カテゴリ:-NYホリデーシーズン2010( 25 )

アドベントカレンダー 24日目

b0031055_8212339.jpg

明日はいよいよクリスマス。子供たちの元にはサンタがやってくることでしょう。
大人の私たちも、もしかしたら青い鳥が落としていった鍵を見つけるかも?

明日は良いクリスマスをお過ごしください。クリスマスなんて関係ないという方も新しい年を思ってよい一日を。

HAPPY HOLIDAYS!
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-24 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 23日目

b0031055_8224757.jpg

6番街のくるみ割り人形たち。明日の夜、12時を回ると動きだし、ネズミの王様と戦う予定。
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-23 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 22日目

b0031055_8245775.jpg

トナカイはブーツを履いて準備OK!
トナカイはなぜフリルの着いたケープとリボンとヒールの ブーツを履いているのか?
以前何かで読んだ話ではこの時期に角が生えているトナカイは雌だけなのだとか。ルドルフなんて呼ばれてるけど橇を引くのはレディース軍団なのです!
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-22 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 21日目

b0031055_8405797.jpg

早いところでは10月からクリスマスの飾りつけをしている季節感ゼロの東京ではそろそろクリスマスにも飽きてくるころですが、本当なら今くらいが一番気分が盛り上がるんじゃないかなー?子供のころはそうだった。冬休みまであとちょっとだし。なんでこんな国になっちゃったんでしょうね。

さて、今日は冬至です。柚子湯と南瓜、日本ならまずこれですよ。
手元にある「ヨーロッパ歳時記」という本によると、キリストの誕生日が12月25日とされた背景には、冬至=太陽が生まれ変わる日を誕生日とするのがふさわしいという考え方があったそうです。(古い暦では冬至は12月25日ころだったそうです。)
日本では商業主導で広まったクリスマスですが、1年の労を身近な人たちとねぎらいあい、普段会えなかった人たちと集い、まだまだ続く冬の厳しさの先にある春を思ってしばしの休息を取る季節としてふさわしいのがこの時期だったというのは、北半球の住民であれば自然なことなのだと思います。日本はもう少し師走のあわただしさが続きますけど、それも25日ころには落ち着くというのが理想ですね。
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-21 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 20日目

b0031055_8342994.jpg

アッパーイーストにしては珍しい派手目のデコレーションですが、グリーンを基調にしているのでうるさすぎずまとめてます。こんなお宅には一体どんな一家が住んでいるのでしょうね~。
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-20 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 19日目

b0031055_82849100.jpg

アッパーイーストのアパートの入り口。リースだけでなくこんなアレンジメントもあるのです。これなら日本でもクリスマスの翌日に片づけたりせず松の内まで飾っておけそうじゃないですか?
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-19 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 18日目

b0031055_22503224.jpg

ティファニー本店の前の人だかり。これだけ明るければ人も集まってくるというもの。

今年のGWにブロンクスの教会でティファニー社の創設者であるチャールズ・ティファニーの息子、ルイス・ティファニーの制作したステンドグラスを見ました。そこから興味を持ってルイス・ティファニーについての本を読みました。
日本人女性ジャーナリストが取材したその本では、ティファニー社の創設期からの発展の様子が取材されていました。それによると雑貨店としてスタートした店が宝飾店として名を馳せるきっかけになったのはフランスの2月革命。革命勃発の際、ビジネスパートナーがヨーロッパで買い付け中だったために他社に先んじてそれまで門外不出だった貴族や王族の保有する宝飾品をいち早く大量に買い付けることに成功したのだそうです。その後、順調にビジネスを成功させていたティファニー社ですが南北戦争の時代には北軍向けの武器や軍服用のボタンなどを扱っていた歴史もあるのだとか。そのおかげで軍の保護を受け、高価な品物を扱う宝飾店でありながら当時ニューヨークの商店を襲った暴徒による破壊や略奪から店を守ることができたのだそうです。

現在の本店のきらびやかな栄華の裏には、清教徒的な勤勉さや開拓者精神だけでなく、時にしたたかに激動の時代を切り抜けてきた歴史が隠されていたのですね。それは負の歴史なのかもしれませんが、確かな品質の製品を扱う店として憧れと信頼を得ていくという過程において必要な歴史だった、ということなのでしょうか。
ティファニーが武器を!と少し驚き負の歴史などと書きましたが、何を隠そう、私が20代のころ働いていた会社も武器を扱っていたことを思い出しました。

今夜はジョンとヨーコのハッピークリスマスを聴こう。
WAR IS OVER! if you want it.
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-18 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 17日目

b0031055_22381485.jpg

このリースはゴールド一色。アッパーウエストだったかな?イーストだったかな?さりげなく無造作にかけられているようで、9つに区切られた窓付きドアとその下の手書き風の番地とのバランスが絶妙。
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-17 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 16日目

b0031055_222447.jpg

12月に入った東京ではベートーベンの交響曲第9番の演奏会が毎日どこかで開かれていることでしょう。ニューヨークでは毎年クリスマス前最後の週末あたりにニューヨークフィルによるヘンデルの「メサイア」の演奏会が開かれるのが恒例になっているようです。以前はリバーサイド教会が会場だったこともあったと記憶していますが、ここ数年はリンカーンセンターのエイブリーフィッシャーホールで行われています。12月のニューヨークでいつか一度聞いてみたい演奏会です。

写真はリンカーンセンターのメトロポリタン歌劇場のバルコニーに飾られていたツリー。以前は広場の真ん中に大きなツリーが飾られるのが恒例でしたが、改修工事が終了したこの年にはこんな小ぶりなツリーが高いところにぽつんと飾られていました。てっぺんには小さな雪だるま。カラフルなオーナメントでぎっしりと飾られていました。こんなかわいいツリーがゴージャスの極みの歌劇場に飾られているのがなんだかアンバランスですが近くで見るには劇場に入るしかありません。そうだ、次はオペラグラスを持っていこう。
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-16 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)

アドベントカレンダー 15日目

b0031055_20233038.jpg

天井からは紙テープ、床には紙ふぶき。ここはどこかというとスーパーの中。パーティーの買い出しに行ってこんな風になっていたらテンションあがります!
[PR]
by fumiko212 | 2012-12-15 00:00 | -NYホリデーシーズン2010 | Trackback | Comments(0)