カテゴリ:未分類( 33 )

This land was made for you and me

インスタでニューヨークの食関係のアカウントをいろいろフォローしているので、アメリカの歳時記みたいなもを日々知ることになります。例えば、2月2日はGroundhog Day(春の訪れを予想する行事)、2月3日はナショナル・キャロットケーキ・デイ、と何かしらあるのですね。そして5日はスーパーボウルの日。各アカウントがスーパーボウルを見ながらこれ食べよう、と写真をアップしていました。ウィキペディアによると、アメリカでは感謝祭の次に食糧が消費される日なのだとか。
アメフトには全然明るくないので、ふーん、とスルーしてたら、どのアカウントか忘れましたがハーフタイムショーが楽しみ!と出ていて、ああ、そうか!と見てみました。今年はレディー・ガガのパフォーマンスということで、レディー・ガガについてもアメフトと同じくらい明るくないけどきっとすっごいものが見られるんでは?と視聴開始。

God bless America はあまり好きではないのですが、それに続いてThis land is your land が流れて、空に星条旗が現れ、なんだかじーんとしてしまった。歌い終わるとガガ様がガォーと飛び降りる!何が起こったのか1回では把握しきれなくて続けて3回くらい夢中で見てしまいました。
後からネットでいろんな記事を読んでいたら冒頭の空に現れる星条旗はCGではなくてドローンを使った本物のライトによる星条旗だったのだとか!すごい!(ガガ様が飛び降りるところまでは事前収録と書いてある記事もありました。)終わり方もちょーかっこいいです。
日本語の実況では、解説者の人が「毎年ビッグネームが出るわりにはどうってことないな〜と思ってましたが、今年のは本当にすごかった」とコメントしてました。そうなのか〜。

もともとニューヨーク以外のアメリカにはあまり興味がなく好きでも嫌いでもない。オリンピックの観客席でやたら星条旗を振りかざしてUSAコールしてる愛国心むき出しのアメリカ人とかはかなり苦手。派手なパフォーマンスも、これ見よがしでどうも…。とか思うこともあるけど、このハーフタイムショーはなんかよかった。多分最初の歌がやっぱりよかったんだ。いいもの見せてもらいました。



[PR]
by fumiko212 | 2017-02-07 23:58 | Trackback | Comments(0)

私の精神安定剤、そしてK is for Kindnessのこと

去年の暮れ頃にPPAPのセサミストリートバージョンの動画をブログに貼り付けてから、セサミストリートがマイブームになり、動画を漁って見まくりました。エルモのセレブリティ子守唄とか、エルモとジャック・ブラックのハイテンションの動画とか、エルモ中心に見てて、ある時このエルモソングにはまりました。エルモの健気な歌声が可愛い〜。そして歌を友達と分け合うっていうストーリーにほっこりします。

狂ったように何度も何度も見ているうちに、左側の2人の存在がだんだん気になってきました。ビッグバードは知ってるけど、この茶色い象?みたいなのは誰だっけ?うっすら記憶にあるようなないような…と、今度はスナッフィを検索。象じゃなくてマンモスの子供なんだとか。当初はビッグバードの想像上の友達として登場していたそうなのですが、ビッグバードにしか見えないスナッフィを大人達が信じないのは、親が子供の言うことを信じないと言うことになり不適切だ!とクレームが出たそうで、途中からはみんなが知ってるセサミストリートの住人になったのだとか。(この話、ウィキペディアとか人様のブログを読み漁って得た情報なので正確かわかりません。)
とにかくこのデカイ2人は親友同士、そしてビッグバードはなんとなくお兄さんぽく感じていたけど6才の子供だったってことも知りました。なんかかわいい。そして、この2人に一気にはまり、今度はスナッフィとビッグバードで検索して動画を見まくりました。その中で今もはまって毎日見てるのがこの動画。

最初のベストフレンドの歌が気に入って、疲れてぐったりしてる時、夜中に目が覚めて眠れない時、肩が痛くて耐え難い時などにこれを見るとめちゃめちゃ癒されます。巨体の二人が歌いながらぐるぐる回る姿が何ともほのぼのしていてよい。スナッフィと歌い終わった後、ビッグバードがセサミストリートの住人達にスナッフィが引っ越してしまうことを悲しそうに語る声がとかもたまりません。

