期待が高まります~高泉淳子 ジャジカル カクテル ライブショー vol.4@JZ Brat~

b0031055_2035869.jpg

>>追記<<
女優であり、劇作家でもあり、そして最近ではジャズシンガーとしてのご活躍が目覚しい高泉淳子さんのライブにムットーニがゲスト出演!
これは何をおいても出かけなければ!と行ってきました。
もうもうもう~、素晴らしすぎて言葉になりません。今夜はこの素敵なライブで起こった出来事の1つ1つを反芻しながら幸せな眠りにつきたいと思います。

どんなに深い闇の中にいても、神様は見ていてくれて、こうしてたまに光を投げかけてくださるのだなー、と小さな光の輪の中に自分が包まれているような幸せを感じました。
高泉さんとムットーニさんの熱い友情のおすそ分けをいただいた素敵な夜でした。

これからもお二人の生み出すものたちをずーっと見届けたいと思います。




b0031055_0173120.jpg

この素敵な夜をいつまでも思い起こさせてくれる大切なCDとなりました。
終演後にサインのお願いに気軽に応じてくださってありがとうございました。



>>10/9追記<<
以前、とびうおさんのBBSに書き込んだ当日のレポを自分のブログにコピペしておきます。忘れてしまわないように…。
----
金曜の夜、行ってきました!
遠くから拝見しただけですが、ムットーニさん、かなりお疲れの様子でしたね。松屋までにあと3体作らないといけないとか何とか、高泉さんに突っ込まれていらっしゃいました。お身体大事にしていただきたいです。

さて、上演はメランコリー・ベイビーと楽士でした。メランコリー・ベイビーは少し外観が変わってました。名古屋からだったのでしょうか?松屋用だとネタバレになってしまうので、詳細は伏せます。ジャズ・バーのスピーカーから音楽が流れ、口上はマイクを使って行われました。やっぱり自分はあれが一番好き、と思いながら、ちょっと離れた場所からビーナスの笑顔を思い浮かべながら眺めました。
楽士は人形の演奏に、この日のバックミュージシャン(ストリングスのトリオ)が寄り添うように伴奏をつけ、ムットーニさんのトランペットの後を引き継いであのメロディーをトリオが何度もリフレインする、というとても素敵な演出でした。これには大感激。
もうひとつのサプライズはムットーニさんの「時間計ってみたらちょうどいいみたいだから。」という提案で実現した、音なしの「メランコリー・ビーナス」と高泉さんが歌う「マイ・フーリッシュ・ハート」のコラボレーション。高泉さんは「メランコリー・ビーナス」を熟知していらっしゃるので、最後、閉じる間際にひときわ輝くところとのタイミングもバッチリでこの曲の為に作られたと思ってもおかしくないくらいにぴったり合っていました。
そのほかお二人の出会いや舞台「メランコリー・ベイビー」制作秘話など、とっておきのお話もたっぷりあって、ムットーニさんのリクエストで高泉さんがお芝居のとき以来、久々に「マイ・メランコリー・ベイビー」を歌うという、私にとってはかなり大きなプレゼントもありました。(ムットーニさん曰く「さっき(1st)よりずいぶん良くなったじゃない。」とのことでした。)こういうお二人の会話を聞いているのも私の幸せの素です。

9月の松屋への期待が高まりますね。ムットーニさんにはお体をとにかく大事にしていただいて、制作が間に合うように祈るしかないです。
----
[PR]
by fumiko212 | 2007-06-29 20:35 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/7034334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ニューヨーク散歩~ミッドタウン... ニューヨーク散歩~グリニッチ・... >>