カテゴリ:-香港(2011/12)( 6 )

自分史上一番高いところ

モンマルトルのエントリに「高いところ倶楽部」のタグを付けましたが、大事な記録をアップするのを忘れてました。香港の高いところにも上りましたよ。

香港にいて目につく高いビルは確か2つあって、1つは香港島、もう一つは九龍側に見えます。九龍側の方は展望フロアがある様だったので行ってみました。
b0031055_22291425.jpgめざすビルはあそこ。電車だとアクセスが悪そうだった(自分たちのいる場所からのアクセスが悪かったという意味です。最寄にちゃんと電車の駅がありました。)ので歩いてみることに。しかし、高いビルというのは見た目近そうでも実は結構遠くにあるものです。この時も途中まで歩いてみたものの全然近づけていないことに気づいて途中でタクシーを拾うことに。しかし中途半端に近づいたため、まだまだ開発中で人気がないこのエリア、タクシーを拾うのも一苦労でした。トホホ。


香港にしてはややお高めに感じるエレベーター料金を支払い一気に地上100階の展望フロアへ。香港でこの眺望ならまずまず高いところ日和だったのではないでしょうか?
b0031055_2235847.jpg
b0031055_2235317.jpg
b0031055_2236277.jpg
b0031055_22354664.jpg

年越しの瞬間にはこのビルに2012の文字が浮かび上がっていました。
b0031055_22372716.jpg

天気が良ければ暗くなってからも上ってみたいです。
[PR]
by fumiko212 | 2012-08-31 22:39 | -香港(2011/12) | Trackback | Comments(0)

香港で買ったもの

食べたものの次は買ったもの。最近、私の旅行はこれに終始しているような気がします。同じところばかり行っているから、ということだけではないような、、、もう少し文化的な活動もしたいのですが、食も文化ですからね。買ったものももちろん食べ物ばかりです。

ビン・缶もの。
今回の買い物は一番最初にマークス&スペンサーに行ったものだから全体的にイギリス物が多くなってしまった。西洋かぶれ人間なので後に行っても同じ結果かもしれないですが。
左から、八珍のXO醤、M&Sのタルタルソース、八珍の芝麻醤、土鍋ご飯用醤油、貝柱入りオイスターソース、ハニーマスタードドレッシング、ベイクドビーンズ缶、鶏がらスープの素。ハニーマスタードドレッシングは塩味が薄く甘みが強い。その辺のバランスが微妙に悪く、これがイギリスの微妙さなんだろうなという味。ベイクドビーンズを開ける気がなかなか起きそうもない。鶏がらスープも家の買い置きがなかったよねと癖のなさそうなのを。
b0031055_22365064.jpg

お茶いろいろ。
紅茶はリーフティが買えるのかと思いきや、ティーバッグしかないのですね。ホテルのショップだと香港で買う意味ないくらい高いので結局これしか買えなかった。
八珍になぜかyogiティが豊富だったので今回はレモンジンジャーを。yogiティはリコリスが入っていることが多くて甘みが強いのが苦手なのですが、これはあまり甘くなくてよかったです。リプトンのレディグレイは先日直島のベネッセハウスで部屋に置いてあってとてもおいしかったので。右下はアールグレイだと思って買ったのだけど後でよく見たらEMPRESS GRAYと書いてあった。中国茶とベルガモットフレーバーと書いてありました。中国茶版アールグレイってことですね。まだ味見してません。
b0031055_221909.jpg

お菓子、乾物など。
チップス、パッケージのデザインがかわいくて思わず買ってしまった。いろんな種類がありました。M&Sに限らず、イギリスのスーパーのものってデザインいいですね。私がイギリスに行ったのは1回きりですが、ハーヴィーニコルスの食品のパッケージもかっこよくて買いまくった記憶があります。森井さんのスーパーマーケットマニアでも別のスーパーのオリジナルデザインものを絶賛してました。
ブラックオリーブ入りクラッカーもM&Sの。これおいしかったです。なんというかこれ1枚で口の中が外国の味になります。チーズのせたりスープに入れたり。ジンジャークッキーも癖になる味で結構おいしかった。
ネギクラッカー、今では日本でも普通に変えますが、かといって日本ではわざわざ買わないので。もうすぐ健康診断なのにこういうのにチーズ乗っけてワイン飲んで、今年の結果はどうなることやらだ。
右はライスヌードル。バミセリと書いてあります。汁麺、炒め、両方の調理法の説明が書いてありました。
乾物はこれ以外に蓮の実と中国産どんこしいたけ。日本じゃ中国産敬遠するくせに、肉厚でおいしそうだったからつい買ってしまった。おいしかったです。
b0031055_22192536.jpg

