カテゴリ:私のお気に入り( 52 )

快適になった話

家のトイレが新しくなりました。うれしすぎて書かずにいられないので書きます。
築50年に迫る我が家。色々手は入れていますが、冬の寒さはどうすることもできず、今年ももれなく冬季うつ状態です。
トイレについてはここ数年たまにウォシュレットから冷水が出ることがあって、ババ抜きのような恐怖を感じつつ使っていました。去年の夏ごろからは冷水がデフォルトに。たまに何かの拍子で温水が出ると今度は当たりくじを引いた気分~。
去年の冬の終わりに、冷水頻度が増えていることを感じていたので、夏の間に絶対にトイレを買い替えなければ!とまずはTOTOのショールームに行って、最新トイレを見学してきました。しかし、ショールームでは商品を見たりカタログをもらったりはできるのに、工事は自分で工務店を探して依頼しないといけない(TOTOでは工務店の紹介はしない)システムでそのまま先送りに。ネットで数社見積もり取って、とかすればいいんでしょうが、どこがいいのか全く分からん!そんなこんなで、ぐずぐずしていたらあっという間に時は過ぎ、年末が来てしまいました。年を越していよいよ寒さが本格化してきたところでついに行動に移した次第です。
家の工事と言えば、3年前に大々的な耐震工事+台所のリフォームをしてまして、このブログにも書いたのですが、台所のクリナップが間違った設計図で工事を仕上げて帰ってしまって大トラブルに巻き込まれたことがトラウマになり、それもトイレ問題を先延ばしにしていた理由なんですが。。。
今回は無事に頼んだ商品が取り付けられ(当たり前のことなのにホッとした)、快適なトイレライフがスタートしました。ドアを開けるとトイレのふたが開いてお出迎え。そのたびに、ああ、新しくしてよかった。。。と喜びをかみしめています。

昨日、ベルリン・フィル八重奏団の素晴らしい演奏を聴きながら、あの寒い2月のベルリンのフィルハーモニー(ホール)の猛烈に寒々しいトイレが思い出され、もし私が宝くじを当てたら、ベルリンのフィルハーモニーに日本の素晴らしいトイレを寄付しよう、と心に誓いながら美しい演奏を聴いていた私でした。

[PR]
by fumiko212 | 2017-01-26 21:50 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

買っておいてよかった16㎝

b0031055_20450956.jpg

ストウブの鍋です。最初に買ったのは煮込み料理に良さそうな22㎝。20㎝と迷いに迷って母に実物を見てもらったら22㎝と仰せだったので従いました。間違いなかった。2人家族には大きすぎるのでは?と思ってたけど煮込み料理は多めに作る方がおいしいし調理時間を考えたら2食分+弁当のおかず分くらいできないと割に合わない。

次に買ったのが写真の16㎝です。米2合の炊飯によさそうだと思い購入。この写真だと分かりにくいんだけど結構深さもあります。18㎝以上のこのシリーズの鍋とはシルエットが全然違うんです。それが気に入って買いました。使ってみると2合の炊飯にはやや小さかった。出番はあまり多くはないですが、たまに使うといい大きさ(深さも)だなと思います。菜の花をオリーブオイルとニンニクでクタクタになるまで蒸し煮にして刻んだアーモンドと混ぜてパテみたくするという料理が本に出てて、この鍋で作った料理のなかで一番美味しかったし鍋が活きました。

そうなんです。ストウブの鍋ってシチューみたいな水分の多い煮込みより少ない水分で蒸し煮にする料理に適してるんですよね。

タイトルに買っておいてよかったと書いたのは、この16㎝の鍋、廃盤になってしまったそうなんです。今売ってるのは18㎝以上の鍋と同じようにもう少し浅いシルエットになってしまいました。多分、ストウブが炊飯用の鍋を出したからだと思います。

私としてはこの重い鍋を毎日の炊飯に使うのはちょっと気が重い。炊飯はもっぱら軽いアルミの文化鍋です。これも16㎝と小さいものです。炊飯器とちがって場所を取らないのがとてもよいです。
日本人の米離れが言われて久しいですが、私は3食米を食べたい。日本にしか住めないなーとつくづく思います。鍋の話を書いたのになぜか米愛を語って終わる。。。
[PR]
by fumiko212 | 2016-10-28 20:25 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

桜は散り際が美しい理由

b0031055_03142116.jpg

b0031055_03142143.jpg

b0031055_03142208.jpg

この3枚の写真、違いがわかりますか?1枚目、2枚目は3月31日、3枚目は4月6日の写真です。
ソメイヨシノの雄しべは咲き始めは白、散り際は赤く染まるのだそうです。きっと受粉すると色が変わるのでしょうね。1枚目は白ばかり、2枚目は一部が染まって、3枚目はすっかり真っ赤です。どの段階が好きかは人それぞれですが、全体を見ると散り際にはピンクが濃くなるのですね。
梅の花は咲き始めの香りの良い時期が好きで、桜は散り際が良い。これが私の好みです。
[PR]
by fumiko212 | 2016-04-27 03:05 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

クリスマスの奇跡

カナダの航空会社が、ある便の搭乗客に搭乗口でサンタさんに欲しいものを言ってもらいます。
3時間のフライトを降りたお客さん達がバゲッジクレームで待っていると…。
素敵すぎるサプライズ!



