#HappyPride

Facebookに↓の写真が出ていて、そうか、今週末はプライドパレードかと思い出しました。
b0031055_23024642.jpg

下の写真は2015年の年末にニューヨークで撮った写真です。72丁目ブロードウェイ沿いのビルの屋上にレインボーフラッグが掲げられていました。確かこの年の6月のプライドウィークのころに米国最高裁で同性婚を認める判決があり、方々でこのフラッグを目にする機会多くなった境目の年だったように思います。その翌年だった去年、6月の日曜日に車で明治通りに差し掛かった時に、大規模なLGBTの人たちのパレードに遭遇し、危うく遅刻しかけたのを覚えています。きっと、私が知らなかっただけで、日本でも以前からパレードはあったのでしょうけれど。その時はかなり焦りつつも、パレードの人々が晴々した顔をしていたので、それならよし、と思った記憶があります。
b0031055_11315271.jpg
下の写真はMoMAの展示。レインボーフラッグのレインボーは7色じゃないんですよ。知らなかったの私だけかな?
b0031055_11315254.jpg
下の写真は同じく2015年年末、比較的オープンしたてだったホイットニー美術館のトイレのサイン。外見と心の性が異なる人のためにこのようなサインがあるとは聞いていましたが、実物を見たのはここが初めてでした。
b0031055_11315223.jpg
トイレのサインでもう一つ思い出したのが、2014年にフランクフルト空港で撮ったこの写真。自分は子供を持ったことがないので日本でもそうなのかあまり気にしていないのですが、男性用トイレに授乳室のサインがあって、へーと思いました。きっと、お父さんが赤ちゃんを連れて出かけたとき、授乳室が必要になることがありますよね。日本ではどうだろう?私の印象では女性トイレにしかないか、性別の記載がない授乳室しか見たことがないように思います。気にしてないから実は男性が使える授乳室も普通にあるのかもしれませんが、、、男性用トイレにもおむつ替えのベッドとかあるのかしら?この時は、やっぱりヨーロッパは進んでるな~と思い撮った写真でした。
b0031055_11315255.jpg
何にしても、自分のバックボーンや性別や出身や人種や職業や階級や、、、そういうものに縛られず、堂々と生きたいものです。自分の心の問題でそれができないなら勇気を出せばいいのかもしれないけど、目に見えない社会の圧力でそれができないのは悲しい。世間体を気にするな!って言ったって、知られた後にいろいろ言われて後悔することってなんにしてもありますもんね。例えば自分だと独身だとか子供がいないとか、自分ではほとんど気にせず生きてるけど、転職した直後なんかは、当然子供いるよねみたいな感じで話しかけられて、「あ、一人者です」とかいうと「しまった」という顔をされたりしてなんだか申し訳ない気持ちになったり。自分だって知らずに人を困った気持ちにさせてるかもしれないなあ。プライドウィークをきっかけにそういうことに気を回すように、毎年したいと思います。

[PR]
by fumiko212 | 2017-06-24 17:12 | ニューヨーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/26946847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< インスタリンク 脳に汗をかかせるために >>