ニューヨークのミュージアム③アメリカ自然史博物館

ニューヨークに行き始めて13年目にしてそのおもしろさに目覚めたアメリカ自然史博物館。ガイドブックでよく見るシロナガスクジラの巨大な模型に心惹かれてはいたのですが、過去に訪れたのは閉館後にローズセンターの下の広場で行われるジャズコンサートのみ。
今年の元旦、雨降りの中、この博物館の名物といわれる折り紙オーナメントのクリスマスツリーを見るために出かけました。ツリーだけをサクッと見て帰るつもりだったのが、ふと目に入った例のシロナガスクジラに模型にガツンと衝撃を受け、その後、駆け足ではありましたが全館をくまなく回ることに。実物大の海洋生物や哺乳類の模型、古代の恐竜や大型哺乳類の骨の標本の数々に興奮の連続でした。

b0031055_2135262.jpgこれがそのシロナガスクジラの原寸大模型。これを見た瞬間、一緒に行ったmさんと写真部活動開始!どこから撮ると全体をカメラに収められるのか、クジラの周りを1周しました。
子供向けの「ア・ナイト・アット・ザ・ミュージアム」という、博物館に一晩お泊りする企画では、この模型の下で一夜を明かすのだそうです。想像するだけでワクワクしますね~。
b0031055_2165881.jpgクジラで好奇心に火がついた私たちは恐竜の骨の標本のエリアへ。
マンモスや名前はわからないけど巨大な角を持った大型哺乳類の骨の模型もすごい迫力。でも、やっぱりこのT-REXのシルエットが一番かっこいいかなー。
子供の頃は恐竜大好きだったけど、大人になってもやっぱり恐竜を見ると血が騒ぐものなのですね。ここでも、プレシオサウルスを頭から尻尾の先まで写真に収めるために部屋をあちこちうろつきました。
b0031055_2114335.jpgここも迫力あった。象の模型が群で展示してあるなんて!周りにはキリンやシマウマの模型もあったけど、この迫力にはかないません。
他にも、ネイティブ・アメリカンに関する展示や南太平洋のモアイ像なんかもありました。
b0031055_21161413.jpg最後にローズシアターの周りの惑星を写真に収めて、駆け足だったけど大興奮の自然史博物館鑑賞終了。
まだ行ったことのない方はぜひ一度訪れてみてください。思った以上に興奮すること間違いなしですよー。
b0031055_21192914.jpg最後に、入口にいた恐竜型のツリーです。
[PR]
by fumiko212 | 2008-05-08 21:22 | -NY art & museum | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/8556129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひまわり2 at 2008-05-11 11:11 x
実はNYで一番好きな場所です。
迫力ある写真が宵良いですね。
Commented by fumiko212 at 2008-05-11 16:59
ひまわり2さん
今まで、子供向けだろうと思って見くびってました。
クジラの部屋なんて、癒し空間ですよねー。
私もまた行ってみたくなってます。
Commented by yuricoz at 2008-05-12 07:34
くじらうまく撮れてるぅ
あれ、難しいんですよね~特に下から撮るの。笑
あそこで、お泊りしたいです!!
Commented by fumiko212 at 2008-05-12 19:34
yurikoさん
ありがとうございます。このときは最後にこの位置を見つけるまで写真部状態でした。
お泊り楽しそうですよね!


<< 「リトル・ミス・サンシャイン」 テレビ見すぎ! >>