欧米の会社、人々ってこういうの上手だよね。
日本の完璧なサービスに慣れてると海外でのラフなサービスにビックリすることもあるけど、たまにこういう感動があったりするからいいんだよね。
日本はクレームをなくすためのサービス、欧米は感動させるためのサービス、ていうのがその違いなのかな?もちろん、全部がそうじゃないんだけど。
[PR]
by fumiko212 | 2014-12-23 20:07 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

来年のほぼ日手帳

b0031055_20333566.jpg

2009年から使い始めたほぼ日手帳。
2013年にほとんど白紙だった手帳を見て、今年は買わずに過ごしてます。
買ったってきっと白紙だらけだったと思うけど、ないと不便だなーと思うのです。
それでも来年も買う気はなかったのですが、この連休中に思うところあって結局購入。
過去5年使ってカバーは3つ。ナイロンの単色→皮→ファブリックと使って、今年はこんなのにしました。ナイロンのネイビーに好きなテキスタイルデザイナー岡理恵子さんのカバー・オン・カバー。夜の森みたいで気に入ってます。夏になったら2009年のグリーンに変えてもいいな。
ほぼ日のサイトで見てた時は赤が綺麗そうだと思っていたのですが、実物を見たらちょっと強すぎた。でもその赤の見本にこのカバー・オン・カバーがかかっていたのです。その横のネイビーを地色にしたらきっとぴったりだと思って。我ながらいいセンスでした。(自分で言う!笑)
来年はどんな年になるのかな?
[PR]
by fumiko212 | 2014-11-04 20:21 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

KLMでオランダに行きたい!

Facebookでよく見る、心に響いたらシェア、みたいなのありますよね?
暇なのでついついクリックしてしまいます。それで今日出会ったのがこの動画。

KLM航空では機内の忘れ物を探偵犬のこの子が届けてくれるという素敵なサービスがあるそうなのです。なんて素敵なんだ!

来年はゴッホ様生誕125年で、クレラーミュラー美術館、ゴッホ美術館、双方で大規模な回顧展(ゴッホ美術館ではオスロのムンク美術館と共催でお互いの所蔵作品を貸し出しあい、ゴッホとムンクの2人展)が開催されるオランダ。アムステルダム美術館やハーグ美術館の改装も済み、来年は行きどきなのか?行くならゴッホ美術館に作品が戻る9月下旬以降かなあ。と、妄想だけが広がる今日この頃。
[PR]
by fumiko212 | 2014-10-30 00:18 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

藤が好き

b0031055_2044767.jpg

今年の藤の花はきれい!ご近所の藤棚ですがここまできれいに咲いたのは久しぶりです。自宅に藤棚があったらいいだろうな〜と憧れますが、母が拒否するので我慢してます。まあ自宅の庭では棚は無理ですが…。
そうしたら、今日、職場の向かいのマンションのベランダに藤の花を発見!大きめの鉢ですがかなり立派な株です。しかも西向きで。
半日村の我が家でもできるかもしれない…。

ところで、藤といえば足利にすごいところがありますよね。行ったことはありませんが、藤好きであってもなぜかあれには惹かれない。なんでだろ?

ゴールデンウイークに成田から出発される方、成田に近づいた頃に雑木林があったら上のほうを探すと野生の藤が咲いているかもしれません。

都内の藤の名所といえば亀戸天神ですね。10年以上前に行ったことがあります。久しぶりにまた行きたくなりました。
広重の江戸名所百景の中の1枚にここの太鼓橋と藤の花を描いたものがあります。それを模したジヴェルニーのモネの睡蓮の庭にある太鼓橋の頭上には藤棚があるのですよね。私が訪れたのは6月だったので残念ながら藤の花は咲いていませんでしたが、ゴールデンウイークに行く方はきっと素晴らしい風景が見られることでしょう。(最近ジヴェルニーの行き方エントリに連日アクセスいただいてます。)
でもさあ、モネは太鼓橋の下の池に亀がいっぱい住んでることなんて知らなかったんだろうな〜。

他に藤の名所といえばどこでしょう。思いついたらコメントください!
[PR]
by fumiko212 | 2014-04-23 20:30 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(2)

