レコード鑑賞とカザルスの「鳥の歌」

b0031055_1959798.jpg12月に入ったので、クリスマスツリーに点灯しました。
夕食後はいつもコタツでぬくぬくと過ごしている私ですが、今日はツリーのある部屋のソファーでブログを書いてます。
この部屋には父愛用のオーディオセットがありまして、レコードプレイヤーも付いています。せっかくなのでレコードを聴いております。

b0031055_19592482.jpg聴いていいるのはこの2枚。
アーネスティン・アンダーソンの1960年録音のアルバムとカザルス名演集。カザルスはなんと1920年代の録音です。いつもCDを聴くときはPCのショボいスピーカーとかiPodに落としてイヤホンで聴くとかカーステレオとか、そんな感じなので、比較は出来ないのですが、レコードで聴くと、そこで歌っているような、そこで演奏しているような感じに聴こえます。すごくいいです。レコード、もっと聴かなくちゃもったいないな、という気にさせられます。

アーネスティン・アンダーソンのレコードは数年前に下北沢の中古レコード屋さんで買ったものです。ムットーニの「メランコリービーナス」に使われている曲を探していて、CDでは見つけられず、このレコードを探し当てることが出来ました。アーネスティン・アンダーソンのふくよかなボーカル、すごく好みです。昨日のエントリに書いたアナ・マリア・マルティネスさんのソプラノとも通じるところがあって、私の声の好みはこういう感じなんだなー。

カザルスは父が買ったものです。SP盤の復刻版シリーズで、「ジャケットはSP時代の雰囲気をそのまま残してデザインしたものです。」と書いてあります。CDで「紙ジャケ仕様」っていうのがありますけど、LP時代も同じことやってたんですね。

昨日、私が何度も「ブラジル風バッハの5番」を聞いていると、母が、「この曲ってカザルスが国連で弾いた曲じゃない?CDあるよ。多分。」というので、ちょっと探したけれど見つからなくて、ググってみたら、Youtubeで聴くことが出来ました。



それはカザルスの故郷カタルーニャ地方の民謡「鳥の歌」という曲で、国連で演奏されたのは1971年、カザルスが94歳の時のことでした。
演奏の前にカザルスがスピーチしているのですが、その中の「カタルーニャの鳥たちは空を飛びながらこう鳴くのです。Peace!Peace!Peace!と」という言葉は、このときの演奏と同じく、有名なのだそうです。スピーチの部分もYoutubeで聞けるのですが、「Peace!」を繰り返すカザルスの振り絞るような声が感動的です。
公の場で演奏するのは14年ぶりだったという、この日の演奏は、たどたどしいものでしたが、メランコリックなメロディがジワッと心にしみ込む美しい曲でした。

全盛期のカザルスが演奏したこの曲を聴いてみたいと思ったのですが、カザルスが「鳥の歌」を演奏するようになったのは1945年のことなのだそうで、家にあるレコードには収録されていませんでした。
このレコードに収録されている演奏の数々も、どことなく哀愁が漂い、けれど温かみもある響きで、寒い冬に聴くのにピッタリな1枚でした。

うーん。やっぱりチェロいいなー。(と言っていると、隣から母が「これは世界一の人の演奏だからね。」と釘を刺すのであった。。。)
[PR]
by fumiko212 | 2008-12-02 21:23 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/9971130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuricoz at 2008-12-03 12:57
うーむ、素敵な日記でした。。。
こーゆー日記がかけるfumikoさんを尊敬します♪というか、感動しちゃった。
思わず、全部聴いてみたくなりました!!笑
Commented by さちえ at 2008-12-03 16:55 x
お茶の水のカザルスホールはいつの間にか日大の持ち物になってたんですね。
国連の演奏は昔ニュース番組か何かで見た覚えがあります。
カタルーニャ地方出身と言う複雑な背景を考えると、このスピーチにはじんと来てしまいます。
そういえばあの日以来ずっと「英雄の生涯」聴いています。
いい曲だー
Commented by fumiko212 at 2008-12-03 20:45
yurikoさん
読んでいただけただけで嬉しいのに、素敵なコメントまで、、、
ありがとうございます!
カザルスさんの演奏、聴けば聴くほどジワジワきます。
Commented by fumiko212 at 2008-12-03 20:59
さちえさん
>日大の持ち物
ええー!知らなかったです。ホールも経営難の時代なんでしょうか。。。
そしてカザルスが演奏だけでなく、芸術家が政治に対する姿勢を行動で示す、という部分でもたくさんの演奏家に影響を与えた人なんだろうなってことも始めて知りました。
それを知って演奏を聴くと、更に深い音に聴こえます。
>「英雄の生涯」
あ、いいなー。私も聴こう!と思い立ったのですが、家にはCDなかったです。なんでー?


<< アークヒルズのクリスマス チェロ習いたいかも、とつぶやくも… >>