NYに行けなかったのでPAPYRUSでもカードを1箱買いました。ホリデーものだったから半額でしたが、NYで買うよりはちょっと割高な印象。よく見るとPAPYRUSブランドでないものの方が多いんです。去年散々悩んで買わなかった写真を入れられるカードを購入。だったら去年のほうが選択肢も多かったのに。ハヌカのカードもあってかわいかったんだけど、確実に使い道がないので我慢しました。香港にもジューイッシュいるのでしょうかね?
セントラルのPAPYRUSの入っていたショッピングモールはインテリア、キッチン用品、雑貨、紙ものの専門店が軒を連ねており、もし1人だったらここに半日かけたい感じでした。香港はしばらくというか、何となく自分にとって鬼門の地だと気づいてしまったので(前回の初香港の時も心身ともにボロボロだった)、今後、積極的に行くことはないと思ってるんだけど、あそこだけはもう一度じっくり見たいんだよなー。悩ましい。
[PR]
by fumiko212 | 2012-01-08 23:02 | -香港(2011/12) | Trackback | Comments(2)

香港指差し料理図鑑2011 第3日目

あっという間に最終日。
この日は朝から飲茶。これまたガイドブックに載りまくっている陸羽というところ。早朝すぎて常連さんぽいリタイアしたおじさんみたいな人しかいない。ガイドブックではオーダーシート式と書いてあったけど、実際は駅弁売りのように蒸籠を首から下げた小母さんがパラパラと店内を巡回していた。この方式だと、自分が食べたいものがいつ来るのかわからないし、果たしてくるのかもわからないし、でも今これ食べちゃってお腹一杯になっちゃったら後から来たのが食べられないし、と困った展開になるのです。この問題はどうやって解決すればいいのかわからない。結局一番食べたかったフカヒレ入りスープ餃子と腸粉が食べられなかった。
とはいえ出てきたものはみんなおいしくて満足でした。野菜入り蒸し餃子、湯葉巻き蒸し、なんだかわからないけど蒸し餃子(これだけはおばさんが醤油をかけてくれた)、叉焼パイ、蓮の葉で包んで蒸したご飯、蝦蒸し餃子、細切れの鶏肉にすり身をかぶせて蒸したもの。
b0031055_23271497.jpgb0031055_23272931.jpgb0031055_23274156.jpgb0031055_23275389.jpg
b0031055_2328834.jpgb0031055_23282069.jpgb0031055_23283512.jpg
昼は海鮮。無料のボートで迎えに来てくれる南Y島の海鮮料理屋さんに行ってみた。日本から電話して予約しておいたけど何となく不安なままガイドブックに出ていたセントラルの9番埠頭に行ってみた。閑散とした船着き場は他の埠頭に比べてかなりローカルな雰囲気。中国人の団体ツアー客がワイワイと船を待っている。ベンチに座って呆然としていると、手にクリップボードを持った若い女の子2人組が話しかけてきた。別の観光地でも似たような年恰好の女の子がアンケートに協力してと話しかけてきたので、その手の子かな?と無視しかけたら、迎えの船が来る前に予約を確認してチケットをくれる人だった。シール式のチケットを胸に貼ってボートに乗り込む。小一時間だったか船に揺られて島に到着。水槽でブツを選ぶこともできたのかもしれないけど、促されるがままに写真入りメニューを見ながらオーダー。
突き出しの茹でピーナッツ(ここのは辛い味付け)、マテ貝(?)の炒め物、カニ入りコーンスープ、シャコのニンニク揚げ、ホタテのグラタン、魚の蒸し物。
どれもこれもおいしかった。あっという間に食べ終わってしまった。
b0031055_23435535.jpgb0031055_23442274.jpgb0031055_23444140.jpg
b0031055_23445264.jpgb0031055_234585.jpgb0031055_23452239.jpg
市内に戻ってしつこくスイーツ。満記甜品で仙草ゼリー入り楊枝甘露、胡麻&胡桃汁粉。お汁粉にはナッツ入りの白玉が沈んでました。スイーツはどこで食べても満足度が高いです。マンゴー系も白玉系も間違いなくおいしい。
b0031055_23494567.jpgb0031055_23495988.jpg
夕食は土鍋ごはん。これ食べたかったんだ。ガイドブックに載っていた香港島側のお店が移転してしまったのか見つけられず、今回は食べられないかとあきらめかけていたんだけど、女人街を冷やかした後に行列しているこの店にたどり着けた。すぐ隣も土鍋ごはん屋なんだけどそっちはガラガラなんだよなー。一つ頼んだのと違うのが来たことに後から気づいてテンションが下がったけどおいしかったです。鶏肉入り、梅菜と豚肉、鶏肉と中華ソーセージの3つ。梅菜と豚肉が一番おいしかった。梅菜の酸味が絶妙。これはリピートしたい。
b0031055_23524074.jpgb0031055_23525949.jpgb0031055_23534852.jpg
最後はスーパーで買ったポメロー。食べ出がありました。
b0031055_23583191.jpg
さらに帰国直前(翌朝です)、空港にて龍眼&棗茶。棗茶は好きなんだけど、これは龍眼の味が濃かったのか、無理な味でした。1/3でギブアップ。それでもコーヒーよりは知らない味にチャレンジしたいのだ。だから最後がこれだったけど満足。
b0031055_014538.jpg
中3日、4泊5日の香港、食べ物に関しては思い残すことはなかったです。
[PR]
by fumiko212 | 2012-01-08 00:08 | -香港(2011/12) | Trackback | Comments(0)