ところで、現在は日本の地上波ではセサミストリートは見られないのですね。これもウィキペディアなどで知った情報によると、かつて私が子供だった頃は教育テレビで字幕も付かずに英語で流れていたセサミストリートですが、本国の方針では各国にて国の事情に合わせた各国言語によるセサミストリートが制作され放映されるべき、とのことで、いつからか日本語版が制作されるようになったのだそうです。その日本語版も今は地上波では放送されていないようで、YouTubeに専門チャンネルがあってそこにたまに新しい動画がアップされるみたいです。(もしかしたら有料チャンネルがあるなかも?)つまり、もう随分前からアメリカで流れているセサミストリートがそのまま日本で放送されることはなくなってしまったのだそうです。
アメリカでは今も新しいエピソードが制作されているようで、セサミストリートのFacebookをフォローしていると頻繁に情報やメッセージが更新されています。もうすぐ新シーズンが始まるそうで、少し前にTODAYにセサミのマペット達が出演している様子がアップされていました。新シーズンのテーマは「K is for Kindness」。今、アメリカの子供達に伝えたい言葉として、この言葉が選ばれたのはとっても頷けます。
おとといくらいに面白い動画がシェアされました。マペット達がある企業を訪れて、社員達にKindnessを教える、という動画です。社員に扮したマペット達が大声で電話をかけていたり、プレゼンを上手にできなかったり、社員達をイラつかせるのですが、そこにエルモやアビーが現れて、ちょっとアドバイスするとコミュニケーションがスムーズになる、というストーリー。そこにあった言葉、You're not born unkind—you learn to be unkind. にハッとしました。周りの大人達の行動を見て学んでいると。
マペット達の癒し力の高さは、親切で陽気な大人達が暮らすセサミストリートという環境のなせる技なのかも?と、ますますセサミストリートにハマる今日この頃なのです。

[PR]
by fumiko212 | 2017-01-26 23:53 | Trackback | Comments(0)

CBCC

今日、危うく高速通信の容量を使いきりそうになるほど再生しまくった動画。エルモとクッキーモンスターがノリノリで可愛い〜。最初の44秒だけでいいです。


[PR]
by fumiko212 | 2016-11-28 23:50 | Trackback | Comments(0)

自転車保険で悩んだ話

1年ほど前にクロスバイクを買いました。
バイクニューヨークとしまなみ海道を走りたかったのがきっかけで。
ロードレースなどには興味がないので、普段はサイクリングコースをのんびり走るか、ちょっと遠くまでの買い物に使えたらとも思ってました。しかし、スポーツタイプの自転車は軽いのもあり、鍵をかけてもガードレールなどに固定しないと簡単に盗まれてしまうそうなんですよ。なので、基本は駐輪して離れる乗り物ではないらしいです。

せっかく買ったのにあまり乗らないままに時は過ぎ、最近ようやく近所のサイクリングコース(約2キロの周回コース)をぐるぐる走るようになりました。
乗るからには一応保険に入らないとと思い、あれこれ悩んでやっと加入しました。これでひと安心。

誰かの役に立つかもしれないので決めるまでの経緯を記録を残します。

まず、買ったときにお店の人に教えてもらったのが2社あって、セブンイレブンとかauに入ってるお客さんが多いとのこと。特にauはロードサービスがついてるのがいいとのことでした。確かに遠出してパンクしたら直せないし、今は輪行袋も持ってないので電車にも乘れないから必要かも、と買ったときは第一候補にしてました。

しかし、今のところ遠出はしそうもないので賠償責任さえしっかりしてれば保険料が安い方がいいかなーと改めて検索。

あ、これすごいケチな話で、auのロードサービス付きでも年間4000円台で入れます。でも私はもっと安くしたかったんです。

それで見つけたのがJCBのトッピング保険。これの自転車プランというのがあって月額250円。でも私が注目したのは日常生活賠償プランというもの。なんと月額120円と格安で自転車事故でも賠償1億円というもの(自転車プランでもauでも賠償は1億円)。しかも、他の自転車保険は1年単位なのが、このトッピング保険は電話すればいつでもやめられる。つまり、1年以内に遠出するようになったらいつでもやめてauに乗り換えられるのがいい!早速申し込もうと自分のJCBカードを取り出してみたところ、なんとこのトッピング保険に入れる対象になってなかった。セゾンカードにJCBが付いてるカードじゃダメみたいです。残念。。。

もう一度振り出しに戻っていろいろ検索して、パルシステム(年間2000円)とか格安の知らない会社の保険とかいろいろ出てきたのですが、やはり1年契約なのですよ。そこでもう諦めてauに入ることに決めました。

いよいよ申し込もうとauのサイトで注意事項を読み始めると、他の保険と重複すると無駄になりますよ、という記述があり、ふと自分の入ってる自動車保険に特約があったかも?と思い出しました。で、車の保険のホームページを見たら個人賠償責任特約が自転車事故での賠償責任をカバーしてくれることが判明(ただし自分のケガはカバーされない)。しかも対人無制限と手厚い。そして、自分の保険は3月が切り替えなので、春になって遠出したくなるかもという時期にauに乗り換えるのにもちょうどよい。マイページ上でも変更できそうだったけど、フリーダイアルに電話して係りの人に金額なども聞きながらあっという間に手続き完了。追加の保険料は約3ヶ月半で540円、すぐに保障も開始される、といいことずくめ。ということで、納得の契約ができました。よかったよかった。

