引き返せるのか?

一つ前のエントリをムットーニの展覧会を見に行った直後に書き、その後、私はすっかり打ちのめされてしまった。買ってきた図録をめくり、ここ数年のムットーニの活動記録を読んだ。これを読んでも自分がいつからムットーニを見に行かなくなったのか思い出せない。ロゴスがなくなったからかと思っていたが、ロゴスの最後の数年の展示は見ていない。八王子はどうだったか…。

私はどちらかというとしつこい方で、20代の頃に好きになったものは細々と見続けている。そこに新しいものが少しづつ加わって、少しずつ成熟してきたのではないかと思っていた。でもそれは違ったということに気づいて打ちのめされたのかもしれない。

近頃の私は、まあ経済的な事情もあり、手当たり次第にいろんなものを見なくなっていた。限られた予算から、間違いなく楽しめそうなものだけを選んで見ていた。それは間違いなく楽しめていた。
けどそれで何かを失ってしまった。そんな気はしていたが、それに気付かされた。
ムットーニに飽きたわけではなく、見られるものなら見たかったのに、要は手を抜いていたのだ。
ぴあのアラートメールや、ツイッターの都内の美術展情報のように、自動的に入ってくる情報の中から、さらに間違いなく楽しめそうなものだけを選んで見に行っていた。読む本は本屋大賞のノミネートなんかを参考にして選んでた。それで満足してた。

いつからこうなった?SNSとかスマホがいけないのか?年齢からくる体力、気力の衰えか?

これはここ数年のムットーニを見られなくて残念だったという話ではない。もっと根の深い話。

[PR]
by fumiko212 | 2017-05-07 01:10 | アート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/26838822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 脳に汗をかかせるために 何度読んでも意味が分からないが... >>