香港(マカオ)指差し料理図鑑2011 第2日目

2日目は日帰りでマカオへ。そのため朝はホテルのブッフェ。残念ながらあまりおいしくない。特に蒸籠からとった焼売、あれは食べ物の味がしなかった。腐ってないものを久々に口から出しました。すいません。

前日に香港で歩き回りすぎた疲れが残っておりマカオではあっという間に足がジンジンしてきた。世界遺産は半分以下でギブアップ。
お昼はガイドブックに載っていたポルトガル料理屋さんへ。南方系の顔立ちをした女性サービス係がきびきびと立ち働いており気持ちがよいお店でした。左からイワシ、タコ入りサラダ、干しダラのグラタン、ポルトガル風ライス(ピラフ)。このほかに南イタリアの白ワインによく似た味の白ワインを飲んだ。
b0031055_228372.jpgb0031055_224938.jpgb0031055_22491498.jpgb0031055_22492791.jpg
エッグタルト(お店の表記ではカスタードタルト)。アツアツすぎて味がよくわからなかったのが残念。カスタード部分がフルフルで見るからにおいしそうなタルトでした。
b0031055_2251556.jpg
牛乳プリンの店へ。左からプレーンタイプ(冷)、ゆで小豆乗せ(冷)、生姜(温)。温かい生姜プリンが念願の一品だったんだけど、冷たいの2つが先に出てきていてそっちをかなり食べていたので、生姜プリンが出てくるころには甘いのもういい、という状態だったのが心残り。歩き疲れたところで一番に食べたかった。
b0031055_22545973.jpgb0031055_22551056.jpgb0031055_22552588.jpg
香港に帰って夕食。イカ団子麺がおいしいと紹介されていた麺屋さん「文輝墨魚丸大王」。四寶と書いてあって、4つのトッピングの内の1つがイカ団子。他にも魚の練り物系と水餃子が1つ。水餃子は種がジューシーでおいしいんだけど皮が厚ぼったいのでつるっとした食感でないところがマイナスポイント。淡白で弾力のあるイカ団子もおいしかったけど、岩のりみたいなのがたっぷり入っていてそれがいい仕事してました。隣の小さな女の子を連れたお母さんは麺を1つとスープにイカ団子だけが入っているのを食べていた。適当に頼んだ菜の小皿は茹でたレタスだった。もう一つの付け合せは湯葉巻き揚げと書いてあったので春巻きみたいなものを想像してたら中は魚のすり身で要はさつま揚げだった。揚げたてでおいしい。
b0031055_22554193.jpgb0031055_2311719.jpgb0031055_2313535.jpg
帰りに許留山に寄ってお持ち帰りしたマンゴープリンとマンゴー系デザート。甘いもの率の高い1日でした。
b0031055_238263.jpgb0031055_2383090.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2012-01-07 23:10 | -香港(2011/12) | Trackback | Comments(0)

香港指差し料理図鑑2011 第1日目

ホテルの近くの24時間やってる飲茶。深夜0時過ぎ、若者グループ、タクシーの運転手さんなどでほぼ満席のにぎわい。鶏肉をせいろで蒸したのが一番おいしかった。叉焼饅はあまり味がなかった。ウズラの卵が入った焼売がちょっと変わってて面白かった。
b0031055_191114100.jpg

