発売日にゲット♪

b0031055_2339562.jpg学生の頃はお気に入りのミュージシャンのニュー・アルバムの発売日を待ちわびて、発売日よりも1日早く入荷するお店に買いに走ったりしたこともあったけど…。
今日は小曽根さんの新しいCDの発売日。今の時代、CDショップに走る必要はなくなって、事前に予約購入しておいたものがAmazonから届いていました!発売日に手にできるって、なんか、嬉しい~。
1曲目のジョン・レノンの"(Just Like) Starting Over"で7月の杉並のライブがよみがえります。全体の印象としてはジャズの世界を飛び出してクラシック側に歩み寄った小曽根さんの音楽があふれ出してくるイメージ。

b0031055_23411878.jpgこのジャケット(↑)、母に「演歌のCDかと思った。」などと言われてしまった。トホホ。で、CDを取り出すと、こんな素敵な天井の高い自然光がたっぷり差し込む部屋の窓辺にグランドピアノが置かれた写真がありました(←)。こっちがジャケットでもいいかも!というくらい素敵な写真です。ライナーノーツのレコーディング風景の写真から、この部屋はこのCDを録音したスタジオの写真らしいことがわかりました。こんな素敵な部屋からつむぎだされた音なのだなー。
いつものトリオのCDには小曽根さんのエッセーというか解説文が入っていることが多いのだけれど、今回のCDにはそれはなくて、1曲目の"(Just Like) Starting Over"とラストに収録されている"She"の歌詞が印刷されていました。この2曲の歌詞が、ある意味このCDをあらわすメッセージなのかなー?などと思えてきます。
で、最後のページをめくると、"I dedicate all the songs on this album to Misuzu."のメッセージが。くぅーー。ホントおしどり夫婦だなー。
ファンへのメッセージもちゃんとあって、"You are the reason why I play,~"と嬉しいお言葉もありました。このアルバムのツアーは東京公演はないようで、すでに7月の杉並で終了ということらしくちょっと残念ですが、秋の夜長の楽しみに繰り返し聴くことになりそうなアルバムです。
[PR]
by fumiko212 | 2007-09-05 23:48 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/7401871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by CHOOT at 2007-09-06 22:10 x
演歌のCDかと思ったお母さんに、座布団1枚!

あ~、でも本当にいいアルバムだね。
何かね、クラシック音楽にずっと挑戦していた成果が、小曽根さんの本物の血肉になったような感じがします。
Commented by fumiko212 at 2007-09-06 23:18
CHOOTさん
ご無沙汰してます!
>演歌のCD
もっと具体的に言いますと、細川たかしが声を張り上げて歌っているところに見えたそうです。何で私がそのCDを買うと思うのか?疑問です。笑
それはともかく、CD、まだまだ聴き足りないですが、聴けば聴くほど、CHOOTさんのおっしゃるとおり、クラシックが小曽根さんの中で消化された結晶がこぼれ落ちてくるような音楽ですね。こうやって変化していく小曽根さんの音楽をリアルタイムで聴ける幸せを感じます。でもまたトリオやNNHでかっこいいジャズも聞かせて欲しい、と思ってしまう私です。


<< 秋の空になった~! コルビュジエだっ!~ル・コルビ... >>