今年の梅

今年も来ました、この季節!
b0031055_231143.jpg

b0031055_231151.jpg

b0031055_2311580.jpg

6月に伸び放題になった梅の枝を板ノコでぶった切りつつ大収穫。10キロの梅+地面に落ちて割れた梅が5キロほど。
b0031055_2311558.jpg

春に蒔いた赤紫蘇も何とか間に合った。(不足分は購入。)
b0031055_2311667.jpg

割れた梅は一回冷凍して7割の砂糖で砂糖漬けに。あがったシロップは一度煮たててアク取り。梅を戻して冷蔵庫へ。
b0031055_2311616.jpg

シロップ漬けの梅はシワシワになる前のを日々のおやつに。甘酸っぱくて美味しい!(梅がシワシワになった方がシロップは美味しいらしいが待ちきれず大半を食べてしまった。)シロップは水で薄めてジュース。炭酸水メーカーが欲しいよう。
b0031055_2311694.jpg

明日から涼しいらしく土用干しは1日だけで一旦ストップ。梅干しとゆかりの完成はもう少し先だ。

ちなみに私は収穫と梅モミモミ&干し担当。f^_^;)
[PR]
by fumiko212 | 2012-07-20 02:14 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

My365

1月にm社長に教えていただいたMy365。1日1枚の写真をアップするサイトです。TwitterやFacebookとの連携も可能(というかきっとそれが主な使い方ですね。)ですが、私はこのアプリ単独で使ってます。いいなと思うポイントは2つ。1日1枚しかアップできないところ。それとタイトルの文字制限が20文字。このミニマムな感じがよい。例えるなら俳句みたいな感覚でしょうか。

アップした写真はこんな風に表示されます。
b0031055_059755.png

ポラロイド写真みたくてなんかいい。

1か月分の写真はPCだと卓上カレンダーみたいなサイズで見ることができます。(iPhoneだと1列4日で並びます。)
これが2月。
b0031055_103430.jpg

そして3月。
b0031055_12549.jpg

My365という言葉の通り、自分の毎日がここに小さく並んでるのを振り返るのがうれしい。嫌なことがあった日も1枚の写真にはちょっといいなと思ったものが並んでる。これが何枚でもアップできちゃうと楽しくなくなっちゃうんだなーきっと。自由度が制限されるほど楽しいというものもあるのですね。
[PR]
by fumiko212 | 2012-04-08 01:17 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)

ダーラヘストに会いたい

b0031055_12121924.jpg先日、ほぼ日のトップ画面に、この写真が出ていました。(勝手に拝借。すみません。)
あ!と即座にクリック。
ほぼ日手帳4月始まり版発売の告知ページで、このカバーが新たに発売されるとのこと。
なぜ、あ!と思ったかというと、左側に写っている馬の置物が我が家の飾り棚に数十年鎮座していた馬とそっくりだったから。その飾り棚は幅70cm、奥行き30cm、高さ30cmほどのガラス戸がついた吊り棚で、お土産などでいただいた置物や写真などを一定期間飾って、中身が増えてぎちぎちになっては古くなったり誰に頂いたかわからなくなったりしたものを処分し、を繰り返しているスペース。
うちの馬は、母に聞くと、父が若いころ文通していた外国人の女の子からもらったものだということで、その話を聞いたからというのもありますが、見た目のかわいさや色鮮やかさに惹かれるものもあって捨てられずに残っていました。

ほぼ日ではその馬の置物をモチーフに新しいカバーをデザインしたのだそうで、この馬の置物について詳しく紹介されていました。「スウェーデンのダーラナ地方に伝わる木彫りの馬」で、 「ダーラヘスト(ダーラナホース)」というものなのだそうです。日本の赤べこみたいな存在のようです。(そういえば以前は同じ飾り棚に赤べこもいたはずなのですが今は残っていません…。)
ほぼ日では、ダーラナ地方のダーラヘスト工房を訪ねた写真が紹介されていて、ダーラナ地方のレクサンドという町の風景などが紹介されていました。これが、どこもかしこもかわいらしい。(リンクはこちら。)
つい先日、「エルムンド」でノルウェーを紹介しており、それを見たときも思ったのですが、というか今更言うまでもないのでしょうが、北欧っていいな。北欧デザインっていいな、とはあえて書きませんでした。デザインだけでなく、家の中のしつらえ(これもインテリアという言葉だけではくくれない)や人々の持っている雰囲気なんかも含めて、ジワジワと惹かれるものがあります。

今回、もう一度母に聞いてみたら、その文通相手は確かスウェーデン人だったと思うとのことで、もしかしたらダーラナ地方の人だったのかもしれないのだなあ、今も生きているのかなあ、としばし知らない土地に思いをはせました。

b0031055_132356.jpgこちらが我が家のダーラヘスト。きっと作られてから40年以上たっているけれど今でも色鮮やか
[PR]
by fumiko212 | 2012-02-01 13:02 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(4)