ここからが本当の1日目。生記のお粥。左から皮蛋、魚の練り物と牛肉、魚の切り身。魚の切り身はお刺身入り希望だったのに間違っちゃった。3つともお粥を炊いてるだしというのかな、そもそものお粥の味付けが全然違う。1個の鍋でお粥は炊いてるんだと思うんだけど、具を乗っけるだけでなくてそれぞれに合った味に仕上げてるんでしょうか。魚の切り身入りは生姜が効いてておいしかった。付け合せにさつま揚げのようなものも頼んだ。アツアツでこれもおいしい。
b0031055_19113462.jpgb0031055_19114084.jpgb0031055_19114987.jpgb0031055_19115225.jpg
スタバのスイカジュース。
b0031055_19105457.jpg
昼は北京ダック屋さん。(「鹿鳴春」)左の2皿は突出し。青菜のにんにく炒めとエビチリという名のエビフリッターの甘酢和えっぽい料理。
b0031055_1914452.jpgb0031055_1914778.jpgb0031055_19141476.jpgb0031055_19141737.jpg
北京ダックは丸ごと登場して目の前でみるみるスライスされていく。肉汁がドバドバ滴ってくる。こりゃおいしかった。あまれば持ち帰れると書いてあったがあっという間に完食。
b0031055_1914204.jpgb0031055_19143082.jpgb0031055_19142463.jpg
夕飯はワンタンメン。今振り返ると3日間食べたものの中でこれが一番おいしかったような気がする。たぶんみんながいつも行くところ。字が思い出せない。(「沾仔記」)セントラルが最寄駅で坂の途中にあるところです。で、ここに行ったのが9時過ぎだったんだけど、3軒くらいはさんだ並びのベトナム料理屋が大行列だった。機会があれば行ってみたい。
b0031055_19164863.jpgb0031055_191653100.jpgb0031055_19191973.jpg
〆はホテルの近くのスイーツ屋さん。電気街の晶という字がつくところ。(「晶晶甜品」)このあたりで一番人が並んでた。楊枝甘露と黒胡麻餡白玉入り生姜スープ。どっちもおいしかったなー。スイーツではここで食べたのが一番おいしかった。同じメニューで食べ比べてはいないけど。母が生姜スープを再現すると張り切ってます。ほぼ日のシロップをお湯で割って白玉団子を入れるのだそうです。楽しみじゃ。
b0031055_19195948.jpgb0031055_1920169.jpg
第2日目、マカオ編につづく。
[PR]
by fumiko212 | 2012-01-04 19:46 | -香港(2011/12) | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます

2012年です。2000年代も一回りしました。特別な抱負は何もないのですが、自分の意思にかかわらず公私ともに環境がガラリと変わる1年になることになっています。母が無事に次の年末を迎えられればそれでよしというのが私のただ一つの願いです。

三が日は初詣にも行かず引きこもって年賀状書きに没頭しました。年末に印刷した年賀状が大失敗で使えなくなってしまったので、元旦から届いた年賀状にひたすらお返事を書いています。宛名、本文、オール手書きです。
はがきも買えなかったので、今まで美術展で買い続けたポストカードを大放出しています。いただいた年賀状を見ながら、その方に合わせたカードを選ぶのが結構楽しくて、そこに一番時間をかけています。お嬢さんのバレエの発表会の写真入り年賀状をくださった方にはドガのバレリーナ、家族の富士登山写真入り年賀状をくれた友人には北斎の赤富士、台湾に行ったという友人には故宮博物院にありそうな唐三彩の狛犬のカードという具合です。またはその人が好きそうかなというイメージで絵柄を選んだり。またFから忘れたころに非常識なはがきが届いたと笑われるかもしれませんが、そもそも年賀状なんて自己満足の世界ですからいいのです。

そうだ、今年の抱負はもう少し頻繁にブログを更新したいと思ってます。これも毎年書いているような気がしますが、昨年は旅行によく行った1年だったような気がするのですがあまりブログを書けずにいたのでネタはたくさん眠ってるのです。直島は反省しか書けてないし、パリは途中で止まってるし、東北や京都は何も書けてないし、1年前のニューヨークだってまだ全部書けてないんだから。これで1年ネタが持ちそうです。ウシシ。

今年もよろしくお願いします。

b0031055_2330147.jpg
b0031055_23302158.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2012-01-03 23:33 | -香港(2011/12) | Trackback | Comments(2)