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-20 00:02 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback(1) | Comments(4)

有言実行

待ちに待った土曜日。ユニクロドライTシャツを着て、公園に行って来ました。
1周2.1キロのジョギングコースを1時間で3周。最初の2週はスタスタ歩き、最後の1週はモサモサ小走り(スタスタとスピードほとんどかわらず。)です。同じスピードでも走るとちょっと息が切れる。でも、走るほうが気持ちいいですね。
不安材料としては、走り始めてすぐに右膝に痛みが…。そういえばちょっとしたことで右膝が痛くなることが今までにもあったなー。なんか、いやな感じです。
筋トレとかすればよいのでしょうか?あ、その前に体重を減らせばいいのか。

今日はどこかの学校の陸上部なのかな?スタート地点に怖そうなおじさんが座ってて、びゅんびゅん走っている若い女の子に向かって「7周目、10分何秒!」などと叫んでいました。2.1キロ10分で、しかも7周目ってことは15キロくらい走ってるってこと?すごいなー。

家に帰って、オレンジジュースをゴクゴク飲み、お風呂に入って、そのあと1時間半くらい爆睡。平日にはとても走れないなー。また、ボチボチ休日にスタスタ&モサモサします。膝が痛くならないといいなー。不安。
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-19 00:47 | 練習の記録 | Trackback | Comments(11)

プチNY

b0031055_19562778.jpg

く、くるしい…
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-17 19:56 | 街角にて | Trackback | Comments(4)