コクーン歌舞伎「桜姫」

b0031055_2258574.jpg渋谷Bunkamuraシアター・コクーンで「コクーン歌舞伎『桜姫』」を観てきました。今年で2年ぶり6回目の公演とのこと。6年前に他界した父が「コクーン歌舞伎」を観て帰ってきた日のことが今でも忘れられません。毎週のように芝居を観に行っていた父ですが、歌舞伎を見たのはコクーン歌舞伎が始めてだったらしく、どんな舞台だったかを興奮して話していました。普段からよく話した父ですが、この日は客席で水をかぶったりして相当楽しかったらしく、同じく舞台好きな私はかなり羨ましかった。
それから何年もたった今年、やっとチケットを取って観に行くことになりました。実は私も歌舞伎を見るのは今回が初めて。コクーン歌舞伎の顔、中村勘三郎さんは襲名公演の為に不参加なのが残念ですが、去年夢中になった「新選組!」の藤堂平助役、勘太郎君が出ているのが何より楽しみでした。(←ミーハー!)
演目の「桜姫」。ありえない展開の連続で、ドロドロ系の昼ドラの原型はここにあったのか!っていうような話です。明治以降の日本と違って、おおらかな時代だったんだろうなー。コメディ的な要素もたっぷりで、ドリフの原型も見た感じ。ストーリーは予習していったものの、NYでミュージカルやオペラを観たときと同じくらいの理解度かな?それでも充分に楽しめました。役者さんたちは桟敷席のお客さんも巻き込んで、暴れまわってました。小劇団の俳優さんもビックリの身の軽さ!お囃子とか拍子木みたいな鳴り物、それから客席の上のほうから「成駒屋」とか「中村屋!」と屋号を叫ぶ声も絶妙で気持ちいい。いやー、歌舞伎って楽しいですねー。
楽しみだった勘太郎君の歌舞伎役者っぷりにはほれぼれ。立役と女形(言葉の使い方があってるかは?)の2役で、立役のときは3枚目。七之助との息の合ったコミカルな演技で会場中から笑いを誘っていました。でも決めるところでは決まるんですよねー。で、女形の時は一瞬わからなかったくらいしとやかになってしまうんです。「新選組!」のときは育ちの良さそうな凛とした佇まいに惚れ惚れしていましたが、彼、いいですねー。もう、完全にミーハーで、心の中でキャーキャー言ってました。
江戸時代の女の子たちが歌舞伎役者に夢中になったのがわかるかも。小さな頃から芸を積んで、舞台で堂々と演じている姿は本当に美しかったです。福助のお姫様は美しかったし、橋之助の荒くれ男っぷりは粋でした。脇でひたすら笑わせてくれた坂東弥十郎さんと中村扇雀さんにはひときわ大きな拍手。ラストシーン、満開の桜の花をバックに、桜姫を中心に全員集合した図は豪華絢爛の美しさでした~。
というわけで、歌舞伎との出会いはかなりハッピーなものだったと思います。次は歌舞伎座で観たい!伝統芸能というだけでなく、時代と共にあるエンターテイメント。江戸の庶民の間から生まれた文化が東京で活き続けていることに感動です。
[PR]
by fumiko212 | 2005-06-20 00:02 | 映画・舞台・ドラマ | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/2968623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 食と歌と言葉と、そして酒 at 2005-06-20 06:50
タイトル : 2005.6.18 コクーン歌舞伎「桜姫」
初めてのコクーン歌舞伎じゃ。 前衛的な(歌舞伎以外の舞台ではそうは言わないと思うけど) 舞台設定に素直に度肝を抜かれまくる。 ぎゃーあんなことも!むひょーそんなとこから! などなど。 舞台の感想の3割はそんな新鮮な驚き。 これをやりすぎると 舞台の本質が見えなくなってしまうような気がするけど 押しつけ的ではなくしかも効果的に、そして 歌舞伎本来の予定調和も利用した新しい舞台装置に感動した。 2割は過剰なまでの桜姫らの官能。 玉三郎で観た時よりもさらに権助に再会できた桜姫の ...... more
Commented by deliriumtremens at 2005-06-20 06:52
初めまして!
asagiさんのblogから飛んできました。
「桜姫」良かったですよね。
歌舞伎の中でも異色のストーリーだと思います。
まさにコクーン歌舞伎向け。
Commented by MARI at 2005-06-20 14:23 x
桜姫は、実はわたしの歌舞伎デビュー演目なんですよ~。
高校1年のとき、チケットをもらって、玉三郎×仁左衛門(当時は孝夫)の「桜姫東文章」を見たのが初めての歌舞伎体験でした。

色々なご意見があるとは思いますが、私的には、桜姫は最も歌舞伎らしい芝居の一つだと思いますよ~。
これに限らず、鶴屋南北作の演目は、どれもハズレなし、面白いものばかりです。
Commented by fumiko212 at 2005-06-20 21:51
deliriumtremensさん
始めまして!TB&コメントありがとうございます。歌舞伎にお詳しいんですね。そのdeliriumtremensさんが良かったとおっしゃる作品で歌舞伎鑑賞デビューできてラッキーでした。これから、そちらにもお邪魔しますね。
Commented by fumiko212 at 2005-06-20 21:54
MARIさん
高校1年生で歌舞伎デビューですか!私も実は高校時代に学校で一度見に行っているのですが(「俊寛」だったと記憶してます。)最初の5分くらいから爆睡してしまいました。一体誰が出ていたのかも覚えていません。
>これに限らず、鶴屋南北作の演目は、どれもハズレなし、
そうやって観る作品を選べば良いのですね。メモメモ、です。


<< 体力つけたい 有言実行 >>