[PR]
by fumiko212 | 2016-11-18 00:34 | Trackback | Comments(0)

#SafetyPin

このハッシュタグを目にしたのは昨夜のことでした。
好きなミステリー作家S.J.RosanさんがFacebookアカウントで紹介していたもので、自分は人種差別に反対で、同じ考えの人と連携します、とアピールする方法として、ジャケットに安全ピンをつけるのだそうです。
がん患者サポートの黄色いバングルがありましたが、考え方としては似てるのかな?

ローザンさんがシェアしてたリンクを開くと、6月29日付けのBBCの記事で、この事が紹介されていました。

ロンドンのある女性が考え付いたアイデアで、きっかけは住民投票以降、人種差別が乱用されていることに憤って、人種差別に反対する人が誰でもどこでも簡単に連帯のメッセージを発信できる方法として安全ピンをジャケットやコートにつけることを思い付いた、とツイートしたのが始まりで、あっという間に3万回シェアされたと書いてありました。
シェアはEU各国に広がり、移民とEU住民の連携という言葉が添えられるようになっているようでした。
反対意見もあって、人種差別に反対するのは当たり前のことで、いちいちアピールする必要はないのでは?というツイートも紹介されていました。

このハッシュタグがトランブ当選をきっかけに大西洋を渡りローザンさんの目に留まったのかもしれません。

外国を旅行していると、たまに差別的な扱いを受けて悔しい思いをすることがあります。その場でチクショーと思うものから、あとからあれ?今のって?というのまで、いちいち覚えてないけどいろいろあった気がする。それにポリティカルコレクトネスまで含めたら自分も失言しているかもしれないし。

人にアピールするというよりも、自分が忘れないために安全ピンを自分の目に留まるところに着けておくのは、いい考えかもしれない。

[PR]
by fumiko212 | 2016-11-12 22:28 | Trackback | Comments(0)

肥満と相関?

今日、とある講習会で見た地図。そっくり同じものではないのですが、昨日見た地図と似てる…?
これは全米の州別の肥満者の割合。赤系の色の濃いところほど肥満者の割合が高いことを示しています。
b0031055_02522586.jpg


こちらが昨日の地図。赤がトランプ。
b0031055_02515376.jpg

この2つの地図、今日の講習会でも並べて示されました。

私が注目したのは、勝敗を決めたペンシルバニア。最初の地図では肥満者の割合が他の東部の州に比べて高くなっているのです。

戦後は豊かさの象徴であった肥満、80年代頃からは出世を阻むといわれるようになった肥満。2000年代以降、先進国では肥満の原因として貧困があげられるようになりました。

確かに、野菜の高いこの秋は比較的コスパのよい芋やれんこんをよく食べてる。旬でもあるし美味しいし。そろそろ、もやし、きのこにシフトしなければ。。。

ちなみに米国ではBMI30以上が肥満とされるそうです。日本では25以上が肥満です。
身長170㎝の人の場合、BMI25だと約72キロ、30だと約87キロとなります。

[PR]
by fumiko212 | 2016-11-11 02:32 | Trackback | Comments(0)

なんてこった

英国の住民投票によるEU離脱派の勝利に続き、またもやびっくりな展開だった今日の開票。一番びっくりしてるのは米国民かもしれないですね。。。

朝日新聞でエマニュエル・トッド氏へのインタビュー記事を読んだときになるほどな~と思ったことを思いだし、探しだしてまた読んでみた。2回読んだのだけど読解力がないので、なぜこうなった?はわかるけど、どうすれば良かった?はよくわからない。。。
また読んでみたくなるかもしれないのでここにリンクを貼っておきます。

写真はエンバイアステートのFacebookページからです。プロジェクションマッピング?こんなことできるのね。
b0031055_22554294.jpg

[PR]
by fumiko212 | 2016-11-09 22:48 | Trackback | Comments(0)

悲しみが止まらない~

Windows10の話。
何度も自動でアップデートされそうなのを阻止してたのですが、やることにしました。
壊れたプリンターを買い換えることにしたのでアップデートしてもいいかなと思ったのです。

パソコンに元々入ってた年賀状ソフトがWindows10に対応していないことがわかり、それも新しく買いました。2000円弱。

さて、いよいよアップデート開始です。
しばらく放置してた画面をちらと見ると再起動しています。。。から進んでいない感じがする。もう何度か見たけどいつ見てもこの画面。不安になってググったFAQを見ると、パソコンがWindows10に対応していないのでは?という回答を見つけた。え?そんなこと
もあるのか!何度も自動アップデートされそうになってたから対応してるとばかり思ってたよ。嫌な予感は的中し、ウチのパソコンは対応していなかったことが判明。
なんなんだよーーーーっ。
年賀状ソフトかわなくてよかったじゃんかーーー。年賀状なんて自分は何年も出してないし、今後も出さないよ。。。

最初に確認しなかった私がいけないんでしょうけど、それならあんなに何度も聞いてくるなよ!!!と言いたい。対応してるかくらいチェックしてアラート出してると思いますよね?今のテクノロジーならできると思いますよね?

