正しい石鹸

b0031055_14222328.jpg京都俵屋旅館の石鹸です。
ガイドブックのお土産のページや雑誌の京都特集で何度も見かけて、気になりつつも自分ではなかなか買わないものです。そういうものを偶然頂き物で手にできたときって嬉しいですね。

実物は想像通り少し小ぶりで和菓子のような包みが老舗旅館のお土産品らしい。包みから出すと、、、
懐かしい~。子供のころの石鹸の匂いです。使ってみるとこのカクカクした形がちょっと使いづらい。けど泡はきめ細かく、そして最初はちょっと鼻に付くつんとした石鹸の匂いがだんだん癖になってくる。磨り減ってくると使いづらさもなくなってきて、ますます好きになってきた。
いつのころからか液体のボディソープやハンドソープが主流になった。それもそのはず。石鹸を泡立てるのは時間がかかる。外から帰ってきて洗面所で手を洗うとき、石鹸を使うか、ハンドソープを使うかでそのときの余裕度に気づく。以前は普通に使っていた石鹸が心にゆとりのあるときだけ使うものになるなんて。そんなことを思うのも、この石鹸だからこそ。
[PR]
by fumiko212 | 2007-03-10 17:30 | 私のお気に入り | Comments(5)
Commented by MARI at 2007-03-10 20:16 x
わたし昔からここの石鹸愛用してるんですよー。
なくなると取り寄せ、または神戸に住んでる妹に送ってもらいます。
バスルームもサニタリーも、寝室にも置いてます。大好きな香りです。
Commented by fumiko212 at 2007-03-11 00:21
MARIさん
そうなんですねー。長年気になっていたものって、いざ入手してみるとどうってことなかったな、なんてことがたまにありますが、これは期待通りでした。裏に花王の三日月マークがあったのが予想外で、小さな驚きでした。何か関係あるんでしょうかね?
Commented by MARI at 2007-03-12 01:25 x
関係っていうか、俵屋の佐藤年さんが花王に特注して作ってもらったんじゃなかったかな、確か。
この石鹸ね、アマンで使ってる石鹸と全く同じ香りなんですよ。
ってわたしが行ったことあるのはアマンワナだけなんですけどね。

アマン・リゾーツは、サービスその他、俵屋をかなり意識してますので、そのせいかもとも思います。
Commented by みいこ at 2007-03-12 12:40 x
俵屋旅館の石鹸、私も一度買ってみたことがあります♪かなり長い間(石鹸って賞味期限?ってあるのかな?)もったいなくて洗面所に飾ったりクローゼットに入れたりして、本来の目的とは外れて使ってましたけど笑。花王のマークは全然気づかなかったなあ。
香りは白檀かと思ってたけど、どうなんだろ?!京都だからそう思い込んでただけかな。。
Commented by fumiko212 at 2007-03-17 22:44
MARIさん
そりゃそーだ。だからマークが付いてるんですね。笑

みいこさん
わかるー。私もNYで買ったアロマキャンドル、まだ火をつけずに香りだけ楽しみ中です。
白檀の印象はあまり強くないような…。私には小学校のころのそれこそ花王の石鹸の匂いを髣髴とさせる印象なんですが、香り音痴だから自信ないです。そういえばランガムプレイスホテルの石鹸はすごいサンダルウッドが強かったですよ。


<< 今度のニューヨークは… ぺんてるのサインペン >>