あーあ、年取るとこういう間違い出費みたいなことが増えるんだろうか。生きてくのって大変ね。
[PR]
by fumiko212 | 2016-07-25 12:34 | Trackback | Comments(0)

安すぎるものには訳がある

大変なバス事故のニュースを見て思ったこと。
安すぎるものを選ぶときには、それなりに考えなきゃならないことってある。

例えば、かつてインクジェットプリンタの詰め替えインクってありましたよね?純正じゃないけど普通に使える。愛用してました。それがあるとき1〜2色、何度クリーニングをしても復活しなくなっちゃった。結局プリンタを1個ダメにして、インクは必ず純正を使うようになりました。ケチな失敗談だしプリンタ1台で済めば安いものですが、私の中に何がしかの教訓を残しました。

バスの話でいうと、かつてニューヨークがらみのQ&Aで目にした話。ニューヨークからワシントンだったかな、少し離れた別の観光地への行き方の話で、アムトラック(電車)かグレイハウンドの長距離バスが正攻法だけど、チャイナタウンから激安のバスがある、という情報が出てました。今の私だったらどんなに安くてもチャイナタウンバスは使わないけど、学生でバックパッカーだったら…悩みます。けど、これ、値段の差が安全の差だと想像しやすいしシチュエーションではあります。グレイハウンドやアムトラックにも事故はあるし、チャイナタウンから毎日運行されてるんだから気にせず乗るという考え方もあるけど。

コンサートのチケットみたく、S席、A席と値段が変わるのはわかりやすくていいですね。それだってこのS席ならこっちのB席の方がいいとか、これはどうしてもS席で聞かないとダメだとか、経験から選んで成功したり失敗したりして学んでる。

事故の犠牲者が学生ばかりだったのを見て、安すぎるものを選ぶときにはそれなりの経験値が必要なのかもと思った。前途のある若い人がたくさんなくなる事故というのは、命の重さに優劣はないとはいえ、痛ましいことです。
[PR]
by fumiko212 | 2016-01-18 08:17 | Trackback | Comments(0)

黄色で振り返る今年の旅

買いました。年末ジャンボ。売り場に行くとバラは赤い袋、連番は黄色い袋に入っていたので迷わず連番を購入。70周年なんだそうで、昨日黄色いナナナに会ったのはやはりお告げだったと確信した。70年てことは終戦の年から宝くじは始まったのか。

カメラロールから黄色い写真を選んだら今年の旅日記ができそうだったのでまとめます。

寒い寒い2月のベルリン。黄色いテントの様なフィルハーモニーでベルリンフィルのコンサートを聴いた。
b0031055_10062696.jpg

天使も黄金に輝いていた。
b0031055_10062632.jpg

5月は新潟へアート旅。ジェームズ・タレルの泊まれる作品光の館に宿泊。刻々と変わる空の色に合わせて室内のライトも変わる。天井が一番黄色かったタイミングの1枚。
b0031055_10062713.jpg

夏の東北ではあまちゃんロケ地の久慈駅で夏ばっぱのウニ丼のモデルになったウニ弁当を食べた。蒸しウニがこんなに美味しいとは知らなかった。海女さんが割ってくれた生ウニや海女フェスで食べたいちご汁、一生分のウニを食べた。
b0031055_10100254.jpg

夏の終わりの瀬戸内海アートツアー。直島では黄色い南瓜に再会。
b0031055_10062792.jpg

高松の洋菓子屋さんでレモンケーキ。
b0031055_10062717.jpg

アートだけでなくうどんも堪能した。
b0031055_10062741.jpg

おまけ。ベルリンに乗り継ぐために降り立ったパリの空港でマカロン。
b0031055_10062762.jpg

いろんな旅があった1年だった。
瀬戸内海では天気に恵まれ、気候も良く、アートも海も食も人も全てが完璧な旅でした。あれ以来、瀬戸内海ラブ。来年はしまなみ海道を自転車で走りたい。

[PR]
by fumiko212 | 2015-12-20 09:50 | Trackback | Comments(0)